<   2015年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

Saphiret 



f0330978_01234308.jpg
アンティークビーズはとても魅力的ですが、その中でも、サフィレットほど美しいものはありません。今ではもう作る事が出来ないと言われ、希少性があり、コレクターの心をくすぐります。原色で輝くのではなく、ブルー・ブラウン・モウブ(灰色がかった紫)という、複雑でくクラッシックな色味も素敵。
f0330978_01225607.jpg
サフィレットは19世紀中頃、チェコスロバキアのGablonzで作られたと言われているガラスビーズです。その中に金を溶かした為、このような不思議な色味のビーズが出来たらしく、劇薬の砒素が入っているらしいということも、コレクターの間では有名な話です。珍しいガラスではありましたが、宝石ではありません。その為、このビーズを使ってアクセサリーにしたとき、地金は純金ではなく、メッキしたものが多い。もちろん純金の台のものも見かけますが。ただ、宝石級の「特別なビーズ」という扱いだったらしいのは、そのジュエリーのデザインをみれば解ります。ロザリオのビーズとしても使われました。

f0330978_01231961.jpg

100年ほどで生産が終わってしまったのには、金の価値があがってしまい、ガラスに金を溶かしていては、採算が取れなくなってしまったかららしいのですが、製法が良く知られていない、神秘的なガラスビーズなのです。ヴィクトリアン、エドワーディアンのジュエリーに使われたあとは、1950年代に、ドイツ製のサフィレットがリバイバル?して、コスチュームジュエリーに使われました。アンティークのものと、新しいものの見分けはそれほど難しくありませんが、古いものを新しい台にセッティングしてあるものも見かけますので、私はそれほどこだわりません。最近になって、ジュエリー好きの心をがっちり掴んだ、稀有なビーズと言えます。


f0330978_01223181.jpg

f0330978_01305411.jpg
f0330978_01215081.jpg
f0330978_02270266.jpg






[PR]
by jeweleyes1984 | 2015-02-25 02:03 | Antique Jewelry | Trackback

Shirley Temple ドール





f0330978_21563224.jpg

1934-1939年に、アメリカの名子役シャーリーテンプルを模して作られたお人形で、初期のコンポジションのものです。コンポジションは、年月がたつと、クレージングといって、ひび割れてきたり、目が割れたり濁ったりしてきますから、状態の良いものはあまり見つかりません。後年、ビニールタイプの新しいデザインのものも作られましたが、良い状態を維持するのは難しくても、やはり初期のコンポジションのものがとても魅力があります。サイズは11インチ~27インチまで、9種類作られました。私のものは16インチです。
f0330978_21574515.jpg
俳優としてのシャーリーには全く興味が無いのにお人形にはとても興味があって困ります(笑)
f0330978_21581036.jpg
バッジをつけています
f0330978_21565425.jpg


インターネットを始めた頃、アメリカのEbayで、このコンポジションドールを手にいれました。状態も良く、ドレス等、全てオリジナルです。説明にはシャーリーテンプルと同時期に活躍した子役の人形。。。という説明だったような。ヘッドマークが無いので、一体だれなのか、ミステリードールですが、コンポジションドールの魅力満載という感じのお人形です。何時か、身元がわかるかも。。。

f0330978_21590283.jpg
f0330978_21583958.jpg
              
f0330978_21560372.jpg
外国の本に、私の持っているシャーリーと同じ洋服のものが載っていました。私のものは、靴がオリジナルではないかもしれません。





[PR]
by jeweleyes1984 | 2015-02-22 22:12 | Antique Dolls | Trackback

Dollhouse キッチン棚


f0330978_15522577.jpg
ドールハウスが好きな方、お人形用の家具の好きな方がずるずる心惹かれるものが、ミニチュアのキッチン棚ではないでしょうか?さまざまなキッチン用品がディスプレイされた食器棚のようなものです。私がとても気に入ったのは、棚にあふれんばかりのロビンエッグブルーのホウロウのミニチュア食器・台所用品がディスプレイされたもの。どこかのオークションに出されたものだとおもいます。そこで、目指せ同じ物!。。。ということで出来上がったのがこれ。25cmほどの高さで、中に入っているのは、ほとんどアンティークです。集めるのに時間がかかりました。よくロビンエッグのエナメルの品が揃った。。。ですか?いえいえ。金属にペイントしました(笑)。理想に近づける為なら、何でもしますから。木製食器棚は、わたくし作。いえ、100yen shopのものを上下に足しただけです(笑)。
f0330978_15520396.jpg
f0330978_15514422.jpg
f0330978_15512531.jpg
一部、外国のミニチュア作家さんにオーダーしましたが、やはりアンティークのものには負けます
f0330978_15514422.jpg
手書きのアンティークの小皿。なかなか趣のあるものです
f0330978_15510881.jpg
f0330978_15505069.jpg
洋服がロビンエッグブルーの為、友情出演のアンティークS&Hオールビスク。大怪我しています。いえ、私が怪我させたわけではありませんよ(笑)

f0330978_21170409.jpg
目指したのはこれー。コーヒーミルはそっくりに出来た~♪


[PR]
by jeweleyes1984 | 2015-02-20 16:03 | Miniatures | Trackback

Pearl White


f0330978_16053773.jpg
春を思わせるような今日、母を連れて買い物に。高齢者のアパートでは、楽しみがあまり無いので、気晴らしも兼ねて。私は文房具を大型スーパーの中の100yen shopで選び、ふと目をやると、ペンケースのコーナーに、pearl white の素敵なもの発見(笑)。最近は、物は増やさない、増やすとしても、いま持っている材料で作る=「差し引きゼロ計画」ですから、単に「安い」「可愛い」ではめったに手を出しません。でもこれ、なかなかの商品。ペン2本ほどしか入りませんので、ペンケースか口紅と紅筆入れぐらいの利用価値ですが、お洒落。私には必需品ですので、買いました。もらったペンケースはあるのですが、気に入りません。このほうがずっと持っていて嬉しいものになります。これならポーチも欲しいかも(大笑)。作ってくれないかなー。いや、あるかもなので、探してみます~♪100yenでそうとう嬉しくなってます。
f0330978_16055820.jpg
f0330978_16061892.jpg
2種類のパールホワイトの合成皮革を編んであります。

f0330978_16064315.jpg
シルバーの鈴・淡水パールのボール・ヴィンテージのスズランビーズで少しお洒落してみました



[PR]
by jeweleyes1984 | 2015-02-19 16:13 | Miscellaneous | Trackback

娘のお雛様



f0330978_13202496.jpg
久しぶりに娘の雛人形を出しました。汚れや、黴など、気になるところも無く、一安心。京都からはるばる我家にやって来て、35年ほどになります。感慨深い。母(わたしです)のものは、江戸雛、昭和初期雛、年がら年中出てますので(笑)、たまには娘のものも出してあげないといけませんね。お雛様にも新鮮な空気を吸って頂かないと。

f0330978_16461606.jpg

f0330978_13204715.jpg

            古い市松なども一緒に飾れる日が来るのを楽しみにしています



f0330978_16465843.jpg

f0330978_16472104.jpg
京都の義両親から送られたものです。この一対で段飾りが買える程だったそうで、その賢明な選択に、出して眺める度に感謝です。絶対「量」より「質」です(笑)ま、そう思っているのは保護者(わたし)だけで、赤ちゃんだった娘は、あれこれ付属品があったほうがきっと喜んだでしょうねー





[PR]
by jeweleyes1984 | 2015-02-18 13:29 | Antique Dolls | Trackback

母からの貰い物





母にはミニポーチを作るのが上手な友人がいます。その人に頼んで作ってもらい、お世話になった人に、ちょっとしたプレゼントとしてあげるのが母の楽しみ。テーブルの上に、こぎん刺しをアクセントにしたものなど、常時5個ほど置いてあります。「並べて見ているだけでも楽しい」そうです。欲しければあげる、と私も言われるのですが、当然遠慮しています(笑)。以前も書きましたが、「ポーチ不要人間」ですので。でも、先日母のところに行った時に、珍しく心惹かれるものが置いてありました。母曰く、これは父の絣の着物だったとのこと。う~ん。父がこんな普通の絣着るかなー。疑問ですが、もしそうなら意味のあるものなので、ありがたく貰ってきました。6cmほどの超ミニポーチですので、時計や指輪をはずした時に傷がつかない様に入れておくのにいいかもしれません。さるぼぼまで付いてます。ただ、ヴィクトリアン派としては民芸調はちょっと厳しい(笑)。

f0330978_16021096.jpg




[PR]
by jeweleyes1984 | 2015-02-17 14:31 | Sewing | Trackback

メガネケース



f0330978_15550592.jpg
f0330978_15485564.jpg
昨日NHKの「美の壺」で、がま口をやっていましたねー。がま口ずきな人は、がま口型のバッグを持ち、その中に、がま口財布、がま口ポーチ、がま口ティッシュケース、がま口マイ箸入れ。。。もう、がま口オンパレードでした(笑)。可愛かったですけど。「ポーチ好き」と同じパターンですねー。
f0330978_15482855.jpg
番組に、着物地でがま口を作る作家さんが出ていました。それに触発され、暇だった休日、私も和布で簡単作品を。バッグの中にポーチは要らない人ですが、サングラスだけはケースに入れないと傷が付きます。でも、普通のめがねケースは個性が無く、バッグから取り出し、ケースを開けるそのひと手間がめんどうです(笑)。サングラスを新調しましたので、重い腰を上げて、作ることにしました。ひとえに、新しいサングラスさんの為です。さっと取り出せ、さっと仕舞える形。私の場合、これに尽きます。
f0330978_15520108.jpg




[PR]
by jeweleyes1984 | 2015-02-16 15:58 | Sewing・Knitting | Trackback

悪条件だからこそ


f0330978_13384859.jpg
f0330978_13382137.jpg
元の色(たぶん紫)が失われてグリーンに。原種に戻ってる??ばっさり切るなど処置が必要のようですが、この色は好きなので、このままで良い。春に咲く花とアレンジすることも出来る色です。


自慢ではありませんが、「花育て」は上手ではありません。友人の中にはとても上手な人がいて、かつて瀕死のポトスを、彼女に預けたことがあり、一冬で元気になって戻って来ました(祝)。今では、ポトスは水ざしでも発根するほどなので、難しく無いと解っていますが、当時は苦手意識があったように思います。植物は、ほったらかしで育てているほうが元気なのかもしれません。心配しすぎたり、水をやり過ぎて駄目にする可能性のほうが高いような。。。今では「ほったらかす」のが得意になりました。

さて、クリスマスローズ。大好きな花ですが、地植えに適した場所がありません。何しろ「猫額庭」ですから。ならば、鉢で楽しみたいところですが、それを置ける場所(日当たり)も、限られています。一鉢は、3-4年目ぐらいのもの。夏は外にほったらかしで、冬に家の中にいれると、わさわさ花を付けてくれます。あと、クリスマスローズには不向きな寄せ植えにした鉢があります。多分、他の植物が栄養を取ってしまうから?ここ2年ほどは葉だけを楽しむ、観葉植物化(笑)。株分けしたくても、他のグリーンと根が絡まり合い、断念。で、冬はさむーい玄関に鉢を並べておくのですが、数日前。。。あらーびっくり!太い茎がにょっきり伸びて来て、花までつけました。

f0330978_13390671.jpg
f0330978_13392609.jpg
予期していない花を見ると、嬉しくありませんか?広い日当たりの良い庭のある人とは違う、ささやかな喜びが、私にはあります。また、花を育てるのがあまり得意ではないからこそ、の喜びもあります。2重苦(笑)でも、長年ミニ園芸を楽しんで来て、最近は買った花を駄目にしてしまうことが無くなった事に気付きました。空の鉢がどんどん増えていくことも無く、逆に、株分けしたり、鉢増しの為に、土や鉢を頻繁に買う羽目に(笑)。あら、知らないうちに、植物を育てるのが上手になってるのかも。。。





[PR]
by jeweleyes1984 | 2015-02-15 14:35 | Flowers | Trackback

フリンジ大好き


f0330978_21365802.jpg


Downton Abbey をみていると、クッションやカーペット、タペストリー、椅子の座面に目が行き、それがAubusson (オービュッソン)と呼ばれるタイプのものだとわかります。Aubussonはフランスの地名で、フランドルからこの地域へ14世紀にタペストリーが伝わり、16-17世紀にタペストリー産業がこの地で頂点に達しました。二つの大戦中は低迷したものの、現在でも、この町(自治体)は精巧なタペストリーで世界的に有名です。。。とここまで書いて、ひょっとすると今は、「Made In China の Aubusson」という不思議な物になっていたりしないかを危惧。スワトウの刺繍を見ても、古くから中国の技術は超絶ですけど。

Aubussonのクッションと言えば、フリンジです。うちには恐れ多いAubussonの製品はありませんが、普通のニードルポイントのクッションはいくつかあり、それぞれどこか古い倉庫から出して来たような、古めのフリンジをつけてあります。ぴかぴか新しいものより風情があり、好きです。色目は赤かベージュ系ですが、あっちにもこっちにもフリンジをつけたものを配しても、不思議なことにうるさいといいますか、素材同士がけんかする事がありません。つけないより、つけたほうがぜーったい良いもの。それがフリンジ(笑)。主役を引き立ててくれます。ヴィンテージ・アンティークのものは特に趣があります。手間のかけ方が違います。さて、私の裁縫部屋の中で、フリンジでドレスアップしたものの数々を。
f0330978_21351173.jpg
f0330978_21354866.jpg
f0330978_21363656.jpg
f0330978_21361197.jpg
f0330978_21344938.jpg
f0330978_21372065.jpg
f0330978_16013347.jpg















f0330978_16011685.jpg

[PR]
by jeweleyes1984 | 2015-02-14 11:08 | Sewing・Knitting | Trackback

「和仕事」日和


f0330978_15081693.jpg
建国記念日から3日間、休みを取り、ゆっくりしました。昨日は母を近くの美容院へ。カットしてパーマをかけ、すっかり綺麗になって、帰りはいつもどおり、母がお世話になっている介護アパートまで、手を引いてゆっくり二人で歩きました。今年米寿ですが、お洒落心がまだ健在なことが、娘として嬉しい。私達でもそうですが、髪はとても気になる様です。嬉しい偶然ですが、以前よく行っていた美容師さんが、同じアパートに入居したそうです。ご主人を亡くし一人で小さな美容院を経営していた人で、大病を患った事を母から聞きました。とても優しく丁寧な仕事の人でしたが、その方が店を閉めた為、母が今の美容院に代えた経緯があります。

さて、せっかくの休みですから、母のところから帰ったその足で、いつものレトロ屋さんへ。本当の意味での「掘り出し物」をげっと。ふるーい箱が色々置いてあって、そこから探し(掘り)出す(笑)。おじさんが「こんなのあるよー」というものから選びました。そのままよりもっと可愛くなるはずなので、雪の日の今日、せっせと「和」の手仕事を。

f0330978_15073840.jpg
布で出来た赤ちゃんの人形。今回一番の嬉しさ。うさぎ・女の子・いづめ子人形のチャームもげっとし、この子に持たせました。袖口からちいさなおててが。。。芸が細かい。
f0330978_15075535.jpg
       顔の描き方、とても上手。丁寧な仕事をしています。プロ?
f0330978_15071459.jpg
       帽子とドレスの裾に飾りをつけ、古布の端切れでお布団を
f0330978_15064935.jpg
本当に端切れですが、特に好きなものなので、無理にでもはぎはぎで。「和綴じ」はいつもてきとーでしたが、今回きちんと調べることに。綴じ方にも「~流」があって驚き。でも、結局「わたくし流」で仕上げましたー(笑)
f0330978_15063205.jpg
そして、この和の犬。ラベルがまだ付いていて「CK 日本が生んだ世界の玩具」とあります。たぶんブリキのおもちゃで有名な倉持商店のもの?1930年頃。あかちゃんを守っているみたいで可愛く、何だか胸が締め付けられるような組み合わせ(笑)

f0330978_15061267.jpg
ピンクのりぼんをつけたきかんぼうのぼっちゃんです。ピンクのレースのりぼんをプレゼントしてあげました。今は古い鈴もつけてます。

f0330978_20021837.jpg
           今日外は吹雪。でもお布団は暖かい。。。






[PR]
by jeweleyes1984 | 2015-02-13 16:06 | Sewing・Knitting | Trackback


◆◇◆アンティーク素材の「救済」に日々奮闘中◆◇◆朽ちかけた布・レース・素材に新たな活躍の場と輝きを!


by jeweleyes1984

画像一覧

Link

カテゴリ

全体
Sewing・Knitting
Sewing Box
Antique Dolls
Japanese Bisque Doll
Antique Jewelry
Christmas Tree
Antique Bears
Doll Dress
Antique Lace
Miniatures
Picture Frames
Flowers
Jewelry Box
Room Renovation
Antiques
Glee
Miscellaneous

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月

最新の記事

レースよりも
at 2017-06-28 12:01
赤は嫌い
at 2017-06-27 05:49
ここはどこ?(笑)
at 2017-06-25 19:28
らぶり~♪
at 2017-06-24 07:41
好きで嬉しい♪
at 2017-06-22 13:17
少しだけ
at 2017-06-22 08:39
とてもお似合いです
at 2017-06-20 12:21
オレンジ系アレンジ
at 2017-06-19 09:48
切り方を変えると
at 2017-06-17 12:29
昨日雨の日のお仕事
at 2017-06-16 11:43
ピンク系アレンジ
at 2017-06-14 20:31
順調に育っています
at 2017-06-13 12:28
クレマチスですけど
at 2017-06-12 12:04
何だかすごい
at 2017-06-11 16:43
ドール美容師
at 2017-06-09 09:17
やってきましたー
at 2017-06-08 08:13
7/10 は gros po..
at 2017-06-06 13:11
Debut
at 2017-06-05 11:38
ほら不安定
at 2017-06-04 17:35
7の帽子は出来た。。。
at 2017-06-02 11:14

検索

タグ

画像一覧

ブログジャンル

日々の出来事
ハンドメイド

ライフログ


私のお針箱―しあわせな針仕事のパートナー キルト作家27人のお針道具集


Immortal Wishes: Labor and Transcendence on a Japanese Sacred Mountain


Downton Abbey [DVD] [Import]


A Little Princess


The World of Downton Abbey


藤田嗣治手しごとの家 (集英社新書ヴィジュアル版)


HOBBIT: UNEXPECTED JOURNEY / BATTLE


The Paradise [DVD] [Import]


Mr. Selfridge


藤田嗣治画文集 「猫の本」


X-ファイル セブン DVD-BOX


X-ファイル:真実を求めて(ディレクターズ・カット) [DVD]


X-ファイル ザ・ムービー (劇場版) スペシャル・エディション [DVD]


切り裂きジャック 127年目の真実


VINTAGE HOME 2 ビンテージハウスで楽しむスタイルのある暮らし2


The Enchanted Places (Bello)


Mr. Holmes [DVD] [Region 2] (English audio) by Ian McKellen


邸宅美術館の誘惑


西洋絵画の巨匠 ファン・エイク


縄文美術館


ちりめんの押絵とつり雛とてまり (弓岡勝美の手芸図鑑)


むかしぎれ手芸


Glee: Complete Fourth Season [Blu-ray] [Import]

ブログパーツ