<   2016年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

夏休みの課題 2016




f0330978_13193111.jpg


夏休みが終わって暑くなくなってから「課題ー1」に取り掛かりました。でもここ数日は台風が近づいていて、暑いのなんの。今年は裁縫部屋に窓用クーラーを付けずに過ごしましたので、作りながら汗が流れましたが頑張りました。とにかく、アイロンが暑さの原因です。昔の母の夏の洋裁風景を懐かしく思い出しました。クーラーなど無い時代、暑さもなんのその、熱いアイロンを使い手伝いの人たちと元気一杯縫い物してた。みんないい人達だったなー。。。

f0330978_13185218.jpg

作ったのはオランダから来た大型ピンクベアの洋服と帽子です。洋服は路線変更で(笑)もう着なくなった私用の某有名ブランドのブラウスを、ざくざく切ってリメイクしました。でも、ベアの体型って人間と違いますからなかなか大変なのですよ(笑)。如何にアバウトな私でも適当裁断での失敗は許されません。大人用のブラウスを一番効果的に使うには、やはり型紙を起こす必要があります。。。って偉そうに言うほどのものではありませんけど(笑)

f0330978_13182509.jpg

このブランドの細かすぎるピンタックやデリケートなレース使いの箇所は全部頂きましたー。ボタン部分もです。大きい子だとバランスを崩さずに使う事も可能ですから、最大限手抜きするため頭を使うわけです。脳の活性化です(笑)

f0330978_12033138.jpg
f0330978_12041109.jpg

              これが「最大限の手抜き」の結果ですよ


f0330978_13181053.jpg

          さすがに襟は中央部分をカットしてかなり縮めました

f0330978_12025688.jpg

             *:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
f0330978_12022062.jpg
後はこのブルーの子のあぶちゃんかな~。台風近づいていて暑いのでまた涼しくなってから片付いたアンティークレースで似合うものを作ってあげたい。





[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-08-30 12:35 | Doll Dress | Trackback(1)

レースの整理



f0330978_14592705.jpg


布、レース。大好きです。でも使っているうちに乱雑になってきます。そこで、ある日意を決して徹底的に片付けることになります。今回はレースをカードに全て巻き直すところから始めました。カードは空箱を切って利用しますが、巻き終わりをどうするかが悩みでした。外国からレースを買うと、端をサージカルテープで留めてあったりします。これまで私は虫ピンを使ってみたり、クリップで留めてみたりしていましたが、今回は黒いヘッドの待ち針で統一しました。この色なら目立つので巻き終わりの位置がわかり、巻きがほどけるのも防げます。

f0330978_15003006.jpg

まず100 yen shopで透明なボックスとT型カードスタンドというもので収納のパーツを3つ作りました。。。というほどのものではなく、ただセットするだけです。「透明ケースとレース」。これが私のツボです。こういうスタンドが無いと、沢山のカード巻きのレースがばたばたと倒れて来ます。
f0330978_23254399.jpg
とりあえず使っていたDaisoの透明グッズも良いのですが、サイズが小さく軽すぎて大量のレースを支えきれません。これはまだ整理途中。何を使うと整理しやすいか色々考えるわけです。そして、良いアイデアが浮かぶように(笑)時々レースをカードにせっせと巻きますが、量が多いものは絡まって大変。でも、この作業結構好きですし得意です。こんなところだけ「我慢強い」わたしです(笑)。割とイライラせずに丁寧な仕事しますよー。
f0330978_14594449.jpg
f0330978_14590834.jpg
f0330978_14584997.jpg
そして完成です。。。って、大して前と変わらないように見えますけど、私「比」では大変な違いということになります。これまではあちこちからレースの端がだらしなく(イライラの元)出ていましたが、もうそれはありません。待ち針効果。見やすく、取り出しやすくなりましたから、涼しい秋にはレースを使ったドールドレスが作れる。。。かもね(笑)





[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-08-24 15:46 | Antique Lace | Trackback

緑が一杯




f0330978_16515900.jpg

「緑の親指」を持たない私でも、観葉植物系は枯らさずに育てられています。アイビーなら小さな枝を水差しして発根したら地植えして、あとは適当に水遣りをしておけば大丈夫。特に水もそれほどあげず、甘やかさずに外に放っておいたもののほうが丈夫です(笑)。室内においたものが弱々しくなったら外に出します。ただし、直射日光はいけません。ひ弱ですから徐々に慣らしていかないと萎れます。冬には今年夏越しした「白シクラメン」をここに飾る予定ですが、どうなりますか。今後の生育しだいです。でも、不安でしたが難しいといわれる夏越しには成功しています。「適当栽培」だからでしょうか。涼しくなったら鉢増しと肥料をあげて冬を待ちます。

f0330978_16523983.jpg

f0330978_08513684.jpg
f0330978_08511646.jpg

春~夏まで切り花として沢山楽しんだあと、茂った株を整理するのに切り戻したオレガノだらけの窓際です。右の花瓶に水は入っていません。このままドライフラワーにします。ネットでの情報通り、冬越ししたものから出た先端を春にどんどん切ったところわさわさ茂り、花数も増えました。切った先端はこれまた沢山水差しして発根したものを植えました。これが大きな鉢2つになりました。私にぴったりの強い植物です(笑)




[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-08-22 09:03 | Flowers | Trackback

たった一輪




f0330978_09192774.jpg


夏の終わり。現在バラはほとんど咲いていません。でも四季咲きのものは秋~冬にかけてもうひと頑張りしてくれるはずです。ピンクはたった一輪咲きました。春先アレンジに大活躍してくれたパンジーはもうビオラのように花が小さくなってしまっていますが、ブルーと黄色の色合いがとても魅力的で、アレンジの「名脇役」でした。来年の春も絶対これです。今から楽しみなほど。

f0330978_09211724.jpg
f0330978_09215496.jpg

[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-08-21 04:51 | Flowers | Trackback

部屋が戻った




客人がすべて帰り、「裁縫部屋=物置」となっていたものをもとに戻しました。少し涼しくもなったので、これでやっと洋裁が出来ます。お盆前後はひたすら接待に努め、手作りは休止していました。

あわただしい毎日が終わり、大好きな古着のリメイクをしました。さすがに新しい洋服にざくざくハサミを入れる勇気はありませんが(笑)、古着でしたら気兼ねなくデザインの「実験」が出来るので「古着リメイク」が大好きです。わくわくする事があまり無い年齢になりましたので、これは貴重です。以前も書きましたが古着屋さんに行くのは「素材探し」の為です。これが楽しくてしょうがない(笑)店員さんもお客さんも若いし、私が行くと「枯れ木も山の賑わい」。この場合の「枯れ木」=「年取ったわたし」ね(笑)。でも経済活動の一助にはなってるでしょ?大歓迎されますよ。


f0330978_15454064.jpg
渋い色合いのリネンのタンクトップはいつものように驚愕の方法でサイズを大きくし(笑)、ロングカーディガンはデザインを変えレースを加え、別人のよう(私比)。ベージュのリネンパンツに合わせて気に入りのセットになりました


f0330978_15410973.jpg
このブラウスはサイズが小さかったのでピンタックを全て解き、袖のデザインも変えました

       
あらあら、こんなにリメイクして、また「ごみ」をふやしたんじゃ?と心配頂かなくて結構です(笑)増やした分以上をリサイクルショップへ持って行きましたので。売るものも買うものも、ほとんど使用感の無いものばかりですが、物を生産し販売する事が経済活動の大きな柱だとすると、あながち「作るな」「売るな」「買うな」とは言えません。面白いのは「不買」と「捨てる事」を推奨している人たちが人々の「消費活動」(出版や講演活動も含め)で利益を得ていることです。まあ極端な提案でなければ本は売れないでしょうけど。でも皮肉なことに、経済活動と納税によって私たちの賃金・年金・生活全般が支えられている。「何も買わず何も持たない」事を貫こうとする人達は、結局何によって社会のシステムを動かそうっていうんでしょうねー。みんな物も買わずつましい生活をしだしたら、この国はなりたちませんよ。私は買いますけど(笑)。「物を作らず&買わず」で日本の経済が先細りにならない良いアイデアがあったら、誰か教えてね(大笑)。

f0330978_15472328.jpg
f0330978_15461180.jpg

生成のフードジャケットに生成のコットンレースを付け、袖口に飾りモチーフを付けました。アンティークの小さな貝ボタンをアクセントに





[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-08-18 16:23 | Sewing・Knitting | Trackback

暑い。。。




カラオケでは「桃色吐息」歌いましたが、バラはこの暑さで「青息吐息」
f0330978_17142268.jpg



北国でもこんなに暑いんですから、都会や南の地方は大変な夏でしょうね。今年は義母の初盆のため、夫は京都へ。当然暑いそうです。こちらも母の初盆なので、東京の兄、息子、そして私で実家に行ってきました。仏壇とお墓にお参りしたあとで弘前にもどり、和風居酒屋で飲み、そのあとカラオケにまで行きました。兄のリクエストです。70近い兄にこんな趣味があったなんて知りませんでした(笑)。兄妹でもほとんど会う事がありませんでしたから。もともとは6人家族だったのに残っているのはもう私と長兄の二人だけで、「寂しい」とは違う思いがあります。振り返って気づけば周りから人がいなくなっていた。。。という感じ。今私は65ですから、これは自然な事です。今回兄と色々話合って、これまで誤解していた事も分かり、遠慮なく疑問をぶつけて良かったと思いました。「居酒屋効果」もあったかも(笑)。お互い遠慮していると、あっという間に意思疎通が出来ない健康状態になってしまっていた。。。という可能性もあるわけです。先延ばししている場合ではありません。人生の終わりに、不用品の「片付け」や「断捨離」も良いですけど、人間関係の「整理」のほうがもっと大切だと思いました。

f0330978_17144154.jpg





[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-08-15 17:28 | Flowers | Trackback

ダークホース




f0330978_09525447.jpg


かぼちゃが好きですが、味・舌触りがびみょーでがっかりすることが多いです。私が好きなのはほこほこ粉がふき水っぽくないもの。いわゆる「栗かぼちゃ」系。今年帰省中の娘がかぼちゃが食べたいというので一緒に買い物に行きました。青森産のものがあり、試しに買ってみました。煮つけにしてみたところ、期待通り文句無く美味しい。娘も大満足。私の調理の仕方は、柔らかくなるまで煮て煮汁を減らし砂糖と醤油で軽めの味付け。ひと煮立ちさせたら煮汁をすべて捨てて粉吹きに。ちょーシンプル、簡単調理(笑)。幕の内弁当に入っているような水っぽい煮方は、食べられない事はありませんが、家では作りません。


前から何となく青森産が美味しいとは思っていましたが、地元でも一年中手に入るわけではなく、スーパーで売っている地物以外のものを買ってはがっかりすることがほとんど。困った事に、かぼちゃは煮てみないとわかりません。水っぽい場合、煮つけにしたものをやむなくスープに作りかえていました。これまで産地は書いてあってもブランド名までついているものは無かったような気がしますが、今回のものは「ダークホース」というラベルがついていました。農産品もブランド化が大切ということでしょう。イチゴなどのように、名前で品質を知ることが出来れば選ぶのに間違いがなく、とても便利です。かぼちゃも水っぽいものはスープに。。。ではなく、やはりこれぐらい美味しいもので作ったほうがスープも絶対美味しいはずで、水っぽいものは、スープにしてもびみょーな結果じゃないでしょうか。いや、私の料理の腕しだいか?(笑)「粉吹き」になるには、かぼちゃもそうとうレベル高く無いといけないと思っています(笑)。つまり、粉吹きのものを水っぽく煮る事は可能ですが、その逆は無い。ハイレベルな栗かぼちゃをお探しの方には絶対お薦めです。青森産「ダークホース」をよろしく!



[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-08-12 10:05 | Miscellaneous | Trackback

2016夏休み


      

   活けた花も次々に終わるのでドライフラワー風に楽しんでいます
f0330978_12414252.jpgf0330978_12411453.jpg                                               


































故郷を堪能して娘たちが昨日東京に帰りました。焼き鳥、ホタテ、嶽キミ(トウモロコシですよ)の天ぷら、田舎館村田んぼアート(今年は「真田丸」)、刺身(マグロ美味しい)、母のお墓参り、そして「料理嫌いの母=わたし」の手料理(大笑)。娘婿は私が作る、料理とも言えない「イカのわた焼き」がとても気に入ってくれたようで2回作りました。最後は残ったわたソースを嬉しそうにご飯にかけて食べるほどの気に入りっぷり。笑ってしまいました。うちの家系とはまったく違いスポーツ大好きなので、この暑いのに嫁の故郷でも毎日ランニングは欠かしません。食事もなるべく食べ過ぎないように気を付けているようですが、なんでも美味しそうに食べてくれるので(気を使ってる?)作り甲斐があります。

f0330978_12395677.jpg
       何が変わったかといいますと、ツマミですね。白→黒に変えました


私の夏休みも残りあと一週間。娘たちと入れ替わりに、今日は息子が帰省します。子供たちの寝る場所を確保するため、不本意ながら、裁縫部屋は片付け保留中の物の「一時預かり所」になっていますので、洋裁は息子が帰るまではおあずけです。それでも何もしないのはもったいなさすぎるので、思いついたものを台所や別の部屋でやっていますが作業中は常にオリンピックを見ています。自分は泳がないのに水泳競技が好き。体操も良かった。愛ちゃんも、錦織も。日本、素晴らしい。



f0330978_12391173.jpg
f0330978_12385296.jpg

            古着もデザインリフォーム。そしてサイズも変更

f0330978_12403237.jpg
                   懲りずにアジサイミナズキ


[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-08-10 13:08 | Miscellaneous | Trackback

これでいいのか




「これでいいのか」その1

私たちは今、名前を挙げて「あのバラが好き、これが綺麗」などと言っていますが、そもそも名の通ったものは、原種のバラを交配して人工的に造ったものです。その名前のついたバラでも、咲く時期や環境によって色がかなり違います。値段が比較的安くお手軽感のある人気のミニバラですが、種類が多すぎて、名前を憶えて楽しむというより「可愛らしさ」を楽しむという感じ。一年で駄目にしてしまう方も沢山いるでしょう。でも、長く育てるつもりで「この名前のバラはこの色・形で咲く~♪」と期待しているととんでもないことになったりします。多くの方が「~のはずだったのにこんな色が咲きましたー」と驚いています。
f0330978_12183594.jpg
オレンジ~ピンクの濃淡と勝手気まま(笑)。隣のオレガノは冬越ししたものを今春に挿芽して増やしたもの。これはやり方がわかりましたので今後も大丈夫。。。かもね(笑)


さて、3年目のうどんこバラ。これまた様々な花色を見せてくれて、「安定性」なさすぎ。もともとはオレンジでしたが、咲くたびにピンク系が混じります。でも全く不満はありません。名前の無いただの「ミニバラ」ですが、これでいいんです。


「これでいいのか」その2

f0330978_12185692.jpg
先日蒔いたスミレの種から芽が出ました。で、これからどうするの?猫額はお気に召さないようなので鉢で育てる事になりそうですけど、難しそうです。本葉が出たら植え替えるんだったかなー。画像検索すると皆さん頑張ってらっしゃるので、私も。スミレはほっておいても育つようなこと書いてありますが、信じられません。「これでいいのか?」。。。わかりません。でも花を咲かせる事が出来たら、人生初の「自分で採取した種から育てた植物」ということになります。これってそうとう「園芸出来る人」みたいな響きです(笑)
f0330978_12192514.jpg

これまで「種から植物育てる」気など全くありませんでしたし今後もありません





[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-08-06 02:34 | Flowers | Trackback

大量。。。でもないけど






                  当然湯揚げです(笑)。。。
f0330978_11481821.jpg
※。。。一日経って湯揚げのチョコレートコスモス、みごとにしゃっきりです。すごい。

今年ようやく、冬越ししたものと新たに4月に一株買ったチョコレートコスモス2株が大きく育っています。固い蕾を除いて開花しているものが10輪ほど。とにかく好きなのでもっと植えてもいいかなー。お手頃価格のお店を見つけたのでまた行ってみよーっと。これまでは鉢植えで何度か失敗していて、相性が悪いのか日当たり悪いのか、ほぼ諦めかけていました。値段も高めなので数鉢を失敗覚悟で買う勇気ありませーん(笑)。私にとって変な割高感があります(笑)。新種の花は出始めはお高い。でもある程度広まるとぐっとお手頃になるんですけどね。チョコレートコスモスはなんだか「しぶとい」(大笑)

f0330978_11483401.jpg


f0330978_11484993.jpg

   淡いクリーム色のバラとオスティオスペルマム そしてチョコレートコスモス
f0330978_19261648.jpg







[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-08-03 12:00 | Flowers | Trackback


◆◇◆アンティーク素材の「救済」に日々奮闘中◆◇◆朽ちかけた布・レース・素材に新たな活躍の場と輝きを!


by jeweleyes1984

画像一覧

Link

カテゴリ

全体
Sewing・Knitting
Sewing Box
Antique Dolls
Japanese Bisque Doll
Antique Jewelry
Christmas Tree
Antique Bears
Doll Dress
Antique Lace
Miniatures
Picture Frames
Flowers
Jewelry Box
Room Renovation
Antiques
Glee
Miscellaneous

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月

最新の記事

掘ってみました
at 2017-05-24 09:16
に、似合う。。。
at 2017-05-23 10:40
バラがね~。。。
at 2017-05-22 05:38
初夏にクリスマス
at 2017-05-21 09:36
ねねちゃん3号
at 2017-05-19 10:07
棚から牡丹餅ふたたび
at 2017-05-17 15:28
今頃春休みの課題
at 2017-05-15 13:04
リクエスト
at 2017-05-12 13:29
これが我が家の雛毛氈
at 2017-05-10 09:17
Somebody Loves..
at 2017-05-09 00:32
Don't Dream It..
at 2017-05-08 10:48
Somewhere Only..
at 2017-05-07 11:08
どちら様?
at 2017-05-05 09:52
フォトジェニック~♪
at 2017-05-03 12:55
二度目の花見
at 2017-05-01 20:33
ムスカリ水栽培
at 2017-04-30 12:52
初チューリップ
at 2017-04-29 08:37
おうちで花見(笑)
at 2017-04-28 00:16
孤独な旅人
at 2017-04-27 10:19
鉄瓶を育てる
at 2017-04-25 11:55

検索

タグ

画像一覧

ブログジャンル

日々の出来事
ハンドメイド

ライフログ


私のお針箱―しあわせな針仕事のパートナー キルト作家27人のお針道具集


Immortal Wishes: Labor and Transcendence on a Japanese Sacred Mountain


Downton Abbey [DVD] [Import]


A Little Princess


The World of Downton Abbey


藤田嗣治手しごとの家 (集英社新書ヴィジュアル版)


HOBBIT: UNEXPECTED JOURNEY / BATTLE


The Paradise [DVD] [Import]


Mr. Selfridge


藤田嗣治画文集 「猫の本」


X-ファイル セブン DVD-BOX


X-ファイル:真実を求めて(ディレクターズ・カット) [DVD]


X-ファイル ザ・ムービー (劇場版) スペシャル・エディション [DVD]


切り裂きジャック 127年目の真実


VINTAGE HOME 2 ビンテージハウスで楽しむスタイルのある暮らし2


The Enchanted Places (Bello)


Mr. Holmes [DVD] [Region 2] (English audio) by Ian McKellen


邸宅美術館の誘惑


西洋絵画の巨匠 ファン・エイク


縄文美術館


ちりめんの押絵とつり雛とてまり (弓岡勝美の手芸図鑑)


むかしぎれ手芸


Glee: Complete Fourth Season [Blu-ray] [Import]

ブログパーツ