<   2017年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

今年最後の庭の花




f0330978_15324842.jpg
f0330978_15324032.jpg


雪の晴れ間を縫って、小庭のバラとクリスマスローズに簡単な雪囲いをしました。あとは鉢のバラを軽く剪定をしたので、切ったバラを活けました。今年最後のバラです。その他、雪に備えて、いくつかの鉢を軒下に避難させたので、これで大雪が来ても大丈夫。。。かなー?(笑)。毎年、豪雪地帯で鉢花を育てることの難しさを感じています。

f0330978_15332438.jpg

ダリアは室内に3鉢いれて、今こんな状態です。蕾もまだまだあって、ばっさり切る事がなかなかできません

f0330978_15325479.jpg

f0330978_15330121.jpg

f0330978_15330912.jpg
f0330978_15322533.jpg
f0330978_15320815.jpg

黄薔薇はたった一輪残りましたので、金魚におすそわけです(笑)。寒くなって来て、金魚鉢も温度差でこんなになってしまいます





[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-11-26 22:42 | Flower | Trackback

気に入らないものは




極小ダイヤのペンダントヘッドを指輪に。私の心のように傾いています
f0330978_15285289.jpg

f0330978_15290558.jpg


ひっかかりのある物は見るのもストレスなので、何が何でもリメイクします。病的ではないにしても、やや問題のある「拘り」でしょうか。でも私に限った事ではなく、世の中には色や形などに過剰な拘りのある人が一杯います。英語ではphobia(恐怖症・嫌悪)と言われていて、もうありとあらゆるphobiaがあります。ということは人の拘りを嗤ってる場合じゃなく、みんな「問題ありです」ということなんですけど、何でも病気(phobia)にしたい精神医学のほうが大問題じゃないでしょうか(笑)

さて、ずっと持っているハート型のペンダントヘッドがあり、これがまたチェーンに通してもおさまりが悪く、もうどうにもなりません(笑)。イライラします。ただ、処分するのは悔しいので、何とかこれを利用する方法は無いか。。。とあれこれ悩んで一番ハードルの高そうな指輪にすることにしました。当然、いつもの時計屋のおじさんのところに、デザインと一緒に持っていきました。金工をしている人に預けてくれましたが、「わたくしデザイン」は面倒らしく、一人目はあっさり断られ二人目からも2か月ほどで戻って来ました(笑)。私の頭の中では、「簡単」に出来るはずで、プロが何故やれないのかが分かりません(笑)。最悪、加工の過程で破損しても文句は言わない。。。とまで言っているのにねー。太っ腹です(笑)。そこで、おじさんを介して先日リングを作ってくれた銀細工のお兄さんに、デザインを伝えて作ってもらう事にしました。金がだめなら銀があるわよ。。。です。初め、銀のお兄さんも乗り気ではなかったみたいですが、彼も「出来ない」と言うのが嫌いみたいで、結果は、おじさんも大満足の素敵なものになりました。いえ、私が一番満足してるんですけどね。おじさんには「自分が仲介したものは必ず完成させる」という強い思い込みがあって、私ととても気が合います。


f0330978_15284560.jpg


本当は、ヴィンテージのこんな花のパーツをつけられればもっといいんですけど、金工素人の私でも、これは難しいだろうな。。。と分かります。ですから、ただ乗っけてみただけです(笑)。私に基本的な技術があったら絶対チャレンジしてますけどね。あともういくつか「自分デザイン」のものを作ってみたいので、不可能に近いプロジェクトにチャレンジしていこうと思います(笑)

f0330978_15283810.jpg

  これが出来ただけでも奇跡的。「不用品」が大満足の品になりました













[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-11-23 14:57 | Antique Jewelry | Trackback

昭和レトロガール




「棚ボタ素材」でボンネットが出来ました~♪

f0330978_12343060.jpg


雪の日の日曜日。こんな日は外へは出ずに「家の中で手仕事」が一番。運慶展で買ってもらった犬のレプリカに座布団を縫おうとしてごそごそ和布がありそうなところを探したら、オレンジ色の古いベビーボンネットが出てきました。dotted swiss cotton gauze と呼ばれる素材で、アンティーク、ヴィンテージのベビーアイテムで良くみかけます。普通白ですけど、濃い目のオレンジ色はとても珍しく、「あらー一体いつ手に入れたんだっけ??」と思いつつ、ふと人形のガラスケースに目をやれば、同じような色の着物を着た市松がいます。おお、これは使えるかも。。。と創作意欲が湧いてきました(笑)。お人形に被せたところ、サイズは合いますがそのままではどうにもおさまりが悪い形です。さっそく適当に縮めて(笑)、ブリム部分が立つような形に変えて目出度くこの子のものになりました。これまで髪に飾っていたリボン利用の花飾りをボンネットに付けてあげ、昭和レトロガールになりました。エプロンとか作ったらさらにいいのかもね。ドレスも絶対似合います。でも、素晴らしい刺繍の着物を着ているので隠れるのは嫌(笑)。

f0330978_12343716.jpg
f0330978_12342200.jpg

            人形液のおかげか80年経っても綺麗なまま


この子は「人形液」のシールが貼られていますから昭和8年頃ということになります。「人形液」大好き(笑)。これが塗られていると汚れにくいので、手入れが難しい市松人形でも長く良い状態を保つ事が出来るからです。今から3年ほど前に手に入れましたが、その時着物を脱がせて作者名を調べたはずです。結果「東光」だけどなぜか別の銘でも作っていて、それが入っていたように思います。着物は刺繍のあるとても上等なもので、オレンジ色が良く似合います。でも、今着物を脱がせて調べる気力はありませーん(笑)。

f0330978_12345875.jpg
f0330978_12350504.jpg

これが元々の予定だった座布団。4X4cmぐらい


f0330978_12345103.jpg
f0330978_12343716.jpg


犬とは「オレンジつながり」です





[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-11-20 14:14 | Antique Doll | Trackback

何時まで咲く気?(笑)




ハンドメイド花瓶に今年次から次と花を飾って来ましたが、とうとうダリアだけになりそう

f0330978_12003570.jpg


優れもののダリアマキシですが、もう11月というのにまだ蕾をつけています。花の勢いは当然無くなって来ているはずですが、いったいいつまで咲く気でしょうか?(笑)他の方のブログに「地植えしたものがどんどん咲いてその勢いに感心していたら、霜にあたってあっさりと終了」。。。みたいな記載がありました。


f0330978_12004841.jpg


当地は「霜」というより「ある朝突然雪」から冬が始まりますから(笑)、いまのところ鉢は外の南向きの軒下ですが、そろそろ室内に入れようと思っています。あるいは、いまわさわさ茂っている葉と蕾を「ばっさり切って冬越し」がいいんでしょうか?どんな花でも、育て方はネット上に一杯あるのですが、豪雪地帯での育て方がありませーん。一年草と考えれば、「来年また苗を買えばいいじゃない」となりますが、問題は、こんなに素敵な花色がまたここのホームセンターで見つかるとは限りませんし、ネットで買うにはいつも送料が悩ましい。今年は初めて育てたので実験の年で、いつまで咲くつもりなのか、観察しようと思っています。

f0330978_12001247.jpg
f0330978_12010002.jpg
f0330978_12002355.jpg
    とにかく花色・花姿が素敵過ぎて、バラに負けませんでした。素晴らしい花です





[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-11-19 09:44 | Flower | Trackback

良く頑張りました




残り物のヘリクリサムぺティオラレ・オレガノケントビューティー・紅葉ヒメウツギと

f0330978_21560942.jpg
f0330978_21561832.jpg


今週末は全国的に寒くなり、雪になりそうです。小庭の冬支度も着々と進んでいて、ヒヤシンス、チューリップ、ムスカリの球根は植え終わりました。ちょっと興味があるのは、去年初めて植えて球根が採れたチューリップが、2年目でも咲くものかどうかです。5個植えた物が10個以上に増えましたから、すごい「配当」です(笑)。素人が育てたものですから、植えてもショボい花になるのは目に見えていますけどね(笑)。いいんです。自分で育てて採った球根ですから可愛いさ格別。冬から春にかけての楽しみが増えました。

f0330978_21564048.jpg

今年も良く咲いてくれたジュリア。去年の夏にやむなく植え替えをしてしまったせいか、今年の春にシュートが出ませんでした。その為か今年の花数はそれほど多くはなかったけど、病気もなく、この寒冷地で11月まで次々と花を楽しませてくれた「優等生」でした。まだ蕾が数個ついていますが、もう雪が降ってくるので、あるだけを切って活けました。今年も沢山楽しませてくれて有難う。万一の為に作ったバックアップの苗も根付いたようです。

f0330978_21564929.jpg






[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-11-18 10:11 | Flower | Trackback

冬が近づくと




葉の色が濃いタイプのバラなので、濃い花色のほうが良く合います

f0330978_15495600.jpg
f0330978_16035451.jpg

今年育て始めたバラ、ホームアンドガーデンです。とりたててアピールポイントも無いようですけど(笑)、私には大切で特別なバラです。この時期はもう咲いている花も少なくなってきているので、教室の入り口で咲くこのピンクの色は人目を引くようで「きれいねー」とほめられます。バラは秋が深まると、咲く花色が濃くなりますが、このバラも春にはまだ幼木だったので、ちらほら咲いた花色はごく普通の薄いピンクでした。しかも、蕾のままで虫に食べられてしまったものがいくつか。が~ん。。。少ない花数だったのに何てことしてくれるんだー。バラにはそれぞれ個性があるので、いつも悩みながら育てていますが、何とか夏を越して秋色の濃い花が咲き始めました。濃淡まであって、この色、好きだな~♪ 春もこの色希望(笑)

f0330978_15493311.jpg

f0330978_15495020.jpg

2017年11月16日、弘前に初雪が降りました



[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-11-17 11:28 | Flower | Trackback

すてきな脇役





f0330978_22274481.jpg
f0330978_22272015.jpg


紅葉したヒメウツギが「花材」としてとても素敵だということが去年分かりました。そこで、一年を通して基本的に花は買わず「あるものでフラワーアレンジング」と決めているので、今年もバラやダリアを活けたものにプラスしてみました。やはり雰囲気がとても変わります。「締まる」といいますか、ピンク中心でぼんやりしていたものが、きりりとする感じ。今の時期、メインの花に添えるものはアイビーぐらいしかないので、これは助かります。銅葉の雰囲気を持った紅葉ヒメウツギは、秋のアレンジにとても役立ち、しかも小庭に勝手に生えているので、使い放題です(笑)

f0330978_22271496.jpg
f0330978_22270396.jpg
f0330978_22273661.jpg

f0330978_22265499.jpg
チョコレートコスモスのような色合いの金魚草ともよく合います



[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-11-14 13:45 | Flower | Trackback

今咲いているのは



        バラ、ダリアがまだ頑張っています

f0330978_15463198.jpg

f0330978_15462562.jpg

f0330978_15452003.jpg

f0330978_15451429.jpg































f0330978_15460627.jpg

何故か今頃白玉椿が咲き始めました。いつ咲くのが「正解」かわかりませんが、今年は蕾が沢山ついていて、楽しみです。去年は固い蕾のまま冬を越して、春に咲いたような気がします


f0330978_21225968.jpg

こちら、今も咲いていないフジです(笑)。数年前に一杯花が咲いて、その後「し~ん。。。。」。フジは全く相性悪いみたいで、お手上げ。でも、紅葉はきれいで、それなりに大事にしていますから、たったこれだけの鉢土でもう何年も生きています。生命力はすごい。

f0330978_06563277.jpg
f0330978_06564506.jpg

シクラメンの新人を手に入れてみました。「ゴブレット」という品種で、可愛らしい色と形です。処分品で3鉢で300円でした。同じ処分品仲間の(笑)ビクトリアのようにどんどん大株になってほしいなー。がんばろーっと

f0330978_06563883.jpg
f0330978_06562529.jpg




[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-11-11 12:34 | Flower | Trackback

仏像ガールで埴輪ガール(笑)




展覧会図録の域を超えた素晴らしい本。こんなにセンスの良い図録初めてです。ただ重さ1.4キロもあるぞ。。。

f0330978_14533503.jpg
言わずと知れた運慶作「毘沙門天像」。国宝です


昨日日曜日、わたくし東京にいました。しかも上野公園から一歩も出ませんでした(笑)。朝、新青森駅から新幹線で発ち、昼に上野に着き、帰りの5時50分までずーーーっと公園内です。たった5時間半ほどの東京滞在。人生で遠出の最短時間滞在記録です。目的はただ一つ(。。。でもなかったけど)、東京国立博物館で開催中の「運慶展」を見る為。決めてから2週間ほどは色々シミュレーションと調査。一番の気の重さは、「日曜に東京に行く」という最悪の選択をしないといけなかったことから来ていますが、これを逃したら一生これほどのものを見られるチャンスはありません。現在31体見つかっている運慶作品のうち、22体が日本各地からこの展覧会の為に集められ、運慶の父や息子達の作品と共に展示されます。展示作品37グループ中一点を除き、全て国宝・重文。「仕事のスケジュール上きつい」「混雑は嫌い」「青森から遠すぎる」などと言ってはいられなくなりました。行くと決めてからは、混雑状況を日々チェック。いられる時間内に目的を達成しないと、何のために行ったのかわからなくなってしまい、泣くに泣けません。若冲の時など、平日午前中で200分待ち(笑)だったそうで、悲惨です。「仏像だと地味だしー年齢層も上だしーちょっとはましかも」、と無理やり自分に言い聞かせてみる。

f0330978_14531040.jpg

運慶作と言われている重文「大日如来坐像」。海外オークションで危なく国外に出てしまうところでした


似た例です。先日生徒の友人が沖縄での安室奈美恵のコンサートに行くことにして、まずチケット当然取りました。ホテルも飛行機のチケットも取りました。ここまでで、青森からですからかなりの出費です。。。。が、そのコンサートの日は沖縄に台風が近づいていましたー。あら~。もしコンサートキャンセルになったらどんな事になるんでしょうか?でもその人にとってはどんな出費より、コンサート命。当たり前です。あ、コンサートは無事行われたそうです(笑)残念な結果にならず、良かったですねー

f0330978_14531965.jpg


             圧巻の国宝「無著・世親像」。見れば解るその魅力


さて、わたくし。上野についたら一分たりとも無駄にできません。YouTubeで、親切な人が「新幹線で上野についてから公園口まで」をビデオに撮ってアップしてあるものを見て「学習」。迷ってはいられませんから。大体5分。それから博物館までは徒歩10分。チケットを買って混雑具合を見て、先に敷地内にあるレストランで食事を済ませるかどうかをその場で決める。あわ良くば、4時まで入場可の上野動物園でパンダを見て、予定のすべてを終了出来るかもしれない。でも駄目ならパンダはパス(涙)。埴輪や火焔土器、シャコちゃんも見たいけど、今回は多分無理。。。で決定。失敗は絶対できません。

f0330978_14530223.jpg

可愛らしくて大人気のキュートな鬼。これには水晶の目の素晴らしいものが入っていました。普通の玉眼より格段に美しく、実際に間近で光を通して初めてわかります。息子の康弁作と分かっている龍燈鬼立像と一対。国宝


さて日本の新幹線、秒単位で遅れが出ないように運転士さんが頑張っているそうで、ぴーったり定刻通り上野着。すごいね。さっさと歩いて地下4Fの乗り場から地上へ。待ち合わせの息子と問題なく会い、さっさと博物館へ。待ち時間「40分」の表示でしたが、列を見たところ「はぁ?」という程度。「美味しい食事」をエサに息子を無理やり誘いましたけど、まず食事より運慶展優先。娘も誘いましたが、この日すでに友人と観劇の先約ありで駄目でした。


f0330978_14532608.jpg
         
        図録というよりアート本です。表紙がすでに洒落ています


感想です。確かに人は多いですが、国宝をこんなに近くで「生」で見ていいんでしょうか?っていうぐらい、太っ腹な展示でした。もちろんさわっちゃだめですけど(笑)、360度どの角度からも鑑賞出来ますし、人垣が空いたら前に行ってみる事が出来るので、人の頭越しに遠くから眺めるのとは全く違います。手を合わせている人もいました。各お寺で長い間人々の信仰の対象だったわけですから当然です。ある人がブログで「混雑必至のこの展覧会での秘訣。説明は読むな。読まなくても像を見ればわかるくらい学習してから行け(笑)」って。大変参考になりました。説明ほとんど読んでませんから。実際に直に見たときと、画像だけで見ていた時との印象の差は少しながらありました。想像から全くはずれていなかったのはやはりずっと見たかった「無著世親像」。実物は想像以上に素晴らしかった。最高傑作、納得です。大日如来像のうち、「例」のクリスティーズオークションで日本のビッダーが14億で落札したものが展示されていました。国宝の如来坐像は運慶が20代で作ったデビュー作。会場に入ってすぐのところにあり、もちろん素晴らしい。多くの人が「これが好き」と言っています。で、わたしは実物を見て「重要文化財」の「14臆」がいたく気に入ってしまいました。ポイントは、ちょっと暗めの部屋にこれをぽつん。。。と置いておきたい。それが理由です(笑)小ぶりながら、そしてはっきりと運慶作と認定されていないのでこの扱いでしょうけど、とにかく見飽きない。ずーーーと見ていたい。そんな素晴らしい作品です。涎ながしそうに私が見ていると、後ろで若い人が「これって宗教団体が落札したんだよね」。おお、良く学習していますね。仏像としてはオークションでの最高額だそうで、財団でもないかぎりこんな太っ腹に出せないでしょ。出来れば国立博物館に寄付してくれないかなー。

f0330978_14534290.jpg

   これは図録からの画像ですが、展覧会場のライティングの下では夢の様に美しい造形でした

その他、予想と違って「うゎー素敵!」だったもの。後世に塗りなおされて厚化粧(笑)のイメージがあった聖観音菩薩立像。源頼朝の供養の為に作られ、頼朝の等身大で中に遺髪と歯が納められているそうです。寺外での展示はこれが初。今回の展示では暗めの照明の下で、とても魅力的で素晴らしさが分かりました。私の目が先入観で曇っていましたね。私たちが今仏像を見るとき、何百年も経ったシャビ―な状態を「趣がある」とおもっていますが、もともとは金箔を全面に貼ったものだったり極彩色だったわけで、頭を切り替える必要があります。あんまり地味だと、当時の人には訴えなかったでしょうしね(笑)。「侘び寂び」よりインパクトでしょう。

f0330978_14563482.jpg

   鬼のもう一人は体に龍が巻き付いています。後ろに回るとお尻がほんとに可愛らしい

「これくれないかなー」と思ったもうひとつの像は国宝「天燈鬼立像・龍燈鬼立像」の一対。でも、どっちか一つといわれたら、天燈鬼立像(笑)。龍燈鬼立像のほうは運慶の子康弁の作とわかっているそうですが、まぁ可愛らしい。大人気なのが良く分かります。図録の画像よりも、展覧会のライティングでのほうがさらに素晴らしく、これもその場を去りがたい気持ちにさせる作品でした。ずーっと見ていたい。

たった5時間半の滞在で予定の事は全て出来たんでしょうか?出来たんですよー(笑)。運慶展を見てミュージアムグッズは図録(素晴らしい)と息子が湛慶作の子犬ちゃんのミニミニレプリカを買ってくれました。それから外に出て敷地内にあるテラスで食事。静かな雰囲気、爽やかな風と緑の木々、青空、鳥の声と共に美味しいピールとビーフシチューを食べました。周りの人達も、日曜日のおだやかなお昼時を過ごしていました。食べ終わって、再度入館し、運慶展を好きな物に的を絞って2回目トライ。落ち着いて見ることが出来たので、心に届くものが違うというか、新鮮でした。その後、1F考古展示室の「日本の考古特別展」へ。まず入り口の「盛装女子」の像にもうノックアウト。思わず声出てましたねー(笑)。何て美しく、何て可愛らしい。それから「腰かける巫女」や「あひるちゃん?」、家の形をしたもの、立派な銅鐸、しかも探すの大変で会えないかもー。。。と思っていた本県「出身」の遮光器土偶の「シャコちゃん」までそこにいて、幸せ過ぎ。展示室を出ると、ビデオのコーナーがあって、そこでは運慶工房作東大寺南大門「金剛力士像」の修復の様子を見る事が出来ました。これ、面白かったです。これまでは、次に生まれたら消防士かFBI捜査官と思っていましたが、それ止めて、「仏師」ですね。修復を専門にやりたいです(笑)。

2004年のNHK「プロジェクトX」第144回 「南大門仁王像 大修理 ~運慶に挑んだ30人~東大寺南大門 金剛力士像大修理 」を見れば、運慶(・快慶)の凄さと800年経って崩壊寸前だった像を修理した現代のプロたちの努力が良く分かります。ま、田口トモロヲさんのナレーションがちょっとドラマチックすぎますけどね(笑)。国立博物館で見たビデオは、これを編集したものでした。これからは「門から三歩入って像を見上げる」がキーワードです(笑)。奈良に行って改めて阿吽像を見たい、そして仏師という仕事はすごーく面白そうだ。。。と思わされる良い番組でした。

f0330978_14535009.jpg
photo:Tokyo National Museum

  可愛らし過ぎる埴輪ちゃんたち。考えれば、これも仏像の「前身」みたいなものですね

その後、まだ時間があったので、博物館から10分程のところにある上野動物園に。65歳以上は半額の(ありがとー東京)300円で、念願のリーリーに会えました。可愛いー。うろうろ歩き回っているだけでしたけど、シャンシャンもすぐそばにいたんですよね。感無量。シャンシャンの写真の前で、息子に記念写真撮ってもらいました。人間の母(わたくし)は大満足です(笑)

f0330978_16091041.jpg

「うろうろリーリー」。高氏さんの真似です(笑)。高氏さんの「毎日ぱんだ」のブログは「毎日」見てます。これは息子が撮ってくれました。この後、沢山の人が待っていてもこんなに近くまでは来てくれませんでしたのでラッキーな一枚。

汽車の時間が来て、息子と軽く夕食を駅で食べて、別れました。一人で見ても良かったけど、息子とのんびり食べたり話しも出来て「行った甲斐度」さらにアップ。おまけは、行きの新幹線で青森から外国人の家族が乗り、お父さんが私の隣に座りました。普通は隣の人と話したりはしませんが、外国では気さくに言葉をかけたりするので、ミニ国際交流を(笑)。イギリス人で、初めての日本で青森まで来たんですねー。九州・四国・東京とまわって最後に青森。よく来てくれました(笑)。温泉・日本食・紅葉、全て素晴らしかったそうです。。。って、そんな一般的な事だけでなく、北朝鮮のミサイル問題、難民問題、テロ問題、年金問題等々(笑)。。。彼らが大宮で降りるまでの間色々な話をしました。彼はもう退職して自分は「主夫」だって笑っていました。奥さんは精神科医なので、今は自分が料理・買い物等家事全般をやっているとのことでした。どうりで「素敵な人オーラ」出てました。大宮でホームに降りた家族に窓から手を振って「民間交流」を終えました。不思議な事もいくつかあって、「東京滞在5時間半」内にやりたかった事が全て収まるという、充実の「一日旅」でした。達成感あるなー。

f0330978_16090259.jpg

「すてき」を通り越して言葉がありません。こんなにすごい物集めてくれてありがとー(涙)。すでに30万人が見てます。。。で最終的には600,439人となりました

f0330978_15463974.jpg

高野山の明恵上人が愛したという湛慶作の木彫りの犬のレプリカ。ミュージアムショップで息子に記念に買ってもらいました。実物はかなりの大きさで、眼は玉眼。重文に指定されています。志賀直哉が「時々撫で擦りたいような気持のする彫刻」と記しているそうです。毎日眺められる台所の飾り棚の中に座っています。これから座布団を作ってあげるからねー








[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-11-06 17:15 | Miscellaneous | Trackback

秋の休日





f0330978_12414036.jpg


休日です。お天気も良く小庭(笑)の落ち葉を掃除して、久しぶりに鉢に水遣りをしました。土の乾き具合に神経質になっていた夏を考えると、とても楽になりました。水の与えすぎは駄目、乾燥し過ぎも駄目、あまやかしちゃ駄目。いったいどーすればいいのよ。。。の毎日でしたからね(笑)。秋は好き。いつまでも悩みだらけのわたくしのガーデニングライフです。

f0330978_12421233.jpg

およそバラの名前らしくない「ホームアンドガーデン」。もうちょっと何とかならなかったんでしょうかねー(笑)

f0330978_12414844.jpg


今年春に息子に買ってもらったバラがありますが、これがまた難しいバラでした。「ホームアンドガーデン」。えー?手間いらずの強健種?ほっといても困るほど咲く?。。。いえいえ。うちの子は、鉢に植えて一日でも水を忘れれるとぐーったり。こんなに毎日ザーザー水掛けて大丈夫?と思うほどの水好きでした。多分鉢土と鉢のサイズの関係だと思いますが、「性格」がわかるまでこれほ心配したバラはありません。地植えにするべきなんでしょうけど、条件悪すぎの拙宅では植えるところが無い。ま、「枯らしちゃ駄目」というプレッシャーがありますからね。同じプレゼントでもジュリアは次々良く咲いてくれます。

f0330978_12415622.jpg
お利口なジュリア
f0330978_12420536.jpg

何と、こぼれ種から一杯育ったクリスマスローズを植えた鉢から、春に植えていたヴィオラが芽を出し今頃咲きました。温暖な地域ではパンジーはこれかららしいですけど、ここでは無理です。右側のニンジンの葉のようなのはオルレア。こぼれ種で芽があちこちにいっぱい出ています。このニンジンの葉のまま冬を越して春に咲きます。冬をひかえての心配は、グレードの高い(笑)八重咲のクリスマスローズが2鉢あり、初めて育てるこれが咲くものかどうかと、3年目のシクラメンの2鉢がこれまた咲く事が出来るか?です。つまり、一年中気にかかる事があるということですね(笑)。

f0330978_12413136.jpg


[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-11-03 13:09 | Flower | Trackback


◆◇◆アンティーク素材の「救済」に日々奮闘中◆◇◆朽ちかけた布・レース・素材に新たな活躍の場と輝きを!


by jeweleyes1984

画像一覧

Link

カテゴリ

全体
Sewing・Knitting
Sewing Box
Antique Doll
Japanese Bisque Doll
Antique Jewelry
Christmas Tree
Antique Bear
Doll Dress
Antique Lace
Miniatures
Picture Frame
Flower
Jewelry Box
Room Renovation
Antiques
Glee
Miscellaneous

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月

最新の記事

無ければ作るぞ第二弾
at 2018-01-20 12:04
無ければ作る
at 2018-01-17 21:19
眼鏡事情
at 2018-01-15 14:40
展示替え(笑)
at 2018-01-13 10:25
三者三様
at 2018-01-11 15:51
懐かしいもの
at 2018-01-08 10:12
新年咲きまして
at 2018-01-05 11:22
2017年大晦日
at 2017-12-31 20:37
やっぱりこの生地だー
at 2017-12-28 11:12
Good Job!
at 2017-12-22 11:30
そして誰もいなくなった
at 2017-12-17 16:08
嬉しいこと
at 2017-12-12 14:47
こうなってます
at 2017-12-09 11:35
走っていませんけど(笑)
at 2017-12-06 12:50
今年最後の庭の花
at 2017-11-26 22:42
気に入らないものは
at 2017-11-23 14:57
昭和レトロガール
at 2017-11-20 14:14
何時まで咲く気?(笑)
at 2017-11-19 09:44
良く頑張りました
at 2017-11-18 10:11
冬が近づくと
at 2017-11-17 11:28

検索

タグ

画像一覧

ブログジャンル

日々の出来事
ハンドメイド

ライフログ


私のお針箱―しあわせな針仕事のパートナー キルト作家27人のお針道具集


Immortal Wishes: Labor and Transcendence on a Japanese Sacred Mountain


Downton Abbey [DVD] [Import]


A Little Princess


The World of Downton Abbey


藤田嗣治手しごとの家 (集英社新書ヴィジュアル版)


HOBBIT: UNEXPECTED JOURNEY / BATTLE


The Paradise [DVD] [Import]


Mr. Selfridge


藤田嗣治画文集 「猫の本」


X-ファイル セブン DVD-BOX


X-ファイル:真実を求めて(ディレクターズ・カット) [DVD]


X-ファイル ザ・ムービー (劇場版) スペシャル・エディション [DVD]


切り裂きジャック 127年目の真実


VINTAGE HOME 2 ビンテージハウスで楽しむスタイルのある暮らし2


The Enchanted Places (Bello)


Mr. Holmes [DVD] [Region 2] (English audio) by Ian McKellen


邸宅美術館の誘惑


西洋絵画の巨匠 ファン・エイク


縄文美術館


ちりめんの押絵とつり雛とてまり (弓岡勝美の手芸図鑑)


むかしぎれ手芸


Glee: Complete Fourth Season [Blu-ray] [Import]


運慶 - 時空を超えるかたち (別冊太陽)


磯江毅 写実考──Gustavo ISOE's Works 1974-2007

ブログパーツ