カテゴリ:Doll Dress( 48 )

7/10 は gros pointで



f0330978_23143659.jpg

f0330978_12345511.jpg


ドレス7を作りました。土台になっているのはヴィンテージのドレスに私がレースをこれでもか(笑)とつけて、大きい子用にと思い「塩漬け」にしておいたもの。良く見るとほそーいゴムが縫い付けてあって、スモッキングのように微妙にギャザーが寄るデザインになっています。綿素材がとても柔らかく、縫っていてほんわかした気持ちになるほど手触りが良く、指に伝わる素材の感触が楽しめました。

f0330978_12370884.jpg

リメイクですから、なるべく元の形を利用して(手抜きして・笑)Circleちゃん用のドレスを作りましたが、今回はBru「お約束」(笑)の襟元を開けるデザインです。前身頃に、「最強」のアンティークレース、gros pointを貼りました。いや~。生徒達の表現を借りると、「これ、やばい。。。」(大笑)圧倒的な美しさで、レースの存在感が半端ない。しかも、Circleちゃんに良く似合ってるし。技術不足をカバーしてくれるレースの「力」(笑)でも一応頑張って土台に付けた「これでもかレース」がほぼ。。。どころか全然みえませ~ん(笑)。またしてもジレンマですが、「この隠れた土台があったからこそ、gros pointのレースが生きたのだ」と念仏を唱える事にします。ただし、後ろ身頃は努力の跡が見える様にgros pointレースを付けていません。
f0330978_12412228.jpg

努力の跡が見える(笑)後ろ部分


f0330978_12402581.jpg
スカートは適当とは思えない(笑)奇跡ともいえる理想的な分量。元のドレスのスカート部分を全て使いました


これまでも様々なアンティークレースを使って手仕事しましたけど、これは「別格」という感じです。モチーフを切り離す必要があったので、ハサミを入れましたけど「罪悪感」すら感じました。モチーフとモチーフをつなぐブリッジの糸があまりにも細く(ミシン糸程度)、デリケートで眩暈しそうです。でも、しまっておいても意味が無いので、活用した方が良い。たぶん今から100年ほど前にこのレースを作った人も喜んでくれるはずです。


f0330978_12394781.jpg


f0330978_13010245.jpg


これまでのドレスで一番似合う~♪「フォトジェニック」といいますけど実物はさらに美人なレース

f0330978_13240031.jpg

この技法では立体感を出すため糸を束にし、それを芯にしてかがるというさらに手に込んだ事をします。またパターンがとても複雑であることも大きな特徴で、襟などに仕立てる場合を除いて左右非対称らしい(笑)ので、ドレスを作るときはとても困ります。繰り返しのパターンが見つからず、どこをカットして良いのかわかりません。失敗は許されないのにね(笑)。勇気要りますよ。



[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-06-06 13:11 | Doll Dress | Trackback

7の帽子は出来た。。。




実はリボン・花は今のところただ乗せているだけ。これから似合う位置を決めて留めつけます

f0330978_10434383.jpg

f0330978_10441561.jpg

帽子の花だけは「特盛のっけ丼」状態が好きです(大笑)。ほとんどがヴィンテージのお花。Made in Japan が頑張ってます

f0330978_10445728.jpg


あらあら、また帽子が増えて。。。とお思いでしょうが(笑)、増えていません。以前作った帽子の縁を、迷うことなく豪快に(笑)ジョキジョキブレードごと切り取って、新たにアンティークのブレードの切れ端を2重に張り付けただけです。このブレードは、帽子用ですが微妙な長さの「切れ端」だった為、長らく使い道が無く、しまっておいてありました。見るたびに、「いつか帽子を作りたいなー」と思いながら早20年くらい(笑)。見たことの無い風変わりで魅力的なブレードがこの子にとても良く似合って、かなりの達成感(自分比・笑)。というわけで、祝「何も増えていない」。それどころか、個数からいけば、帽子にブレードがついちゃったので(笑)、1+1=1という事で減ってるしー。。。わ~い♪

f0330978_10441561.jpg
f0330978_10453728.jpg
f0330978_10461263.jpg
      
f0330978_10480357.jpg

f0330978_10464769.jpg
f0330978_16434682.jpg

これまでに出来た6着。すべて帽子とセットです。あらら、薄紫の帽子仲間にいれるの忘れたー。つまり、6セットプラス帽子1です。ドレス「7」もぼちぼちがんばります

f0330978_21302604.jpg
f0330978_21300236.jpg
f0330978_21293734.jpg

「帽子7」が出来てすっかり嬉しくなり、取り替えて遊んでいるうちにわすれられた薄紫の帽子


[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-06-02 11:14 | Doll Dress | Trackback

6/10





f0330978_14192690.jpg

f0330978_14151915.jpg

f0330978_10295427.jpg
このあと、前身ごろにも後ろと同じ前立てとベルベットボタンを付けました

f0330978_23050003.jpg

強力な助っ人ペチコート。これを少し出して着丈がちょうどになります。後ろはドールスタンドの関係で隠れてますけど

もう、サクサク出来上がります。6着目が続いて出来ました。これはもともと私の洋服に使った残りのウールレースです。アイルランドで買いました。なかなか手に入らないタイプのもので、色がまた渋く、切れ端まで大切に使っている気に入りのものです。もとはお人形のトップスのようなドレスを作り、少しの間はKestner に着せましたが、それから「お蔵入り」。。。いや、「箪笥入り」。今回は身頃は全てほどいて裁断しなおし、残っていた同じ切れ端を足して身幅を広げ、袖丈も調整しました。仕上がりに満足。だって、似合うから(笑)。元をしっているのは私だけなので、どんなに変化したか誰もしらない(笑)。私だけが嬉しい。

f0330978_14300987.jpg

    手持ちの「使っていない物総動員」ですから、組み合わせが楽しいですよ~♪

ついでに、帽子もごそごそ探していたら、使っていないウィッグを入れていた大箱に、黒の麦わら帽が入っていました。これまたびみょ~で作りかけだったものです。今回はがらりとスタイルを変えて、セーラーハット風のものにしました。飾りもそこらへんに一応(笑)しまっていたアンティークのぼろぼろのシルクリボンで作りました。捨てずに良かったなー。さすが、アンティークのものは味わいがあります。ついでに、ブロンドのウィッグも見つかったので、予備としてスタイリングしておきます。このように、リメイクすると、芋づる式に面白いものが出て来ます。は?うちみたいに、物があふれかえってるからでしょ。。。ですか?あたりです(笑)。宝探しみたいで、楽しいですよー。


f0330978_14200198.jpg


「のっけ丼」にならないよう、必死で誘惑に負けないようにしています(笑)。飾り立てるとこのレースの美しさが台無しになるので、シンプルを貫きたい


f0330978_14192690.jpg

頭の形の調節に、今粘土でペイトを付けて乾燥中。乾いたらこのウィッグを接着して、髪の毛を巻いてきちんとしたカールにする予定です
f0330978_14392660.jpg
ドレスそ「の6」の完成です。「その7」もリメイク準備できてます



[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-05-31 23:49 | Doll Dress | Trackback

5/10





f0330978_00021943.jpg
f0330978_08155839.jpg

人形用ドレスの箪笥の中から出て来た黒いレースのドレス。細めのドレスなので 長年白のドレスを着たままのClrcle Dotに着せてみました。丈は少し短いものの、雰囲気はぴったりなのでこの子のワードローブに加える事にしました。何年前に作ったのかなー。5~6年にはなるとおもいます。丈を長くするために、同じヴィンテージ素材の黒のレースを、これまたしまい込んである(笑)ケースの中から記憶をたどってに探し出し、スカートをもう一段足しました。ついでに、沢山ある帽子の中から(笑)このドレスに合うものが見つかりました。このドレスは、この帽子とのセットでいきます。

f0330978_18040447.jpg
f0330978_18032413.jpg
f0330978_18070352.jpg


もうすでに、6/10、つまり目標10着中6着目も完成間近です。一度作ったものをほどいて断ちなおすのは面倒か?というとそうでもありません。修理・修復が大好きな性格ですから、死蔵品を何とか活用したい一心で珍しく楽しんで仕事をしています。出番が無かった素材とドレスをまた活用出来るのが嬉しい。以前より良いものにする自信はあるんです。。。いや、ただ仕舞っておいている今より悪く成り様がないともいえます(笑)


f0330978_18143948.jpg


[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-05-30 09:48 | Doll Dress | Trackback

着替えたついでに




f0330978_16003984.jpg
f0330978_15464530.jpg

最後にドレスを作ってあげてから、キャビネットの中ずっと同じドレスだった子に、衣装ダンスの中でたまたま目についたサイズの合いそうなドレスを着せたら、あらら。。。とても似合います(笑)。そこで今まで着ていたドレスを脱がせたついでに、少しレースを足してイメージチェンジしてみました。でも、足すと今度はそれまで重ねていたレースが隠れてしまうというジレンマ。シンプルだったけど、割と好きだったのになー。。。土台は「大好物」の古い白のピケで作ったドレスです。その上に淡いクリーム色のレースを付けていましたが、今回ヴィンテージのアランソンレースを加えたら、それが見えなくなっちゃいましたー(笑)。色の組み合わせの名残りとしては、シルクリボン、アンティークのポンポン、アイボリーのネックレス、小さなアイボリーのエンジェルピンのクリーム色です。純白と、こんな淡いクリーム色の組み合わせがとても好きです。

f0330978_15502324.jpg
マストアイテムのペチコート。なぜかいつもドレスを作る度に新しく作ってるような。。。


白の綿のピケのドレスやコートドレスは、フレンチの子達のマストアイテム。綿ですが、シルクとはまた違ったきちんとした感じのドレスに仕上がります。何でこれがこんなに好きなのかわかりませんけど(笑)、多くのお人形好きが「好きだ」というドレス素材です。

f0330978_15541102.jpg
セーラーカラーのような襟は縫いとめているだけなので取り外すとプレーンな襟無しに


f0330978_15533511.jpg
f0330978_15550579.jpg
f0330978_15571394.jpg
そして、レースを加えたせいで(笑)大好きなピケの面積ががかなり減少してしまったのでした。これまたジレンマ。ペンダントヘッドとエンジェルピンは19世紀のアンティーク


f0330978_16112043.jpg
f0330978_20383577.jpg
愛すべきピケの名残り
f0330978_20413852.jpg
f0330978_10460111.jpg



[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-05-25 21:35 | Doll Dress | Trackback

に、似合う。。。





f0330978_17030902.jpg

f0330978_17024756.jpg
f0330978_11400393.jpg

          今まではずっと「これが最強~♪」と思っていました


リボンがぼろぼろ過ぎて着せ替えが無理だったアンティークの子供用の帽子。それにヴィンテージのリボンを付け替えたものをテートちゃんに被せてみました。おーっと。似合うぞー。これまでは私が作ったストローハットをずっと被せていて、沢山ある帽子の中で「これが一番~♪」と思っていましたが、その自信もがらがら~。。。崩れました(笑)。これ一番似合うかも。この帽子に合わせて、ドレス作りたくなりました。ベースはブルーのベロアかな?それに白のアンティークネットレースをたっぷりと。。。想像するだけならいくらでも出来るし(笑)これから8月の夏休みまでひたすら仕事ですから、気持ちが「縫い物」には向きません。でも、材料揃えるぐらいなら出来そうです。少し明るい兆しが。。。(笑)

f0330978_17015574.jpg
f0330978_17013122.jpg
f0330978_17041494.jpg

f0330978_17154815.jpg
夕暮れ時のテートちゃん



昨日テートちゃんの画像を撮り、久しぶりに人形部屋のソファーに座り、Stabat Mater(絶対 Emma Kirkby版)を聞きながら夕暮れの部屋で人形達をながめました。やっぱり気持ちが落ち着くし、日常から離れたミニ異次元空間です。ここから元気をもらえます。


歌手とオーケストラが違うと「えええーーーっ」というほどイメージが違ってしまう曲。これはテンポも、美しく自然(ノンビブラート唱法)に調和する二人の声ももう文句無し。プレゼントとしてもらったものですが、気になる箇所が一つもない、私にとってのベスト盤。もう何十年も聞き飽きる事がありません。Emma Kirkby は音楽での功績が認められ2011年エリザベス女王からKnight(男爵)の女性バージョンのDameの称号を贈られています。納得。

Thank you so much for this beautiful music, John. I still love it and listen to it. You introduced me the very best version of 'Stabat Mater'; I know you have great taste in everything:)




[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-05-23 10:40 | Doll Dress | Trackback

棚から牡丹餅ふたたび




      (手直し後)丈を調節してペチコートが少し出る様にして気になる点解消
f0330978_11303630.jpg


         (手直し前)ブレスレット、ブローチはわたくし作
f0330978_17040341.jpg

以前の「牡丹餅」は絵の額とレースでしたが、今回はドールドレスです。熟考中(ほったらかしとも言う・笑)だった和ビスクの為のドレスをようやく作り、画像を撮るために小型の人形用ドレスフォームを高い「棚」からおろしました。もともとそのドレスフォームには、いつリメイクしたかも忘れた小型ドールサイズのレースフリフリのドレスがずっと掛かっていて、それをほい!と外して今回作ったドレスを掛けて撮影したのです。ふと、テーブルに転がっている(笑)そのドレスを見た時、このドレスフォームに今回のねねちゃん3号の洋服がぴったりだったということは、このドレスもねねちゃん3号に着せられるかもー。まさに「棚から牡丹餅ドレス」(笑)。ワードローブ増える。手間省けるー。かなりうれしいー(笑)
f0330978_17025092.jpg
レースそのものは新しめのヴィンテージというところでしょうか。思いっきり「ほぼ」化繊?(笑)ですけど、これがまたわからないものですよ。この白もなかなか良く似合います。もともと何をリメイクしたのかすら忘れてしまったほど、ずっと以前に途中まで作って気に入らなかったものです。着てくれる子が現れて良かったですよー。ドレスも喜んでいるでしょう(笑)
f0330978_17022571.jpg

f0330978_17020133.jpg
            あっというまにワードローブ増えたー(笑)

f0330978_10430491.jpg

f0330978_11292750.jpg
このドレス、気になった丈の手直しをするのに裏側をあらためて見てみたところ、もともと適当な縫い方がされていた「素材」でした。不思議なところに切り込みがあったり「雑」で、私に良く似た人が作ったドレスだったようです(大笑)アメリカの人だと思いますが、親近感感じた~♪今回色々補修もさせていただき、これですっきりしました。何がきっかけで「再利用」となるか分からなく、面白い。





[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-05-17 15:28 | Doll Dress | Trackback

今頃春休みの課題





作ってあげたのはこの子。ねねちゃん3号に
f0330978_12402677.jpg
f0330978_09335856.jpg

新学期で忙しいでしょうけど、学生の皆さんは「課題」をちゃんとやりましょうね(笑)。私はもう還暦もとっくに過ぎ、古希(70歳)に向かってまっしぐらですから、宿題・課題などありません。今では「学生で無い事の幸せ」を感じているところです。学生って、楽しいけど苦しくもありますよね。でも、何もなくなっての~んびりも決して良い事ではないので自分に何かを課すことで、「ま、いっかー」や「あとでやればいいわー」とずるずる怠惰な方向へ行きそうになるのを阻止するわけです。生徒たちにも、「人間一生勉強だー!」激とばしてますので(大笑)。

f0330978_12400078.jpg

f0330978_12391256.jpg
撃沈時に作ったのはこの下着セット。重ねると見えないけど、下のパンツも上とお揃いのヴィンテージの刺繍入り素材。あとは靴・靴下。あとから帽子もね。こまごましたものが大変なんですのよ(笑)で、撃沈。。。

さて、使う素材はちゃんと決まっていたのに、帽子・靴・靴下・下着を作った時点で撃沈。最終段階のドレスまで行きつかなかった子のドレスを、日曜の夜から作り初め、夜中に完成しました。我ながら「やるじゃないの」って褒めてあげたい。気力が突然満ちたということです。どうしたんでしょうか?Gleeの音楽があったおかげか?素材のヴィンテージのベビードレスを裁断しなおしてドレスと余った生地でペチコートも作り、使い切りました。こういう透けるオーガンジーのベビードレスの流行は1940-50年代かな?好きです。アンティークレースを沢山足してあります。

f0330978_12412013.jpg
f0330978_12521269.jpg
              余った布も大切に。ペチコートは必需品

f0330978_12425520.jpg
下着ですが、これを着ると着ぶくれそうなので(笑)これは「サンドレス」ということでよろしく

f0330978_12244092.jpg
             とりあえずのベッドも作ってもらってます

f0330978_12241446.jpg
                ねねちゃん3号せっと(笑)

f0330978_22312023.jpg

                  花冠も作ってみたー






[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-05-15 13:04 | Doll Dress | Trackback

アクセントに



f0330978_15245612.jpg
グロポイントレースの切れ端があったので、少しカットしてドレスに付けてみました。アンティークレースの下もアンティーク。。。どんどん重なって見えなくなるというジレンマです。でも少しだけでも「雰囲気良し」なので無理やり納得。
f0330978_15243408.jpg
f0330978_15253281.jpg







[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-03-07 16:55 | Doll Dress | Trackback

溶けかかっていても




死蔵中(笑)だったヴィンテージの紺のベルベットリボン。びっくりの働きぶりで見直しましたよ
f0330978_12471826.jpg

人形用の帽子を作ったり、ヴィンテージ・アンティークのベビー用を人形用として作りかえるのが楽しいのですが、古いものほど傷みがあります。特に繻子(サテン)のシルクリボン。飾り用はまだしも、顎のところは何度も結んだり、解いたりするのでボロボロと言ってもいい程傷んでいることが多い。この古い帽子は、もうハラハラとこぼれそうなほどシルクリボンが「溶けかかって」いました。それでも古いもののほうが魅力がありますから、リボンの形ではもう無く千切れまくり(大笑)なのに、我慢して10年以上も人形用に使っていました。

f0330978_12465342.jpg
f0330978_12460678.jpg

そして、ついにもう結べないほど限界が来ましたので懐かしい「glee」のDVDを見ながら補修しました(Cory Monteithの死後辛くて見れなかったものです。でも素晴らしくて元気出た!)。アンティークリボンはなかなかぴったりのものが見つかりませんし、見つかったとしても驚くほど高価なので、片付けた素材のなかからヴィンテージのベルベットリボンを探し出しました。ベルベットも、アンティークのものとヴィンテージのものでは柔らかさ、色合いが違いますから、合わないかな?と思いましたが、気抜けする程の結果でした。結ぶのにお手上げだった「千切れまくり」のほうは、さすがに捨てました。

f0330978_12454161.jpg

素材のモヘアはとても面白いのですが、飾りは全くなかったプレーンな帽子でしたので、ヴィンテージやアンティークの花・素材で飾りました。ここでも大好物のパンジーの花。ヴィンテージです。戦前~戦後にかけて流行したものだと思いますが、日本製やチェコ製が多い。どちらの国の物も作りがとにかく素晴らしく、魅力的です。トップの紫の溶けかかったアンティークのシルクリボンは「思い出(笑)」として残したものです(笑)。すでに限界を超えているので今後どんどん溶けていき、最後にはハラハラと散って行く運命です。かっちり織られたシルクは数百年でも持ちますが、サテンなどの柔らかいものは難しい。

f0330978_12451932.jpg
f0330978_12445438.jpg
大好きな紺と黄の組み合わせ。りぼんが丈夫になったので心置きなく結んだり解いたりできます









[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-02-17 13:21 | Doll Dress | Trackback


◆◇◆アンティーク素材の「救済」に日々奮闘中◆◇◆朽ちかけた布・レース・素材に新たな活躍の場と輝きを!


by jeweleyes1984

画像一覧

Link

カテゴリ

全体
Sewing・Knitting
Sewing Box
Antique Dolls
Japanese Bisque Doll
Antique Jewelry
Christmas Tree
Antique Bears
Doll Dress
Antique Lace
Miniatures
Picture Frames
Flowers
Jewelry Box
Room Renovation
Antiques
Glee
Miscellaneous

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月

最新の記事

レースよりも
at 2017-06-28 12:01
赤は嫌い
at 2017-06-27 05:49
ここはどこ?(笑)
at 2017-06-25 19:28
らぶり~♪
at 2017-06-24 07:41
好きで嬉しい♪
at 2017-06-22 13:17
少しだけ
at 2017-06-22 08:39
とてもお似合いです
at 2017-06-20 12:21
オレンジ系アレンジ
at 2017-06-19 09:48
切り方を変えると
at 2017-06-17 12:29
昨日雨の日のお仕事
at 2017-06-16 11:43
ピンク系アレンジ
at 2017-06-14 20:31
順調に育っています
at 2017-06-13 12:28
クレマチスですけど
at 2017-06-12 12:04
何だかすごい
at 2017-06-11 16:43
ドール美容師
at 2017-06-09 09:17
やってきましたー
at 2017-06-08 08:13
7/10 は gros po..
at 2017-06-06 13:11
Debut
at 2017-06-05 11:38
ほら不安定
at 2017-06-04 17:35
7の帽子は出来た。。。
at 2017-06-02 11:14

検索

タグ

画像一覧

ブログジャンル

日々の出来事
ハンドメイド

ライフログ


私のお針箱―しあわせな針仕事のパートナー キルト作家27人のお針道具集


Immortal Wishes: Labor and Transcendence on a Japanese Sacred Mountain


Downton Abbey [DVD] [Import]


A Little Princess


The World of Downton Abbey


藤田嗣治手しごとの家 (集英社新書ヴィジュアル版)


HOBBIT: UNEXPECTED JOURNEY / BATTLE


The Paradise [DVD] [Import]


Mr. Selfridge


藤田嗣治画文集 「猫の本」


X-ファイル セブン DVD-BOX


X-ファイル:真実を求めて(ディレクターズ・カット) [DVD]


X-ファイル ザ・ムービー (劇場版) スペシャル・エディション [DVD]


切り裂きジャック 127年目の真実


VINTAGE HOME 2 ビンテージハウスで楽しむスタイルのある暮らし2


The Enchanted Places (Bello)


Mr. Holmes [DVD] [Region 2] (English audio) by Ian McKellen


邸宅美術館の誘惑


西洋絵画の巨匠 ファン・エイク


縄文美術館


ちりめんの押絵とつり雛とてまり (弓岡勝美の手芸図鑑)


むかしぎれ手芸


Glee: Complete Fourth Season [Blu-ray] [Import]

ブログパーツ