<   2016年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

修理完了




f0330978_17554704.jpg

長い間、納得できる状態になるまで宙ぶらりんだったアンティークのわんちゃんがあります。1920-30年ごろのものだと思うので、全体にくたびれていますが、一番の問題は片方の目が割れていた事です。目が片方無かったり壊れていたりは、古いぬいぐるみには良くありますが、逆にそれでも捨てられずにぬいぐるみ自体が生き延びたのは凄い事です。興味の無い人には、「ごみ」にしか思えないでしょうから。

アンティークの同じ目が手に入るチャンスはまず無いので、ヴィンテージのもので代用したいのですが、それすら納得のものはなかなか見つかるものではありません。フランスで見つけたワンちゃんの眼を、以前ピンク色に変えたところ、とても可愛らしくなったので、同じベレー帽仲間ですからこのアンティークのわんちゃんにもそのピンクの眼をつけてみました。「気のせい」と言われれば返す言葉もありませんが(笑)、やっと本人が喜んでいるような気がしています。これまでで一番似合うものに出会ったということです。これであと100年はだいじょうぶかな?私はもうこの世にいませんけど(笑)
f0330978_17571236.jpg
f0330978_17551148.jpg

f0330978_17553092.jpg

f0330978_17545212.jpg

いつものお兄さんのアンティーク家具ショップから小ぶりなコーヒーテーブルを手に入れました。もともと椅子だったものをお店でリメイクしたようです




[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-09-30 07:21 | Antique Bears | Trackback

残り物でも



f0330978_12161551.jpgf0330978_12170000.jpg
































アンティークのネックレスの多くは糸が劣化している為、糸替えをすることがあります。その時長さを変えたりするので、不要のビーズが1~2個出ます。でも、もったいなくて捨てられません(笑)。そんな残りものを集めて、のんびりの日曜日アクセサリーを作って遊んでみました。まずアンティークのクリスタルの大ビーズと、どこからかやって来て「整理のケース」に収まっていた大小さまざまなナチュラル素材の透明ビーズ。結局、ナチュラル系が好きなので一個でも捨てられないんでしょうね。金色のビーズも、30年ほど前のネックレスを解体したもの。これまで出番はありませんでした。その他さまざまなパーツを少しづつ。

f0330978_15524234.jpg

俄然やる気になるのは、商品としてのビーズアクセサリーを目にした時。自分のアイデアがわいてきます。あとは、出番が無くてしょんぼりケースで待っているビーズを「生かしたい」という気持ちから。「リサイクル精神」がモリモリです(笑)。そして制作のためのパーツ、道具がそろっていることが実際手を動かす事に繋がりますから、道具や材料の「整理整頓は大切」ということですね。思い立ったらすぐ始められる事が肝心。
f0330978_12171933.jpg

以前アンティークキルトで、「シナジー効果」について書きましたが、このブレスレットはその「第2弾」。一本づつよりも、組み合わせた時のその変わりようにびっくり。「素敵度」100倍といっても良いほどです。右が2本を別々に並べたもの。わたくし的には、たった一つ残っていた黒のビーズを、左側の自然石のビーズのブレスレットに加えた事が「良い味」を出していると思っているんですけど(笑)。このブレスに使った自然石ビーズはパターンがとても不規則で、微妙な色合いがまた絶妙。カルセドニーかな。
f0330978_12153093.jpg

黒のビーズが一つついているので、アンティークの(1800年代)のメンズシグネットリング(つぼ品・笑)にとても良く合います。腕に付けるときには、2本をゆるくねじって。もう、涙出る程の(私比)シナジー効果。どこが?と言われようと、何事も本人が幸せならそれでいいんです。これからのシーズン、黒のニットに合わせます。
f0330978_15530674.jpg

f0330978_15540075.jpg

f0330978_12153093.jpg

残り物ですが、それだからこそ出来たこのアンシンメトリー、不連続、不規則の美。きちんと左右対称より崩れているものが好きで、ずっと気持ちの中にあるのは、物を作るとき、わざと形の整った対称形にしない事を良しとする。。。という、どこかで出会った考え方。均整の美は神の領域で、人間がそれをするのは不遜。特に子供に何かを作る場合だったかなー。ああ、いったいどこで読んだ話でしょう。左右対称が安心の時もあるし、それがちっとも面白く無い時もある。







[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-09-26 15:10 | Antique Jewelry | Trackback

Kawaiiもの大杉




こういった「下げる系」のマスコットは、根付などを除き。まず手にする事はありません。でも、この子はあまりにもカワイイ(笑)。帰ってからさっそくお花のついた麦わら帽子を作ってあげました。キッチンの真ん中、ペンダントライトの引き紐にぶら下がっております(笑)手足もバネなのでビョ~ンビョン揺れて、見るたびうれしい。

f0330978_13354434.jpg

海外、とくにアメリカのサイトでショッピングしていると「Kawaii」という言葉にとても良く出会います。Wikiに、「二十一世紀に入って世界にもっとも広まった日本語という意見もある」と書かれているように、もう世界中で若者の間に浸透している立派な日本語です。普段何を見ても冷静ですが、祝日の木曜日にデパートで久しぶりにKawaiiものに出会いました。

f0330978_12353963.jpg

掴みにくそうな(大笑)鍋掴み。思わず店員さんに「これって鍋掴みですよね?」と聞きました。ティーコゼーにしては浅すぎ、ゆで卵を温めておくものかも。。。とか思って(笑)一応。まぁいつも通り、実用というよりはカワイイで選びました。いえ、必需品なのでちゃんと使ってますよ(笑)

f0330978_12352367.jpg

そして避けて通れない筆頭が「かご」です。特に今回この「掴みにくい鍋掴み」とセットで目にすると、もうその場を離れるのが困難。かごずきの人とこれを見ながらお茶したいくらいつぼです(笑)。小さめのとてもカワイイ(=危ない)もので、裁縫部屋のリボン等の整理に使います。

f0330978_12362012.jpg

思わずおててを握りたくなります。もう猫を飼わないと決めてから久しいので、見ると和みます。NHK教育テレビの人形劇にでも出て来そうで、何だか懐かしさ一杯。

f0330978_22130175.jpg
            そしてカゴも落ち着くところに落ち着きました

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚.。.:*・゚+.。.:*・゚
f0330978_13352470.jpg
   そして、ことりの鍋掴みはレースとリボンでおしゃれしてちゃんと使っております


[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-09-24 09:26 | Miscellaneous | Trackback

生地も整理





          創作意欲はもりもりあるんですけど手が動かない。。。
f0330978_23000052.jpg
f0330978_23002088.jpg

涼しくなって裁縫部屋にいる日も増えました。何かしら縫い直したり少し片付けてみたり。暑いとクーラー無しでは長居は無理ですが、そうでなければとても落ち着く場所です。何しろ、好きな物しかありませんので(笑)。

f0330978_23003888.jpg
ヴィクトリアンなコーナー



[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-09-22 23:58 | Sewing・Knitting | Trackback

スカーフの最高傑作




と、私が勝手に思っているものがあります。手に入れたのはもう10年以上前かもしれません。先日、ウールのこれまた長年愛用の大判ストールと一緒に手洗いし、楽しくアイロン掛けしました。TRUSSARDIのものです。普通はHERMESのような馬具模様のものを良く見かけますが、これはまるで「ルネッサンス絵画」。TRUSSARDIとしては珍しいのではないでしょうか。ペガサス、天使、三美神のような女性達も描かれています。有名なボッティチェリの「春」にも、HERMES(マーキュリー)と三美神がセットで登場します。発色が素晴らしく、特にわたくし的には、周囲の丁寧に描かれたベージュ柄と絵の部分の薄い青の組み合わせが「つぼって」お買い上げ(笑)となったように記憶しています。このスカーフは私のスカーフランキングで断トツ一位です。

f0330978_13380202.jpg

モチーフはギリシャ神話の神「HERMES」でしょうか。TRUSSARDIなのにHERMESとは、喧嘩売ってんのか?(笑)と言いたくなります。ジョークかもしれません。スカーフはやはり鉄壁のHERMESが丁寧な仕事で最高峰だと思います。使っていて飽きがきませんし、大柄なので柄の出し方で雰囲気の変化も楽しめますので、数枚持っています。HERMESと言えば、すでに学生時代そのスカーフをしていたクラスメートが数名いました。皆さん「お嬢様」でしたよ(笑)。噂ではおうちの門から玄関までの距離が半端なかったそうです。うちの実家ですか?10歩ぐらいです(大笑)。でもお嬢様でなくても好きなものは好きなので、もうすぐHERMESを頭に頬かぶりして自転車で近くのマーケットに買い物にいくような「おばあさん」になる予定です(笑)。


f0330978_14020104.jpgf0330978_14014428.jpg













f0330978_13374416.jpg






































f0330978_13380202.jpg
f0330978_13372501.jpg
HERMESの持つ杖(ケリュケイオン)には羽根と2匹の蛇がついています。そして縁取り模様のリボン状になった先をみると2匹の蛇になっていますねー。HERMESは旅と商人の守護神です。


[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-09-20 21:59 | Miscellaneous | Trackback

私の3大アリア






一応順番ついてますが、もうどれも一番ですから(笑)。映画で出会ったり、テレビ番組のBGMに使われたりと、この時代に生きて出会うことが出来て良かったー。。。としみじみ思えるほどのすばらしさ。これが「アリア」という範疇にはいるのかは、詳しくないので不明。なので、「勝手にアリア」ということで(笑)

1. ヴィヴァルディの「まことのやすらぎはこの世にはなく」。統合失調症を患う実在のピアニストを描いた映画「シャイン」でとても効果的に使われ、多くの人が心惹かれたもの。これからクラッシック好きになった人もいるそうです。晴れた日、良い事があった時に聴く事をお薦めします。。。って、題名とはかけ離れていると感じるでしょうが、「神を信じる事で苦渋に満ちたこの世界で幸せに生きる」ということらしい。でも仏教徒ですらないわたくしは、どう生きたらいいんでしょうか(笑)何とかこの曲に助けてもらおうと思います。



2.映画「ハンニバル」の中のオペラシーンで歌われた、グロテスクな映画の内容とは対極の、ひたすら美しいアリア。クラッシックのオリジナル曲と思いきや、ダンテの戯曲に現代の作家(パトリック・キャシディ)が2001年に曲をつけたものだそうです。素晴らし過ぎます。レクター博士のクラリスへの歪んだ愛を感じさせてくれ、これまた多くの人の心を鷲掴み。これを聴きたい為に映画のサントラ版を買う人多数。でも聴いた人だけがわかる問題がありましたよ(苦笑)「蛇足」かな。。。ちなみに作曲したパトリック・キャシディは、映画で使われる5分ほどのオペラの場面の為に、敢えてオペラを全曲作曲したそうで、これもアーティストとしてのこだわりが凄い。




3. 先日見たNHKBSプレミアム「フランケンシュタインの誘惑」の「切り裂きハンター」でとても気になったエンディングテーマ曲。これにこそ驚愕の事実が。ずっとこのエンディングの素晴らしく美しい抒情的なソプラノ曲が昼も夜も耳を離れず。ネット時代の今、歌詞が数語わかればポップスならすぐ曲にたどり着けますが、発声が独特なクラシックとなるとお手上げです。画像は大聖堂、そしてその床にハンターの墓石、そしてこの音楽です。そこでまず、讃美歌などの教会曲、宗教曲、オペラ、合唱曲など手あたり次第にネットで聴いて探しました。全くかすりもしません。本来「他力」は嫌なんですが、仕方なくNHKにメールしました。なるほどねー。クラッシックを探してもヒットしないはずです。これが 川井 憲次氏作曲の「アヴァロン」という日本映画の(アニメ系実写フィルム)の中の曲「Voyage to Avalon 」と分かって、予想と違い過ぎて放心状態(笑)。あまりにもクラシック。あまりにも素晴らしい。しかも、番組内容に曲がぴったりだったので、余計に心に訴えるものがありました。NHK、教えてくれてありがとう。今日から心安らかに眠りにつけます。大聖堂で聴いたら涙溢れそうです。1は立派に(笑)にクラッシックですけど、2と3は、クラッシックよりクラッシック。もう私の中では超えちゃってますけど(笑)


※。。。その後注意して番組を見ていると、いつもエンディングはこの曲だったんですね。「切り裂きハンター」の回があまりにも画像と曲が合い過ぎて特に気になったんだと思います。



ポーランド人のこの方(エルジビェタ・ドヴァルニツカ)がポーランド語で歌っているようですが、ネイティブでも分からないそうです(笑)。今思うと、「Avalon」と歌っていますので、この語だけで曲にたどり着けたかもしれませんが、まず日本人が作曲したとは思わない、クラッシックで無いとは思わない、しかもアニメ系の映画の曲とはぜーったい思わないので、結局NHKに質問してよかったということにしておきます(笑)









[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-09-16 10:55 | Miscellaneous | Trackback

白バラ好きかも。。。




f0330978_14573311.jpg

以前「白バラはそれほど好きではない」と書きましたけど、なんかそうでもないみたい(笑)。レースフラワーの苗を買ってきて、かろうじて数輪花をつけた白バラと合わせたらとても素敵になりました。刺繍でもwhite on whiteが素敵なように、白と葉のグリーンだけで活けるとガラス器にとても映える事が分かりました。レースフラワーの力が大きい。白バラは、今年はもう多く花をつけることは無いので来年また白系の花だけで活けてみたいと思います。白バラは雨に当たると変色したり、花が傷んだり、適当に育てている私にはレベル高すぎ。

f0330978_14565241.jpg

f0330978_14562558.jpg


f0330978_15011631.jpg
 何枚かはがきを作ってみました









[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-09-15 01:47 | Flowers | Trackback

副産物





指輪とも「仲良し」~♪
f0330978_12235509.jpg
f0330978_10562972.jpg

納得のものに出会ったので、長年愛用してもう壊れかけたビーズケースを片付けを兼ねて一新しました。我慢して使い続けた甲斐がありました。待ってみるものです。小引き出しの中も徹底整理。休みの日曜の夜をミリ単位のビーズの仕分けに費やし、頭がくらくらしました(笑)。1mmほどのビーズの色が混じると、大変な事になります。数はきっと数千個でしょう。数えたりしませんけど(笑)。数時間かけて目出度くまずまず整理出来たところで、分けたビーズを見ていて、制作意欲わいてきました。Lisaちゃんの為のブレスとネックレスを作ったので、私のものも。
f0330978_12243505.jpg

数年前に、アンティークのマイクロモザイクのブローチをアンティークパーツに付けてペンダントヘッドを作りました。ブローチとして使うには面白くないからです。アンティークジュエリーのリメイク。もともと白い小さなビーズで縁取りしていたのですが、片付けで出て来た小さなターコイズビーズを代わりに置いてみると、これがまた絶妙の色合い。ターコイズカラー同士ですから当然合うわけです。それに仕分けした少し大きめの同じターコイズビーズでネックレスを作って合わせました。ターコイズ好きにぴったりのものが片付けの「副産物」で出来上がりました。
f0330978_12241722.jpg

このターコイズビーズは新しいものではなく、しかも自然石なので形も色も不揃い。そこがまたわたくし好み。これは一体いつから私の手元にあるんだったかなー。再会出来て嬉しい。いかにもインド製。。。って風で、あと残りネックレス一つ分ほどなので大切に使おうと思います。ペンダントヘッド部分はロケットになっています。

f0330978_12253157.jpg


f0330978_12245418.jpg

ビーズの片付けをした事で手持ちが一目で分かるので、組み合わせのアイデアも浮かび、制作に繋がります。作るときもパーツをあちこちで探す必要が無くストレスフリー。でも、このケースでなければ今回の片付けをしていなかったでしょうねー(笑)恐るべし、「物」の力(ちから)!これならこのままプレゼントしても、ハンドメイド好きの人に喜んでもらえそうです。いかがでしょうか?(笑)見ているだけでも楽しいですよー。




[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-09-13 11:01 | Antique Jewelry | Trackback

Lisaちゃんへの贈り物




                ネックレスとブレスレット
f0330978_16030541.jpg
f0330978_10362742.jpg

ヘアードネイションをしてくれたLisaちゃんに、ご褒美を制作しました。小学4年生、もうすぐ誕生日なので今9歳ですね。でも、女の子ですからぜーったいキラキラ好きです。65歳の私と一緒ね(大笑)必死に整理したアクセサリー制作キットがさっそく大活躍で、サクサク出来ました。。。と言いたいところですが、ネックレスに使ったピンクのビーズは1mmほど。ワイヤーに通すのは老眼には大変でしたけど、そこは生徒への「愛」で先生頑張りました。子供向けのアクセサリー作りも楽しいなー。

f0330978_13184524.jpg



f0330978_10372957.jpg










f0330978_10364940.jpg

                  おーかわいいぞー

f0330978_10370722.jpg



[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-09-12 10:42 | Sewing・Knitting | Trackback

Hair Donation




f0330978_22455942.jpg

土曜日の朝です。普通午前中はレッスンを入れない(入れたくない・笑)のですが、生徒の都合によって入れざると得ない事もあります。今日はLisaちゃんとのレッスン。今年4月から英語を始めました。おとなしいのでなかなか会話が弾みませんが、最近少し声も大きくなり慣れて来ました。今日のレッスンの終わりに、何気なく「今日のこれからの予定は?」と聞きました。「青森に行きます」「あら、何で?」「髪を切りに」「え?どうして弘前じゃなく青森まで行くの?」「ヘアードネイションに行くんです」。。。その一言で理解出来ました。何だか胸が熱くなりましたよ。朝から。思わず小学4年生と握手してましたー。朝から(笑)。

Lisaちゃんの髪は当然長い。「長すぎて邪魔じゃないか」と心配していたほどです。自分の事をほとんど語らない寡黙な子なので、ただ長い髪が好きなんだと思っていました。今日初めて長い髪の理由がわかり、彼女と「ドネイション」という言葉の意味や、その意義を少し話しました。本人はそれが英語の「寄付」を意味する事を知りませんでしたけど。いいなー(笑)。のんびりで。この活動をしているのはJHDACという団体で、病気で髪の毛を失った子供たちの為に、無償でフルオーダーメイドの医療用ウィッグをプレゼントしているということです。青森県ではこれに賛同している美容室が3つで、2つは青森市にあるそうです。弘前市にはまだ無く、Lisaちゃんは規定の長さ(31cm)になったので今日青森市まで切ってもらいに行くんですね。

これはもちろん親御さんの考えでしょうが、ただお金を寄付するという事ではない特別な意味を持っている行為で、子供にもとても達成感があるでしょうね。「ほぼ女の子にしか出来ない寄付」という点も何だか誇らしい。JHDACのページには、「長い髪のウィッグを希望する子も多い」とあり、病気の子にとって髪は大きな意味を持っている事がわかります。現在100人もの子が順番を待っているそうです。一人分の髪の中には長さの足りないものもあるわけで、一つのウィッグを作るのに沢山の髪の毛が必要だそうです。日頃発音等、英語に関しては私ちょー厳しいんですけど、今日はうんと褒めておきました(笑)病気は誰にでも起こりうる事なので、健康である事にも感謝しないとね。Lisaちゃん、素敵~♪





[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-09-10 13:25 | Miscellaneous | Trackback


◆◇◆アンティーク素材の「救済」に日々奮闘中◆◇◆朽ちかけた布・レース・素材に新たな活躍の場と輝きを!


by jeweleyes1984

画像一覧

Link

カテゴリ

全体
Sewing・Knitting
Sewing Box
Antique Dolls
Japanese Bisque Doll
Antique Jewelry
Christmas Tree
Antique Bears
Doll Dress
Antique Lace
Miniatures
Picture Frames
Flowers
Jewelry Box
Room Renovation
Antiques
Glee
Miscellaneous

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月

最新の記事

掘ってみました
at 2017-05-24 09:16
に、似合う。。。
at 2017-05-23 10:40
バラがね~。。。
at 2017-05-22 05:38
初夏にクリスマス
at 2017-05-21 09:36
ねねちゃん3号
at 2017-05-19 10:07
棚から牡丹餅ふたたび
at 2017-05-17 15:28
今頃春休みの課題
at 2017-05-15 13:04
リクエスト
at 2017-05-12 13:29
これが我が家の雛毛氈
at 2017-05-10 09:17
Somebody Loves..
at 2017-05-09 00:32
Don't Dream It..
at 2017-05-08 10:48
Somewhere Only..
at 2017-05-07 11:08
どちら様?
at 2017-05-05 09:52
フォトジェニック~♪
at 2017-05-03 12:55
二度目の花見
at 2017-05-01 20:33
ムスカリ水栽培
at 2017-04-30 12:52
初チューリップ
at 2017-04-29 08:37
おうちで花見(笑)
at 2017-04-28 00:16
孤独な旅人
at 2017-04-27 10:19
鉄瓶を育てる
at 2017-04-25 11:55

検索

タグ

画像一覧

ブログジャンル

日々の出来事
ハンドメイド

ライフログ


私のお針箱―しあわせな針仕事のパートナー キルト作家27人のお針道具集


Immortal Wishes: Labor and Transcendence on a Japanese Sacred Mountain


Downton Abbey [DVD] [Import]


A Little Princess


The World of Downton Abbey


藤田嗣治手しごとの家 (集英社新書ヴィジュアル版)


HOBBIT: UNEXPECTED JOURNEY / BATTLE


The Paradise [DVD] [Import]


Mr. Selfridge


藤田嗣治画文集 「猫の本」


X-ファイル セブン DVD-BOX


X-ファイル:真実を求めて(ディレクターズ・カット) [DVD]


X-ファイル ザ・ムービー (劇場版) スペシャル・エディション [DVD]


切り裂きジャック 127年目の真実


VINTAGE HOME 2 ビンテージハウスで楽しむスタイルのある暮らし2


The Enchanted Places (Bello)


Mr. Holmes [DVD] [Region 2] (English audio) by Ian McKellen


邸宅美術館の誘惑


西洋絵画の巨匠 ファン・エイク


縄文美術館


ちりめんの押絵とつり雛とてまり (弓岡勝美の手芸図鑑)


むかしぎれ手芸


Glee: Complete Fourth Season [Blu-ray] [Import]

ブログパーツ