Somewhere Only We Know







本来不自然なのでミュージカルはあまり好きではないのですが(笑)、Gleeを見ていると、その時々の主人公達の気持ちにぴったりな楽曲が選ばれていてとても自然に感情移入出来ます。曲の使い方が本当に上手だなーと感心します。沢山の曲の中には、以前はそれほど気に入ってなくても、聴くほどに、意味を考えるほどに、好きになっていくものもあります。これもその一つ。深い曲ですよね。これまで生きて来た中で出会った人や懐かしい場所について考えてしまう。人生の残りが少なくなると特に胸に迫るものがあります(笑)。人恋しさ、弱さ、寂しさ、切なさ、後悔。とても人間らしい気持ちを歌っています。深いところでは、失ってしまった「若さ」や「純粋さ」への想いかも。

歌っているのは若いBlaineですけど。ゲイに対するひどいいじめが原因で、Kurtがリベラルな(そしてお高い・笑)Blaineの在籍する男子校に転校します。でも、Kurt は再び仲間のいる大好きな元の高校へ戻る事が出来るようになり、Blaineとグリークラブのメンバーが有難うとさようならの意味を込めてKurtを送り出す曲。恋人になったKurtとBlaine。この曲を聴いたあとでKurtはBlaineに「僕は君にさよならは絶対言わないから」と抱きしめて言います。再び仲間に暖かく迎えられるKurtを寂しそうに見つめるBlaine。でも二人は大丈夫。紆余曲折の後(笑)最後にお互いが、一番大切な人だって気付くから。この二人には、二人だけの大切な場所がいくつもあります(笑)

「This could be the end of eveythingーこれが全ての終わりになるかもしれない」。これは色々に解釈出来ます。「だから二人だけが知っている特別な場所に行こう」ポジティブにもネガティブにも、聴く人のその時の心の在り方で様々に聴くことが出来る曲です。でも全てが終わるとしたら、想いを心の中にしまっておくのではなく、辛さも弱さも大切な気持ちも、勇気をもって真摯に話すべき。。。というメッセージかなー。言葉にしないと伝わらない事はいーっぱいある。Gleeの中で気持ちいいのは、間違った事に気づいたら主人公達がきちんと謝っている事。それ、私の「人生の努力目標」ですから(大笑)


Somewhere Only We Know


僕は 何もない場所を歩いた
でも その道はとても良く知っていたよ
自分の足の下に 地面を感じた
川のそばに座り そうしたら心が落ち着いた

ああ 思っているのはただ
君はどこに行ってしまったんだろうって
僕は歳を取って行き 誰か頼れる人が欲しい

歩いていたら 倒れている木があったよ
枝が僕を見下ろしてるのを感じた
ここが 僕たちが昔好きだった場所だろうか?
これが 僕がずっと夢に見てきた場所だろうか?

ああ 思っているのはただ
君はどこに行ってしまったんだろうって
僕は歳を取って行き 誰か頼れる人が欲しい
だから教えて欲しい いつになれば
君が 僕を受け入れてくれるのかを
僕は疲れて どこかやり直せる場所が必要なんだ

もし君に時間が少しでもあるなら 行かないか?
僕たちだけが知っている場所で 話さないか?
もう全てが終わってしまうかもしれない
だから 一緒に行かないか?
僕たちだけが知っている場所に

もう全てが終わってしまうかもしれない
だから 一緒に行かないか?
僕たちだけが知っている場所に





[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-05-07 11:08 | Glee | Trackback
トラックバックURL : http://luvantique.exblog.jp/tb/27786440
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


◆◇◆アンティーク素材の「救済」に日々奮闘中◆◇◆朽ちかけた布・レース・素材に新たな活躍の場と輝きを!


by jeweleyes1984

画像一覧

Link

カテゴリ

全体
Sewing・Knitting
Sewing Box
Antique Doll
Japanese Bisque Doll
Antique Jewelry
Christmas Tree
Antique Bear
Doll Dress
Antique Lace
Miniatures
Picture Frame
Flower
Jewelry Box
Room Renovation
Antiques
Glee
Miscellaneous

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月

最新の記事

ちゃんと咲いた
at 2017-08-22 16:59
また楽しめそうです
at 2017-08-19 15:16
悩み中
at 2017-08-15 09:16
自然過ぎても
at 2017-08-13 11:59
上から降って来たー
at 2017-08-11 10:58
すでにアンティークの風格(笑)
at 2017-08-10 10:51
諦め半分
at 2017-08-09 11:58
三代目
at 2017-08-08 10:27
2017夏休み課題
at 2017-08-07 14:47
ついでに髪も
at 2017-08-03 16:00
嬉しいなー
at 2017-07-31 12:06
他の子のドレスも
at 2017-07-28 16:24
9/10のドレスも掘った
at 2017-07-24 17:03
ジュリア2番花撃沈。。。
at 2017-07-23 12:09
久しぶりに自分服
at 2017-07-20 16:42
「Synergy効果」再び
at 2017-07-18 23:02
8/10 ドレス出来た
at 2017-07-14 12:49
8/10 帽子は出来た♪
at 2017-07-11 12:21
おはよー
at 2017-07-10 05:36
変身が得意
at 2017-07-08 09:40

検索

タグ

画像一覧

ブログジャンル

日々の出来事
ハンドメイド

ライフログ


私のお針箱―しあわせな針仕事のパートナー キルト作家27人のお針道具集


Immortal Wishes: Labor and Transcendence on a Japanese Sacred Mountain


Downton Abbey [DVD] [Import]


A Little Princess


The World of Downton Abbey


藤田嗣治手しごとの家 (集英社新書ヴィジュアル版)


HOBBIT: UNEXPECTED JOURNEY / BATTLE


The Paradise [DVD] [Import]


Mr. Selfridge


藤田嗣治画文集 「猫の本」


X-ファイル セブン DVD-BOX


X-ファイル:真実を求めて(ディレクターズ・カット) [DVD]


X-ファイル ザ・ムービー (劇場版) スペシャル・エディション [DVD]


切り裂きジャック 127年目の真実


VINTAGE HOME 2 ビンテージハウスで楽しむスタイルのある暮らし2


The Enchanted Places (Bello)


Mr. Holmes [DVD] [Region 2] (English audio) by Ian McKellen


邸宅美術館の誘惑


西洋絵画の巨匠 ファン・エイク


縄文美術館


ちりめんの押絵とつり雛とてまり (弓岡勝美の手芸図鑑)


むかしぎれ手芸


Glee: Complete Fourth Season [Blu-ray] [Import]

ブログパーツ