<   2016年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

実験中



   文句なく最高にデリケートできれいな花なんですけどねー

f0330978_16254543.jpgf0330978_16260341.jpg





















f0330978_16264819.jpg


連戦連敗中のアジサイミナズキの水揚げですが、今年は花が沢山ついたため安心して切って実験出来ます。一回目の湯揚げは温度を100度ではなく少し低めにしました。「茹る」んじゃないかと心配で。でも、結局2日しか持ちませんでした。連敗記録更新です(笑)。2回目は沸騰したお湯を使ってみました。プロの方は温度は高いほど良いと書いていますから。し・か・し。切り花として使う場合、本当にやっかいな花です。庭に生えている時には細い茎ながらなんの問題もなく咲いているんですけどねー。不思議なものです。今日花屋さんでピラミッドアジサイらしき切花が売られているのを見ました。うまく水揚げしてるんでしょうね。ミナズキよりは少し大型ですが、姿は良く似ています。
f0330978_16261863.jpg
             オレガノはなんの問題もなく大活躍中

今日から変則ながら2週間の夏休みにはいり、早速手仕事を始めています。まずはペイント系から。その合間に子供たちが帰省しますので居酒屋の手配(笑)、部屋の片づけ、掃除。本も読まないといけませんが「楽しい忙しさ」なので文句はありません。

f0330978_16270219.jpg
窓辺も涼しげになりました





[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-07-31 16:38 | Flowers | Trackback

バラとミナズキ






f0330978_10125138.jpg
f0330978_09282951.jpg


ミナズキが咲き始め、ジュリアの3番花の開花とうまく重なったのでオレンジ系のバラでまとめてみました。オレガノは花材として大活躍。今回ミナズキは「湯あげ」という、プロの方法をとってみました。茎が細く水揚げが悪いものに使うそうです。これまでミナズキの水揚げに関しては撃沈中。

f0330978_09285029.jpg
              同じジュリアでも色味はかなり違います

f0330978_10130959.jpg
f0330978_09300180.jpg
f0330978_14550739.jpg
           夏休みの課題のドレス」待ち ピンクのベア


f0330978_11212592.jpg
        同じく課題の「ドレス」または「あぶちゃん」待ちのブルーのベア







[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-07-29 11:12 | Flowers | Trackback

ガウラーハクチョウソウ




f0330978_06222609.jpg
f0330978_06224785.jpg

道端や、他所様のお庭に生えているのを見て、派手さは全くありませんが、何か心惹かれる花でした。日本の山野草のような雰囲気がありますが、「大柄」ですので、楚々とした美しさというより、「逞しさ」を感じて調べたところ、やはり外国産(アメリカ)でした。実家の庭にも沢山ありましたので、去年一株もらって猫額庭に植えました。強健な花ですから、私にぴったりです。去年は植えたばかりでひょろひょろでしたが、今年は赤いバラのそばに元気に生育していて、仕事をしながら、窓の外に見ることができます。茎が長すぎて、雨風にあたると「ぐったり」。。。のへたれなところもありますが、逆に茎の長さが幸いして、ゆらゆら素朴だけどかわいいピンクの花が、赤いバラの前を行ったり来たり。きれいな色のバランスで、本当に眺めていて飽きない景色となりました。この花、かなり好きです(笑)

f0330978_06220869.jpg
               窓からこの配色を眺めるのが好きです


花色もいくつかあるようですが、今度は濃い目のピンクが欲しいなー。あと、背丈の低いコンパクトガウラコロナという種類が気になっています。。。って、いったいどこに植えるんですか?もううれしくて色々植えた結果、猫額アネックスにはスペースがありません。
f0330978_06222609.jpg





[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-07-28 06:28 | Flowers | Trackback

旅の片付け





「袖の部分の柄の組み合わせが素敵」といわれましたが単に布が足りず接いだだけですから(笑)
f0330978_13460039.jpg
f0330978_13442972.jpg
 
                 このセットで出席

f0330978_13432760.jpg
       娘が見て大笑いした、けちなパパからプレゼントされた「指輪物語」


翌日の日曜の夜までお世話出来ませんので、土曜の朝5:30というありえない時間に起きてまずバラに水を。その後8:05発の「プロペラ」機に乗って伊丹へ。お天気最高。夫に送ってもらって来た道の上空を、あっという間に逆方向へ。空港まで1時間かかったんですけどね、5分ほどで我が家の上空を通りすぎましたよ(笑)。大好きな岩木山がとてもきれいでした。その後日本アルプス、富士山を左手に見て、順調に飛行。日本って小さいけど美しい国だ。。。としみじみ実感。新神戸まで何とかたどり着き迎えのバスで有馬温泉へ。仕事が同期の人たちとは言え、全国各地からの知らない人たち4人との相部屋。地獄(笑)。。。と予想していたのですが、拍子抜けするほど楽しい人たち。しかも軽く自己紹介し、埼玉から来た人の「実は主人弘前出身なんですよ」から、ご主人と私の高校が一緒(3年先輩)で、しかも娘の大学の大先輩だと判明。今私の息子は埼玉だし、40名ほどの参加者が10グループに別れたうちの1グループの中で、こんな偶然が待ち受けていたなんて、不思議な事です。

f0330978_13440016.jpg
     リネンの魅力の理解者もいました。よかったね。分かる人には分かる(笑)

大きなホテルの施設などつまらないと思っていましたが、至れり尽くせりのサービスで、今時はみな競争の時代なのだなーと実感。着て行ったリネンのドレスをまず褒められ、式で来た留袖ドレスを褒められ、手作りブログ所有者の面目躍如か?別に自慢していませんよー。誰かから聞かれる前に「あのね、これ私の手作りですよ」と吹聴するほど厚かましありません。え?自慢オーラが出ていた?かもね(大笑)好きな方は気になるんでしょう。「これ、リネン?」「やっぱりねー」と直球。褪せた色合いもリネンの持ち味、を良くご存じで、オーダーしてあれこれ注文を付けても、気に入ったものが出来ないと仰ってました。自分で作るのが一番なんです。青森からたった一人の出席ですが、見知らぬ人から式が終わって「留袖の人」と呼ばれる始末。ちょっとした話題になって母も喜んでいるのではないでしょうか。古いものが生き返ったから意味があるし、既製品ならお金を出せばいくらでも素敵なものが手に入ります。でも、それでは私にとっては意味ががありません。「不要物の整理」ですか?そう呼んでもらってもいいですけど(笑)


宴会のあとはさっさと前もって予約しておいたホテルのエステサロンに。これが楽しみだったんです。肩と眉の上が特にこっていたそうです。ゴリゴリいってましたから(笑)。でも若くてきれいなエステティシャンで、気持いいし疲れてもいるので、寝てしまいました。エステなど、日頃まったく無縁ですしパックなどもしません。でも、旅に出た時には非日常体験という意味で試します。ハワイでロミロミ、ロンドンでリンパドレナージュ、北海道でも。今回は特に効果を実感出来たかもしれません。有馬温泉との相乗効果?

f0330978_13475795.jpg
               意外に役立ったポーチ

日曜の朝に解散。前々日金曜に今年の夏の帰省の予定について川崎の娘からメールが来たとき、何気に「明日神戸に行くんだよー」とメールしたら、月曜は出張で大阪なので、「日曜に大阪のホテルが取れたら神戸で会えるよー」ということに。急遽新神戸駅で日曜昼に待ち合わせ、無事会えました。帰りの便まで4時間ほどしかないので、本当は「神戸防災センター」に行きたかったのを無理せず、昼食とお茶を一緒に楽しみました。食べたのは神戸牛のステーキ。ステーキは宴会で出される他は日頃全く食べませんし食べたくもなりません(笑)。青森牛のすき焼きと、牛筋レシピは頻繁に登場しますけど。一軒目は予約で満杯。2軒目にしました。どちらもお店の中には、表彰状とかトロフィー飾ってあるんですねー。知りませんでした(笑)昼間からのビールもステーキも、とてもおいしく頂きました。うしさん、有難う(笑)。でも、青森ビーフも負けてませんよ。

たった一人青森から参加して、それでなくても「人嫌い」が激しいのに、大笑いさせてもらって、素敵な茶色の「金の湯」を楽しみ、美味しい食事とひと時を思いがけない場所で娘と楽しんだ、浦島太郎になったような2日間の旅でした。30年仕事をしてきたご褒美。大活躍してくれたドレス2着を手洗いし終わったので、これからアイロン掛けをします。「母の留袖ドレス」また着たーい(笑)大好きになりました。


f0330978_21174071.jpg





[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-07-25 14:17 | Miscellaneous | Trackback

「野望三部作」完成



            大丈夫、こんなにたくさん一度につけませんから(笑)
f0330978_22124879.jpg

まだ学生の頃、現夫が珍しく(大笑)指輪を買ってくれました。当時私の好きだったラピスの石が菱形のカットで金の台についたもので、気に入って買ってもらったはずなのに、趣味はどんどん変わり、指輪のサイズもどんどん変わり(笑)、40年以上見向きもされなくなっていました。そこで、野望です。「金の台だけ使ってそこにアンティークのパーツを付ける」お手軽リメイク作戦。2つは自分で何とかして味を占めたので、これもなんとかしようと思い立ちました。多分、これを一番何とかしたかったのかもしれません。母の形見を除けば一番の「古株」ですので、長い間使いもせずにごめんよ~です。ちゃんとした宝石は、これが初めてでしたねー。高校時代は宝石など何の興味もなかったし。人は変わります(笑)

f0330978_22114809.jpg

いつものように、時計屋のおじさんに相談。ラピスを外し、そこへアンティークのラペルピンのトップ部分を溶接したい。でもおじさんはそのまま接着する事を提案。接着剤で簡単につく。。。と。でもね、今まで野望の為にさまざまな接着剤を私は検証してきた経験者ですから、おじさんの案には賛成しかねました。プロでも宝石の接着をそれでするらしいのですよ。2剤をまぜるタイプね。う~ん。。。弱そう。半田付けも考えましたがラピスが熱で割れる可能性もあったので、「接着案」を採用して、おじさんには小さくなってしまったラピスの指輪のサイズ直しだけを頼みました。ほっそり時代の指輪を今度は人差し指にしたいので、号数アップが半端なく(汗)呆れたみたいでしたが、やってくれました。私の我儘をなんでも聞いてくれます。親戚のおじさんみたい(笑)

f0330978_22103138.jpg

さて、接着のために、ボートや車の修理でもおっけーの最強接着剤をイギリスから取り寄せ、ラペルピンからトップを無理やり外し、金ノコをかけて平らにしてから接着しました。その前に、このピンは特殊なタイプ(モーニングジュエリー)なので、ガラスケースを外し、その中にこれまた不要のヴィンテージリングから米粒大のオパールを外して詰め込みました。これが作業の中で一番大変。留めてある台から爪を起こして外す。。。2mmほどのものを12粒も。はぁ~。。。力ずくでペンチで外す時ぴょ~んと飛んでいくのもありましたー。でも全部見つけたー。オパールはもろいのが難点で、一個は外す過程で欠けました。指輪の宝石は本物でしたがコスチュームジュエリーで、グレードの高いものでは無く、実際手にしてみるとデザインが派手すぎました。でも何とか今回出番が来て、ストレスともさようなら~。。。です。

f0330978_16130897.jpg

別人になりました。このターコイズの下にラピスがある事を知っているのは今や私ただ一人。夫は、プレゼントした事も覚えていません。いや、お金が無い時にむしりとられたから覚えてるか?きいてみよーっと。
f0330978_22103138.jpg
f0330978_22110666.jpg
ガラスの下にはオパールの粒が。作業は大変でしたので完成は本当にうれしく、3点すべてが特別なものになりました。私にとって、気に入らなくなったものは見るだけでストレス。目につかないようにしまっておいても変わらずストレス。それが気に入ったものに変身して、これで安心して熟睡できます。彫金も楽しそうだなー。もう懲りたけど(笑)






[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-07-22 10:29 | Antique Jewelry | Trackback

この方の為に



f0330978_16064873.jpgf0330978_16063085.jpg





























































箱を作ってみました。いつものようにヴィンテージの古いアクセサリーボックスだったものに手持ちのブレードの残り物を「盛り上げ」(笑)ました。ペンダントヘッドに見える中央部分はピン・ペンダント両方に使えるアンティークのものです。このモチーフは一度どこかでお目にかかっているような気がしますが、たった一度だけです。誰ですかねー?端正な顔立ちです。

f0330978_13445287.jpg

f0330978_13435774.jpg



[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-07-21 16:08 | Jewelry Box | Trackback

再びメリークリスマス




      リボンとヴィンテージのトリムで飾りました これぞクリスマスカラー
f0330978_11282269.jpg

真夏にクリスマス気分再び。夏はツリーにではなく壁にオーナメントを飾って楽しむ。冬はもちろんツリーに飾る。なかなかのアイデアではないでしょうか(笑)結局年中アンティーク・ヴィンテージのオーナメントを見ていたいわけです。

f0330978_11284235.jpg
f0330978_11290305.jpg
            ゴールドのオーナメントとの相性も良し




[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-07-19 11:34 | Christmas Tree | Trackback

鉄を食べる




     そろそろ替え時なので次は鉄瓶だー欲しいものがある(笑)衰えない購買意欲
f0330978_11192416.jpg


南部鉄のフライパンです。美しいですねー。評価の高い岩鋳製。おおー、料理が面倒くさいと言っていたのに、とうとう料理に目覚めたか?とお思いでしょうが、ちょっと違う(笑)。ヒジキが大好きなんですけど、最近驚愕の事実を知ってしまい、ちょっと食べる気無くしてます。「ヒジキ=鉄分の王様」と思っていましたが、最近のヒジキはへたれになってしまったようで、文科省が昨年末、「日本食品標準成分表」の改訂版を15年ぶりに公表。その中で、これまで干しひじきに含まれていた鉄分は100gあたり58.2mgだったものが、改訂後はそのおよそ9分の1の100gあたり6.2mgしか含まれていなかった。。。というのです。はぁ~。「騙された」感たっぷり。激減の原因は、ヒジキを作るとき、かつては鉄釜だったものがステンレスの釜で加工するようになったからだそうです。同じく切干大根の鉄分も、ステンレスの包丁で作ったものは鉄の包丁で作った場合の3分の1だそうです。あらら。。。料理に鉄器を使うということは、「鉄を食べる」ことにつながっていたんですね。俄かには信じ難いですけど。鉄釜利用ヒジキ+アルミフライパン調理=アルミ釜利用ヒジキ+鉄フライパン調理。。。の計算かなー?消費者も頭を使います(笑)


f0330978_11214889.jpg


さて、わたくし家(け)でも「鉄を食べる」生活をしようと、アルミフライパンをすっぱりやめて南部鉄のフライパンを買いました。夫はいろいろ健康にうるさいんですけど、言うだけで作るの私です。これまで、うるさい夫に根負けして、サラダ油止め→オリーブオイル、マーガリン止め→バターへと変えてきました。私は運命論者系で、何をやっても駄目なときは駄目という考えです。津軽にも、びくびく「健康健康とうるさい人」を冷ややかに皮肉る表現があり、結構好きだったりします(笑)。私のようなやけくそ&ひねくれ者がいるので、「名誉の」短命県全国1位なんでしょうねー。夫、京都ですから「東北女に京男カップル」です。これで私が長生きしちゃったら夫は何ていうつもりでしょうか(大笑)京都はなにかちまちまうるさい感じですかね。東北はやけっぱち(笑)似合いかもしれません。でも、はっきり言いますが、バターより、ある会社のマーガリンのほうが、味はぜーったい良いですから。がっかりですよ。残念ですけど、添加物でどうとでも味を変えられるマーガリンと違い、バターはこれ以上変われません。

今まで鉄=お手入れ面倒くさいということで敬遠してましたが、これからは鉄のフライパンを「育てる」つもりになればいいんだーと思い始めました。子育てのようなもの。大切に、いつくしむという事です。アナログ生活というか、原始的な生活に戻ったみたいで面白い。かつて忙しい母に代わって祖母(母の母)が料理していた頃のフライパンを思い出しています。鉄でしたねー。使い始めて、何だか炒め物も味が良く、体にも鉄がみなぎって来たような。へたれヒジキでも、自分のフライパンから鉄をもらえばいいんですよね。ただ、皆さんおっしゃってますが、重さが半端ないです。鉄アレイみたいで、足の上に落としたりしたら絶対複雑骨折しますし、おしゃれなタイル床のキッチンなら、タイル絶対割れます。ひ弱な方には向きません。

f0330978_11382644.jpg





[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-07-18 11:27 | Miscellaneous | Trackback

正統派?






淡いグリーン・ベージュ・淡いピンクのグラデーション。この色・咲き方がクラウディアの正しい姿らしい。ピンクの淡さが秀逸
f0330978_13490022.jpg
f0330978_12062670.jpg
      バラは開き切ると大きさがまるで違う事におどろかされます

クラウディアと信じているバラの二番花が咲き始めました。ミニバラは病気との闘いと言っても良いほど。作られ方が不自然なんでしょうね。そして私のように、多くの人が失敗してもショックが少ない「投げ売り状態」ものを手に入れて育てています。スーパーの店先にもお手軽な鉢花として並んでいますから、店側の扱いもぞんざいです。私は花屋さんから買いましたけど、「投げ売り」の「爆買い」ですからねー(笑)。クラウディアは世に出た当初不動の人気No1だったものの、咲き方が不安定だったため販売中止となったそうです。もし私のものがクラウディアなら、何とか生き延びてもらいたい。これを「ミニバラの最高峰」とまで言う人もいます。ときめきの度合いは私もジュリアと同じぐらい。

f0330978_13481888.jpg

多分これもクラウディアではないかと思っているもの。こちらはもう一方ほどの八重ではありません。でもこれから変化したりするんですよね。

f0330978_14321735.jpg
茂った葉の中のほうにも少し色の濃い花が咲いていました。微妙なピンクで、アンティークな色合い。好きだな~

f0330978_13470730.jpg

f0330978_15352566.jpg
                  
ピンク系のバラも様々です 


[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-07-15 12:16 | Flowers | Trackback

いよいよ山野草




          花の直径は4cmほど。本当にちっちゃいです
f0330978_17481259.jpg

いつものショッピングモールの地下食品売り場で、心を鷲掴みされました。何だこれは??と思ったのが、ミニなサイズの百合です。こんなの見たことない。それもそのはず、守備範囲からまったく外れている「山野草」ですから(笑)。地味ですよね、山野草。山登りするひとなら、道端に健気に咲く山野草をめでるんでしょうけど、わたし、「平地の人」ですから。高いところは好きではありません。高所恐怖症です。何度か地元の岩木山には登ったことありますけど、もう生きているうちに登らなくても結構です。登る度に恐ろしくて後悔しましたので。テレビで山の番組を見るのは好きですが、それすら恐ろしいです。高所恐怖症の人は、自意識過剰。。。と聞いた事があります。たしかに(笑)。というか、想像力豊か過ぎで、~したらどうしよう、~がおこりそうだ、~のわけがない。。。等、想像・妄想が膨らんで、経験しなくても十分経験したことになってしまいます。

「クルマユリ」だそうです。上部の葉は交互につくが、下の葉が車の車輪のようについているところから。この葉の付き方は、ユリの仲間でクルマユリだけ。カモノハシが最初にヨーロッパに紹介された時、体をつぎはぎした偽の動物だと思われたのと似てます(笑)。違和感あります。いったい、普通の花でも四苦八苦しているこの私に育てる事が出来るんでしょうか。来年も咲かせる事が出来れば成功です。何人もの人が「あこがれの」とまで言っていますが、結構野生で自生しているようです。うらやましい。暑い地方では育てるのが難しいらしい。

f0330978_17483406.jpg
この後、一番上の蕾も咲いたのですが、徐々にくりんくりんに反り返っていきます。おもしろーい。生育環境に合せて、涼しい半日蔭に置いて楽しんでいますが、高山じゃなくてごめんね







[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-07-14 08:30 | Flowers | Trackback


◆◇◆アンティーク素材の「救済」に日々奮闘中◆◇◆朽ちかけた布・レース・素材に新たな活躍の場と輝きを!


by jeweleyes1984

画像一覧

Link

カテゴリ

全体
Sewing・Knitting
Sewing Box
Antique Dolls
Japanese Bisque Doll
Antique Jewelry
Christmas Tree
Antique Bears
Doll Dress
Antique Lace
Miniatures
Picture Frames
Flowers
Jewelry Box
Room Renovation
Antiques
Glee
Miscellaneous

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月

最新の記事

掘ってみました
at 2017-05-24 09:16
に、似合う。。。
at 2017-05-23 10:40
バラがね~。。。
at 2017-05-22 05:38
初夏にクリスマス
at 2017-05-21 09:36
ねねちゃん3号
at 2017-05-19 10:07
棚から牡丹餅ふたたび
at 2017-05-17 15:28
今頃春休みの課題
at 2017-05-15 13:04
リクエスト
at 2017-05-12 13:29
これが我が家の雛毛氈
at 2017-05-10 09:17
Somebody Loves..
at 2017-05-09 00:32
Don't Dream It..
at 2017-05-08 10:48
Somewhere Only..
at 2017-05-07 11:08
どちら様?
at 2017-05-05 09:52
フォトジェニック~♪
at 2017-05-03 12:55
二度目の花見
at 2017-05-01 20:33
ムスカリ水栽培
at 2017-04-30 12:52
初チューリップ
at 2017-04-29 08:37
おうちで花見(笑)
at 2017-04-28 00:16
孤独な旅人
at 2017-04-27 10:19
鉄瓶を育てる
at 2017-04-25 11:55

検索

タグ

画像一覧

ブログジャンル

日々の出来事
ハンドメイド

ライフログ


私のお針箱―しあわせな針仕事のパートナー キルト作家27人のお針道具集


Immortal Wishes: Labor and Transcendence on a Japanese Sacred Mountain


Downton Abbey [DVD] [Import]


A Little Princess


The World of Downton Abbey


藤田嗣治手しごとの家 (集英社新書ヴィジュアル版)


HOBBIT: UNEXPECTED JOURNEY / BATTLE


The Paradise [DVD] [Import]


Mr. Selfridge


藤田嗣治画文集 「猫の本」


X-ファイル セブン DVD-BOX


X-ファイル:真実を求めて(ディレクターズ・カット) [DVD]


X-ファイル ザ・ムービー (劇場版) スペシャル・エディション [DVD]


切り裂きジャック 127年目の真実


VINTAGE HOME 2 ビンテージハウスで楽しむスタイルのある暮らし2


The Enchanted Places (Bello)


Mr. Holmes [DVD] [Region 2] (English audio) by Ian McKellen


邸宅美術館の誘惑


西洋絵画の巨匠 ファン・エイク


縄文美術館


ちりめんの押絵とつり雛とてまり (弓岡勝美の手芸図鑑)


むかしぎれ手芸


Glee: Complete Fourth Season [Blu-ray] [Import]

ブログパーツ