カテゴリ:Room Renovation( 25 )

「灯り」は難しい




          このLEDはまぶし過ぎる為レースで調節しています
f0330978_13173082.jpg

部屋に最適な電球の種類や明るさを、皆迷う事なく選べているものでしょうか?電球の選び方が最近とても難しくなったと感じています。特に、省エネと耐久性を誇るLED電球が登場してから。お店でまぶしい展示がしてありますが(笑)、一体自分の部屋に点したらどんな風になるのかさっぱりわかりません。これまではワット数と電球なら電球の色、蛍光灯なら蛍光灯の色で選んでいたものが、色味も明るさの単位も表示が様々で基準が分かりません。「~ワット相当」でかろうじて判断がつく程度。ちなみに、電球だと1帖あたり40ワットが目安らしい。ただし、部屋の内装やペンダントライトの下げる位置によっても実際の明るさが違ってくる。。。ほら、「びみょう」ってことですね。難しいんです。

f0330978_13133053.jpg
f0330978_13170503.jpg


先日ニトリに行って、ペンダントライト売り場を見ていました。使っている電球を親切に表示してあるのですが、実際自分のダイニングや部屋で点けた時、しかも夜に点けた時の明るさや感じは全くわかりませ~ん。そして、以前から気になっていた「フィラメント電球」なるものを見つけました。「Edison電球」とあり、なかなか風情があります。でも、どうみても、灯りとして役立ちそうにない明るさです。ろうそく一本よりまだ暗い(笑)。実用向きかを聞けばよかったのですが、箱の説明にはとても雰囲気のある灯り。。。のような説明があったので、それを信じて(=騙されて・笑)一つ買ってみました。家に帰って点けてみたところ、やはりろうそく一本より暗い(笑)。これって、雰囲気は確かにありますけど、灯りとしては全く役に立たないと思うんですけど。一体、だれがどんな目的で使うんでしょうか。私の裁縫部屋には二つペンダントライトがあるので、これは飾り。。。ということで決定です。フィラメントが切れたらもう二度と買いません(笑)。いくら暗めが好きと言っても、これは暗すぎです。Edisonさん、ごめんね。

f0330978_13135583.jpg
         電球選びの失敗バージョン Edisonフィラメント電球

今回の結果にがっかりしてネットでお勉強しました。今はフィラメント式のLED電球もあるんですねー。あるメーカーの説明に「ダサいLEDは終わりにしよう」とありました。全くその通り。よく言った。ずっとそう思っていましたから(笑)。でも、まだ問題が。これも買って実際点けてみないと分からないし(買った人で文句言ってる人あり)、結果良かったとして、今度はまだまだつかえる「ダサく」「高価」なLED電球が何個か手元に残ってしまうわけです。こうなると40000時間の長寿命も迷惑。もうひとつお勉強したこと。長持ちのLEDですが、寿命に近づくとだんだん暗くなるそうです。星の最後は「超新星爆発」で最後に煌めくんですけど、LEDは静かに燃え尽きるんですね。。。って、これも分かりにくいですよ。従来の電球の様に、一気に「切れる」ほうが分かり易くていいけど(笑)。あーあ、私の「理想の灯り」は一体いつ手に入るんでしょう。








[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-10-06 12:51 | Room Renovation | Trackback

ヴィクトリアンな部屋で




f0330978_05452823.jpg

今私の裁縫部屋を格別にヴィクトリアンにしているものは、このボヘミアガラスのアンティークの花瓶、自作の黒の小引き出しやソーイングスタンド、庭で育ったバラでしょうか。花の色合いが、とってもヴィクトリアン(笑)。そのイメージは、かなり「こってり」な色と、ごちゃごちゃ感。今の「北欧インテリア」とは真逆ですね。でも、これ落ち着きますよー。いかがでしょう?(大笑)

f0330978_05433723.jpg
マストアイテムは、これまた「こってり」なアクセサリー。裁縫部屋にあるのは、ドレスに合いそうなものを2階から持ってきてあれこれ検討していたからです。結局、つけない事にしましたけど(笑)。先日、ずっと行っていなかったお店で(危険)とても素敵な翡翠のネックレスを見つけてしまったのでそれにします(笑)。「計画」は常に動いております。

f0330978_05441778.jpg
さらにおちつくのは、窓からのこの景色。静かで薄暗い部屋のソファーにゆったり座って外を眺めると、時の経つのを忘れますよ。自分が今どの時代のどこにいるのか。。。まで忘れちゃったら問題ですけど、脳内では、イギリスの緑の田園か?緑の力はすごい。家にいても、このたった1mほどの窓からの景色で「ミニ」自然を十分堪能出来ます。絵画みたいなものです。風の力もすごい。動く絵画になって便利です。木の葉が風に揺れるのを見ていると、地球に住む幸せをしみじみ感じます。。。って、私ポエマーじゃありませんよ。良くも悪くもリアリストですから(笑)※ポエマー=和声英語です

f0330978_05455103.jpg
これまで嫌いだった赤バラが、今年大好きになってしまいました。この赤バラは、爆買いミニバラで、お値段に狂喜して10鉢ほど選んだので色まで良く考えていませんでした。赤バラも、変な色のオレンジバラも、みんな好きになりました。バラの色の良さは、植えて眺めるのもいいのですが、飾ってみないと分からないものだと実感しました。他の花との組み合わせ・色合わせが何倍もその魅力を引き出しますし、単独で完結するものもあって本当に面白い。




[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-06-28 09:34 | Room Renovation | Trackback

Downton Abbey 完結




      オープニング画像。バラとクリスタルと銀器。これがまたうつくしい~♪
f0330978_16485335.png

長らく見続けて来たDownton Abbeyも、シーズン6で終わりました。シーズン6は全てのエピソードを見終わり、あとは恒例の「クリスマススペシャル」を残すのみとなりました。まだ決着のつかない問題もありますから、たぶんクリスマススペシャルでハッピーエンドとなるのでは。。。と思っています。質の高いドラマでしたね。俳優は当然ですが、衣装、インテリアが全て一級品で、手抜きなし。これを見ていた最中も、他のドラマをいくつか同時進行で見ていましたが、飽きずに見たのは、これと、「Xfiles」「シャーロック」ぐらいでしょうか。あ、「偽装の夫婦」も唯一見ている日本のドラマで、お気に入りです。泣きながらみたりします(笑)。切ないですよねー。最後はどうなるんでしょうか。。。ハッピーエンドになってもらいたいのですが、「解決策」無くないですか?どう決着をつけるのか、作者の腕の見せ所です。がんばれ~♪がっかりー。。。ではなく、唸らせて下さいよ。


             涎が出そうなDrawing Room(客間)
f0330978_16492026.jpg

Downton Abbeyはちょっと最後急いだ感あり。。。ですが、なかなか良かったのではないでしょうか。おかしなもので、ずっとMatthew -Maryのファンだったので、Maryの再婚相手候補に関しては、いまいちの人ばかりでびみょーな気分でしたけど、Henry 、おっけーよ(大笑)。Matthewに負けず劣らず良い人ですよねー。好感もてます。一人息子を失ったMatthewのお母さんがずっと心配でしたけど、立派に立ち直りましたし、これで一安心。フェアで優しく、しかも芯の通っている彼女のキャラクターが一番好きだったかもしれません。自分と一番かけ離れたキャラクターなので。逆に、一番近いのがMaryかなー(笑)。利己的で、容赦ありません。ちなみに、メールでこのドラマについてやりとりする娘は、Thomasが好み。シーズン6は一気に見たので、事件や疑問の度ごとに、娘に報告してましたー。


           ピンクと淡いグリーンの鉄壁のコンビネーション
f0330978_16503197.jpg


f0330978_12335250.jpg











アッパークラスの方々




















f0330978_12332616.jpg













ワーキングクラスの方々



















f0330978_12551598.jpg
               幸せな時ーその1ー
f0330978_13130591.jpg
              幸せな時ーその2ー

f0330978_12492313.jpg
           幸せな時ーその3ーでしたねー(泣)



 *:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*:.。.*

f0330978_13003094.jpg

     そして。Life must go on。。。きっと笑顔になれる日が来る




[PR]
by jeweleyes1984 | 2015-11-26 13:07 | Room Renovation | Trackback

生まれ変わった




アンティークの子供用モヘアコートをディスプレイしています。襟は紙のように薄いシルクで、子供への愛情が感じられるデリケートなもの。ブログアイドルのアンティークエンジェルは、場違いなこの和室に掛かっております(笑)          
f0330978_13300958.jpg
f0330978_13293211.jpg
押入れです。「眺めてお茶が飲めるように」を目指して頑張りましたー。そして片付け後、襖を開けたまま熱いお茶を飲みました(笑)。今まではプラスチックの蓋がついたタイプの透明衣装ケースがいくつか入っていて、物の出し入れに四苦八苦(汗)。とにかく衣装ケースでの収納は問題ありで、重ねたり上に何かを置いたとたんに下のものは忘れられてしまいます。取り出す為には、上のものをどけてから下の蓋を開けて。。。もうすでにややこしい(笑)。押入れの中は、「引き出し式」に限ります。そして、引き出しの前には絶対何も置かない。固く決意しております。そのうち、襖をはずし、カーテンにすることも考えています。

片付け中、でたー。お化けじゃなくて、毛糸の入っていた衣装ケースの中に、編みかけの「作品」が。でもあともう一息なんですよね。ノースリーブなら袖口を処理し、ハイネックの襟を伏せ止めすればもう着られます。実際着てみましたけど、色も形もおっけーです。とても気に入りました(笑)ただハイネック=真夏は厳しい、でもハイネック超好き。。。思考ぐるぐる。。。ということで、秋口用にして半そでをつけることにしました。が、出来るんでしょうか?(大笑)何十年も放っておいたものを仕上げられるのか?悩んでいるうちに、もう冬になりそうです。

f0330978_13503644.jpg
   グリーン+グレイの微妙な色合いのブークレー。麻・綿のサマーヤーンです
f0330978_13510612.jpg
編み糸も沢山出て来ました。何とか衣装ケース一杯分だけに厳選し、他は処分しました。出来れば編み物講師を招いて、皆さんに好きな糸を選んでもらい、現在まいぶーむの「ゆるキャップ」を一日講習で編む。。。をやってみたい。楽しそうだ。


       (おまけ)このコーナーは自分的には、常に片付いています
f0330978_13512888.jpg





[PR]
by jeweleyes1984 | 2015-08-12 14:27 | Room Renovation | Trackback

今度こそ



f0330978_11585701.jpg
これから家を建て替えるとすると、人生もうあとがありませんから(笑)、床の色や壁の色など慎重に選ばないといけません。床の色に関しては、どうしてもこの色。。。というものがあります。そこで、いったいいつになるか分からない「建替え」を夢見て(笑)、今ある「残念な家」を利用して実験をしてみることにしました。これは裁縫部屋リフォームでも実行しましたが、床の色は絶対「暗い茶色」です。北海道民芸家具の色とでもいいましょうか。台所の食器入れ等の家具はそれで、私にとってとても落ち着く色です。珍しくこの家具達には、全く「文句」も「後悔」もありませ~ん♪見るたびに嬉しい。もうすぐ夏休み。子供達も帰省しますので、少し綺麗にしたいと思い、ためしに玄関の床を塗ってみました。ミニリフォームです。古い家なので、失敗を恐れずに、好き勝手に出来て便利です(笑)。
f0330978_12130938.jpg
今の家の全てが不満なわけではありません。でも、床と、壁の色が違っていたら、ずいぶんと雰囲気が変わっていたと思います。つまり、この二つはとても面積が広く、日々嫌でも目に入ってきます。カーテンや外壁の色も同じ。しかも、一度塗ってみて、嫌なら塗り替える。。。という気軽さはありません。色は、何でも良いわけではなく、良いものを選べば「見るたび嬉しいもの」になりますし、気に入らないものを選べばびみょーな気持ちをかかえたまま、ずーっと「お付き合い」しないといけません。あら、何かと似てる?(笑)

f0330978_11575796.jpg
玄関の、ささやかな気に入りコーナー。アンティークのフレンチトワレ布と、アンティークレースを額装して飾っています
f0330978_11581796.jpg
ダイニングから見える猫額庭の一部。わさわさ茂っているノウゼンカズラが風にゆれるのを眺めるのが「ミニ」癒し、夏の楽しみです。ダイニングのテーブルで、これをぼんやり眺めながらパソコンを使うのが好きです。北向きなので、夏はとにかくここが涼しい。そして、木や植物が茂っていることでさらに涼しく、小さな庭でも有難い。




[PR]
by jeweleyes1984 | 2015-07-15 12:36 | Room Renovation | Trackback

思い立ったら


f0330978_21540053.jpg

吉日。すぐやります。新婚の頃、「マホガニーの時代」がありました。家具は何でもマホガ二ーカラー~♪凝り性です。その名残りが今も。40年ほども使っているわけですが、赤みのある色があまり好みでは無くなって来ました。そこで、雪の降る休日、ペイントすることに。思い立ったら、さっさとやります。ミントカラー。最初呆れて見ていた夫も、「部屋が明るくなったなー」や、「おー、アンティーク風になったなー」など、通りすがりに意見。ま、私に「意見」など、言うだけ無駄です(笑)。聞いていませんから。
f0330978_21534259.jpg
ついでに、テレビの有るこの部屋を、ペイント前に徹底的に掃除しました。ケースの中のディスプレイも若干変えて、必要のないものは少し廃棄。
f0330978_21525814.jpg
             人形部屋「別館」の方たち(笑)
f0330978_21524082.jpg

f0330978_22044438.jpg
     この部屋に、もう一つのアンティーククレイジーキルトを掛けています
f0330978_21521461.jpg
              これを下の裁縫部屋に移します












[PR]
by jeweleyes1984 | 2015-02-02 22:16 | Room Renovation | Trackback

寒い。。。




外は一面の雪
f0330978_12390046.jpg


今年、雪の日がとにかく多い。先日友人と二人だけの新年会の日は、雨が降ってましたけど。新年会は、居酒屋でひたすら飲んで、食べました。若い夫婦でやっているお店なので、応援しないとね(笑)。初めてのお店でしたが、全て美味しかったです。そのあとカラオケへ。歌ったのは2年ぶりぐらいでしょうか。別に、歌わなくても、生きていけます。でも、今回びっくりしたのは、声が驚くほど良く出るようになった。。。ということです。気持ちよ~く「熱唱」出来ました聴いてる人には迷惑(笑)。これって、去年暮れに買った「腹筋マシーン」のおかげでしょうか。運動不足をなんとかしましょうということで、知人の驚くようなエピソードの後押しもあり、手に入れました。一日100回ぐらい、「何もしないよりまし」程度。単調なものはすぐに飽きるタイプです。でも、これは気持ちが良い。背筋が伸びます。数ヶ月後に、引き締まっていれば、ご報告いたします。

f0330978_13410748.jpg
           あら、いつの間にか鳥が。。。(製作途中)

雪の日ばかりなので、この休みは本当に出かける気分ではありません※。居心地の良い部屋が出来たので、なおさらです。冬眠に入っている熊の気分(笑)。雪の日は、暖かい部屋でネットを楽しみ、手芸やペイント、そして時々↑の運動していれば穏やかに日がくれていきます。。。ということは、あっという間に、休みも終わるということですねー。

夕方、近所にあるカットハウスで、気分転換に、顔剃り&フェイシャルマッサージしてもらい、お肌つるつるにー(笑)。雪の中、歩いて行って来た。若い美容師さんが、とても丁寧な仕事してくれ、極楽、極楽。ありがとー。良い一日でした。

f0330978_12450518.jpg
鉢を黒く塗り(ハンサム!)
f0330978_12452970.jpg
椅子の足を黒く塗り(貴婦人に変身)

f0330978_12321384.jpg
      CDプレーヤーにもアンティークレースのドレスを着せ(製作途中)

f0330978_12442607.jpg
そして、気が付けば日は暮れて。。。(人生もね)







[PR]
by jeweleyes1984 | 2015-01-08 12:58 | Room Renovation | Trackback

初塗り



f0330978_13334282.jpg

「初売り」ではなく、「初塗り」です(笑)。大晦日、紅白はもう見ませんが、今年は特別。中森明菜と松田聖子のみ気になるので、録画の予約をし、家族で大晦日を祝い(元日より重要)、その後それぞれ自室へ。私は当然裁縫部屋です。紅茶を飲みながら、気になっていたミシン台のペイントを始めました。休み中は、とにかく時間がもったいなく、無駄にしたくありません。午前2時頃終了。今年の初仕事が終わり、清々しい気持ちで新年を迎えることが出来ました。新しい年。「普通」が一番。何事も無い年であることを願っています。

※。。。中森明菜は緊張気味でしたが、歌は上手でした。松田聖子は声に年齢を感じたかなー。

f0330978_13332053.jpg
薄い茶色から、濃い茶色へ。良い色で、理想的になりました。CDプレーヤーまで美人に見えます

f0330978_14143582.jpg
 
 以前はこうでしたけど~♪




[PR]
by jeweleyes1984 | 2015-01-01 13:46 | Room Renovation | Trackback

非日常



f0330978_14122029.jpg
2014年。今年の一番の出来事は、裁縫部屋のリフォームでした。暮れのこの忙しい時でさえ、ミシン用の椅子(味気ない事務用)に、カバーを作って嬉しがってみたり、まだ飾っているクリスマスツリーに、新しい鉢カバーを用意したり、壁に額を飾ったり。。。と、色々楽しんでいます。さて、「家具ーその3」がまだ見つかりませんので、まだ完成ではないのですが、年末ですし(笑)、一回目の「まとめ」を。


10月、裁縫部屋の「自力リフォーム」を始めてから3ヶ月経ち、数人だけですが部屋を見てもらいました。私の手にペンキがいつも付いていて、その理由を説明したところ、無謀な計画だとおもったらしく、興味を持ってもらったからです。ご招待しました(笑)。コンセプトは、ご存知「セーラの部屋」ですので、「非日常」でないといけません。かといって、資金が潤沢にあるわけではありませんから、工夫も必要です。悔し紛れに、「お金を掛けるだけが能じゃない」。。。と言っておきます(笑)。
f0330978_14154526.jpg
そして、彼女達の反応と、感想です。

1.若い看護師Cちゃんは、私が「ドア開けるよ~」と言ったら、私の背後で、顔を両手で覆っていましたー。可愛いです(笑)。実際、芸能界でびゅー出来るほど美形。意外にも、「素敵、素敵」を連発。ジャムの空き瓶に、ハンドワークに使う色々なパーツをいれているのですが、「全部がいちいち素敵」なんだそうで、多分、今の若い人達の部屋や持ち物とはかなり違う「新鮮さ」があったのかもしれません。

2.小学校教師のSさん。彼女も自宅の壁紙の張替えを考えているので、このピンクの壁紙にいたく感心した様子。「ピンク」と聞いて、全く違う想像をしていたようで、「想像していた部屋と全く違う」。そして、私にとっては究極のお言葉、「うらやましい」と言ってもらいました。気になったものは、ベッドに置かれたeiderdown、なんちゃってシャンデリア、生クリスマスツリー。

3.高校教師のKさんにもやはり「素敵。うらやましい」と言ってもらいました。彼女が気に入ったのは、特にクレイジーキルト。私の「なんちゃって物」まで素敵とのこと(汗)。恐れ入ります。それに、カリモクテーブル改めのミシン台、レースの「見える収納」、レースのカーテン、クリスマスリース、生クリスマスツリーで話は盛り上がりました。

端切れのレースを入れただけのガラス瓶には、皆さん何故か引き寄せられ。。。私の意図した「お店みた~い♪」の感想をゲット。やった~♪


3人ともハードな職種で、家の中には私の裁縫部屋のように、溢れかえる素材や、アンティークのものなど無い生活です。「ほら、どう?」と、人形やアンティーク、趣味のコレクションを、興味の無い人に見せた場合、相手との価値観の違いにショックを受ける事があります。相手側も迷惑ですよねー(笑)。ですから、誰にでも見せるべきではありませんし、その必要もありません。今回はそれほど「害」の無い、部屋のリフォームということで見てもらいましたが、別に「素敵ねー(お世辞)」を期待していたわけではありません(笑)。こういう世界もある。。。という、「例」です。今流行の、断捨離とは、真逆の部屋でもありますしね。ですから、日頃穏やかで冷静な3人の、楽しそうな反応は、意外なものでした。まぁ、壁紙がピンクの時点で、もうすでに「非日常」ですけど(笑)。
f0330978_13521240.jpg
結論は、日々超多忙、という人達こそ、こういう空間が必要なのだということです。独身のCちゃんはこれから人生色々ですが、家庭を持ち、子育てしつつ、信じられないくらいのスケジュールをこなしているSさん、Kさんの事を思うと、自分だけがリラックス出来る「空間」を、絶対作りましょうね。。。と提案させてもらいました。「この部屋に入っていたら、たとえ奥さん・お母さんであっても、そっとして置いてあげる場所」です。お気に入りのルームフレグランスやお香を使い、良い音楽と本、雑誌、好きな飲み物、ストレスの無いお気に入りのものに囲まれて少しの時間を過ごす。100年前ですら、boudoir があったのです。
f0330978_13585228.jpg

専業主婦でも同じです。専業主婦には働いている人達とは別のストレスがあると思っています。ただし、ランチにお茶に、ショッピングに、夫も理解してくれ、毎日楽しくてしかたのない方々は、除かせて頂きます(笑)。そのストレスをしっかり理解してくれる男性は、日本人には少ないかもしれません。いえ、欧米人だから皆妻を大切にする。。。など、夢物語ですけどー。今の夫世代を再教育するのは、至難の業。私はしましたが(笑)、リフォームの記事を見ていただければ、それがまだまだ「道半ば」ということがお分かり頂けると思います。本当に自分で好きに暮らしたければ、夫を持たないことかもしれません。部屋をリフォームするより、夫をリフォーム。笑えますね~。部屋の断捨離より、夫を断捨離。笑えます。でも、あと20年ほどしか一緒にいられないのですから、まあ、赦しましょう(「許」でなく)。その経験を踏まえて、これから私達に出来る事は、息子や男の子たちをしっかり教育することでしょうか。家庭を持ったら、誰が家事をするというのではなく、出来る人が自発的にする。疲れていたら、お互いをいたわる。男性側にそれがあるだけで、女性はずっと楽になれます。
f0330978_13511448.jpg

部屋のリフォームから、色々なことを感じました。最後に、この部屋の最年少のお客様、5歳のRちゃんの場合。私とは、ネイル愛好家。。。という事でつながっております(笑)。私の手にペンキがずっと付いていて、いつもしているマニキュアが取れていることに疑問を持った彼女に、その理由を説明。一応の完成を見た時点で、「部屋へご招待第一号」となりました。入るなり、「。。。。」。でも、勧められなくても(笑)、さっさとeiderdownの敷いてあるソファに腰掛けて、アンティークドールや、シュタイフの頭をなでてくれました。そのことに、何だか心打たれた私。今まで、小さい子供の人形に対する反応が「こわーい」だけだったからかもしれません。でもその夜、うなされなかった事を祈るのみです。

f0330978_13502192.jpg
f0330978_14505388.jpg
        ベッド下に長年使っているペルシャ絨毯を敷きました


[PR]
by jeweleyes1984 | 2014-12-31 18:35 | Room Renovation | Trackback

Paint It Black


f0330978_15470351.jpg
                ドールドレスフォームを黒に


1966年Rolling Stones の曲です。わたくし15歳。彼らには全く関心無く、当時はBeach Boysに夢中。ファンクラブにも入っていて、東京の初コンサートにも、友人と二人(父が付き添い)行きました。ファンクラブ会長が、はるばる遠方から中学生が来るというので、最前列のシートを用意してくれました。前座(なつかしい)は、スパイダーズ。でも、本命は別なので、「あなたたち、いいから」→目にも入りませんでした。今では、コンサートより、完璧なオリジナル状態で聴けるCDのほうが好きな「変人」になってしまいました。好みもあるでしょうが、歌い方をアレンジすることの多いコンサートはそれほど好きではありません。CDと同じように聴きたい。これでは、コンサートに行く意味が無い(笑)。歌手に恋をしている場合は、生で顔を見たい。。。があるんでしょうけど。John Denver のコンサートでは、不満で途中で帰ったような記憶も。。。わがままですみません(笑)。
f0330978_15472522.jpg
              手作りのドールハットスタンドを黒に


当時、Beatles の勢いも凄く、私と友人二人は、「なんとな~く軽め」のサウンドが好きなため、中学のクラスの中では超少数派でした(二人だけ?)。おっと、Paint It Blackですね。今回部屋の改装で、いつもこのタイトルが浮かびます。とにかく、手当たり次第、Paint It Black。Stones に言われなくてもPaint It Black。その為、自分の手もPaint It Black。今年から、これまで好きではなかったマニキュアを「いつもする」と決めているのですが、改装期間中は、あきらめた日もありました。洗ってもなかなか落ちない黒のペイントが、手のあちこちに。とほほ。。。です。でも最近、復活しました~♪
f0330978_15464649.jpg
                 押入れのカーテンを黒に


音楽遍歴。高校時代はJoan Baez、PPM、Simon&Garfunkel。歌詞を自分で訳す事に夢中。高校~大学と、友人とバンドを組んで歌っていました。今はもう、雑食系となり、雪の日の今日は、手仕事をしながら、高橋真梨子を聴いています。なごみます。

f0330978_13543365.jpg
                 窓のカーテンも黒に

f0330978_14085869.jpg
f0330978_14091826.jpg
棚の仕切り版を黒に。6セット必要だったのでこれは苦労しました。。透明のカードケースに挟んだのはヴィンテージのランチョンマット。アンティークレースのように綺麗です。

f0330978_16091179.jpg
                    鏡も黒に

f0330978_12554347.jpg
               頭痛が起きそうだった赤い額も黒に
f0330978_23222019.jpg
         捨てようと思ったグレイのハンガーは全て黒に

f0330978_12434891.jpg
            オフィス家具だった椅子の足を黒に

f0330978_12450518.jpg
            生クリスマスツリーの木製鉢を黒に

f0330978_12294667.jpg
                  額を黒に








[PR]
by jeweleyes1984 | 2014-12-15 16:09 | Room Renovation | Trackback


◆◇◆アンティーク素材の「救済」に日々奮闘中◆◇◆朽ちかけた布・レース・素材に新たな活躍の場と輝きを!


by jeweleyes1984

画像一覧

Link

カテゴリ

全体
Sewing・Knitting
Sewing Box
Antique Dolls
Japanese Bisque Doll
Antique Jewelry
Christmas Tree
Antique Bears
Doll Dress
Antique Lace
Miniatures
Picture Frames
Flowers
Jewelry Box
Room Renovation
Antiques
Glee
Miscellaneous

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月

最新の記事

掘ってみました
at 2017-05-24 09:16
に、似合う。。。
at 2017-05-23 10:40
バラがね~。。。
at 2017-05-22 05:38
初夏にクリスマス
at 2017-05-21 09:36
ねねちゃん3号
at 2017-05-19 10:07
棚から牡丹餅ふたたび
at 2017-05-17 15:28
今頃春休みの課題
at 2017-05-15 13:04
リクエスト
at 2017-05-12 13:29
これが我が家の雛毛氈
at 2017-05-10 09:17
Somebody Loves..
at 2017-05-09 00:32
Don't Dream It..
at 2017-05-08 10:48
Somewhere Only..
at 2017-05-07 11:08
どちら様?
at 2017-05-05 09:52
フォトジェニック~♪
at 2017-05-03 12:55
二度目の花見
at 2017-05-01 20:33
ムスカリ水栽培
at 2017-04-30 12:52
初チューリップ
at 2017-04-29 08:37
おうちで花見(笑)
at 2017-04-28 00:16
孤独な旅人
at 2017-04-27 10:19
鉄瓶を育てる
at 2017-04-25 11:55

検索

タグ

画像一覧

ブログジャンル

日々の出来事
ハンドメイド

ライフログ


私のお針箱―しあわせな針仕事のパートナー キルト作家27人のお針道具集


Immortal Wishes: Labor and Transcendence on a Japanese Sacred Mountain


Downton Abbey [DVD] [Import]


A Little Princess


The World of Downton Abbey


藤田嗣治手しごとの家 (集英社新書ヴィジュアル版)


HOBBIT: UNEXPECTED JOURNEY / BATTLE


The Paradise [DVD] [Import]


Mr. Selfridge


藤田嗣治画文集 「猫の本」


X-ファイル セブン DVD-BOX


X-ファイル:真実を求めて(ディレクターズ・カット) [DVD]


X-ファイル ザ・ムービー (劇場版) スペシャル・エディション [DVD]


切り裂きジャック 127年目の真実


VINTAGE HOME 2 ビンテージハウスで楽しむスタイルのある暮らし2


The Enchanted Places (Bello)


Mr. Holmes [DVD] [Region 2] (English audio) by Ian McKellen


邸宅美術館の誘惑


西洋絵画の巨匠 ファン・エイク


縄文美術館


ちりめんの押絵とつり雛とてまり (弓岡勝美の手芸図鑑)


むかしぎれ手芸


Glee: Complete Fourth Season [Blu-ray] [Import]

ブログパーツ