<   2014年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

猫額庭から(2)




春に京都に帰省した折、DIYショップからパンジーの苗とバラのポット苗を買い、1000km以上も車で運んで来ました(無謀)。途中あちこちで宿泊したので、家に着いたころにはもうご臨終か。。。と思いましたが、猫額庭で元気に再生。次々に花を咲かせてくれました。旅先で見かけた花が、私の住んでいるところで手に入るとは限りません。見て気に入ったとき=買い時。徒長してきたので、もうそろそろばっさり切らないといけません。これがまた、苦手で。。。プロは、「株を充実させたかったら、買った時、まずばっさり切るところから始めるべし」とおっしゃるんですけどね。無理。



f0330978_14284017.jpg



[PR]
by jeweleyes1984 | 2014-05-29 14:32 | Flowers | Trackback

アフリカの子



Ernst Heubach 社はドイツKoppelsdorf に工場を持っていました。息子?のErnst ジュニアは Armand Marseille(ドイツの大メーカーのマルセル社)の娘Beatrice Marseilleと結婚しています。また、Heubach社で人形の原型職人であった一人の兄弟が、マルセル社でやはり原型職人をしていた。。。ということですから、似たような人形があるなど、2社の関係は深いものがありました。


実際、1919年には、2社は合併し、United Porcelain Factory of Koppelsdorf (Vereinigte Koppelsdorf Porzellanfabrik vorm Armand Marseille and Ernst Heubach) という会社になります。1932年にはまた違う道を歩むのですが、 1919-1932 年にこの合併したドールメーカーで作られた人形には、Heubach Koppelsdorf と刻印されました。おなじHeubach でも、Gebruder Heubach は違うメーカーです。ああ、ややこしい。Gebruder Heubach のほうが、グレードが高いようです。

f0330978_13305193.jpg

                          かしこそうな面立ち


さて、このアフリカの女の子。Heubach Koppelsdorf 406 のヘッドマークがあります。ボディは、ベビー体型で、スリーピングアイ。手に入れた時は、今一番上に着ている古いレースのドレスが、やっかいな形で(笑)、体に適当に巻かれていた状態でした。そこで新たにレースを加えて、ペティコートも縫って、おしゃれに仕立て直し。アクセサリーも、古い白珊瑚のネックレスからイヤリングと小さなネックレスを作りました。ブローチは、とても小さなアンティークの白珊瑚のカメオ。小さいながら3Dで、女性の頭部が突き出ています。サイズ・色共に、まさにこの子の為のもの。靴、靴下も作りました。バッグは、アンティークの貝のもの。もともとは、シンブル(指貫)ホルダーとして、作られたもの?中身が空のままで、売られていることもありますが、ちゃんとクッションと、指貫が入っていることもあります。また、小さなロザリオ用に使うこともあるようです。


人形は、その時代の人々のニーズにあったものを、メーカーが作ります。初め黒い肌の人形は、「めずらしいもの」ということで、作られたのかもしれません。それは、オリエンタルドールが作られた経緯と同じでしょう。エスニックという部類です。黒い肌で、腰蓑をつけたビスクドール(マルセル社だとおもいます)も見かけます。それは、ただものめずらしいから。。。という売られ方だったでしょう。でも、20世紀初頭、白人だけではない人形が、数は多くはないにしろ、売り出されていったのは、「黒人の地位の向上に関係している」と読んだ事があります。このお人形が世に出るころには、奴隷制度もすでに廃止されています。親が子供に人形を与える時、自分達と同じ肌の色のものを与えたいと思うのは自然です。特に、黒人の過酷な歴史を思うと、白い肌の人形を、進んで与えるとは思えません。もちろん、現在では、様々な民族のお人形が作られ、子供たちに愛されています。人形の世界では、アフリカも、アジアも、ヨーロッパも、どの子も面白く、どの子も愛され、人種差別は無い。。。と信じています。が、私は卒論に黒人作家の作品('Native Son')を選んでいますので、この子を見ると、どのような経緯でこの子が作られたのか。。。など、思いは複雑です。超大好きなMichael Jackson の’Black or White’ を聴いても複雑なんですけどね。。。



f0330978_13250948.jpg








f0330978_15180635.jpg
f0330978_13284441.jpg




[PR]
by jeweleyes1984 | 2014-05-28 13:34 | Antique Dolls | Trackback

やっぱり藤が好き




藤が好きです。特に色。藤棚のある家が理想ですが、藤は手に負えなくなりそうなので、窮屈な鉢植えで楽しみます。鉢は2鉢あり、ひとつはたまちゃんのクリスマスツリーと一緒に3年前に買いました。花の付いた一才藤でしたので、難なく一シーズンを楽しみました。その年の冬、浅い鉢が凍るのではと心配になり、家の中で冬を越させました→大間違い? 翌春、葉だけが茂り、まったく花芽をつけませんでした。過保護にしてしまったようで、それからは夏も冬も外に出しっぱなし。そして、今年の春、花芽をたくさん確認。目出度く満開となりました。
f0330978_13401863.jpg
                      お見事!重そうです。

もう一鉢は、5年ほど前の桜祭りの園芸コーナーで、娘に母の日のプレゼントとしてもらったものです。これがまた、嫌になるほど葉は茂るのに、気難しい娘と瓜二つ、全く花を咲かせる気配がありません。ネットの園芸相談では、「藤の花が咲かない」はよくある質問なので、心配はしていませんが。咲くまで10年ほどもかかることがあるそうです。「咲かないと、切るぞ!」と、脅かすのも手だそうですが(笑)。大切なプレゼントなので、やったことはありません。気長に待ち、2鉢がそろって咲きましたら、美味しい新茶でも飲みながら、鑑賞したいとおもいます。




[PR]
by jeweleyes1984 | 2014-05-21 00:24 | Flowers | Trackback

猫額庭から(1)




猫の額ほどの庭で育てている花を、切花にして楽しんでいます。あまり育てるのは上手ではありません。試行錯誤の日々。花の名前も詳しくはなく、育てた花を好きなように飾るだけです。でも、花はとても大切。見ているだけで嬉しくなるものです。

もううちに猫はいませんが、ある夏の早朝、「猫額庭」のグランドカバーの草の上で、気持ちよさそうに知らない猫が寝そべっていて、目が合った事がありました。


f0330978_22254905.jpg


[PR]
by jeweleyes1984 | 2014-05-20 11:32 | Flowers | Trackback

皇帝(Kaiser )という名のお人形




Kaiser Babyというお人形は、とてもリアルなお人形です。それまでの、見た目が可愛らしい理想的な子供を形にしたお人形と違い、初めて「子供を人間らしい形」にしたキャラクタードールと言われてています。このあと、キャラクタードールがお人形の世界に広まることになります。
f0330978_21312886.jpg
作ったのは1909年、Kammer & Reinhardt社。1909年のMunich Toy Fairでデビューしました。この人形を仕入れたバイヤー達は、展覧会でこのお人形が売れるとは思っていなかったようです。なぜなら、これまで彼らの店に並ぶどの人形とも違っていたからです。でも、何人かの出展者はこれを持って行き、それが棚から飛ぶように売れていくのを見て、非常に驚き、追加注文となりました。流行は、第一次大戦後、人形産業が一時止まるまで続いたとのことです。現在はどうかといいますと、描き目intaglio==沈み彫り)であること、キャラクターである点で、あまり人気ありません。でも、私はとても可愛いと思います。ある人が、この人形は「お母さんだけが愛することの出来る人形」と書いていました(涙)。つまり、我が子が、どんなに可愛らしい美形の赤ちゃんから程遠くても、母だけは愛せる(涙)。。。ということです。娘が生まれた時がそうでした(笑)

f0330978_21320462.jpg
さてこのぼっちゃん、ただものでないのです。英国、ヴィクトリア女王の孫であり、第9代プロイセン王国国王にして、第3代ドイツ帝国国王(在位:1886-1918)であらせられたフリードリヒ・ヴィルヘルム・ヴィクトル・アルベルト・フォン・プロイセンFriedrich WilhelmViktor Albert von Preußen)の赤ちゃん時代のお姿。名前にちゃんと、祖父・祖母の名前=ヴィクトリアとアルバートがついております。ロンドンに行くと、二人の名前を冠した、V&A(ヴィクトリア&アルバート)ミュージアムがあります。素晴らしいです。欲しいものがいっぱい。展示物が。。。です。ヴィクトリア時代のものが好きな人には、たまりません。私は特に Epergneの前で、じーっとしていました(笑)。Google で、Victorian Glass Epergne で画像検索してみてください。すごいですよ。お花生けたい。。。。

話がそれました。リアルなぼっちゃんです。上記のウィルヘルム2世の誕生を祝って作られたお人形とのことですが、誕生が1859年で製作1909年なので離れすぎ。でも、在位中で、Simon & Halbig社が Kammer & Reinhardt 社の為に作ったものです。モールドは100。キャラクタードール第一号のようです。以前にも書きましたが、S&H社は後にK&R社に合併されます。私のものは、後頭部に傷を負っていましたが(一部欠損を修復)、とても小さいサイズで、後姿のはだかんぼうの画像にノックアウトされてしまいました。まるで、本物の赤ちゃん。可愛すぎます。。。。  
f0330978_21322380.jpg

この子が入っているベビーベッド。フリーマーケットから持ち帰りました。見た瞬間、ベッドにすることを妄想。もとは、頑丈な古いスリッパラックで、それを作り変えました。自分の物をひたすら売っている女性から買いました。その人を長年見てきていますので、良いものから売れて、今では「残り物」だけのような状態。こういう持ち物の整理の仕方、好きです。高価なものも、それなりのものも、楽しみながら潔く全て売り切る。スリッパラックが、私の部屋でこんな風に変身しているとは、思いもよらないでしょう(笑)。アンティークのクレイジーキルトを布団代わりに。プチポアンでクッションを。
f0330978_21331946.jpg

ウィルヘルム2世は第一次大戦終りに退位・オランダに亡命し、余生は悠々自適だったそうです(その後、ドイツ国内では敗戦による不満が高まり、ヒットラーの台頭→第二次大戦へと突き進みますけど)。ウィルヘルムが大人になってからの写真をみると、この赤ちゃんに良く似ていますが、なかなか問題のあった方のようです。赤ちゃんの頃はこんなに可愛いく平和だったのに。

f0330978_21325399.jpg


[PR]
by jeweleyes1984 | 2014-05-19 22:20 | Antique Dolls | Trackback

ちいさなクリスマスツリー




小さなクリスマスツリーも幾つかあります。それぞれに、少しずつハンドワークを加えて。一番小さいものは10cmほど。ドイツのアンティークです。ドールハウス用でしょうか?外国のオークションに出ると、競争高いです。「小さいもの好き」は、万国共通のようです。わたしは、ドールハウスのリビングに飾っています。ろうそくのように見えるビーズが飾ってあり、それに、日本が戦前輸出していた小さなガラス製のオーナメントをプラス。

プラスチック製のモミの木のツリーは、ロシア製。飾りは、木のサイズに合わせてミニアチュアサイズの可愛いものが幾つか付いて来ました。面白いのは、宇宙飛行士のような人がいること。さすが、ロシア?下の台は木製の小物入れを着色したもの。100 yen shopでずーっと前に手に入れて、使い道がなかったもの。立派に役に立ちました(涙)。小物入れなので、へそくりを隠したり出来ますが、リスの様に隠したままで忘れるのが怖くて、実践していません。

中央の少し大きめのツリーは、もう買って20年ぐらいになるでしょうか。自然の木の小枝を利用して作ってあります。これにもヴィンテージのボールと、ミニオーナメントを飾って。

セルロイドのお人形は、ヴィンテージの日本製。とても小さいのですが、鮮やかな発色で、たぶんずっと仕舞われていたものでしょう。昭和の初めごろのものでしょうか。同じセルロイドの椅子と、ドイツアンティークの鳥、日本のヴィンテージの小さな鳥と一緒に。ドイツのものは、しっかりした素材なのに、日本のものはぺらぺらで、とても子供用とは思えませんが、そこが味のあるところです。きっちり、かっちりしたものだけが魅力あるわけではありません。物事全般に言える事です。
f0330978_22345915.jpg







[PR]
by jeweleyes1984 | 2014-05-18 10:26 | Christmas Tree | Trackback

オーナメントでクリスマスツリー




本物の木のクリスマスツリーは、春~初冬までは外で「静養」しますが、クリスマスツリー好きの私は、一年中眺めて楽しむものがいくつかあります。さすがに、大きなものではありませんが、テーブルの上に、アンティーク・ヴィンテージのオーナメントをディスプレイする目的も兼ねて、50cmほどのものを置いています。

これは、アンティーク仕様のワイヤーツリーで、古びた感じが素敵です。葉が無い分、モミの木の様に大げさでなく、ツリー自体が主張することがありませんから、少しずつ世界のあちこちから集めた古いオーナメントを、いつでも楽しむ事ができます。毎日がクリスマス(笑)。

ロシア(結構出回っています)・ポーランド(古くから輸出用として作られていました)・アメリカ・日本(欧米への輸出用)製がほとんどで、たまちゃんのクリスマスツリーだけは、ドイツ製のオーナメントがメインです。古いものに慣れてしまうと、現代もののオーナメントは味わいに欠けます。一番のお気に入りは、ふわふわ髭のサンタさん。よくお髭を撫でさせて頂いています(笑)。

f0330978_14404178.jpg

f0330978_14175442.jpg
f0330978_14185792.jpgf0330978_14180486.jpg
f0330978_14174546.jpg

[PR]
by jeweleyes1984 | 2014-05-17 14:33 | Christmas Tree | Trackback

日本の小鳥の素晴らしさ




f0330978_14164703.jpg

今でこそ、日本は世界第3位のGDPを誇っておりますが、それまではアジア極東の小さな貧しい国でした。ただ、国民は勤勉・礼儀正しく、穏やか。。。と、訪れた西洋人によく褒められていますね。1920年頃、日本からアメリカに輸出されたお人形や、おもちゃがアンティーク、ビンテージとして、今人気がありますが、「1927年に日本が玩具輸出の世界第一位」であったとの記述があります。第一次大戦で、ドイツが負け、人形・おもちゃ産業も打撃を受け、その代わりに日本が躍進。。。という図式でしょうか。一番のお得意は、アメリカでしたから、アメリカには、様々なmade in Japan のものが今でも残っています。おもちゃ製造の歴史のあるドイツに較べれば、「三流」と言われたかもしれませんが、それでも日本人は頑張ったはずです(涙)。


1891年3月1日施行のThe Tariff Act of 1890 という法律で、アメリカに輸出されるものには全て英語の国名表記が義務付けられました(そして米国内産業を守るための高い関税も)。そこで、1891-1921 年は、日本の製品は、会社名の他に’Nippon'、陶器であれば’HAND PAINTED NIPPON’と記されましたが、なお、無記名のものや、’Japan'と,記されたものもあったそうです。1921-1941年は、初期のMADE IN JAPAN 時代と呼ばれています。 1921 年8月1日、Nippon は使用できなくなり、かわりに 全て’Japan’のバックスタンプを押すようにとされました。また、この時期に、’MADE IN ' も追加するように言われましたが、いつもあることですが、スタンプ無しで税関を通過したものもあったはずです。でも、これをおさえておきますと、あなたがお持ちのお人形やアクセサリーが、いったいいつ頃作られ、輸出されたものかがわかります。Nipponとあれば、1921年までに作られたものらしいとわかりますし、MADE IN JAPAN とあれば1921年以降ということです。

第二次大戦中、1941年から終戦までは、日本からアメリカ宛に輸出はまったくされなかったとのことです。敵国ですから。米国内の日系の人たちは、強制収容所に入れられていたほどです。終戦後、1947-1952年は’OCCUPIED JAPAN’.’MADE IN OCCUPIED JAPAN'(占領下の日本),あるいは、再び ’JAPAN' または、’MADE IN JAPAN’の表記となりました。しかし、ここでもまた、無記名のものもあったとのことです。そして、晴れて1952年からは、Made In Japan となりました。目出度い。ばんざーい。

さーて、ながーくなりました。ご存知のように、欧米では、イースター(復活祭)を祝います。毎年イースターの祝日は、「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」です。覚えられましたか?たまごに綺麗にペイントしたり、飾りつけをして春の訪れとキリストの復活を祝います。そして、日本は、このお祭り用に小鳥を作り、戦前も戦後もアメリカに輸出しました。日本には無いお祝い事のために、せっせと作り、輸出した事に、感銘を覚えるのです。いまでは、中国製や、東南アジア製が、それに代わっているのでしょうね。わたしが集めているのは、戦前のものです。これがまた、本当に上手に、小鳥さんの特徴を捉えていて、しみじみ感嘆してしまうのです。しかも、それぞれが帽子を被っていたり、お花をつけていたり、かわいいったらありません。いくらあっても欲しくなる、これまた危険エリア。
f0330978_14160226.jpg
古いものは、素材と、足の形状でわかります。何十年も経っているので、もうぼろぼろで、目が無いものなど、ほとんどは補修が必要です。ぺちゃんこにつぶれたものを、ふわふわにしたり、もう、我が子を世話する母鳥の気分。ヴィンテージのお花や、リボンをつけると、とても可愛らしく生き返ります。私のお人形友達は、パリでこれを見つけて持ち帰りました。彼女が家に来て、「でも、何だか可愛らしさが違うような気がするんだけど。。。」と。それは、少し手をかけて、もとのぷくぷく、ふわふわに戻してあげていないからです。目の位置も、ずれていたりしますから(笑)。それでは、可愛さも半減。ぜひ、手をかけてあげてください。この魅力的な小鳥たちには刻印がありませんが、MADE IN JAPAN 時代のものだとおもいます。飾り用に、台紙がついていることがあり、それには、刻印がある事もあります。
f0330978_14162080.jpg

f0330978_01313911.jpg

                   小さなお人形との相性も良し。

f0330978_01315801.jpg
お菓子の詰め合わせみたいで可愛い


[PR]
by jeweleyes1984 | 2014-05-16 14:28 | Antique Bears | Trackback

アンティークジュエリーの飾り方




私はのーんびりした地方都市に住んでいますから、大規模なアンティークフェアーや、骨董市に出かけるチャンスはありません。ところが、地方都市、高齢者にとってこそ、インターネットは有難味があるのです。机の前に座っていても、世界中のお店が、うすーいパソコンの画面の裏側に広がっています。毎日が海外旅行。毎日がアンティークショッピング。便利すぎるくらいです(笑)。困ったものです。私の理想は、90歳になっても、震える手でEbayのオークションにドキドキしながら入札するお婆さんになることです。

「これ」と決めたものを探して、海外旅行でそれを手に入れようとすると、ほぼ絶望的に大変だという事は、皆さん経験済みのことと思います。膨大な距離を移動し、お店を探しても見つからなかったり、お店が無くなっていたり、休店日だったり。ただただ疲れるだけです。ふらりと立ち寄ったアンティークマーケットで、素晴らしい掘り出し物を手に入れる。。。など、無いと思ったほうが良いでしょう。それが出来るのは、そこに住んでいて、頻繁に行く事が出来る人だけです。

私の海外旅行の目的は、仕事もありましたが、とにかく古い素材を手に入れたいということでしたので、今はインターネットで十分です。むしろ、残りの人生、日本の「心に沁みる場所」や、お寺、仏像を見て歩きたい。そもそも、世界を全て見ることなど出来るはずはないのですから、厳選しないと。おや、これは、「物集め」にも通じますね。

「アンティークのジュエリー」と言っても、値段も様々。家が建ってしまうほどのものから、今デパートで売っている現代の物よりもお手ごろな価格のものまで。沢山目にして思うのは、人間の飽くなき想像力、デザイン力。まあ、大したものです。デザインも、唸るほどのものから、意味不明のものまで、とにかく面白い。集めたジュエリー(人によっては、がらくたかも)を、私は引き出しにしまうのではなく、ディスプレイして楽しんでいます。これは、シャドーボックスに、飾り板とアンティークレースを貼り、いつでも眺められるようにしたもの。ジョージアンのシードパール(避けて通れないもの)のブローチや、大好きな陶製カメオなど、好きに配置しています。コンチシェルのルースカメオは、良いアンティークの枠が見つかり、自分でセッティングしました。羊と戯れる女性のモチーフで、とても細かい彫りのものです。

f0330978_10591013.jpg








[PR]
by jeweleyes1984 | 2014-05-15 11:11 | Antique Jewelry | Trackback

Dwarf Kestner




アンティークドールを集めている方にはおなじみ、ドイツのKestner 社(1820-1938)のお人形です。Johann Daniel Kestner Jr(JDK)の会社がペーパーマッシュのお人形やおもちゃを作り始めたのが、1816年。その孫のAdolfが後を引き継ぎ、1860年に陶器工場を手に入れてからビスクドールをつくり始め、他のドールメーカーにもヘッドを供給したそうです。一冊の本が出来るほど、沢山の種類のお人形を世に送り出し、現在も根強い人気があります。特にキャラクタードールに、とても魅力的なものがあります。

さて、この二人。何のことは無い、キッドボディの、ありふれた154系のお顔です。ちょっと普通と違うのは、その身長です。8.5インチ(22cmほど)しかありません。それなのにキッドボディなんです。。。と申し上げても、「で?」という反応が返ってくるかもしれないですね。一人目を手に入れて、実物を見たときの「ほぅ。。。」という小さな驚き。実際見て頂かないと、私が申し上げている意味がお分かり頂けないかもしれません。Kestnerの初期のキッドボディのお人形は、全然珍しくありません。ただこのサイズが珍しく、これが Dwarf(小人)Kestner と呼ばれる所以です。ネットで調べても、ほとんどヒットしない、マイナーなお人形です。でも、縁あって二人目が来てくれました。縁だらけですけど(笑)。これほど小さなキッドボディ、しかも、ただ革で直線に縫って綿を詰めて。。。というのでなく、ヒップ、膝の関節部分が曲げられるような、丁寧すぎる縫い方をしているなんて。ドイツ人、きっちりしてます。ただし、足だけです。手は、直線。革の劣化が恐ろしく、現在曲げてみたり、座らせてみたりなど、とんでもないですけど。これが、ウッドボディや、オールビスクなら、このサイズ、珍しくもなんともありません。そこに移行するまでの、キッドボディ小型化戦略なのかもしれません。ちょっとやってみました→あまり意味無いので、やめましたー。。。的な(笑)。私も、あまり意味無いと思いますから。でも、オールビスクや、ウッドボディでは出せない、ぷっくりした可愛らしさが、たまりませーん。うーん。。。このサイズで「作る意味」あるかも。大きいキッドボディを可愛いと思ったことありませんからね。狙いはそこだったのか。

今回二人の画像を撮って、あらら、初めて一人が眠り目だとわかりました。この眠り目の子、下着もきちんとしています。てんこ盛りの帽子を作り、一番上のドレスは、私のカーディガン(細番手の糸なのでドレス素材として大活躍)を使って縫いました。もうひとりは、ドレスと帽子に手を加えました。
f0330978_13335899.jpg
f0330978_13341277.jpg
人形も、何か性格出てますね。右の子は、優しい優等生。左はめっちゃ気が強そう。


f0330978_13343198.jpg
f0330978_13344363.jpg
            可愛らしく寝ております。靴を履いた感じも可愛いんですよ。











[PR]
by jeweleyes1984 | 2014-05-12 14:03 | Antique Dolls | Trackback


◆◇◆アンティーク素材の「救済」に日々奮闘中◆◇◆朽ちかけた布・レース・素材に新たな活躍の場と輝きを!


by jeweleyes1984

画像一覧

Link

カテゴリ

全体
Sewing・Knitting
Sewing Box
Antique Dolls
Japanese Bisque Doll
Antique Jewelry
Christmas Tree
Antique Bears
Doll Dress
Antique Lace
Miniatures
Picture Frames
Flowers
Jewelry Box
Room Renovation
Antiques
Glee
Miscellaneous

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月

最新の記事

レースよりも
at 2017-06-28 12:01
赤は嫌い
at 2017-06-27 05:49
ここはどこ?(笑)
at 2017-06-25 19:28
らぶり~♪
at 2017-06-24 07:41
好きで嬉しい♪
at 2017-06-22 13:17
少しだけ
at 2017-06-22 08:39
とてもお似合いです
at 2017-06-20 12:21
オレンジ系アレンジ
at 2017-06-19 09:48
切り方を変えると
at 2017-06-17 12:29
昨日雨の日のお仕事
at 2017-06-16 11:43
ピンク系アレンジ
at 2017-06-14 20:31
順調に育っています
at 2017-06-13 12:28
クレマチスですけど
at 2017-06-12 12:04
何だかすごい
at 2017-06-11 16:43
ドール美容師
at 2017-06-09 09:17
やってきましたー
at 2017-06-08 08:13
7/10 は gros po..
at 2017-06-06 13:11
Debut
at 2017-06-05 11:38
ほら不安定
at 2017-06-04 17:35
7の帽子は出来た。。。
at 2017-06-02 11:14

検索

タグ

画像一覧

ブログジャンル

日々の出来事
ハンドメイド

ライフログ


私のお針箱―しあわせな針仕事のパートナー キルト作家27人のお針道具集


Immortal Wishes: Labor and Transcendence on a Japanese Sacred Mountain


Downton Abbey [DVD] [Import]


A Little Princess


The World of Downton Abbey


藤田嗣治手しごとの家 (集英社新書ヴィジュアル版)


HOBBIT: UNEXPECTED JOURNEY / BATTLE


The Paradise [DVD] [Import]


Mr. Selfridge


藤田嗣治画文集 「猫の本」


X-ファイル セブン DVD-BOX


X-ファイル:真実を求めて(ディレクターズ・カット) [DVD]


X-ファイル ザ・ムービー (劇場版) スペシャル・エディション [DVD]


切り裂きジャック 127年目の真実


VINTAGE HOME 2 ビンテージハウスで楽しむスタイルのある暮らし2


The Enchanted Places (Bello)


Mr. Holmes [DVD] [Region 2] (English audio) by Ian McKellen


邸宅美術館の誘惑


西洋絵画の巨匠 ファン・エイク


縄文美術館


ちりめんの押絵とつり雛とてまり (弓岡勝美の手芸図鑑)


むかしぎれ手芸


Glee: Complete Fourth Season [Blu-ray] [Import]

ブログパーツ