<   2015年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

救急車に




        ぼくにはいいことあったかも~あたらしいぼうしだよー
f0330978_14312937.jpg

人生で初めて乗りました(汗)。月曜日のことです。私が問題だったわけではなく、母です。母は介護付きのアパートに住んでいます。とても良い施設で、すっかり安心していたのですが、部屋で探し物をしていて転んだようです。このアパートはすぐ近くの病院の系列なので、念の為X線を撮ったところ、大腿骨が折れていて、すぐ手術したほうがいいという連絡を受けました。その病院に外科は無いので、私の自宅近くの総合病院に電話で交渉してもらったところ、「すぐ連れてきてください」とのこと。あれよあれよ。。。という間に救急搬送が決まってしまい、身の回りのものを施設の人に助けてもらい準備。ところが、保険証が見つかりません。一人暮らしの老人の部屋が大変なのは、沢山の「親の家の片付け」の記事を見て知っていましたが、自分の親の家・部屋の片付けももう待った無しだと知りました。幸い、施設がコピーを取っておいてくれていましたので、今回はそれで間に合いました。

母は、とにかく頑固です。手術に簡単に同意するはずがありません。「手術は嫌だ」と、ずっと言っていました。私だって嫌ですよ(笑)。看護師さんも同行して救急車で病院に到着し、再度X線写真を撮り、外科の先生と話し合いをしました。折れている箇所が問題で、骨頭の近くなので、手術となると骨頭置換という大変な事に。しかも、手術中に命に関わる事態も覚悟しないといけないそうです。そこで、年齢とこれからの生活と手術のリスクを全て考え合わせて、車椅子の生活になる事も納得したうえで、手術は見送る事にしました。ついこの間、大好きなフリーマーケットに連れて行った時の不安が的中した形です。あの時、もうすぐ自力で歩け無くなるのでは。。。と思わせるような様子だったからです。パワーが無い。杖をついてでも歩けるようであれば、あるいは、もっと若ければ手術も考えに入れていたかもしれません。

お医者さんの説明はとてもわかりやすく、納得出来るものでした。付いて来てくれた施設提携の病院の看護師さんも私も、「さあ、手術」と思っていましたので、すっかり気抜けして、午後の静かな病院で会計を済ませ、帰りは「介護タクシー」(ストレッチャー使用)で、アパートまで運んでもらいました。

今回の救急車初乗り(笑)で私が感じた事。まず、皆さんが親切なことに加え、これ、無料なんですよね?国民皆保険ではないアメリカだと一回5万ほど請求されるそうですけど。病院も、X線撮影、医師との面談で、たった374円。介護タクシーは病院~施設までで3700円ほど。これだけ大騒ぎで4000円でした。日本って、すごい国です。でも、だから大赤字。。。とも言えるんですよね。若い人達に重い負担が掛かっている。今のお年寄りは、恵まれ過ぎじゃないですか?医療費が安いに越したことはありませんが、それはお金が潤沢だからではなく、負債を先送りしているだけ。この料金に、「私達がこの年齢になったらどうなってるかしらねー」との私の言葉に看護師さんも笑ってました。母のことを「口は元気だ」と日頃冗談を言ってくれる、気さくでいい方です。

f0330978_14314994.jpg

さて、母の家(=私の実家)の片付けもそろそろ。。。と思っていた矢先、アパートの部屋の片付けが先になりました。一ヶ月ほどは安静なので、介護する人達が入る為、洋服・小物だらけの部屋の片付けをしました。部屋の引き出しの中を見て、「何でこう空き袋や、使い終わったものまで取っておくかなー」と、絶句。元気なうちは、母の意志を尊重して、娘でも勝手には処分出来ませんが、今度は事情が違います。溢れかえる不用品に紛れ、いざというとき必要なものが見つからないのは本当に困ります。ごみの中から必要書類を探さないといけなくなります。

もう一つ問題なのは、お金の管理。今までは、支払い全てを私か義姉が銀行まで付いて行ってお金をおろし、母がしていました。頑固(大笑)。これまた微妙なところで、いくら自分の親でも、勝手にお金を下ろす事は出来ません。ネットで調べると、皆さん苦労されているようで、将来の自分達の事とも重なって、笑い事ではありません。これからは、銀行に母を連れていくのは難しくなると思いますから、昨日銀行に相談に行きました。有難い事に、ある程度の常識的な金額であれば、施設の請求書や母の身分証明などがあれば、娘の私でも銀行からお金を引き出す事は可能ということでした。そうでなければ「成年後見人制度」や、社会福祉協議会の制度を利用しないとけません。キャッシュカードですか?年金振込みの銀行のものを持っていませんし、作ることも不可でした。自分の家に拘りが強く、施設に住所を移していないからです。本当に、複雑。施設の料金は銀行振込みか手渡しで、引き落としがありません。母は直接支払いを選択していて(以前系列病院でちょっとした事件あり)、自分でやらないと安心しないようです。本人が動けなくなると、お金の問題は一番困った事になる点かもしれません。

今回のことで、私が学んだ事。人間、素直でないといけません。それに、「だんだん年を取ってどんどん元気になる」人などいません。不要のものは処分。これは私の場合、あと20年ぐらいで「完結」の予定です(笑)。お金の管理をどうするか、誰に任せるかを日頃から話し合っておくべきです。それには信頼出来る家族関係を作っておく必要があります。人間、この世を去るまでには、様々な苦難、苦労も待っていますが、しかし人生それほど悪い事ばかりではありません。大好きな言葉、「禍福糾える縄の如し」。悪い事の後には、良い事もある。あ、でもまた悪い事も続くかもなんですけどねー。「人生堂々巡り」ということで(大笑)。悪い事も、「このぐらいで済んで良かったー」と思う事にしていますので。

f0330978_14311055.jpg
古い麦わら帽子・ヴィンテージのお花で、わんちゃんのミニハットを作ってみました。材料は全て裁縫部屋で「掘りだした」もの(笑)

[PR]
by jeweleyes1984 | 2015-10-30 14:59 | Doll Dress | Trackback

チョコレートコスモス




f0330978_15544700.jpg

好きな割にやたらと相性悪く(笑)、これまで2-3回「鉢植えでわさわさ茂る」を夢見て手に入れてみましたが、まったく成功せず。今年は「猫額庭その2」が出来て、地植えが可能になりましたので、初夏に一鉢買って植えました。小さい株の割に、値段が高く、失敗するときのことを考えると毎回ひるむわけです。でも好きなので、懲りずにずるずる引き寄せられてしまう。「水のやりすぎに注意」とあったように思い、夏に控えめにあげていたら、枯れそうになりましたし(泣)一体、何を信じればよいやら。。。気難しい。ほぼ諦めて元気の無い部分をカットしておいたところ、秋になって復活。根は大丈夫だったという事で、今なんとか蕾をつけています。とにかく、好きなんです。もう、長年「恋してる」と言ってもいいほど(大笑)。冬越しもするというので買った記憶がありますから、今度こそ、花瓶にどっさり生けるぐらい咲かせられたらいいんですけど、来春になったら、消えてるかもー。。。は困るので、ネットで勉強中。それにしても、「地植え」の力、すごーい。「鉢植え」は、不自然ということです。

f0330978_15552725.jpg
    チョコレートコスモス、ジュリア、ガイラルディア、オレガノ、アイビー



f0330978_15554953.jpg


f0330978_15550706.jpg
私が育てているのは「チョコレートコスモス ショコラ」という、品種改良バージョンで、寒さにも強く(ここは無理かも?)育てやすいタイプだそうです。もともと絶滅しかけていたという花ですから、強くないんでしょうね。




[PR]
by jeweleyes1984 | 2015-10-27 16:23 | Flower | Trackback

おやつです

                                        
                                                                                                                                    
                 またまた登場、このお皿
f0330978_22211169.jpg

夫婦そろっておやつが好きです。一番の好みはあんこ系。でも、たまにケーキやナッツを食べたり、冷凍庫にはアイスクリームも入っています。夫が京都からさつまいもを一箱もらって来たため(義姉作)半分程は生徒へ英語クイズの賞品として一本また一本とあげて(笑)、残りをさつまいもご飯・お味噌汁(共に美味)、そして素揚げにして三温糖をふりかけて食べています。以前は「大学芋」風に飴をからめてみたりしましたが、今は素朴。。。と言いますか、「手抜き」系。三温糖+シナモンをふりかけることもあります。

ところで、最近本屋さんで見かけたのが(読んではいません)サラダ油がいかにだめかという本です。マーガリンもだそうですね。夫がうるさい(笑)。これまで一応元気で暮らして来ましたので、「だからどうした?」。。。ですけど、以前に揚げ油が問題になりましたよね?揚げ物をする回数はとても少ないのですが、使う油の質は気になります。そこで、これからはオリーブオイルにしてみることにして、今回が素上げ芋第一弾。味に癖があるのかな?と思いましたが気になりませんでした。まさか揚げ物をオリーブオイルでする日が来るなんて、思ってもみませんでしたけど。どこまで気にするべきかが、良くわかっていません(笑)



[PR]
by jeweleyes1984 | 2015-10-25 21:59 | Miscellaneous | Trackback

涙の着物





                怪我してても美人
f0330978_14262904.jpg

サクラビスクの子です。顔に怪我があり、かなり割れていまして、修理してあります(汗)私が壊したわけではありません。普通でしたら「破棄」の対象ですかねー。でも、とても可愛いので着物を頑張って縫ってあげました。泣きながら(大笑)。着物を縫うのは本当に好きではありません。好きでは無いのですが、「お人形の為」の時だけ不思議な力が出ます(笑)



f0330978_14260967.jpg


f0330978_14254727.jpg

f0330978_14252777.jpg
アンティークのドイツ製猫ちゃん。これ、可愛いです

f0330978_14265049.jpg
今見たら、袖の袂には私が調合した「匂い袋」まで入っていましたね。いつ入れたのかすっかり忘れてましたけど(笑)他の桜ビスクと一緒に、いつもガラスケースの中にいます。外に出たのは数年ぶりです。うさぎは、母の知人作。とにかく上手な方で、使う布もデザインも完璧。繊細そのものです。苛々の私がお手本にしないといけないところなんですけどねー、無理(大笑)





[PR]
by jeweleyes1984 | 2015-10-24 01:29 | Antique Doll | Trackback

ここがいい




              
        籠はキッチンの食器戸棚の上に置くことにしました

f0330978_01311378.jpg




f0330978_01295888.jpg


毎日眺める事が出来ます
f0330978_01305169.jpg

                     




[PR]
by jeweleyes1984 | 2015-10-23 02:25 | Antiques | Trackback

目がついたよー




f0330978_00050899.jpg

とても古い犬です。目が片方ありませんでした。100年ほどまえに作られたアンティークのものを手に入れ、つけました。Blinkieちゃんと同じタイプですが、今回は両目付け替え、赤い舌もつけてみました。あぶちゃんを縫い、帽子はアンティークレースとヴィンテージのお花で作りました。100歳近いでしょうから、もう足も曲がっちゃってますけど、長い年月生き延びて来ました。どんな人生(犬の・笑)だったのでしょうか。

f0330978_00052813.jpg

[PR]
by jeweleyes1984 | 2015-10-22 00:30 | Antique Bear | Trackback

ホタテグラタン



先週の暑かった日曜日に比べ、今日は寒い。ヒーター使ってます。食べ物ブログではありませんから、料理の画像はまずありえません(笑)が、急にホタテたっぷりのグラタンが食べたくなり、作ってみました。ホタテは当県の名産ですので、生きている殻付きの小ぶりなものなら一個50円、立派なものでも100円ほどで手に入ります。さすがにホタテは買わないと手にはいりませんが、あとは家にあるものだけで作りました。夫が京都から持ち帰った美味しい里芋、マカロニの代わりのペンネ、きのことたまねぎです。フレッシュなホタテを使いましたが、やはり海老があればなお良かったなー。ホタテだけだと、役不足という感じ。ま、美味しく頂きましたけど、海老グラタンには負けるかもしれません。グラタンは、子供達が小さい頃はよく作りましたが、今は別に食べなくても大丈夫です。ホタテなら、フライかお刺身がいいな。グラタンはもうこれで一生食べなくてもいいかも(笑)。いや、「海老ホタテ」で、もう一回ぐらい作ってみるかな?

f0330978_12104966.jpg
画像を撮って、さっさとあつあつのうちにすっかり平らげました~。「嫌いなものは無理に食べない主義」の夫も完食しましたー(笑)。分かり易い人です。




[PR]
by jeweleyes1984 | 2015-10-20 22:10 | Miscellaneous | Trackback

かけもち忙しい





  出かける時はこれでしたがニットキャップもニットのカーディガンも暑いほどの日でした
f0330978_12151705.jpg

秋晴れの日曜日。編んでから気に入り、最近出番の多いニットベレーをかぶり外出。でも、お天気良過ぎて結局気温23℃にもなり、暑くて途中で脱ぎました~。手袋をはめると体温が上がると聞きましたけど、帽子も絶対体温上げます。 

f0330978_12153839.jpg

今年最後の月一回のフリーマーケットが私の住む市であったので、珍しく午前中に出かけました。でも、出かける前に県産牛スジ肉を使って、牛スジの煮込みを作りました。大好物を先に作っておくと、夕方帰ってすぐ楽しめます。このフリーマーケットには、レースを沢山出すお店があって、時々まとめて買うのですが、それでも使い切るものもあり、それを探しに行きました。残念ながら同じものはありませんでしたが、良い色のものを「カード巻き」で2種類。買い物が済んで、夫に車で迎えに来てもらい、母のところへ。今度は母を連れて、田舎のフリーマーケットへ(笑)。これから寒くなるので、母の好きなフリーマーケットも、今年最後となりそう。ふと、商品を見て歩く母の足元のおぼつかなさに、来年も元気にここへ来れるか心配になりました。でも、そうなったら車椅子で連れて来ようと思います。楽しい事には別な元気が出るはずですから。

               
f0330978_12163619.jpg
               この色合いに涎出てるかも~
f0330978_12161528.jpg
f0330978_12155777.jpg
田舎のマーケットで見つけたのは上の画像↑のたった2点(笑)。大きな籠は即断即決。迷いなし。売っていたおじさんが値段(激安)をおまけできないかわりに、瓢箪をあげるというのを、丁寧にお断りしました(笑)。これを持ちながら他を見て回っていると、何人かに声を掛けられましたよー(笑)。目立つので。「それいくらだったの?」「いいかごだね」「それ、竹製?」気になるのは、私だけでは無い様で(大笑)。何だか本当に魅力的なんですよ。ちょっと、説明できません。身悶えする程好き。。。といいますか(大笑)。それと、古い着物。とても良い具合に古びていて色も申し分無く、お人形の着物用に願ったり叶ったり。そのお店の他の着物は何ということも無かったのに、箱の下のほうに隠れていました。「掘って」みるものですね~(大笑)。いつものように、お財布に優しい良い買い物が出来た一日でした。

母を介護アパートまで送り届け、まだ2時だったので図書館へ。本を借りて帰宅。本を読みつつも、手に入れたアンティーク着物をほどき、洗い、アイロンがけをし。。。。と、かけもちフリーマーケットの「始末」を。そして、大好物の牛スジ煮込みでビール。やわらかくておいし~♪県産牛肉、味・価格ともいつも大満足です。がんばれ日本の農業。気持ちの良い秋の一日だったこともあり、なんだか超充実~♪の一日でした。

1※。。。今日調べたところ、この籠は「煤竹(スス竹)」という素材で作られているようです。古民家を壊すとき、籠職人さんは長年囲炉裏の煙で燻された竹を集めるらしい。茶道の花入れにも使われていますね。昨日今日出来た素材ではない(100-200年かかるそうです)ので、魅力があるのかもしれません。

2※。。。ひょっとすると、これは「虎竹」という種類かもー。竹専門家にでも聞かないとわかりません。奥が深い。調べるのも楽しいですけど。


f0330978_12165639.jpg
忘れるところでしたが、なんちゃってカルトナージュ用に、このベルベットもげっと。良い色です

[PR]
by jeweleyes1984 | 2015-10-19 12:53 | Miscellaneous | Trackback

落ち着く場所






f0330978_02391356.jpg

人形を飾る場所はさまざまです。掃除も兼ねてあちこちに移してみると、ぴったりの場所が見つかります。アリスちゃんは、ドレスを手直ししてもらい、飾り戸棚の中に落ち着きました。お花に囲まれてすっかり和んでいます。これまでは不機嫌で寂しげな子だとばかり思っていましたが、なんか嬉しそうなんですけど(笑)。

f0330978_02393445.jpg

f0330978_02383789.jpg

[PR]
by jeweleyes1984 | 2015-10-16 02:50 | Antique Doll | Trackback

サフイフモノニワタシハ





f0330978_12155279.jpg

汁椀です。出来れば津軽塗りの木製のものが良いのですが、普段使いにはあまりにもお値段高すぎ。一時は合成の生地に塗ったものを使ったこともありますが、最近は実用的なものに落ち着きました。汁物大好きファミリーですので出番が多く、ガシガシ洗ったり(笑)、食洗機にも耐えないといけません。今年初め、これまでの根来塗り風のものを、「総取替え」しました。「汁椀好き」ですから(笑)、食器売り場を良くチェックします。新しいものを探しにヨーカドーに行き、珍しく一発で気に入りのものを見つけました。普段使いの汁椀の条件は、

1.安全であること
2.国産であること
3.価格が妥当であること
4.毎日目にするので、デザインが良い事

一応順番が付いていますが、私の場合全て「一番」です(笑)。これは「会津塗り」で、木製だったと思います。価格もまずまず。何しろデザインが良い。模様はさておき、形です。今まで見たことが無い「曲線」かもしれません。黒バージョンと赤バージョンがあり、家族の人数分必要だったのですが、欲しかった黒が2つしかなく、残りを取り寄せてもらいました。日々これを目にし手にすると幸せ一杯なのですが、この曲線が曲者で、「口当たり」が微妙に悪い(大笑)。夫はそれに対しては文句は言いません。車以外「デザインに興味無い人」だからです。私は気になりながらも使っております。これをデザインした方は、きちんと飲み口に唇を当てて確かめてみたのでしょうか?消費者は、デパートの売り場で、まさか口を付けて試しに飲んでみるわけには行きませんよー(笑)。これからは5番目に、「口当たりの良い事」も加えるかもしれません(笑)。これを使うまで、考えても見ませんでしたけど。

f0330978_15590743.jpg
これが「曲者」カーブ


でもですね、私はデザイン優先人間なので、これをあっさり許します。不便があっても、それを上回る良さがあれば、それはそれで立派です。機能一辺倒のデザインからは「面白さ・楽しさ・驚き」は生まれません。「遊び」と言いますか、余裕やゆとりのようなものです。シンプル、シンプルと声高に叫ばない、ぎすぎすしない。。。というと、まるで私が変わったデザイン好きのように聞こえそうですが、かなりの「オーソドックス好き」です。でも、変わったものでも柔軟に受け入れる姿勢は持ちたい。。。ということです。今高校・大学生の英語のテキストに、Frank Gehry が出てくるのですが、彼の建築も普通の人には「ぽか~ん。。。」でしょうね。ところが、生徒達に彼の建築の画像をあれこれ見せながら、だんだん好きになっている自分がいて(笑)びっくり。先日NHKのTEDでも、建築家の人が取り上げていました。歴史の中で、好き嫌いの分かれる建築のトレンドは、振り子のように、古典的デザインとモダンデザインを繰り返すらしいのですが、Frank Gehry のビルバオグッゲンハイム美術館だけは、建築家・批評家・一般大衆の全てから好意的に受け止められた唯一の?例だそうです。「我々の時代で最高の建築物」とまで言われ、これが出来てから人口35万の町に毎年100万人の人が来るまでに。魅力的で面白いからです。非日常。彼のデザインは「周りの風景にいっさい溶け込もうとしない」「ひと目見れば彼のデザインとわかる」と言われていますが、これが本当の「ユニーク=唯一無二」という事です。

機能的でなくても、美しいものは美しい。「役に立たない」と切り捨てるのではなく、日々魅力的な物を見つけ出す事に楽しみを感じる、そういう人にわたしはなりたい。。。じゃなく、すっかりなってますねー(笑)。いや、なりすぎか。

f0330978_12150534.jpg
             長らくお世話になったお椀です






[PR]
by jeweleyes1984 | 2015-10-14 13:07 | Miscellaneous | Trackback


◆◇◆アンティーク素材の「救済」に日々奮闘中◆◇◆朽ちかけた布・レース・素材に新たな活躍の場と輝きを!


by jeweleyes1984

画像一覧

Link

カテゴリ

全体
Sewing・Knitting
Sewing Box
Antique Doll
Japanese Bisque Doll
Antique Jewelry
Christmas Tree
Antique Bear
Doll Dress
Antique Lace
Miniatures
Picture Frame
Flower
Jewelry Box
Room Renovation
Antiques
Glee
Miscellaneous

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月

最新の記事

嬉しいこと
at 2017-12-12 14:47
嬉しいこと
at 2017-12-12 14:46
こうなってます
at 2017-12-09 11:35
走っていませんけど(笑)
at 2017-12-06 12:50
今年最後の庭の花
at 2017-11-26 22:42
気に入らないものは
at 2017-11-23 14:57
昭和レトロガール
at 2017-11-20 14:14
何時まで咲く気?(笑)
at 2017-11-19 09:44
良く頑張りました
at 2017-11-18 10:11
冬が近づくと
at 2017-11-17 11:28
すてきな脇役
at 2017-11-14 13:45
今咲いているのは
at 2017-11-11 12:34
仏像ガールで埴輪ガール(笑)
at 2017-11-06 17:15
秋の休日
at 2017-11-03 13:09
作ってもらいました
at 2017-10-31 13:07
雪でも降りそうな
at 2017-10-30 11:17
片付けながら
at 2017-10-24 12:29
土曜の夜は
at 2017-10-22 18:46
From Head to Toe
at 2017-10-20 11:29
「溶岩」です
at 2017-10-17 23:11

検索

タグ

画像一覧

ブログジャンル

日々の出来事
ハンドメイド

ライフログ


私のお針箱―しあわせな針仕事のパートナー キルト作家27人のお針道具集


Immortal Wishes: Labor and Transcendence on a Japanese Sacred Mountain


Downton Abbey [DVD] [Import]


A Little Princess


The World of Downton Abbey


藤田嗣治手しごとの家 (集英社新書ヴィジュアル版)


HOBBIT: UNEXPECTED JOURNEY / BATTLE


The Paradise [DVD] [Import]


Mr. Selfridge


藤田嗣治画文集 「猫の本」


X-ファイル セブン DVD-BOX


X-ファイル:真実を求めて(ディレクターズ・カット) [DVD]


X-ファイル ザ・ムービー (劇場版) スペシャル・エディション [DVD]


切り裂きジャック 127年目の真実


VINTAGE HOME 2 ビンテージハウスで楽しむスタイルのある暮らし2


The Enchanted Places (Bello)


Mr. Holmes [DVD] [Region 2] (English audio) by Ian McKellen


邸宅美術館の誘惑


西洋絵画の巨匠 ファン・エイク


縄文美術館


ちりめんの押絵とつり雛とてまり (弓岡勝美の手芸図鑑)


むかしぎれ手芸


Glee: Complete Fourth Season [Blu-ray] [Import]


運慶 - 時空を超えるかたち (別冊太陽)


磯江毅 写実考──Gustavo ISOE's Works 1974-2007

ブログパーツ