<   2016年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

大晦日 2016





f0330978_19544423.jpgf0330978_19542143.jpg

































今日は大晦日のごちそうの日です。乾杯の時、「今年はいろいろ大変だったねー」と夫。去年の大晦日も、やはりお祝いのテーブルを楽しく囲んでいました。同じ日の午後、息子と三人で母の介護アパートまで新年の花を届けに行きましたがとてもよろこんで、息子とニコニコ顔で写真に納まっています。「一年前」って、長いのか短いのか分からなくなりました。

f0330978_19535922.jpg

   母にも少しごちそうを。大好きな茶碗蒸し、最後は飲めなかった大好きな日本酒も

この2年間、特別に気にかけていた鉢植えがありました。2年前母のところから枯れかけたミニシクラメンを引き取って今年秋まで育てましたが、母が亡くなった同じ今年駄目になりました。冬を乗り切って夏までは驚くほど沢山葉を出していたのに。母と同じくもう土に還りました。運命は信じませんが、「不思議な偶然」は身の回りに良く起こっています。
f0330978_19555912.jpg
     今日の茶碗蒸しはあんかけにしてみました。このほうがおいしかったです

[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-12-31 20:25 | Miscellaneous | Trackback

新しく作らなくても




借り物ドレスです
f0330978_12344709.jpg


新しく作る気力が満ちていませんので、衣装持ちの子から借りて着せてみました。これは濃いグリーンのビロードの端布で簡単に作ったものですが、どちらの子にも本当に良く似合う不思議なドレスです。地味なのにね。冬休み中に、今度は「こってり系」を一着作ってあげる予定です。

f0330978_12350538.jpg
f0330978_12352469.jpg

やっと冬休みに入りました。今年は春から色々大変で、「あっという間の1年でしたー」。。。ではありませんでした。良くも悪くも「濃すぎる1年」。本当は、これと言って何も無いのが一番の幸せだと思っています。









[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-12-29 12:57 | Doll Dress | Trackback

Asian Triangle



         
        26.96カラット 太い指にはこれくらいがいいんです(笑)

f0330978_15053676.jpg

f0330978_14552619.jpg

好きなものが沢山あるわたくしですが、長年探していてやっと見つけたものがあります。それは「ダイヤモンド鉱山」。。。ではなく、スターサファイアです。しかも、グレイ(灰色)のもの。じみーな色ですねー(笑)。普通スターサファイアと言えば、ブルー・ピンク・水色・黒などですが、何としても地味なグレイが欲しい。しかも、小さな石ではだめ。そして透明はだめで濁った灰色が良く、色が混ざっていなくて均質な暗い灰色であること。スターの出方も「人造」みたいなシャープなものよりナチュラルなもの。あー、めんどうな人だ。。。その通り。
f0330978_21484291.jpg


で、ある日タイの人がアメリカのオークションサイトで出品しているものを見つけました。自然石ですから若干グレイにムラはありますが、色目・形・サイズ、完璧にわたし好み。待ってました~♪でも、ルース(裸石)なのでリングの台をどうするか?ですよね。私にそれを作る技術はありませんし、日本のプロの職人さんにあれこれ説明しても希望通りに出来上がるとは限りません。完成品を見つけて、それに石をセッティングしてもらうのがベストです。そこで、オークションサイトで見つけようと調べましたが、良いデザイン無し。そうですよね、カメオで懲りたはずなんですけどね(大笑)

f0330978_14542197.jpg

蛍光灯の光だとぼんやりですが、一点光源(太陽・電球)だとシャープに6条線が見え、角度を変えるたびに星が動きます。非加熱の100%ナチュラルな石です

f0330978_14554640.jpg
      この石の色もネイルの色も大好きです グレイに惹かれます

半分諦めていたところ、中国の人が開いているアメリカのショップ発見。そのなかにとても魅力的なリング台を見つけましたが私の巨大なルースに合うサイズではありません。そのお店でオーダーした人達の評価を見てみると、そのショップは素材、デザイン、もちろんサイズにいたるまでどんなものでも大丈夫。魔法使いみたいで、作ってもらった人たちが皆大喜びなんですよ(笑)。こういう職人さん、大好きです。そこで、まず候補になっている巨大なカラット数のスターサファイヤの画像と気に入ったリングデザインを添付し、作ってもらえるかを打診。「ぜーんぜんおっけーよ」の返事を中国からもらい、タイの石屋さんから石を購入。それを日本の私に送ってもらわずに、タイから直接中国へ石を送付。そして石を直接見ずに出来上がったのがこれです。正直なところ、同じアジア人同士の「中国」と「タイ」どちらも不安でした(笑)。無事に着くものか、ちゃんと作ってくれるものか、出来上がったリングが日本まで届くものか。でも、これまで沢山外国でネットショッピングして来ましたけど、今回は特に素晴らしい経験でした。二人ともいたれりつくせりで、「指定の中国の住所に発送したよー」「石無事に受け取ったよー」「これがCADのデザイン画だよー」「完成したよー」と、丁寧に画像付きで連絡をくれました。これってとても安心できます。
f0330978_15503017.jpg

初めてのスターサファイヤ。なかなかのパワーストーンなんですね。知りませんでした。3本の線が「信頼・希望・運命」を象徴していて、悪を退け持ち主に幸運をもたらすとされていて、古くからお守りのように愛されてきた宝石だそうです。また潜在能力を引き出し知識へ導くパワーがあり、身につけた人を進むべき正しい道へと導いてくれる(すてき!)お守りになるといいます。よーし、来年は「幸運」をずるずる引き寄せるぞー(笑)

あじあんとらいあんぐる。デザイン等についてショップと交わしたメール56通。タイー中国-日本。何だか嬉しくてスリリングな買い物でした。出来上がった指輪の画像を、石を買ったタイの人に送ったら「とても綺麗だ!!!(感嘆符3個・笑)」と喜んでくれました。
f0330978_15090930.jpg
             アンティーク風アールデコスタイル


[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-12-26 15:40 | Antique Jewelry | Trackback

12枚




       1865年ロンドンで発行されたカラーリトグラフ(パリで彩色)
f0330978_12570709.jpg
f0330978_12564697.jpg

「リフレッシュ休暇」なるもので帰省する娘の日程に合わせて、この時期に贅沢に私も1週間の休みを取りました。贅沢過ぎです。もうすぐ2週間の冬休みがありますけど、いいんです。ずる休みではなく、ちゃんと取れる休みですから。昔は、「サービス残業」じゃないですけど、祝日でも教えていました。でも、それ間違ってました(笑)。休みはちゃんと休みましょう。
f0330978_12593452.jpg
f0330978_14052287.jpg


娘は4日間だけの休みなので、一日はいつもの焼き鳥屋さんんで親子三人、楽しく飲みました。もうちょっと若い頃は(笑)ここで英語仲間&外国の友人達とよく飲み会やってました。今回オーナーに頼まれて外国から来たクリスマスカードを訳してあげたら、いいことがありました(笑)。飲んでるうちにも、お客さんが入って来るんですけど、「予約で満席」ということで皆断られていました。シメジの豚肉巻きはうなりますよー。美味しくて。弘前に来た折には、ぜひ行ってみてください。ご連絡いただければほぼ確実な予約の取り方お教えします(笑)

f0330978_12591248.jpg

私もせっかくの休みなので懸案の額作りを。このアンティークのリトグラフは12枚セットのもの。もともとは、これが一冊の本として発行されたのですが、ばらばらで手に入れましたから気楽に額装出来ますが、いかに額好きでもちょっと数が多すぎのような気がして悩むところです。額装の為には背景に敷く台紙が必要で、その柄の選択にミスは許されません(笑)。まあ、家の「壁紙」みたいなものですね。そこで、以前買ったイギリスのショップからドールハウス用の壁紙を取り寄せました。これまでもドールハウスに使った残りを額の台紙に利用しましたが、本来の使い方では無いのに本当に絵を引き立ててくれる上質な「紙」なので、仕上がりがとにかく素敵です。

f0330978_12583234.jpg
f0330978_12585162.jpg


このNitoriの額は、買った人が好みの絵を入れるタイプのものではなく、古い世界地図をプリントした紙がすでに入っていて、裏は紙張りがしてあり、入替えが出来ないようになっているものです。プリントを楽しんでね~♪。。。という商品なわけで、それが私の利用目的には全く合っていませんので大問題。額はお手頃価格な割に文句なく気に入りましたが、絵を入れる為、裏紙をバリバリはがし、パネルを留めているピンを全て抜き、好みの絵を入れ(その前に絵に合わせて台紙を切り)、細い木を使って枠を作り絵が外れてこないようにします。。。を、12個。はぁ~。。。大仕事ですよ。額はまだ試しに8個しか手にいれていないので、ひとまず作ってみてからーと思っていましたが、結果が素敵過ぎて(笑)、12枚全てを額装してしまいそうな勢いです。

f0330978_12581222.jpg
f0330978_12574248.jpg

この画集は、ヴィクトリア時代の運に恵まれた女性とそうでない女性や、同じ一人の女性の役割の「コントラスト」を左右に配置した面白いものなのですが、当時はお金持ちと結婚しても女性の社会的地位はそれほど高く無く、夫を引き立て子供の世話をし。。。と、まぁお金があって暖かい部屋と素敵なドレスが着れるだけ幸せじゃない?レベルです。女性は男性の「持ち物」という認識で、DVなども多かったらしい。今とかわらないかもね。私がこの時代に生きていたら、一体どんな職業についていたんでしょ?と考えるのも面白い。governess(家庭教師)かな~?(笑)貴族にとっては「働く」という事すら「何それ?」だったらしいですが、私は当時もきっと庶民で、働いていたでしょう。このリトグラフ集ではお母さんがバレエダンサーとして働いているものもあって、なかなか面白い。額装の紙で隠れていますが、絵の下にその絵のタイトル「家の中と家の外」等がつけられています。厳しいね。




[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-12-19 13:30 | Picture Frames | Trackback

下着とネックレス




       寒い毎日。暖かい部屋で手持ちの材料利用の小さな手作りが楽しい
f0330978_13222529.jpg

f0330978_13175145.jpg

小さい子の下着を作ってみました。どこからともなく出て来た(笑)アンティークの小さな下着がちょうどよさそうだったので手直しし、その下のペチコートは古いハンカチのレース部分を使って作りました。裁縫箱で探し物をしていたら、底に(笑)アンティークの小さなブローチを見つけたので、それをネックレスに作り変えました。

f0330978_13185709.jpg
f0330978_13203368.jpg
アンティークチェコビーズのブローチ。真ん中に穴が開いているタイプだったので、Seriaの新作の糸を巻いたビーズを一つ無理やり押し込んであります(大笑


この画像で「フランジネック」が良く分かります。つまり、首の部分がボディの中に入り込んでいるのではなく、中に通っている木のパーツを使ってボディに水平に「乗せている」だけなので、左右に回す事は出来ても首を傾けたりすることは出来ません。「フランジネック」はバイロベビーのように、首に溝を作ってそこに布ボディを縛って取り付けるタイプのヘッドの用語としても使われます。他にもうちにフランジネックの子がいたような気が。。。と思ったら、Baby Bo- Kayeもでした。






[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-12-15 13:56 | Doll Dress | Trackback

赤い帽子と赤い靴






                   身長約23cm
f0330978_13243481.jpg
f0330978_14371160.jpg

f0330978_14364911.jpg

赤い麦わらキャップと赤い革の靴を作りました。フルーツが乗っているのでまるでケーキです。

f0330978_13251595.jpg
赤い靴。あんよがカワイイ~♪

f0330978_14353999.jpg

これが一足目の白の革靴。あまり意味の無い「ヒール付き」です。飾りはアンティークのカットスチールのミニミニバックル。本来人間の大人用のもののはずですが8mmほどしかありません。一体何に使ったものでしょうか。ずーっと以前に、様々なタイプのものをまとめて手にいれましたが、今はお値段強気過ぎで買う気もおきません
f0330978_14344277.jpg

帽子4連発(笑)。あとはいくつかレースボンネット制作を妄想中。もうすぐ冬休みなので、まだパワーが残っていれば作ります。おーここにもアンティークのカットスチールを飾りとして使っていますねー。カットスチールずきです(笑)。確かに魅力あります。

f0330978_13241338.jpg
f0330978_13235142.jpg

              
フレンチミニョネット同様、小さなスパイラルアイ。その上ペーパーウェイトなので、とても生き生きした表情です。
                    




                    





[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-12-12 15:20 | Doll Dress | Trackback

あなたはだ~れ?






f0330978_15312196.jpg

f0330978_15302876.jpg


一週間ほどの休みの最後はやはりお人形の手仕事でしょう。キャビネットサイズのジャーマンですが、ペールビスクでパリアンに近く、ステーショナリのペーパーウェイトアイで、クローズドマウス。。。って、片仮名だらけですねー(大笑)。雰囲気的には大型フレンチミニョネット。刻印が全くありません。何でも「きちんと」の(笑)ドイツにしては不思議です。ただ、Kestner 社も国名・モールドナンバーが打たれたのは1892年かららしいので、ドイツビスクの初期のものでしょうか。首は珍しいフランジタイプで、ヘッドと胴体が中心に穴の開いた丸い木片でつながっています。ボディはコンポジションで面白い繋ぎ方になっています。ゴムがもう劣化してたので、首が落ちる前に(笑)新しいものに換えました。その時首の穴から覗くと、ドームヘッドに小さな穴が二つあいているのが見えました。この穴にゴムを通してボディにつなげていたんですね。ドームヘッドのお人形を持つのは初めてなので(たぶん・笑)お勉強になりましたー。つやつやのウィッグがあまりに素晴らしいので接着面をはがさずに一部古いゴムのまま胴体とヘッドを工夫して繋ぎました。ゆるゆるボディがしゃっきりしましたー♪


f0330978_15330333.jpg

前の持ち主の話では彼女の祖先( Emigholz 家)が1850年代にドイツからアメリカに移住してきた時に連れて来た子で、それ以来代々大切にしてきたそうです。ドレスは劣化していたため、どこか別に仕舞っておき、代わりに下着、洋服、靴をアメリカの人に作ってもらったそうです。ところが、もともとのドレスは仕舞った場所が分からなくなったとのことで、着ていませんでした。ヴィンテージのお仕立てドレスが「残念」なレベルで(笑)この子本来のノーブルな雰囲気に合って無く、小公女セーラ状態。そこで、そのヴィンテージドレスを土台に(捨てられない。。。)アンティークレースを重ね、わたくしがこの子に合ったものを休みの最後に制作しました。一番大変だったのは、小さな靴。3cmほどのヒールのついたタイプを本革で作りました。タイツはブドウ色でちゃんと柄の入ったものを作ってみました。かわいい~♪

f0330978_15321488.jpg

さて、ヘッドマークがないので、一体この子は誰なのかわかりません。どこかでお目にかかったような優しく丁寧な描き方のお顔です。これまで何千となくアンティークドールを見て来ましたけど、初期のKestnerかKlingあたりでしょうか。S&Hとも違いますねー。ある日またどこかで「あーそっくり!」と嬉しくなる姉妹が見つかるかもしれません。今後の楽しみにしておきます。冬休みを利用してドレスがどんどん増える予定です。脳内にある「ドレスセット」や靴も色違いデザイン違いで何足か(出来るのか?)。もちろん帽子も。私には珍しく、密かに名前も付けていますし(大笑)

f0330978_15334868.jpg

f0330978_15315017.jpg
f0330978_15343743.jpg
             どこかで見た顔なんだけどな~。。。
f0330978_15332705.jpg



[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-12-08 15:54 | Antique Dolls | Trackback

これが理想だ





f0330978_12082866.jpg
f0330978_12085525.jpg

めったに本を買いません。図書館が自分の「書斎」だと思っているので、行くだけでわくわくし、安上がりです。書籍ビジネスからしたら迷惑な「客」ということになります。でも気に入ったページが1-2ページしかないのに2000円近くも払いたくありません。しかも、本は収納に場所を取りますから、多くの人にとっての断捨離アイテム(笑)
f0330978_12072980.jpg

図書館って、何の為にあるのかなーって不思議に思う事があります。作家からすれば大迷惑。沢山の人が書店で買わずに「回し読み」するわけですから(笑)収入減ですよね。ですから怒っている作家もいるという話をききます。「貧富の差なく知識を得られる場」とも定義されますし、図書館でしか手に出来ない高価な本もあるわけですから、私のようになるべく「買わずに読みたい」人には確かに便利です。また、買おうと思えば買えない事もないけど、買うほどではない(笑)本というのも確かに沢山あります。書評で興味を持って買ってみても、最後まで読まずに「捨てた」ものもありますから(誰の本かは秘密・笑)、「ずっと持っていたい本」を選ぶのは野菜を選ぶより難しい。しかも、不味くても返金してもらえない。ですから図書館で借りて良かった本を実際買って大切に読むか、本屋さんでじっくり立ち読み(笑)して納得したら買う方法をとり、時間の無駄になりそうなものはぱすします。ぶ厚い小説も、途中だらだらしてきたらもうだめです。最後まで一気に、息をつかせずに読者を引っ張って行ってもらわないと。頼みますよ。本の好みは皆違いますが、出費を厭わないほど「夢中になれる本」がよみたーい。
f0330978_12080115.jpg

さて、日曜日に図書館で借りて来た本があります。まず図書館で手にした時点で椅子に腰かけて読み始め「没頭」。最後まで行きそうでしたがもったいないので途中で止めて、借りて帰宅しました。こうでないといけません。でも、本当に久しぶりの感覚。いつも借りるときは限度の「6冊を2週間」なのですが、読み切る事などまずありません。期限が来てあわてて駅の返却ボックスに夜遅く投入する羽目になります。毎回、完読が一冊あればよいほう。拾い読みがせいぜい。なんという読者だ(笑)。
f0330978_12070292.jpg

本は「邸宅美術館の誘惑」朽木ゆり子著。いわゆる有名な巨大美術館ではなく、個人宅を美術館として開放しているものを紹介しています。美しい写真が多いのも私ごのみ。何より、家をこんな風にしたいという私の野望のお手本のひとつを見ているような気になります。多分一般公開していなくても、自宅がミニ美術館化している富裕層は沢山いると思いますが、その人たちのお友達でも無い限り、私たちが目にするチャンスはありません。盗品をこっそり一人で楽しんでいる人も絶対いるでしょうし(笑)。この本に一つ注文をつけるとしたら、説明に出て来る絵が写真であまり紹介されていないということです。多分著作権の問題と、ページに載せきれないからでしょう。でも大丈夫。インターネットでそれがどんな絵なのかすぐ調べられます。本当に便利で、逆に本に画像で紹介されていない絵を調べる事が楽しみになりますよ。他力ではなく、自力で調べましょう。本の題名の「誘惑」ですが、これは「行ってみたいという誘惑」に駆られるという意味でしょうが、私にとっては「自分の家もこうしたい」という意味での「誘惑」です。名画でなくても、好きなものを壁を飾り、毎日が「私設美術館」生活を送りたい。人形とドレス・小物等もガラスケースにディスプレイする予定ですけど(笑)。わたしの妄想美術館。開館はいつかなー(笑)。久しぶりに手元に置きたい本に出会いました。
f0330978_12063700.jpg



[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-12-05 12:20 | Miscellaneous | Trackback


◆◇◆アンティーク素材の「救済」に日々奮闘中◆◇◆朽ちかけた布・レース・素材に新たな活躍の場と輝きを!


by jeweleyes1984

画像一覧

Link

カテゴリ

全体
Sewing・Knitting
Sewing Box
Antique Dolls
Japanese Bisque Doll
Antique Jewelry
Christmas Tree
Antique Bears
Doll Dress
Antique Lace
Miniatures
Picture Frames
Flowers
Jewelry Box
Room Renovation
Antiques
Glee
Miscellaneous

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月

最新の記事

掘ってみました
at 2017-05-24 09:16
に、似合う。。。
at 2017-05-23 10:40
バラがね~。。。
at 2017-05-22 05:38
初夏にクリスマス
at 2017-05-21 09:36
ねねちゃん3号
at 2017-05-19 10:07
棚から牡丹餅ふたたび
at 2017-05-17 15:28
今頃春休みの課題
at 2017-05-15 13:04
リクエスト
at 2017-05-12 13:29
これが我が家の雛毛氈
at 2017-05-10 09:17
Somebody Loves..
at 2017-05-09 00:32
Don't Dream It..
at 2017-05-08 10:48
Somewhere Only..
at 2017-05-07 11:08
どちら様?
at 2017-05-05 09:52
フォトジェニック~♪
at 2017-05-03 12:55
二度目の花見
at 2017-05-01 20:33
ムスカリ水栽培
at 2017-04-30 12:52
初チューリップ
at 2017-04-29 08:37
おうちで花見(笑)
at 2017-04-28 00:16
孤独な旅人
at 2017-04-27 10:19
鉄瓶を育てる
at 2017-04-25 11:55

検索

タグ

画像一覧

ブログジャンル

日々の出来事
ハンドメイド

ライフログ


私のお針箱―しあわせな針仕事のパートナー キルト作家27人のお針道具集


Immortal Wishes: Labor and Transcendence on a Japanese Sacred Mountain


Downton Abbey [DVD] [Import]


A Little Princess


The World of Downton Abbey


藤田嗣治手しごとの家 (集英社新書ヴィジュアル版)


HOBBIT: UNEXPECTED JOURNEY / BATTLE


The Paradise [DVD] [Import]


Mr. Selfridge


藤田嗣治画文集 「猫の本」


X-ファイル セブン DVD-BOX


X-ファイル:真実を求めて(ディレクターズ・カット) [DVD]


X-ファイル ザ・ムービー (劇場版) スペシャル・エディション [DVD]


切り裂きジャック 127年目の真実


VINTAGE HOME 2 ビンテージハウスで楽しむスタイルのある暮らし2


The Enchanted Places (Bello)


Mr. Holmes [DVD] [Region 2] (English audio) by Ian McKellen


邸宅美術館の誘惑


西洋絵画の巨匠 ファン・エイク


縄文美術館


ちりめんの押絵とつり雛とてまり (弓岡勝美の手芸図鑑)


むかしぎれ手芸


Glee: Complete Fourth Season [Blu-ray] [Import]

ブログパーツ