<   2017年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

作ってもらいました




小指のシグネットリングはヴィクトリア時代のアンティーク。小さなローズカットのダイアモンドがついたゴールドとオニキス製
f0330978_15010188.jpg

外国で素敵なデザインのアクセサリーを見つけても、それを手持ちの材料で作ってもらう事は簡単ではありません。。。が、そこで諦めては欲しいものは永久に手に入りませんから、何とか頑張ってみる事が多い私です(笑)。

f0330978_15010837.jpg


どうしても作り替えたいものがあって、以前スターサファイアのリングを頼んだ中国の人に打診しましたが出来ないというので、今回は地元の職人さんに頼んでみました。作りたかったのはオニキスの台にアンティークアクセサリーのパーツを差し込んだ指輪です。パーツはシードパールがついた9Kのクローバーと、銀と水晶で出来たアザミのものです。いつもの時計屋のおじさんが、シルバーアクセサリーショップを持っている若いお兄さんを紹介してくれたので、お兄さんの店で、どうやってシルバーの指輪の台にオニキスとアンティークのパーツを取り付けるのか、私が図を描いて3人で議論しました。わがままに異素材を組み合わせるのは「言うは易し行うは超(笑)難し」ですが、おじさんが良いアイデアを出してくれました。出来れば私が技術を学んで、自分でやりたかった事ですけど、今回はプロにまかせました。第一、オニキス(石)に、穴を開ける事がすでに私には無理(笑)だしー。でもリングが2つ無事に出来上がって、おじさんが「こんなことする人めったにいない」「かっこいいねー」と言ってくれましたので、結果に十分満足しています(笑)。自分で全てやったわけではありませんが、物作りは面白い。

f0330978_15011446.jpg

わがままが「形」になったリング

f0330978_12344066.jpg

スコットランドの国花でもある「アザミ」は古くからさまざまなアクセサリーのモチーフに使われています。花言葉は「独立・高潔・人嫌い」で、荒野に咲く「孤高の存在」。トゲがあるしね、雑草系で人間嫌いの私にぴったりです(笑)



[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-10-31 13:07 | Antique Jewelry | Trackback

雪でも降りそうな




f0330978_11131254.jpg


f0330978_11132796.jpg

f0330978_11133389.jpg


雨の月曜日。しかも寒い。北海道では雪が降るらしい。そろそろ球根の植え時かなー。窓際ではまだバラとダリアががんぱっています。ジュリアももう何度も咲きました。5番か6番花です。


f0330978_11132057.jpg
f0330978_11134000.jpg

[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-10-30 11:17 | Flower | Trackback

片付けながら




左肩に掛かっているのはマフラーではありません。ハンドウォーマーです

f0330978_14395675.jpg


今週末子供達がなぜか帰省するので、部屋の片づけと不用品の整理をしています。布地をかなり処分することになりましたが、ごみ袋にいれてから「あらー、これクッションカバーに作り替えればいいかも」と、取り出して縫い物をする始末(笑)。捨てるには勿体無いので、さっさと作り替えてしまえばぎりぎりで救い出すことが出来ます。人生後半中の今「とりあえず取って置く」。。。は極力無しにしていて、「捨て力」がかなりついてきています(笑)。カバーなどは作ったからと言って物が増える訳では無く、見た目が綺麗になりますから許容範囲内。何かしら日々手仕事をすることを目指してはいますが、毎日暇なわけではありませんからよほどの事がないとやる気になりません。素材に「力」があれば作る気になるわけです。

f0330978_14400329.jpg

今回のリメイクは、何かに作り替えようと思ってずるずる、ただ持っているだけだった古いセーター。とても好きです。とうとう処分するかを判断する時が来て、簡単なニットキャップとハンドウォーマーを作りました。やっぱり好きなんですねー、この素材と色(笑)。ハンドウォーマーは親指をつけるのが面倒なので、ただ手を入れるだけのものですが、親指分ニット地を少し残してあるので、気が向けばつけるかもしれません。手袋を履くほどは寒くないけど指が冷たい時があるので欲しいと思い、外国で素敵な手編みのものを見つけましたが、「いやいや、自分で作ろう。材料あるし」。。。と思いとどまりました。何年も計画だけだったものです。キャップの裏にはこれまた廃棄を免れたニット地を使っています。キャップの縁を折り曲げると雰囲気がかわります。

f0330978_14394945.jpg


f0330978_14395675.jpg














[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-10-24 12:29 | Sewing・Knitting | Trackback

土曜の夜は





f0330978_12470895.jpg


あら、何かメロドラマのようなブログタイトル(笑)。一週間のうちで、一番好きな時間です。テレビを見ながら目の前にあるジュエリーボックスの引き出しを開け、いまいちびみょーなものをリメイクしました。シルクコードに津軽塗の玉が通ったチョーカーを、いつもの古着屋さんで以前手に入れていたのですが、残念ながら美しいネックラインを持たない私にはこのスタイルは絶対無理(笑)。何とかリメイクしないといけません。手を伸ばせばそこにある(ちょー便利・笑)整理したビーズ箱からメタルビーズや丸ビーズ、シルバーのチェーンを出して、にわか「アクセサリー工房」です。これでもあれこれ配置を考えてチェーンに通しては鏡でチェックし、最終的にこの形になりました。あら、なんといいましょうか、モダニズム?アートっぽい「作品」になりました。津軽塗りですから民芸調で、洋服を選ぶかと思いきや「力が抜け過ぎて崩れた」(笑)私のスタイルにぴったりです。

f0330978_12463976.jpg

                 制作の材料は一杯あります


一緒に重ね付けしようと思っているのはMade in Chinaのアンティーク(17-18c頃?)。自由度100%のペンダント。ヒスイ(と思っているだけ)の何とも不思議な船のようなものに、猿が乗っています。一体なんの意味があるんでしょうか?「運」や「幸せ」だといいなー(笑)。。。で調べてみました。中国で猿は「賢さ」「権力」のシンボルで、多くの人が子供をこの年に生まれるようにするそうです(笑)。船との関係でいうなら「安全な航行」も意味していて、船をつなぎとめる「舫」用の杭に猿の像が置かれている地方もあるらしい。。。ということで、勝手に「強運・賢さ・人生の安全」を表していると解釈しておきます(笑)「船」の底の部分には「足銀」と刻印されていて、これは純度99%の銀(一応純銀)を意味しているそうですが、刻印があってもあやしいという専門家もいます(笑)。ちなみに中国では金は純金しか認められていなく(本当かいな?)最低が22Kだそうです。これが純度99%の「足金」。

f0330978_13511059.jpg


「22金」と言えば今年の春の旅行。子供たちに会うのが目的ですが、もうひとつ不要になった金銀財宝(笑)を売る事もミッションでした。個室に通されて「査定」してもらいましたけど、ちょっとドキドキしますよ。持って行ったガラクタのようなアクセサリー類のなかに、20代の頃に東南アジアを旅行したとき、シンガポールで買った指輪2つとブレスレットがありました。当時ギラギラ金色だらけの店内で「これは22Kだ」と言われて買いました。日本でアクセサリーと言えば普通18K。中途半端な22Kなんて聞いた事が無く半分信用していませんでしたから、今回「あ、これメッキですねー」と言われてもそれほどショックではないと思って査定してもらったところ、「正真正銘22Kです」と言われて逆にびっくりしました(笑)。騙されていませんでしたねー。中国系のお店でしたから「中国では22Kからが金」という通説通りだったのでしょう。でもデザイン、全然好きじゃないので売り払ってきました。結局持って行ったもの全てを引き取ってもらえて、ミッション完了。癖になりそうです(笑)

f0330978_13510019.jpg




[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-10-22 18:46 | Antique Jewelry | Trackback

From Head to Toe




このドレスフォームの為にアンティークレースの襟を作ってプレゼント♪
f0330978_14073921.jpg


はるばるベルギーからフランス製の(ややこしい・笑)アンティークのドレスフォームがやってきました。正真正銘のアンティークです。ドレスフォーム好きの最終アイテム。もうこれを手に入れたからには他は要りませ~ん(笑)。待てば海路の日和あり。その通りです。1928年の新聞(雑誌)がボディ一面に貼ってあります。状態は。。。年代なりです。ぼろぼろ。。。とまでは言いませんが、「捨てられても文句は言えないでしょ」(笑)のレベルです。

f0330978_14073295.jpg

まず木製部分を全て黒に塗りました。ボディですが、今貼ってある新聞か雑誌広告を生かしたいのですが、ところどころ剥げたり触ると当時の紙ですからホロホロ崩れて来てしまいます。ま、これは想定範囲内で、到着したら紙の保護も兼ねて艶出しニスで光沢のある仕上げにしたいと思っていましたので問題無し。一部は染みがありましたので、100 yen shopまで行ってアンティークの新聞をプリントしたものを買って来ました。それに色を塗り構図を考えて染み・破れの箇所を補修。その後いよいよ艶出しニスの出番。だんだん脳内の「夢のアンティークドレスフォーム」に近づきます。

f0330978_14070456.jpg
f0330978_14074704.jpg

夜遅く、フリンジやラインストーン、ブレードで飾り完成。文字通り「頭からつま先(脚)」までのフル改造。生まれ変わって、時間と空間を超えて今私の部屋にあります。

f0330978_14072307.jpg



[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-10-20 11:29 | Antiques | Trackback

「溶岩」です




地味に美しいカメオが出来ました

f0330978_15493611.jpg



カメオの歴史はエジプト時代までさかのぼります。中世には今と違って女性だけでなく男性もカメオリングなどを身に着けましたが、今私たちが思い浮かべるタイプのカメオの大流行は19世紀、つまりヴィクトリア時代以降のようです。

f0330978_22110605.jpg


歴史上さまざまな素材・モチーフのカメオが作られましたが、アンティークジュエリーのジャンルにGrand Tourの記念品、つまり旅のお土産として買われた「Lava Cameo」と呼ばれるものがあります。Lava つまり溶岩ですね。ヴィクトリア時代お金持ちの坊ちゃんやお嬢さんが見聞を広める意味でヨーロッパを旅行し、イタリアのポンペイを訪れた記念にベスビオ火山から流れ出た溶岩(lava)に彫ったカメオをお土産に買った。。。というわけです。ブレスレット、カメオ、ネックレス、Lava Cameoのコレクションを額装したものなどを目にします。色はとても魅力的なアースカラー。白、ベージュ、淡いブルー、グレー、茶など。地味ですが、コアなファンを持っています。

f0330978_22103351.jpg
f0330978_22102582.jpg

さて、もう二度と自分でカメオのセッティングはしない。。。ときっぱり決めたはずだったのに(笑)決意がグラグラで、そのlavaカメオのセッティングしていないものに出会ってしまいました。しかも、良く見かける「人物」ではなく「花」で、色も3D具合もとても素敵です。残念なのは、向かって左側の花の茎が破損して無くなっていた事と、右側の花びらと葉の裏がほんの少しだけ欠けていた事ですが、わたくし気にしませんから(笑)。修復の自信だけは山のようにあります。売主は、「もしパーフェクトなら売るつもりはなかった」って言ってました。さて、これを手に入れるということは、これを乗せる土台の「フレーム」が必要ということです。はい、わかってますよ。それを探すのはたいへんだということも。でも不思議な事に、アンティークのWhitby Jetのものがあっさり見つかり、最重要のサイズをしっかり計り手に入れました(画像のみでです)。サイズが合わなければ手に入れる意味がありません。もともとそれにはお約束のシェルカメオの横顔ものが付いていましたが、それを外しました。外れなければ削るしかありませんが、今回は成功しました。

f0330978_22101783.jpg


Jetの土台にLava Cameoを貼り付け、欠損していた部分をパテで修復しました。向かって左側の花の茎と向かって右上の花びらのほんの少しの欠けです。色合わせがなかなかでしたけど、あまり違和感なく出来ました。これを着けて来月旅行に行きますが、こんな小さなことでも人生明るくなるので(笑)、自分だけの楽しみを持つことは大切です。

f0330978_00395882.jpg
f0330978_15494354.jpg




[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-10-17 23:11 | Antique Jewelry | Trackback

非実用的




ただレースにギャザーを寄せて細いレースをジグザグで縫い付けただけで完成~♪お手軽です

f0330978_12573006.jpg


ネットの画像検索で「Black Chantilly Lace」を探すと、眩暈しそうなほど美しくデリケートなレースを沢山見る事が出来ます。ヴィクトリア時代、あるいは南北戦争時代に流行した喪装用でしょうか。白地のドレスに重ねるとその美しさが際立ちますね。でも、ヒールで踏んづけたりしたら修復不能なほど破けそうですけど(笑)

f0330978_12571529.jpg


昨日の日曜日、貼ったり塗ったりの別の手仕事がひと段落したので、ペイント・糊が乾くまでの間、黒のレースだけを入れているケースからレースを探しました。これ多分シャンティリーですね。襟を作る分はありそうなので、いつものように「あるものだけ」で作ってみました。手に入れてからも10年ぐらい経っていそうですから、もうかなり使わずに放っておかれていたものです。アンティークですから完璧ではないものの、破れもほんの少し。それでもレースモチーフをとじつける時、少しでも力をいれて糸を引くと微かに手に感じるピリピリ感。。。おーっと、危ない危ない(笑)。でもさすがシャンティリー。光に透かしてみると本当に美しい。実用的ではありませんが、形になって良かった。襟として使おうと思えば使えない事もないですけど、飾って楽しむ事にします。

f0330978_12565319.jpg
f0330978_12564660.jpg
f0330978_13014394.jpg

f0330978_12573725.jpg
f0330978_12571529.jpg
以前に作った「頭痛のするハンガーのリメイク品」(笑)は本当にディスプレイにはぴったりで頼もしい。特にアンティークものはこのハンガーに掛けると絵になります









[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-10-16 13:25 | Antique Lace | Trackback

ガラスジャー



f0330978_15212722.jpg


以前慣れない掃除をしてくれた夫が大型のアンティークジャーを壊してしまったので、クリスマスオーナメントを入れるものが無くなってしまいました。オーナメント入れは何が何でもガラスジャーでないといけませんし、しかも沢山入れるので大型のものが必要。買えば高いし、簡単には手に入らないし。。。で、自分で作っちゃえーとなりました。まず、Nitoriで大きな筒状の花瓶をげっと。あとは蓋ですよ。これがそう簡単にはいきません。そこでこんなこともあろうかと以前100 yen shopで手に入れていたガラスの金魚鉢風の入れ物にガラスのボールをつまみにして強力接着しました。ただ、花瓶も蓋もどちらも円の直径が一緒。これでは蓋の役目をしません。そこでまた考えた。裁縫部屋にミシン糸と一緒に木製の刺繍枠が入っていたことを思い出しました。娘が小学校の家庭科で使っていたものかもしれません。それを嵌めると直径がぴったり一致して、しかも微妙に「縁」が出来る。ある意味、すごい偶然(笑)。これを金色を塗って容器の口に接着し、上からの蓋を受け止められるようにしました。

f0330978_15280673.jpg

あるもの利用で、ちゃんとヴィンテージオーナメントをまた収納出来ました。でも本当は、前のものが壊れなければ一番良かったんですけど、夫反省しているので、ま、いいです(笑)。あとで分かりましたが、Nitoriで米櫃としてガラスの蓋つき大型容器が売っていました。私の用途にはほんの少し小さいので、今のところ手作りのこれで大丈夫です。

f0330978_15213948.jpg

f0330978_15060443.jpg

              小さく見えますが50cmはあります


f0330978_15055688.jpg



[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-10-12 03:15 | Christmas Tree | Trackback

「藍染前掛け三部作」完成




本様専用

f0330978_12511741.jpg

昨日の日曜日、久しぶりに図書館に行ってきました。簡単な折り畳み買い物袋(粗品・笑)が普段使いのバッグに入っているので、借りた本をそれに入れて持って帰りましたが素敵じゃなく、もう我慢の限界。「間に合わせの袋」では本にも失礼だし(笑)。火曜まで3連休なので、帰ってから藍染前掛け三枚のうち残った一枚で「図書館から借りた本を入れるバッグ」(長いな・笑)を作りました。ずっと専用のものが無く、洋服を買ったときに入れてくれる袋(要らない)などを使っていましたが、これですっきりしました。

f0330978_12513201.jpg

3部作(買い物袋ポーチ・本入れ)に使った3枚の前掛けの文字は全て違っていて、今回のは「凾館 勝木合名會社」。そして「果實・甘藷・蔬菜・バナゝ問屋」。一番のポイントは「バナゝ」の文字でしょうか(笑)。かなり嬉しいです。未使用のデッドストック品のようですが、戦前のものだと思います。私が小さい頃バナゝは結構ごちそうで、一年に何回も食べられるものでは無く、桜祭りで買ってもらえるものだったと記憶しています。バナナ売りがいた頃ですねー。なつかしい。多くの子供達が、一本では無く「グローブの形の房を一人で思う存分食べるのが夢」と思っていた頃です(大笑)

f0330978_12512520.jpg

 持ち手は古い茶の革コート利用。裏地は茶色

f0330978_12513910.jpg
本の為のものですから、本に合わせて縦長。本と言えばカズオ・イシグロ氏(好みです)のノーベル文学賞素晴らしい!イギリスのブッカー賞等受賞しているのでそれほど驚く事もないかも。。。ですが、さすがにノーベル賞は世界が相手。ちょっと意外な結果に、世界中のファンはそうとう喜んでいるはず(笑)「取りそうな候補」には挙がっていなかったので、本人もびっくりだったらしい。いいな~(祝)





[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-10-09 13:18 | Sewing・Knitting | Trackback

まとめる作戦(笑)





黒を少し加えただけでも雰囲気が変わりますが「盛り過ぎ注意」(笑)です

f0330978_09581659.jpg
f0330978_15450816.jpg

f0330978_15303396.jpg


クッションを作りましたが、これはもともとアンティークのティーコゼーだったものです。下の部分が開いている形なので、クッションにするには無理がありますけど、ティーコゼーを使ってアフタヌーンティーとか楽しんでいる暇ありませんし(笑)、持っているだけでは意味ありませんので、素敵な色と素材を生かして無理やりクッションにしてみました。100年ほど前にこれを作った人はリボンにギャザーを寄せて飾りとして使っているのですが、アンティークのサテンリボンの常として、もう劣化が激しく、「溶けて」来ています。修復にも無理がありますから、手持ちのブレードを盛り上げて何とか補強し、隠す作戦です。使っていないミニクッションの綿(わた)やブレード各種をまとめて加え、生き返ってもらいました。これで手持ちの素材や材料が減った計算(ただまとまっただけ・笑)になります。ブレードの切れ端などは、ひたすら盛り上げるに限ります(笑)

f0330978_15301592.jpg
f0330978_15394549.jpg
f0330978_15302772.jpg
f0330978_10001522.jpg
黒を足したほうが素敵なので、これできまりです







[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-10-06 15:54 | Sewing・Knitting | Trackback


◆◇◆アンティーク素材の「救済」に日々奮闘中◆◇◆朽ちかけた布・レース・素材に新たな活躍の場と輝きを!


by jeweleyes1984

画像一覧

Link

カテゴリ

全体
Sewing・Knitting
Sewing Box
Antique Doll
Japanese Bisque Doll
Antique Jewelry
Christmas Tree
Antique Bear
Doll Dress
Antique Lace
Miniatures
Picture Frame
Flower
Jewelry Box
Room Renovation
Antiques
Glee
Miscellaneous

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月

最新の記事

良く頑張りました
at 2017-11-18 10:11
冬が近づくと
at 2017-11-17 11:28
すてきな脇役
at 2017-11-14 13:45
今咲いているのは
at 2017-11-11 12:34
仏像ガールで埴輪ガール(笑)
at 2017-11-06 17:15
秋の休日
at 2017-11-03 13:09
作ってもらいました
at 2017-10-31 13:07
雪でも降りそうな
at 2017-10-30 11:17
片付けながら
at 2017-10-24 12:29
土曜の夜は
at 2017-10-22 18:46
From Head to Toe
at 2017-10-20 11:29
「溶岩」です
at 2017-10-17 23:11
非実用的
at 2017-10-16 13:25
ガラスジャー
at 2017-10-12 03:15
「藍染前掛け三部作」完成
at 2017-10-09 13:18
まとめる作戦(笑)
at 2017-10-06 15:54
秋色
at 2017-10-02 16:18
素晴らしい
at 2017-09-29 13:27
すてきな出会い(笑)
at 2017-09-28 11:06
球根
at 2017-09-26 11:34

検索

タグ

画像一覧

ブログジャンル

日々の出来事
ハンドメイド

ライフログ


私のお針箱―しあわせな針仕事のパートナー キルト作家27人のお針道具集


Immortal Wishes: Labor and Transcendence on a Japanese Sacred Mountain


Downton Abbey [DVD] [Import]


A Little Princess


The World of Downton Abbey


藤田嗣治手しごとの家 (集英社新書ヴィジュアル版)


HOBBIT: UNEXPECTED JOURNEY / BATTLE


The Paradise [DVD] [Import]


Mr. Selfridge


藤田嗣治画文集 「猫の本」


X-ファイル セブン DVD-BOX


X-ファイル:真実を求めて(ディレクターズ・カット) [DVD]


X-ファイル ザ・ムービー (劇場版) スペシャル・エディション [DVD]


切り裂きジャック 127年目の真実


VINTAGE HOME 2 ビンテージハウスで楽しむスタイルのある暮らし2


The Enchanted Places (Bello)


Mr. Holmes [DVD] [Region 2] (English audio) by Ian McKellen


邸宅美術館の誘惑


西洋絵画の巨匠 ファン・エイク


縄文美術館


ちりめんの押絵とつり雛とてまり (弓岡勝美の手芸図鑑)


むかしぎれ手芸


Glee: Complete Fourth Season [Blu-ray] [Import]


運慶 - 時空を超えるかたち (別冊太陽)


磯江毅 写実考──Gustavo ISOE's Works 1974-2007

ブログパーツ