すっかり忘れてた





f0330978_13121355.jpg
f0330978_11321090.jpg
    葉も花も小型なので、普通のクレマチスのようにダイナミックではありません

今年春、ベルクレマチス2株を手に入れて大きな鉢に植え、外に出していました。悩みながら水遣りを続け、なんとかわさわさ茂るまでに育ちました。なぜこのベルクレマチスを育てたかったかと言うと、小さなガラス器にシンプルに活けたかったからです。中苗で蕾もついていないひ弱な状態だったので、ぽつぽつ花が咲き始めても切る勇気が無く。。。(笑)。切ったら最後、もう次の花芽が出て来ないんじゃないかと思うくらいびびってました(笑)。本来強い植物なのに。冬前はばっさり切らないといけないようですが、出来るのかこのわたしに?ははは。

f0330978_13122098.jpg


真夏は特に心配でしたが何とか乗り越え、気が付けば一杯咲いた花には種がどんどん出来ていました。「種から育てる」が園芸の醍醐味らしいのですが、面倒で、スミレで懲りていますから(成功していますが)もうやらな~い。。。と思っていました。ただ、これほどどんどん種が出来ると親株が枯れた時の為に、バックアップの子株を作っておかないと、とは思います。また種を植えるんですかね。。。気乗りしません(笑)。勉強してみたいと思います※。さて、「ベルクレマチスを活ける」ですけど、花が終わってしまう前にやってみました。楚々としていいですねー。念願叶いました。

f0330978_13120587.jpg

※....ネットで探して、NHKにも出ていた金子さんが育てた記録があり、種を植えて発芽までに1年もかかり、花が咲くまで1年半らしい。約3年仕事ということですね。同じベルタイプのものを育てていました。手間がかかるのでお値段高いのもしかたない(笑)。でも、せっかく種が一杯出来たので、今年試してみようと思います。






[PR]
# by jeweleyes1984 | 2017-09-09 11:35 | Flower | Trackback

アジサイミナズキと




f0330978_21140253.jpg
f0330978_21135607.jpg

なんて素敵な色合いなんでしょ。オルレアが加わると理想的ですが、もう枯れてるし(笑)。あと薄い紫系の花かな。これも終わってます


夏を越して咲いた花を切って活けているととても嬉しく、ぷち贅沢(笑)な気持ちになります。私だけの「小さな幸せ」。もともと限られた花種しかありませんが、バラと、ダリアと、アジサイミナズキを活けて見ました。ユーカリも一枝参加してます。ミナズキのライム色が、バラ・ダリアの色にとても良く合って、驚くほど綺麗です。ミナズキはこの色になるまで待った方が良いみたい。水揚げの悪さも花が開き切っているので関係なく、もうドライフラワーに近くなっている段階かもしれません。切らずにずーっと放っておいたものを活けたのは今回が初めてなので、来年の為に観察します。

f0330978_21133386.jpg
f0330978_21132531.jpg
f0330978_21131862.jpg




[PR]
# by jeweleyes1984 | 2017-09-08 10:51 | Flower | Trackback

目指せアンティーク





「アンティーク」と言っても良い程のくたびれぐあいに仕上がりました。廃材の木目も素敵(笑)

f0330978_14231659.jpg

f0330978_14225623.jpg

         もう少しで捨てられるところだったビーズも生き延びました


アンティークのものは一桁違ってお高く手が出なくても、ヴィンテージ程度なら私にも買えるデルフトタイル。この三枚はアンティークのリプロダクションだとおもいますが、手書きです。デルフトタイルはもともと16世紀頃、イタリアからベルギーに移り住み、さらにオランダに渡った職人たちによって作り始められました。どうりで絵の感じがイタリアっぽいですね。オランダでは主に暖炉のまわりや台所などに使われ、パターンも様々でとても魅力的です。アンティークのものは額装して飾る事もできます。そこで、タイル好きのわたしも(笑)。以前、3枚手に入れて、さてどうしたものか?と引き出しの中に入れてありました(危ない、危ない)。そして昨日突然ひらめきがやって来ました。発端は、部屋の片づけで出た50X30cmほどの板を、ふと見た時。家をリフォームした時に出た廃材です。これを使って、デルフトタイルを飾る額を作る事にしました。しかも、横ではなく、縦で。

f0330978_14224994.jpg

  一番下のタイルは「職人シリーズ」で、様々な職人が描かれました。このシリーズ好きです


木の棒なども、木工好きですので手元にあります。また、ずっと以前、アメリカのおじさんから木を細工した様々なパーツを一箱買っていて、木工作品に利用しています。これを手に入れたのは大正解。日本だと一個ずつ買わないといけませんし、まず見つかりません。大好きなfinialなどは使い道があり過ぎて、無くなりつつありますが、小さなパーツは今後死ぬまで木工作品を作らないと消化できないほどあります(大笑)。今回はいーっぱいつかいましたよ。ペイントして、貼り付けて。。。を黙々とこなした結果、アンティーク風になって非常に満足です。不要なビーズも使って、手持ちの材料減らしも出来ました。実はこのビーズ、手に入れたもののびみょ~で、廃棄寸前でしたけど、生きる場所もあるんですねー。このパターンで、もっと作りたいかも。。。

f0330978_14224328.jpg
壁面を見るたびに嬉しい




[PR]
# by jeweleyes1984 | 2017-09-06 14:45 | Picture Frame | Trackback

自分らしさ




f0330978_16345285.jpg


バッグの数も相当なものでは?。。。と思われそうですが、意外に数は少なく、気に入ったものを「使い倒す」性格。これは今使っているトートバッグ。革は「フルグレイン」というタイプで、しぼのあるもの。この革が一番好きです。厚手なのに柔らかく、ニュアンスがあり、じたばたするほど好き(笑)。。。と言いますか、好き加減をうまく表現する言葉が見つかりません。「ときめく」とか「すごーく好き」では軽すぎます。


f0330978_16351398.jpg

もともと革を通した派手なチェーンの持ち手がついていましたが、気に入らないので両手にペンチを持ち、力ずくで(笑)外しました。そして自分らしくなるように手持ちのグログランリボン・レース・花(母のレースの服についていたもの)・ラインストーンボタンで飾りを作りつけました。


f0330978_16344416.jpg



f0330978_16350266.jpg

これで良し。嬉しく持って歩くことが出来ます




[PR]
# by jeweleyes1984 | 2017-09-05 11:23 | Sewing・Knitting | Trackback

まさかのポーチ(笑)




ファスナーはこだわりの(笑)からし色。手持ちの中にありました

f0330978_16170272.jpg


マチの部分に電話番号と「青森」の文字を使いました

「ポーチは不要」と豪語する私が、まさかのポーチを作りました。その気にさせたのはヴィンテージの藍染め前掛け。まず一つショッピングバッグを作ってみたのが始まり。その結果のあまりに素敵さ加減に(あくまでもわたくし比・笑)あと二つ作る事を決意。一つはバッグの中でばらばらになっていた小物類を一つにまとめるポーチ。もう一つはこれからなのですが、図書館で借りた本をいれるための手提げ袋。がんばるぞー

f0330978_16165165.jpg


使ったのは、まさに私にぴったりの「青森」「国産林檎問屋」とお約束の電話番号が書いてあるもの。ファスナー、裏地付きで作りました。花柄のように甘くなく、辛口のちょっと変わった、私にぴったりのポーチが出来ました。

f0330978_16164381.jpg




[PR]
# by jeweleyes1984 | 2017-09-03 09:44 | Sewing・Knitting | Trackback


◆◇◆アンティーク素材の「救済」に日々奮闘中◆◇◆朽ちかけた布・レース・素材に新たな活躍の場と輝きを!


by jeweleyes1984

画像一覧

Link

カテゴリ

全体
Sewing・Knitting
Sewing Box
Antique Doll
Japanese Bisque Doll
Antique Jewelry
Christmas Tree
Antique Bear
Doll Dress
Antique Lace
Miniatures
Picture Frame
Flower
Jewelry Box
Room Renovation
Antiques
Glee
Miscellaneous

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月

最新の記事

From Head to Toe
at 2017-10-20 11:29
「溶岩」です
at 2017-10-17 23:11
非実用的
at 2017-10-16 13:25
ガラスジャー
at 2017-10-12 03:15
「藍染前掛け三部作」完成
at 2017-10-09 13:18
まとめる作戦(笑)
at 2017-10-06 15:54
秋色
at 2017-10-02 16:18
素晴らしい
at 2017-09-29 13:27
すてきな出会い(笑)
at 2017-09-28 11:06
球根
at 2017-09-26 11:34
野望潰える。。。
at 2017-09-24 10:56
怒涛の制作(笑)
at 2017-09-23 13:02
3連休で
at 2017-09-22 11:50
自由なスタイル
at 2017-09-20 11:33
リメイク Day
at 2017-09-18 16:06
白白白。。。
at 2017-09-18 10:28
秋一輪
at 2017-09-16 09:56
恐るべしインド製
at 2017-09-14 07:48
Please Remember
at 2017-09-12 10:41
日曜日
at 2017-09-11 10:40

検索

タグ

画像一覧

ブログジャンル

日々の出来事
ハンドメイド

ライフログ


私のお針箱―しあわせな針仕事のパートナー キルト作家27人のお針道具集


Immortal Wishes: Labor and Transcendence on a Japanese Sacred Mountain


Downton Abbey [DVD] [Import]


A Little Princess


The World of Downton Abbey


藤田嗣治手しごとの家 (集英社新書ヴィジュアル版)


HOBBIT: UNEXPECTED JOURNEY / BATTLE


The Paradise [DVD] [Import]


Mr. Selfridge


藤田嗣治画文集 「猫の本」


X-ファイル セブン DVD-BOX


X-ファイル:真実を求めて(ディレクターズ・カット) [DVD]


X-ファイル ザ・ムービー (劇場版) スペシャル・エディション [DVD]


切り裂きジャック 127年目の真実


VINTAGE HOME 2 ビンテージハウスで楽しむスタイルのある暮らし2


The Enchanted Places (Bello)


Mr. Holmes [DVD] [Region 2] (English audio) by Ian McKellen


邸宅美術館の誘惑


西洋絵画の巨匠 ファン・エイク


縄文美術館


ちりめんの押絵とつり雛とてまり (弓岡勝美の手芸図鑑)


むかしぎれ手芸


Glee: Complete Fourth Season [Blu-ray] [Import]


運慶 - 時空を超えるかたち (別冊太陽)


磯江毅 写実考──Gustavo ISOE's Works 1974-2007

ブログパーツ