<   2014年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

非日常



f0330978_14122029.jpg
2014年。今年の一番の出来事は、裁縫部屋のリフォームでした。暮れのこの忙しい時でさえ、ミシン用の椅子(味気ない事務用)に、カバーを作って嬉しがってみたり、まだ飾っているクリスマスツリーに、新しい鉢カバーを用意したり、壁に額を飾ったり。。。と、色々楽しんでいます。さて、「家具ーその3」がまだ見つかりませんので、まだ完成ではないのですが、年末ですし(笑)、一回目の「まとめ」を。


10月、裁縫部屋の「自力リフォーム」を始めてから3ヶ月経ち、数人だけですが部屋を見てもらいました。私の手にペンキがいつも付いていて、その理由を説明したところ、無謀な計画だとおもったらしく、興味を持ってもらったからです。ご招待しました(笑)。コンセプトは、ご存知「セーラの部屋」ですので、「非日常」でないといけません。かといって、資金が潤沢にあるわけではありませんから、工夫も必要です。悔し紛れに、「お金を掛けるだけが能じゃない」。。。と言っておきます(笑)。
f0330978_14154526.jpg
そして、彼女達の反応と、感想です。

1.若い看護師Cちゃんは、私が「ドア開けるよ~」と言ったら、私の背後で、顔を両手で覆っていましたー。可愛いです(笑)。実際、芸能界でびゅー出来るほど美形。意外にも、「素敵、素敵」を連発。ジャムの空き瓶に、ハンドワークに使う色々なパーツをいれているのですが、「全部がいちいち素敵」なんだそうで、多分、今の若い人達の部屋や持ち物とはかなり違う「新鮮さ」があったのかもしれません。

2.小学校教師のSさん。彼女も自宅の壁紙の張替えを考えているので、このピンクの壁紙にいたく感心した様子。「ピンク」と聞いて、全く違う想像をしていたようで、「想像していた部屋と全く違う」。そして、私にとっては究極のお言葉、「うらやましい」と言ってもらいました。気になったものは、ベッドに置かれたeiderdown、なんちゃってシャンデリア、生クリスマスツリー。

3.高校教師のKさんにもやはり「素敵。うらやましい」と言ってもらいました。彼女が気に入ったのは、特にクレイジーキルト。私の「なんちゃって物」まで素敵とのこと(汗)。恐れ入ります。それに、カリモクテーブル改めのミシン台、レースの「見える収納」、レースのカーテン、クリスマスリース、生クリスマスツリーで話は盛り上がりました。

端切れのレースを入れただけのガラス瓶には、皆さん何故か引き寄せられ。。。私の意図した「お店みた~い♪」の感想をゲット。やった~♪


3人ともハードな職種で、家の中には私の裁縫部屋のように、溢れかえる素材や、アンティークのものなど無い生活です。「ほら、どう?」と、人形やアンティーク、趣味のコレクションを、興味の無い人に見せた場合、相手との価値観の違いにショックを受ける事があります。相手側も迷惑ですよねー(笑)。ですから、誰にでも見せるべきではありませんし、その必要もありません。今回はそれほど「害」の無い、部屋のリフォームということで見てもらいましたが、別に「素敵ねー(お世辞)」を期待していたわけではありません(笑)。こういう世界もある。。。という、「例」です。今流行の、断捨離とは、真逆の部屋でもありますしね。ですから、日頃穏やかで冷静な3人の、楽しそうな反応は、意外なものでした。まぁ、壁紙がピンクの時点で、もうすでに「非日常」ですけど(笑)。
f0330978_13521240.jpg
結論は、日々超多忙、という人達こそ、こういう空間が必要なのだということです。独身のCちゃんはこれから人生色々ですが、家庭を持ち、子育てしつつ、信じられないくらいのスケジュールをこなしているSさん、Kさんの事を思うと、自分だけがリラックス出来る「空間」を、絶対作りましょうね。。。と提案させてもらいました。「この部屋に入っていたら、たとえ奥さん・お母さんであっても、そっとして置いてあげる場所」です。お気に入りのルームフレグランスやお香を使い、良い音楽と本、雑誌、好きな飲み物、ストレスの無いお気に入りのものに囲まれて少しの時間を過ごす。100年前ですら、boudoir があったのです。
f0330978_13585228.jpg

専業主婦でも同じです。専業主婦には働いている人達とは別のストレスがあると思っています。ただし、ランチにお茶に、ショッピングに、夫も理解してくれ、毎日楽しくてしかたのない方々は、除かせて頂きます(笑)。そのストレスをしっかり理解してくれる男性は、日本人には少ないかもしれません。いえ、欧米人だから皆妻を大切にする。。。など、夢物語ですけどー。今の夫世代を再教育するのは、至難の業。私はしましたが(笑)、リフォームの記事を見ていただければ、それがまだまだ「道半ば」ということがお分かり頂けると思います。本当に自分で好きに暮らしたければ、夫を持たないことかもしれません。部屋をリフォームするより、夫をリフォーム。笑えますね~。部屋の断捨離より、夫を断捨離。笑えます。でも、あと20年ほどしか一緒にいられないのですから、まあ、赦しましょう(「許」でなく)。その経験を踏まえて、これから私達に出来る事は、息子や男の子たちをしっかり教育することでしょうか。家庭を持ったら、誰が家事をするというのではなく、出来る人が自発的にする。疲れていたら、お互いをいたわる。男性側にそれがあるだけで、女性はずっと楽になれます。
f0330978_13511448.jpg

部屋のリフォームから、色々なことを感じました。最後に、この部屋の最年少のお客様、5歳のRちゃんの場合。私とは、ネイル愛好家。。。という事でつながっております(笑)。私の手にペンキがずっと付いていて、いつもしているマニキュアが取れていることに疑問を持った彼女に、その理由を説明。一応の完成を見た時点で、「部屋へご招待第一号」となりました。入るなり、「。。。。」。でも、勧められなくても(笑)、さっさとeiderdownの敷いてあるソファに腰掛けて、アンティークドールや、シュタイフの頭をなでてくれました。そのことに、何だか心打たれた私。今まで、小さい子供の人形に対する反応が「こわーい」だけだったからかもしれません。でもその夜、うなされなかった事を祈るのみです。

f0330978_13502192.jpg
f0330978_14505388.jpg
        ベッド下に長年使っているペルシャ絨毯を敷きました


[PR]
by jeweleyes1984 | 2014-12-31 18:35 | Room Renovation | Trackback

超絶刺繍


f0330978_14584272.jpg

手仕事に関して、昔の女性達の根気強さはよ~く解っています。今では見慣れている刺繍やレースも、全て手作業の時代もありました。アンティークレースの模造品が無いのは、それを模造しても、全く採算が取れないし、する意味が無いからだ。。。と、言っていた専門家があります。それほど、製作に途方も無い時間・労力がかかっていたわけです。フランスルイ14世(1638-1715)時代、宮廷では、イタリアから超人気の Venetian gro pointを皆競って買い求めた為、国庫を圧迫するほどだったそうです。ま、本当に唸るほど素敵なレースなんですけどね。今も昔も、みんなレースに夢中。

f0330978_21402847.jpg
時代が進み、1830年代末には、それまで貴族や富裕層だけのものだったレースを、安く大量に供給するために、マシーンレースが本格的に生産されるようになりました。平民の私達にも、楽しめる時代が来たわけです。私は、アンティークの子供用ドレスを一枚もっていますが、最初、スカートの裾の細かい刺繍は、幅広のマシーンレースかと思っていました。あまりの細かさだったからです。でも、裏の糸の渡り方を見てみると、どうも手刺繍&カットワークのようなのです。はぁ~。。。全部手仕事?今では、お母さんが我が子の為に作ったドレス。。。と、信じています(笑)。5歳ぐらいの子用でしょうか。本当に、見る度、お見事。。。というしかない手仕事の例です。この一つの花模様すら、刺す根性の無いわたくしですので。
f0330978_21404526.jpg
f0330978_21460608.jpg
f0330978_21410699.jpg

f0330978_21464429.jpg



[PR]
by jeweleyes1984 | 2014-12-28 21:47 | Antique Lace | Trackback

Shell Cameo


f0330978_14563902.jpg
Whitby Jet カメオに続き、シェルカメオをいくつか。カメオが好きなのは、レースの服にもスーツにも、フォーマルにもカジュアルにも着けられるという点でしょうか。温かみがあり、気取らず、でも、5cm四方のミニ芸術品。アンティークカメオの図柄は、様々な題材、シーンからとられていて、バラエティーに富んでいます。それに対して、現代物のカメオはどれもみな同じような顔で、個性が無いように感じます。
f0330978_18524280.jpg
。。。と言ってるそばから何ですが、これは売主の説明では現代物のカメオとのことでした(笑)。大型で、枠無しでイタリアで手に入れ、シルバーの枠を作ってセッティングしてもらいました。でも、その枠が気に入らず、自分で白の自然素材のビーズを付けてしまいました(笑)。中世風な少女の横顔がクラッシックな雰囲気で、アンティークと言われれば、「そうですかー」と納得しそうな絵柄です。枠が付いていれば、枠から年代が大体推測出来たのですけど。ただ、枠のみ後世の場合もあり、ややこしくなります。
f0330978_18533963.jpg

シェルカメオのうち、特に好きなのが白地のエンジェルスキンという貝のもの。刺繍の white on white の様に、白いリネンのような雰囲気を持つものです。私のものは、エンジェルスキン特有のうっすらとピンク色も感じられます。

f0330978_18532193.jpg
f0330978_18520843.jpg
アフロディーテとその子供であるキューピッドのモチーフ?彼女がまさに海の泡から生まれ、歩き出そうとする場面でしょうか。キューピッドが花の鎖を持ち、鏡を差し出しています。ちなみに、カンパニュラという花は、「アフロディーテの姿見」と呼ばれているそうです(これにまつわる神話あり)。水辺には鳥。2羽がkissしています。愛の女神ですから(笑)。白鳥と鳩が彼女の聖鳥です。このカメオのものは、鳩でしょう。枠がとても凝っていて、葡萄の葉と蔓のようですが、蔓がまるで蛇。そして、葉?の中央のデザインは、まるでコブラです。「豊穣」を意味していそうですね。アフロディーテが「豊穣の植物神・植物を司る精霊・地母神」とのことですから。。。。と、このように、たかだか5cm四方の中に、様々に「妄想」させてくれるモチーフが盛り込まれているわけです。

f0330978_18524280.jpg
f0330978_14565575.jpg


[PR]
by jeweleyes1984 | 2014-12-27 11:18 | Antique Jewelry | Trackback

petit point bag


f0330978_12565955.jpg
アンティークのpetit point やマイクロビーズのバッグをいくつか持っていますが、本当は単に飾って置くのではなく使いたい。何十年も経っているので、ダメージが気になるところですが、数少ないパーティへ出席する際は、迷わずアンティークのものを選びます。それに目を留めて話しかけてもらったり、話題になったりすることがあるからです。

f0330978_12560392.jpg

f0330978_12554347.jpg
f0330978_12571528.jpg
娘の結婚式に持ったもの。着たドレスはこちら。中央に、羊。娘が未年生まれなので、結婚と関係なく手に入れたのかもしれません。色合いもさることながら、口金の装飾も、なかなか綺麗です。とてもフォトジェニックなバッグです。
f0330978_12564210.jpg
f0330978_12562154.jpg
                  地味な色合いですが、刺繍が細かいもの

f0330978_12571528.jpg








[PR]
by jeweleyes1984 | 2014-12-26 13:10 | Antique Lace | Trackback

たまちゃんの Christmas Tree 成長記


f0330978_13574393.jpg

2年前の4月に買ったクリスマスツリー用のモミの木。私の誕生日に亡くなったたまちゃんだと思って育てています。買ったときの身長(笑)60cmだったものが、今年は、105cmになりましたー(祝)。背伸びたねー。春先から外に出していましたが、クリスマスの為に家の中にいれ、飾り付けをしました。幹も少し太くなり、去年よりはオーナメントをよく支えてくれています。全部のオーナメントが飾れるように、天井に届くくらい、もっともっと大きく成長して欲しい「子の成長を見守る母」の心境。少しずつ、「理想のクリスマスツリーに」近づいています。

Christmas の今日は、大好きなCeline Dionの These Are Special Times を聴いています。クリスマスだけでなく、一年中聴いていられる、素敵なアルバムです。

f0330978_14431593.jpg
f0330978_13572762.jpg
f0330978_14433514.jpg
         小さな松ぼっくり?をラメでデコレーションしました

f0330978_14435864.jpg
       ヴィンテージのラメのりぼん。アンティークゴールドの色味です


f0330978_13581950.jpg
f0330978_13580123.jpg
      面白みの無い水受けの皿は、アンティークレースでカバーしました

f0330978_13571278.jpg
   友人の作ってくれたリースは味わいのあるドライフラワーになりつつあります



   
   *:.。.*.。.:*.*.。.:**:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.

  Have a very merry Christmas!
    
  *:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*.*.。.:*

[PR]
by jeweleyes1984 | 2014-12-25 00:38 | Christmas Tree | Trackback

猫額庭から(14)


f0330978_14441797.jpg
f0330978_14445320.jpg

外は真っ白雪景色。全て凍る前、今年竹の花のように忘れた頃に咲いた野ばらに、ローズヒップが出来ていましたので、記念に切り取っておきました。これ、いろいろな効用があるんですねー。ローズヒップティーなら知ってましたけど。アイビーと一緒に生けて楽しんでいます。条件の悪い庭からの、小さなプレゼント。来年も咲いてくれるといいな~。


f0330978_23175617.jpg
f0330978_23183556.jpg





[PR]
by jeweleyes1984 | 2014-12-24 10:13 | Flowers | Trackback

handkerchief



f0330978_12322629.jpg
昔と違って、今はハンカチを使う頻度が本当に少なくなりました。お手洗いにはハンドドライヤーがある。夏も、クーラーがあり、それほど汗をかかない。紙製の汗拭きもある。パーティーに行っても、ナプキンがある。レースのハンカチを持っていても、いったいいつ使うの?。。。というほど。ただ、コレクションしている人は多いのではないでしょうか。それ自体が小さな芸術品。眺めて楽しめます。
f0330978_12325786.jpg
ヴィンテージやアンティークの布製品を見ていると、ハンカチを入れる為のケースを良く見かけます。シルクで、綿をいれ、刺繍をしてブレードで飾ったものや、手書きの絵を描いたものなど。本のように、見開きになっていて、そのあいだに、レースのハンカチを畳んでしまっておく。なんて優雅。小さなハンカチとは言え、女性にとって大切なものだったことが解ります。Downton Abbeyのドラマを見ていると、女性の襟元に目がいきます。使用人たちの襟元のレースはとても小さく、慎ましく、たぶんそれさえも、贅沢なものだったのかもしれません。
f0330978_12340349.jpg
さて、「引き継いだレース」のなかに、とてもデリケートな切れ端のようなものがありました。襟か、襟飾りかとおもって広げたところ、ハンカチの縁飾りだったことがわかりました。溶けたような、薄いシルクも貼り付いていて、中心部分がシルクの、ハンカチだったようです。再びハンカチとしてよみがえってもらうために、ヴィンテージの布を付けてみました。コットンなので、十分今でも使えるものになりました。で、いつ使うか?ということですよね(笑)。ま、そのチャンスは無くても「レディのたしなみ」ということで。
f0330978_12334633.jpg

f0330978_12331815.jpg




[PR]
by jeweleyes1984 | 2014-12-23 12:37 | Antique Lace | Trackback

修行終了


f0330978_13423539.jpg


これまで様々なアンティークを手に入れて来ましたが、これが一番手がかかったかもしれません。モチーフを14x16=224ピースつなげてある中で、「繕いの必要無い箇所が皆無」という、悲惨さ。しかも、一つのモチーフに10箇所ほどもほつれがある。穴、穴、穴。。。これを編んだ人の根気強さには較べようもありませんが、普段何でも「手早く」がモットーの私には、次々目に付くほつれ箇所との「根気較べ」のような日々。「あら~。。。まだいたのねー」(笑)です。雪の日の「黙々」の針仕事です。


f0330978_13431350.jpg

フリル部分も、もともと付いていたものを何とか再利用。これまた、途中、どうにもならないほど破れている部分があり、カットしないといけませんでしたので、8mの縁に足りるか心配でした。また、縁飾りにつかった○○○○のレース(伏字では無く、形状)も、手持ちがこれだけしかなく、何度も長さをチェックして、利用を決めました。10センチでも足りなければアウト。。。でしたが、逆に10センチほど余り(冷や汗)、これも使い切る事が出来ました。他のレースを色々当ててみて「似合う」かどうかを見るのですが、「これでないと駄目」と思ったときが逆に大変です。必要メーター数が半端では無いので、足りないと、今度は諦めきれなくなります(泣)。ぎりぎり足りてよかった~。。。

f0330978_13425614.jpg

破れが大きすぎる数箇所は、パッチワークの要領で、別なレースを貼りました。何はともあれ、2014年がもうすぐ終わる今、補修を終える事が出来ました。偉いぞ自分(笑)。でも、飾りながら、まだほつれ箇所が目に付くと補修しているところです。完成祝いに、自分にクリスマスプレゼントを買いました。

f0330978_22523577.jpg

       




[PR]
by jeweleyes1984 | 2014-12-22 13:55 | Sewing | Trackback

修行中。。。



f0330978_20363388.jpg
Before & After

修理が必要な大型の「作品」が、あと2点。一つはフレンチアンティークのベッドカバー。破れまくりのものです(笑)。今、せっせと破れを修復しています。修行継続中。↑の様に、少しずつ綺麗になっていくのは、達成感があります。結局、ひどい状態の縁かざり部分は、繕って利用することにしましたので、別途入手したヴィンテージフリンジは、使わない事になりました。長い時間をかけ、注意して選んでも、このベッドカバーには、色と質感が微妙に合いませんでした。「画像だけで選ぶ難しさ」です。このフリンジも含め、修復方針も、どんどん変わりました。でも、年内には作業を終えて、裁縫部屋の壁にディスプレイして新年を迎えたい。
f0330978_20415324.jpg
     採用されず。。。長さも丁度で、完璧!。。。と思ったんですけど(涙)

f0330978_20360935.jpg
はずしたフリル部分。問題ありでも、やはりこれが一番相性良し。これから「変身」します

f0330978_20353819.jpg
しかし、まだまだこんな部分も。。。特に、小さな葉の形をした部分。ほとんどのものにほつれ有り

f0330978_20351410.jpg
綺麗な修復が無理な部分には、発想をがらりと変えて、手持ちの「白系」レースを使います

f0330978_14402390.jpg
    これまでは「白過ぎ」て出番無しだった、様々なデザインのコットンレース





[PR]
by jeweleyes1984 | 2014-12-17 21:32 | Sewing・Knitting | Trackback

Paint It Black


f0330978_15470351.jpg
                ドールドレスフォームを黒に


1966年Rolling Stones の曲です。わたくし15歳。彼らには全く関心無く、当時はBeach Boysに夢中。ファンクラブにも入っていて、東京の初コンサートにも、友人と二人(父が付き添い)行きました。ファンクラブ会長が、はるばる遠方から中学生が来るというので、最前列のシートを用意してくれました。前座(なつかしい)は、スパイダーズ。でも、本命は別なので、「あなたたち、いいから」→目にも入りませんでした。今では、コンサートより、完璧なオリジナル状態で聴けるCDのほうが好きな「変人」になってしまいました。好みもあるでしょうが、歌い方をアレンジすることの多いコンサートはそれほど好きではありません。CDと同じように聴きたい。これでは、コンサートに行く意味が無い(笑)。歌手に恋をしている場合は、生で顔を見たい。。。があるんでしょうけど。John Denver のコンサートでは、不満で途中で帰ったような記憶も。。。わがままですみません(笑)。
f0330978_15472522.jpg
              手作りのドールハットスタンドを黒に


当時、Beatles の勢いも凄く、私と友人二人は、「なんとな~く軽め」のサウンドが好きなため、中学のクラスの中では超少数派でした(二人だけ?)。おっと、Paint It Blackですね。今回部屋の改装で、いつもこのタイトルが浮かびます。とにかく、手当たり次第、Paint It Black。Stones に言われなくてもPaint It Black。その為、自分の手もPaint It Black。今年から、これまで好きではなかったマニキュアを「いつもする」と決めているのですが、改装期間中は、あきらめた日もありました。洗ってもなかなか落ちない黒のペイントが、手のあちこちに。とほほ。。。です。でも最近、復活しました~♪
f0330978_15464649.jpg
                 押入れのカーテンを黒に


音楽遍歴。高校時代はJoan Baez、PPM、Simon&Garfunkel。歌詞を自分で訳す事に夢中。高校~大学と、友人とバンドを組んで歌っていました。今はもう、雑食系となり、雪の日の今日は、手仕事をしながら、高橋真梨子を聴いています。なごみます。

f0330978_13543365.jpg
                 窓のカーテンも黒に

f0330978_14085869.jpg
f0330978_14091826.jpg
棚の仕切り版を黒に。6セット必要だったのでこれは苦労しました。。透明のカードケースに挟んだのはヴィンテージのランチョンマット。アンティークレースのように綺麗です。

f0330978_16091179.jpg
                    鏡も黒に

f0330978_12554347.jpg
               頭痛が起きそうだった赤い額も黒に
f0330978_23222019.jpg
         捨てようと思ったグレイのハンガーは全て黒に

f0330978_12434891.jpg
            オフィス家具だった椅子の足を黒に

f0330978_12450518.jpg
            生クリスマスツリーの木製鉢を黒に

f0330978_12294667.jpg
                  額を黒に








[PR]
by jeweleyes1984 | 2014-12-15 16:09 | Room Renovation | Trackback


◆◇◆アンティーク素材の「救済」に日々奮闘中◆◇◆朽ちかけた布・レース・素材に新たな活躍の場と輝きを!


by jeweleyes1984

画像一覧

Link

カテゴリ

全体
Sewing・Knitting
Sewing Box
Antique Dolls
Japanese Bisque Doll
Antique Jewelry
Christmas Tree
Antique Bears
Doll Dress
Antique Lace
Miniatures
Picture Frames
Flowers
Jewelry Box
Room Renovation
Antiques
Glee
Miscellaneous

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月

最新の記事

掘ってみました
at 2017-05-24 09:16
に、似合う。。。
at 2017-05-23 10:40
バラがね~。。。
at 2017-05-22 05:38
初夏にクリスマス
at 2017-05-21 09:36
ねねちゃん3号
at 2017-05-19 10:07
棚から牡丹餅ふたたび
at 2017-05-17 15:28
今頃春休みの課題
at 2017-05-15 13:04
リクエスト
at 2017-05-12 13:29
これが我が家の雛毛氈
at 2017-05-10 09:17
Somebody Loves..
at 2017-05-09 00:32
Don't Dream It..
at 2017-05-08 10:48
Somewhere Only..
at 2017-05-07 11:08
どちら様?
at 2017-05-05 09:52
フォトジェニック~♪
at 2017-05-03 12:55
二度目の花見
at 2017-05-01 20:33
ムスカリ水栽培
at 2017-04-30 12:52
初チューリップ
at 2017-04-29 08:37
おうちで花見(笑)
at 2017-04-28 00:16
孤独な旅人
at 2017-04-27 10:19
鉄瓶を育てる
at 2017-04-25 11:55

検索

タグ

画像一覧

ブログジャンル

日々の出来事
ハンドメイド

ライフログ


私のお針箱―しあわせな針仕事のパートナー キルト作家27人のお針道具集


Immortal Wishes: Labor and Transcendence on a Japanese Sacred Mountain


Downton Abbey [DVD] [Import]


A Little Princess


The World of Downton Abbey


藤田嗣治手しごとの家 (集英社新書ヴィジュアル版)


HOBBIT: UNEXPECTED JOURNEY / BATTLE


The Paradise [DVD] [Import]


Mr. Selfridge


藤田嗣治画文集 「猫の本」


X-ファイル セブン DVD-BOX


X-ファイル:真実を求めて(ディレクターズ・カット) [DVD]


X-ファイル ザ・ムービー (劇場版) スペシャル・エディション [DVD]


切り裂きジャック 127年目の真実


VINTAGE HOME 2 ビンテージハウスで楽しむスタイルのある暮らし2


The Enchanted Places (Bello)


Mr. Holmes [DVD] [Region 2] (English audio) by Ian McKellen


邸宅美術館の誘惑


西洋絵画の巨匠 ファン・エイク


縄文美術館


ちりめんの押絵とつり雛とてまり (弓岡勝美の手芸図鑑)


むかしぎれ手芸


Glee: Complete Fourth Season [Blu-ray] [Import]

ブログパーツ