カテゴリ:Christmas Tree( 15 )

ガラスジャー



f0330978_15212722.jpg


以前慣れない掃除をしてくれた夫が大型のアンティークジャーを壊してしまったので、クリスマスオーナメントを入れるものが無くなってしまいました。オーナメント入れは何が何でもガラスジャーでないといけませんし、しかも沢山入れるので大型のものが必要。買えば高いし、簡単には手に入らないし。。。で、自分で作っちゃえーとなりました。まず、Nitoriで大きな筒状の花瓶をげっと。あとは蓋ですよ。これがそう簡単にはいきません。そこでこんなこともあろうかと以前100 yen shopで手に入れていたガラスの金魚鉢風の入れ物にガラスのボールをつまみにして強力接着しました。ただ、花瓶も蓋もどちらも円の直径が一緒。これでは蓋の役目をしません。そこでまた考えた。裁縫部屋にミシン糸と一緒に木製の刺繍枠が入っていたことを思い出しました。娘が小学校の家庭科で使っていたものかもしれません。それを嵌めると直径がぴったり一致して、しかも微妙に「縁」が出来る。ある意味、すごい偶然(笑)。これを金色を塗って容器の口に接着し、上からの蓋を受け止められるようにしました。

f0330978_15280673.jpg

あるもの利用で、ちゃんとヴィンテージオーナメントをまた収納出来ました。でも本当は、前のものが壊れなければ一番良かったんですけど、夫反省しているので、ま、いいです(笑)。あとで分かりましたが、Nitoriで米櫃としてガラスの蓋つき大型容器が売っていました。私の用途にはほんの少し小さいので、今のところ手作りのこれで大丈夫です。

f0330978_15213948.jpg

f0330978_15060443.jpg

              小さく見えますが50cmはあります


f0330978_15055688.jpg



[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-10-12 03:15 | Christmas Tree | Trackback

恐るべしインド製





去年のわたくし作リースは「茶髪」になってますが(笑)今年用にこの杉が今順調に育っています                                   
f0330978_12154884.jpg


アメリカからクリスマスリボンがやって来ました。その素敵さ加減に、家中のクリスマス関係の飾りに加えておしゃれさせました。日頃から日本製愛好者ですが、クリスマスの歴史の浅い日本にはかなわないものが外国にはいーっぱいあります。リボンもその一つ。いえ、残念なデザインのものもいっぱいありますけど(笑)、インテリア用テキスタイルやアクセサリーはDownton Abbeyを見るまでも無く、脱帽。。。というものが多い。

f0330978_12160399.jpg
          オーナメントも、星もリボンも全て外国から来ました


色といいデザインといい、申し分無いです。景色が変わりました。でもこれ発売元はアメリカのリボンの会社ですが Made in India です。普通インド製テキスタイルは派手で(笑)びみょ~なものが多い気がしますが、オーナメントはインド製のアンティークスタイルのものが出回っていて、なかなかの出来です。でも多分デザインを指定しないと、やっぱり派手なインド風になるかも(笑)。さすがに最近はインドも世界のニーズに合わせてナチュラル系を生産し始めていて、Made in Indiaに素敵なものが多い。


f0330978_12335504.jpg

この巨大なオーナメントはアンティークのリプロダクションでインド製だと思います。インド繋がりで素敵なリボンを

f0330978_12375138.jpg
             去年Hiromiちゃんが作ってくれたリースにも

f0330978_12375850.jpg
そして3年前Hiromiちゃんが作ってくれたリースにも

f0330978_12155589.jpg
                  わたくし作リースにも





[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-09-14 07:48 | Christmas Tree | Trackback

「自家製」クリスマスリース




f0330978_14062429.jpg
f0330978_16481523.jpg


100 yen shop の園芸コーナーを眺めていて、自然の葉にゴールドの色をつけたものを見つけました。金属かと思うほど不思議な仕上がりで、特に裏側が素晴らしい(裏側愛好家・笑)。アンティークゴールド風のブローチにでもしたいくらい(笑)。そこで、初めてかもしれないリースを作ろうと、土台も買いました。そのほかの材料は何がいいかなーと考えて、猫額にあまり気に入っていないコニファーっていうんでしょうか、薄い葉色の幼木があるのを思い出しました。葉の裏が白っぽく、クリスマス生リースに良さそうです。実は生クリスマスツリーが欲しくて色々モミの木の見ていた時期があって、その時小さなコニファーを間違って一鉢買ってしまいました。地植えしたのですが日当たりの具合か育ちませんでしたが(がっかりしていません・笑)、ある時ひょろひょろとした母木にそっくりな芽をを見つけ、日当たりの良いところに植えたところ、今30cmほどになっています。それでもコニファーは好みではありませんから、好きでもないものが育って来て困ったな~(大笑)と思っていました。今回使ってみて、クリスマスリース用に植えておけばいいんだと考え直しました。つまり、「花材」ですね。その他、オレガノも使えるかと思いましたが、時期的に終わりです。羊歯の裏が面白い事になっていたので使い、芝桜の葉が青々として、まるでモミの木の枝のようで、これも使いました。そして、ずっと持っていた小さな松ぼっくりのようなものを赤に塗り加えました。ほとんどが今あるもの・手持ちのもので出来上がり~♪

f0330978_16472773.jpg
f0330978_16474715.jpg
邪険にしていたコニファーがとても素敵。来年も楽しみになってきたー

     *~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*.:*~*:._.:*~*:. .:*~*:._.:*~*

                飾る場所を変えてみました~♪

f0330978_14090711.jpg
f0330978_14050172.jpg
f0330978_14064618.jpg

f0330978_14054698.jpg
前の日に挿した羊歯は水分が無いのであっという間に枯れてしぼんでしまった為(風情あり)、ヴィンテージのゴールドのラメリボンを足しました。このリースを暗い色の額の上に重ねて掛けたところ、すっかりヴィクトリアンになり相性良し。この形が気に入りましたし、コニファーの成長までが楽しみになってきて呆れますね(笑)







[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-11-23 00:05 | Christmas Tree

枯れ木も山の賑わい




      自然の素材はいいですねー ボールは仕方なくプラスチックですけど(笑)
f0330978_12053664.jpg

f0330978_12064988.jpg

我が家には「表玄関」と呼べる立派なもの(笑)が無く、かろうじて勝手口がミニ玄関のようなものです。でも自分だけで楽しみたいので、それなりに好きなものをディスプレイしています。普段は自分が育てた生花。メインはバラ。あとはそれらを楽しんだあとドライにして下げてあります。
f0330978_12071919.jpg

f0330978_12050979.jpg

日曜日に、食品の買い物がてらよせばいいのに(笑)100 yen shop ものぞいてみました。クリスマスグッズがありますね~♪しかも、商品が昔より洒落ています。教室は教材などの必要なものしか置かないので、クリスマスムードにしてみるのもいいかもー。。。と少し買ってみました。結果、教室にというより、自分が楽しむために「自分の」玄関に飾りました(大笑)。工作中はとても楽しく、ツリーに使ったのはアンティークと同じ「ボトルブラシ」というタイプのもの。つまり、瓶を洗う「亀の子タワシ」ということです。外国では bottle brush christmas tree と呼ばれ、昔から人気があります。可愛いので、これ見たらもう通り過ぎるの無理です。うちに帰って整理したビーズケースからあれこれ選んでデコレーションしました。
f0330978_12044964.jpg
                  こんな可愛さです

「枯れ木も山の賑わい」って、つまらない物(人)でも、あれば場を楽しくさせる、無いよりまし。。。ということわざです。そこで、今回作ったミニクリスマスツリー以外の、私の「山=裏玄関」の「枯れ木たち」をご紹介します。

f0330978_12042379.jpg
f0330978_12040034.jpg
             これから気合をいれてきちんと額装する予定です


現在これが一番のお気に入り。1865年発行の「社会格差」を美しく興味深く描いた絵本(リトグラフ)の12枚の絵をばらしたものを額装しました。いえ、私がばらしたわけではなく、この状態で手に入れました。前の持ち主が額装していたようです。まだ「仮」で、これから下に敷いた紙を絵に合わせてカットし、額が特殊なので手を加えないと絵の額としては使えません。またしても微妙な木工作業が待っているというわけです。実は、この絵にぴったりの額があるわけなーい。。。と思っていたら、あっさり「棒」に当たりました。手を加える必要はありますが、これ以上は望めないほどのアンティーク加減と高そうに見えるクオリティー(笑)。イギリスの大邸宅に飾ってあっても遜色ないです。でも、Nitoriです。笑えます。今のところ2枚だけ仮に飾り、Niroriに同じ額をあと6個オーダーしてあります。現在弘前には在庫が無いそうです。あと4つどうするか、思案中。額を12個手に入れるか、8個で「入れ替え展示」するかです。額ばかり増やしてもなーと、少しは反省。でも、迷っているうちに、Nitoriのことですから販売終了になったりするんですよ。笑えませんよ、これ。商品の入れ替え激し過ぎ。

f0330978_12033661.jpg
          あとはバラ。頑張ってます



[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-11-21 14:15 | Christmas Tree | Trackback

2年物





       これこそ「お値段以上ニトリ~♪」だったのに油断しました(笑)
f0330978_00375721.jpg

それまではクリスマスのオーナメントを全てアンティークとヴィンテージのもので揃えていましたが、2年前のクリスマス時期にNitoriに行った時、このベツレヘムスターを買いました。どうせまた来年も同じものが手に入る(楽勝~♪)と思い、2個だけ買いました。でも次の年、これと同じものの販売はもうありませんでした。もっと買って置けばよかった。。。去年少し買い足したのものはキラキラが剥離しやすいので実用的ではなく、人形のガラスケースの中に下がっています。

f0330978_11294904.jpg
           去年の問題有り「きらきらオーナメント」
f0330978_00373742.jpg

今年もまた一応期待しながらNitoriへ行きましたが、おととしのベツレヘムスターは無く、小さめのきらきら金銀松ぼっくりセットを1箱買ってみました。去年のものよりは気に入っています。これを取り付けたのはツリーではなく、友達のHiromiちゃんが2年前に作ってくれたリース。「2年物」のリースはすっかり色が変わっていますが、今でも裁縫部屋の素敵なアクセント。

f0330978_00382304.jpg
1年前Hiromiちゃんからもらったクリスマスリースも飾ってあります。これには庭からのケントビューティーのドライフラワーを足してあります

f0330978_00393184.jpg
       布の小鳥が留まっている枝にも2016年Nitoriの松ぼっくりが
f0330978_00384735.jpg
   クリスマスそのものが好きというより、オーナメントが好きなだけなんですねー(笑)





[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-11-14 23:37 | Christmas Tree | Trackback

再びメリークリスマス




      リボンとヴィンテージのトリムで飾りました これぞクリスマスカラー
f0330978_11282269.jpg

真夏にクリスマス気分再び。夏はツリーにではなく壁にオーナメントを飾って楽しむ。冬はもちろんツリーに飾る。なかなかのアイデアではないでしょうか(笑)結局年中アンティーク・ヴィンテージのオーナメントを見ていたいわけです。

f0330978_11284235.jpg
f0330978_11290305.jpg
            ゴールドのオーナメントとの相性も良し




[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-07-19 11:34 | Christmas Tree | Trackback

メリークリスマス




f0330978_06085344.jpg

夏の朝です。しかも日曜日。もう嬉しくて寝ていられません(笑)。4時に目が覚めました。昨日は大雨でしたが、今日は風が涼しく、朝焼けがきれいで清々しい夜明けでした。幸せを感じたひと時、コーヒーではなく新茶を入れて飲み、そろそろ眠くなってきました(笑)
f0330978_06083194.jpg

ヴィンテージスタイルの巨大過ぎるクリスマスオーナメントがあるのですが、さてどうしたものか?。。。とずっと人形部屋のテーブルの上。でも、今朝思いついて飾る事にしました。もしこれをツリーに飾ろうと思ったら、ターシャの家のような大きな木が必要です。ターシャ家では、アンティークのこんなKugelのオーナメントがごろごろしてましたね(笑)。家宝ですよ。うちの「たまちゃんの生クリスマスツリー」はやっと150cmほど。でも私の身長に近づいてきました。このKugelタイプのオーナメントは、アンティークの物同様本当に重いので、枝がしっかりしていないと支えきれません。直径11cmくらいありますから。シルクリボンで飾り、壁にかけました。美人ですねー。これで年中「Merry Christmas~♪」です。
f0330978_06090991.jpg




[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-07-03 06:17 | Christmas Tree | Trackback

残り物




f0330978_10352281.jpg

先日、雪の降る中、ガラスの花瓶を買うためNitoriに行って来ました。冬休み最後の日だったので、ゆっくり一人で品物を選びました。あんなにクリスマス用品で一杯だった店内は、すっかりオーナメントは無くなり、在庫処分のものがほんの少し。その中で木の実を使った3個セットのものがありましたので、買いました。「たまちゃんの生クリスマスツリー」 はまだ外ですから、これをクリスマスツリー用に使う予定はありませんが、壁飾り用にするため、手持ちのリボンをつけてみました。
f0330978_10344549.jpg

良く見ると、洋ナシ形のものはピスタチオの殻を貼り付けてある?なかなか良いアイデアです。うちでもビールのおつまみとしてよく食べるので、これは作れるかも。「味のある」自家製オーナメントになりますね。リボンのラインストーンは、ヴィンテージのイヤリングの片方です。

f0330978_11040293.jpg
f0330978_10383935.jpg







[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-01-14 11:05 | Christmas Tree | Trackback

ライトアップ





最近は、日本中街をライトアップするのが流行で、テレビで様々な都市のものを目にします。当市でも、小規模ながら街の木々がライトアップされています。私のお気に入りは色のついたものでは無く、シンプルな白色ライトだけで大きな木を飾ったもので、見上げると幸せな気持ちになります。買い物で出かけましたが、今日は吹雪いていて、とてもさむーい。でも繁華街の交差点にあるその「お気に入り」は、夕暮れの空を背景に今日も相変わらずエレガントでした。電球のついた枝が風に揺れるのも素敵です。


f0330978_18004063.jpg

              生クリスマスツリーの理想形

[PR]
by jeweleyes1984 | 2015-12-29 17:49 | Christmas Tree | Trackback

探しもの





             氷コップを利用して金の糸を接着中(笑)
f0330978_21024995.jpg

二日ほど必死に探していたものがあります。「片づけ」の成果で、サクサク見つかるはずだったのではー?と、呆れられそうですが、物の数が半端ありませんので、全てを把握しているわけではありません。


               探し物はこれでーす。金の糸
f0330978_21090487.jpg

クリスマスがまたやってきますので、今年も少しオーナメントを手にいれました。去年大量に売っているので「いつでも買えるし」と、のーんびりしていたデザインのものが、あっという間に無くなってしまい、結局2個しか手に入りませんでした。そして、案の定、今年は同じデザインのものは売っていません(だから買っておけば良かったのにー)。。。後の祭り(笑)。でも妥協して、似たようなものを4個買いました。そして、これを下げるための金の糸があったはず。。。と探しましたが、みつかりませ~ん。いつものように、「関連箇所」を探します。クリスマス関連と、糸関連。どこにもありません。心当たりを全て探し、2日目に何故かヴィンテージの布花が入っている籠の中で見つけました。全く関連ありませんので、見つかったことすら奇跡的です。100 yen shop のものですから、もう一つ買えばいいようなものですが、それでは安易過ぎます。教訓:すぐに連想出来るところに収納しないと、ぜーーーったい忘れます。しっかりと連想ゲームのシミュレーションしてから仕舞いましょう。

f0330978_12232634.jpg
f0330978_12222201.jpg
            「探し物効果」で片付いたもの


ま、でも「探し物効果」で、長く気になっていたヴィンテージリボンの入っていた箱を、「金の糸探し」も兼ねて整理出来ましたー。すっきりです。押入れに入れていますが、しばらく開けて眺めていてもいいくらい(笑)。もちろん引き出しの開閉の邪魔にならないように、いつもはずーっと左隅に置いてありますけど。

f0330978_21051287.jpg

            完成~♪ 来月はクリスマス。はやいな~。



                




[PR]
by jeweleyes1984 | 2015-11-03 13:00 | Christmas Tree | Trackback


◆◇◆アンティーク素材の「救済」に日々奮闘中◆◇◆朽ちかけた布・レース・素材に新たな活躍の場と輝きを!


by jeweleyes1984

画像一覧

Link

カテゴリ

全体
Sewing・Knitting
Sewing Box
Antique Doll
Japanese Bisque Doll
Antique Jewelry
Christmas Tree
Antique Bear
Doll Dress
Antique Lace
Miniatures
Picture Frame
Flower
Jewelry Box
Room Renovation
Antiques
Glee
Miscellaneous

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月

最新の記事

嬉しいこと
at 2017-12-12 14:47
嬉しいこと
at 2017-12-12 14:46
こうなってます
at 2017-12-09 11:35
走っていませんけど(笑)
at 2017-12-06 12:50
今年最後の庭の花
at 2017-11-26 22:42
気に入らないものは
at 2017-11-23 14:57
昭和レトロガール
at 2017-11-20 14:14
何時まで咲く気?(笑)
at 2017-11-19 09:44
良く頑張りました
at 2017-11-18 10:11
冬が近づくと
at 2017-11-17 11:28
すてきな脇役
at 2017-11-14 13:45
今咲いているのは
at 2017-11-11 12:34
仏像ガールで埴輪ガール(笑)
at 2017-11-06 17:15
秋の休日
at 2017-11-03 13:09
作ってもらいました
at 2017-10-31 13:07
雪でも降りそうな
at 2017-10-30 11:17
片付けながら
at 2017-10-24 12:29
土曜の夜は
at 2017-10-22 18:46
From Head to Toe
at 2017-10-20 11:29
「溶岩」です
at 2017-10-17 23:11

検索

タグ

画像一覧

ブログジャンル

日々の出来事
ハンドメイド

ライフログ


私のお針箱―しあわせな針仕事のパートナー キルト作家27人のお針道具集


Immortal Wishes: Labor and Transcendence on a Japanese Sacred Mountain


Downton Abbey [DVD] [Import]


A Little Princess


The World of Downton Abbey


藤田嗣治手しごとの家 (集英社新書ヴィジュアル版)


HOBBIT: UNEXPECTED JOURNEY / BATTLE


The Paradise [DVD] [Import]


Mr. Selfridge


藤田嗣治画文集 「猫の本」


X-ファイル セブン DVD-BOX


X-ファイル:真実を求めて(ディレクターズ・カット) [DVD]


X-ファイル ザ・ムービー (劇場版) スペシャル・エディション [DVD]


切り裂きジャック 127年目の真実


VINTAGE HOME 2 ビンテージハウスで楽しむスタイルのある暮らし2


The Enchanted Places (Bello)


Mr. Holmes [DVD] [Region 2] (English audio) by Ian McKellen


邸宅美術館の誘惑


西洋絵画の巨匠 ファン・エイク


縄文美術館


ちりめんの押絵とつり雛とてまり (弓岡勝美の手芸図鑑)


むかしぎれ手芸


Glee: Complete Fourth Season [Blu-ray] [Import]


運慶 - 時空を超えるかたち (別冊太陽)


磯江毅 写実考──Gustavo ISOE's Works 1974-2007

ブログパーツ