タグ:アンティークドール ( 69 ) タグの人気記事

とてもお似合いです




このウィッグがトランクちゃんへ
f0330978_11334104.jpg

多くのお人形愛好者の悩みの種が「髪の毛」。髪はお人形の印象をとても左右しますが、アンティークドールのウィッグはほぼモヘアが抜けてしまい、まだらに残っているだけのことが多いものです。100年以上も経っている事と、お人形でありおもちゃですから、飾っておくだけの物では無かったからでしょう。トランクに入っていた初期のオープンマウスジュモーのものがそうでした。ちなみに、この子は上下にとても小さな歯があります。珍しいかな?お顔もとてもクラシカルで、大好きなんですが、そのほとんど残っていない髪の毛をなんとかしなくては(あれー?東国原さん?大笑)。。。で、ドール美容師(わたくしね・笑)がモヘアを「足して」みました(笑)。でも出来上がったものは、Circleちゃんに行き、Circleちゃんのがトランクちゃんに行きました。これ、よくあるA →B →C →。。。のお人形ウィッグの「彷徨」です(笑)ただし、オリジナルといわれているものがオリジナルとは限りませんし、オリジナルが似合うともかぎりません。ハイクラスなお人形なら「オールオリジナル」が絶対のお約束ですが、それすらだれも見ていたわけではありませんから、「不明」ということになります。私は似合うかどうかが一番気になりますから、「彷徨でもかまわんよー」派です(笑)

f0330978_11331842.jpg

f0330978_11325787.jpg
私がスタイリングしたものです。今回これを被せたら表情まで違って見えたほど良く似合って、軽くショック(笑)


f0330978_11311513.jpg
f0330978_11315368.jpg
f0330978_11343436.jpg
f0330978_11321626.jpg

次にこれが、トランクジュモーちゃんの哀れだったウィッグにモヘアを足したもの。加えたナチュラルなモヘアのカール具合がもう「参りましたー」のレベルなので、全くスタイリングせずくしゃくしゃのままで行きます(あ、カットだけ少しさせて頂きましたー)あとは予備に、古いモヘアウィッグをスタイリングしたものを人形部屋にディスプレイしていますので、もう少しするとまたA →B→C。。。が始まるというわけです(笑)静かな夜、良い音楽を聴きながらするとたのしいですよ(笑)


f0330978_11341144.jpg
f0330978_11323874.jpg
今回必要な分を切って使ったのはこれです。これは一見モヘアのドールウィッグに見えますが、これがナチュラルなモヘアの「原毛」です。この自然なカール。すごいですねー。人形作家はこういうものを使います。わたし?これは地元のフリーマーケットでずっと前に手に入れた襟巻です(笑)。当然自分用では無く、人形の髪の補修用。素晴らしいんですけど、使い勝手悪く、しまっていたもの。人間、いつアイデアがひらめくかわかりませんね。今回はさくさく作業がすすみました。「構想」って、脳の中で温まっているものなんですね。「材料」も沢山ずっーと温まってますけど(笑)あふれる材料のなかから仕舞った場所を思い出し、見つけた自分が偉かった(笑)


f0330978_11313442.jpg





[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-06-20 12:21 | Antique Dolls | Trackback

ドール美容師




スタイリング中~♪

f0330978_14260654.jpg

お人形のウィッグにパーマをかけることは出来ませんが、ぼさぼさのウィッグをロッドで巻いて、スタイリングすることはあります。その為に、ずーっと以前ですが、なじみの美容師さんにロッドを大~小3サイズ頼み、ずっと使っています。輪ゴムも専用の小さなもの。櫛やブラシも、なぜか(笑)お人形用のとても小さくて可愛いものを持っているので便利です。一番細いロッドはわたしが個人的に「小鳥の骨」(笑)と呼んでいる3cmほどのもので、一体「爪楊枝」みたいなこれを人間にどのように使うものなのか、不思議です。ミニョネットのような小さなお人形のスタイリングに大活躍。

f0330978_14262749.jpg

自分の髪はカットやパーマをかけた時「大満足」ということはこれまでの人生であまりありません。多くの人もそうだと思います。如何に我儘な私でも「いかがでしょうか?」の質問に、なかなかはっきりと「気に入りません」とは言えないので、家に帰ってから自分で出来る範囲でカットし直したりする始末(笑)。私が料金払うのに、何を遠慮してるんだー。。。ですけどね。まぁ人生そんなものですよ(笑)。ですから、自分のお人形の髪を好きにスタイリングすることで「気持ちすっきり」しているのかもしれません。気に入らなければいくらでもやリ直せばいいんですから。楽しいです。
f0330978_14264647.jpg

やってみたい仕事のひとつ「美容師」を、文句を言わないお人形で体験しています(笑)

f0330978_22115583.jpg
f0330978_22110447.jpg
f0330978_22112612.jpg
        私:「いかがでしょうか?」 Circleちゃん:「。。。」(笑)


[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-06-09 09:17 | Antique Dolls | Trackback

目標10着




8年前別タイプを手に入れる予定でしたがこの子が来ました(笑)
f0330978_22051378.jpg


この黒のドレスを発掘しましたので、この子は5着ドレスを持っていることになります。目標10着ですから、元気で縫えるうちにあと5着仕立ててあげたいと思っています。現在の素敵なプランは(笑)、作ったまましまってあるドレスをリメイクする手抜き作戦。手間が半分以下で、ワードローブが完成できそうです。他の子に作ったものがかえってこの子に似合う、という発見をしましたので手抜き出来そうで、何だかわくわくして来ました(笑)。10着のドレスが全部揃ったら、Circleちゃんと一緒にガラスケースにディスプレイですね(笑)。古希までに達成できるのか?この子はCircle Dot Bru(c1868年)と呼ばれるタイプのお人形です。赤ちゃんなんですけど、気難しそうで、わたしにぴったりです。

f0330978_16235268.jpg
f0330978_16243389.jpg
Bruのビスクハンドは、ひじから肩にかけて革製で、こんな短い袖だとその皮革部分が見えてしまうので、ニットで不思議なカバーを作りました(笑)日焼け防止の長手袋みたいね。

f0330978_21575435.jpg
f0330978_21590423.jpg
f0330978_21565953.jpg

丈も含めてまだ手直しが必要です。もう一段スカートを付けて丈を伸ばす予定です


f0330978_23392168.jpg
わたくし「茶目」が好物です

f0330978_10215342.jpg

ウィッグの前髪を少し下げたら「成長」して、もう赤ちゃんの面立ちではありません。ドレスは次のリメイク候補。ただ体にあてているだけです(笑)。スカート部分はいつ作ったのかレースが一杯ついていて(笑)もうほぼ出来上がっていますので(放っておいた)あともう少し。らくちんです。何だかこの子、私がこれまで気に入らなかった「中途半端ドレス」を完成させる力をくれる「不思議な子」なのかもしれません。ひょっとしたら今年中に10着完成するかもしれません。





[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-05-28 04:49 | Antique Dolls | Trackback

着替えたついでに




f0330978_16003984.jpg
f0330978_15464530.jpg

最後にドレスを作ってあげてから、キャビネットの中ずっと同じドレスだった子に、衣装ダンスの中でたまたま目についたサイズの合いそうなドレスを着せたら、あらら。。。とても似合います(笑)。そこで今まで着ていたドレスを脱がせたついでに、少しレースを足してイメージチェンジしてみました。でも、足すと今度はそれまで重ねていたレースが隠れてしまうというジレンマ。シンプルだったけど、割と好きだったのになー。。。土台は「大好物」の古い白のピケで作ったドレスです。その上に淡いクリーム色のレースを付けていましたが、今回ヴィンテージのアランソンレースを加えたら、それが見えなくなっちゃいましたー(笑)。色の組み合わせの名残りとしては、シルクリボン、アンティークのポンポン、アイボリーのネックレス、小さなアイボリーのエンジェルピンのクリーム色です。純白と、こんな淡いクリーム色の組み合わせがとても好きです。

f0330978_15502324.jpg
マストアイテムのペチコート。なぜかいつもドレスを作る度に新しく作ってるような。。。


白の綿のピケのドレスやコートドレスは、フレンチの子達のマストアイテム。綿ですが、シルクとはまた違ったきちんとした感じのドレスに仕上がります。何でこれがこんなに好きなのかわかりませんけど(笑)、多くのお人形好きが「好きだ」というドレス素材です。

f0330978_15541102.jpg
セーラーカラーのような襟は縫いとめているだけなので取り外すとプレーンな襟無しに


f0330978_15533511.jpg
f0330978_15550579.jpg
f0330978_15571394.jpg
そして、レースを加えたせいで(笑)大好きなピケの面積ががかなり減少してしまったのでした。これまたジレンマ。ペンダントヘッドとエンジェルピンは19世紀のアンティーク


f0330978_16112043.jpg
f0330978_20383577.jpg
愛すべきピケの名残り
f0330978_20413852.jpg
f0330978_10460111.jpg



[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-05-25 21:35 | Doll Dress | Trackback

いい調子です





        「棚からぼたもち」のアンティークレースでドレス出来た~♪
f0330978_13391506.jpg
f0330978_13382501.jpg
ヴィンテージのベルベットパンジーが大好物です


外国から荷物を受け取った時、再利用できるパッキング材料は保存しておきます。でもこれもある程度までで、時々整理が必要になります。先日使えるものを探していたら、そのパッキング材料の中から巻かれたレースが3つ出て来ました。「はぁ?」一瞬わけわからず(笑)。プレゼントだったものか?いくら「適当」なわたしでも、これはありえない状況です。「また材料増えちゃった」ですが、なかなか素敵なアンティークレースだったので、気を取り直して「材料減らし」をすることにしました。

f0330978_14122163.jpg


先日ミニョネットにハンカチで作ってあげた下着を見ていて、まあ下着だからいいんですけど、いまひとつ納得がいかず引っかかるわけです。見なければいいのにね(笑)。これだって一枚のヴィンテージハンカチのレース部分を惜しげもなく切って作ったので、決して「悪いお品」ではありませんのよ(笑)。そこで結局、「レースの上にレースのジレンマ」作業となりました。もう頭を切り替えて、「それが正しい」と考える事にしました。下になってしまうのがどんなに素敵なアンティークレースでも、ほんの少し透けて見えたり、数ミリ見えるだけでレースオンレースは魅力的なのだ(念仏)と思う事にしました。これでたぶん、今後アンティークレースがかなり消化出来そうです。

f0330978_14220457.jpg
f0330978_16201102.jpg

f0330978_13385258.jpg
     靴・帽子はこのガラスケース入れましたが蓋が閉まりません。困ったね(笑)

f0330978_16203517.jpg

f0330978_14072671.jpg
この調子でどんどんドレスふやしましょうね~♪がんばれわたし(笑)
f0330978_12071103.jpg
f0330978_12064861.jpg





[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-02-13 14:13 | Doll Dress | Trackback

これで完成かな?




f0330978_23012705.jpg

やり過ぎに注意しながら、ドールハットに花を「足したり」「引いたり」、余りもののビーズでお人形のブレスレットを作ったり、冬の夜長を遊んでいます。昔祖母や母が針仕事をしていたのと似ています。持っていても使い道がなかったものに出番が来る事もあるので面白い。洋服は水色とベージュのニットですから、帽子も同じ色合いのほうが合いそうです。人形部屋の棚に飾っていてすっかりわすれていましたが、この子は靴も必要だったことが分かり、気力を振り絞らないといけません。

f0330978_23010248.jpg
f0330978_13581014.jpg

そこらへんに落ちていた(笑)ヴィンテージのモアレリボンを後ろに付けました。本当はホ二トンレースの透ける美しさを楽しむべきですがギャザーを寄せた部分がなぜか気に食わず(笑)、悩みつつもその上にリボンを重ねました。せっかく良いレースを使っても、隠れる場合もあり、激しくジレンマ。でも不思議なことに結果の良し悪しは、出来上がったものをセットで着せてみてお人形の顔を見るだけでわかるので、大丈夫(笑)お人形が「えー。。。びみょー」とか、「いいかもー」と教えてくれます。。。。って、単に私が妄想で自問自答してるだけなんですけどね(大笑)

f0330978_15200918.jpg
前のブリムの立ち具合は良い

f0330978_15194991.jpg
ブリムまわりのギャザーが好みではありませんが、切らずにこれ以上は何とも出来ません

f0330978_23015084.jpg
   「嫌なものは見ない」ほうが良いので(笑)幅広リボンで覆い、花も足しました


[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-02-03 05:46 | Doll Dress | Trackback

靴とDVD




f0330978_16123107.jpg
f0330978_16134751.jpg
f0330978_16125348.jpg


全国的に寒い毎日です。雪も降ってるし、日曜日でもどこへも行く気分ではありません。今帽子から靴まで作らないといけない子がいますからどよ~ん。。。と重い気分です。でも、帽子・下着・靴下を作って着せてみたら別人のようになったので、俄然やる気が出て、次はほら、「靴作り」ですよ(笑)。これがなにしろ一番嫌いです。
f0330978_16141943.jpg

嫌いな作業の気を紛らわせる為に、「ホビット」「ロードオブザリング」をPCで見ながらタラタラとやる事にしました。あ、それにお正月に残ってしまったユリ根を使いきるために茶碗蒸しを蒸しながら。「接着して乾かしている間に映画を見る」「タイマーを掛けて蒸しながら映画を見る」を繰り返すわけです。茶碗蒸しも何個も作るので、入れ替えが大変。でも好きな映画なので、気を取られているうち嫌な作業が終わります。そういえば前の靴作りもXファイルとか見てやっていました。ミシンでの縫い物だとこれは無理なので、靴・帽子などの手縫い作業はこの方法がいい。しかし、何度みてもトーリン、キーリ、レゴラス、タウリエル、カッコ良すぎです。でも一番好きなのは何時でもマーティン・フリーマンのビルボ。二番がガンダルフで、サムも好き。あー良い映画だ。ファンタジー系は全く興味無いのに、これは見るたび泣いてるかも(笑)
f0330978_16120892.jpg
         極々細の糸で編んだ繊細な人間用のニットから靴下を作ります

f0330978_16132360.jpg
              わたくし的にちょー好きな色味です





[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-01-16 16:23 | Doll Dress | Trackback

新しく作らなくても




借り物ドレスです
f0330978_12344709.jpg


新しく作る気力が満ちていませんので、衣装持ちの子から借りて着せてみました。これは濃いグリーンのビロードの端布で簡単に作ったものですが、どちらの子にも本当に良く似合う不思議なドレスです。地味なのにね。冬休み中に、今度は「こってり系」を一着作ってあげる予定です。

f0330978_12350538.jpg
f0330978_12352469.jpg

やっと冬休みに入りました。今年は春から色々大変で、「あっという間の1年でしたー」。。。ではありませんでした。良くも悪くも「濃すぎる1年」。本当は、これと言って何も無いのが一番の幸せだと思っています。









[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-12-29 12:57 | Doll Dress | Trackback

下着とネックレス




       寒い毎日。暖かい部屋で手持ちの材料利用の小さな手作りが楽しい
f0330978_13222529.jpg

f0330978_13175145.jpg

小さい子の下着を作ってみました。どこからともなく出て来た(笑)アンティークの小さな下着がちょうどよさそうだったので手直しし、その下のペチコートは古いハンカチのレース部分を使って作りました。裁縫箱で探し物をしていたら、底に(笑)アンティークの小さなブローチを見つけたので、それをネックレスに作り変えました。

f0330978_13185709.jpg
f0330978_13203368.jpg
アンティークチェコビーズのブローチ。真ん中に穴が開いているタイプだったので、Seriaの新作の糸を巻いたビーズを一つ無理やり押し込んであります(大笑


この画像で「フランジネック」が良く分かります。つまり、首の部分がボディの中に入り込んでいるのではなく、中に通っている木のパーツを使ってボディに水平に「乗せている」だけなので、左右に回す事は出来ても首を傾けたりすることは出来ません。「フランジネック」はバイロベビーのように、首に溝を作ってそこに布ボディを縛って取り付けるタイプのヘッドの用語としても使われます。他にもうちにフランジネックの子がいたような気が。。。と思ったら、Baby Bo- Kayeもでした。






[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-12-15 13:56 | Doll Dress | Trackback

あなたはだ~れ?






f0330978_15312196.jpg

f0330978_15302876.jpg


一週間ほどの休みの最後はやはりお人形の手仕事でしょう。キャビネットサイズのジャーマンですが、ペールビスクでパリアンに近く、ステーショナリのペーパーウェイトアイで、クローズドマウス。。。って、片仮名だらけですねー(大笑)。雰囲気的には大型フレンチミニョネット。刻印が全くありません。何でも「きちんと」の(笑)ドイツにしては不思議です。ただ、Kestner 社も国名・モールドナンバーが打たれたのは1892年かららしいので、ドイツビスクの初期のものでしょうか。首は珍しいフランジタイプで、ヘッドと胴体が中心に穴の開いた丸い木片でつながっています。ボディはコンポジションで面白い繋ぎ方になっています。ゴムがもう劣化してたので、首が落ちる前に(笑)新しいものに換えました。その時首の穴から覗くと、ドームヘッドに小さな穴が二つあいているのが見えました。この穴にゴムを通してボディにつなげていたんですね。ドームヘッドのお人形を持つのは初めてなので(たぶん・笑)お勉強になりましたー。つやつやのウィッグがあまりに素晴らしいので接着面をはがさずに一部古いゴムのまま胴体とヘッドを工夫して繋ぎました。ゆるゆるボディがしゃっきりしましたー♪


f0330978_15330333.jpg

前の持ち主の話では彼女の祖先( Emigholz 家)が1850年代にドイツからアメリカに移住してきた時に連れて来た子で、それ以来代々大切にしてきたそうです。ドレスは劣化していたため、どこか別に仕舞っておき、代わりに下着、洋服、靴をアメリカの人に作ってもらったそうです。ところが、もともとのドレスは仕舞った場所が分からなくなったとのことで、着ていませんでした。ヴィンテージのお仕立てドレスが「残念」なレベルで(笑)この子本来のノーブルな雰囲気に合って無く、小公女セーラ状態。そこで、そのヴィンテージドレスを土台に(捨てられない。。。)アンティークレースを重ね、わたくしがこの子に合ったものを休みの最後に制作しました。一番大変だったのは、小さな靴。3cmほどのヒールのついたタイプを本革で作りました。タイツはブドウ色でちゃんと柄の入ったものを作ってみました。かわいい~♪

f0330978_15321488.jpg

さて、ヘッドマークがないので、一体この子は誰なのかわかりません。どこかでお目にかかったような優しく丁寧な描き方のお顔です。これまで何千となくアンティークドールを見て来ましたけど、初期のKestnerかKlingあたりでしょうか。S&Hとも違いますねー。ある日またどこかで「あーそっくり!」と嬉しくなる姉妹が見つかるかもしれません。今後の楽しみにしておきます。冬休みを利用してドレスがどんどん増える予定です。脳内にある「ドレスセット」や靴も色違いデザイン違いで何足か(出来るのか?)。もちろん帽子も。私には珍しく、密かに名前も付けていますし(大笑)

f0330978_15334868.jpg

f0330978_15315017.jpg
f0330978_15343743.jpg
             どこかで見た顔なんだけどな~。。。
f0330978_15332705.jpg



[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-12-08 15:54 | Antique Dolls | Trackback


◆◇◆アンティーク素材の「救済」に日々奮闘中◆◇◆朽ちかけた布・レース・素材に新たな活躍の場と輝きを!


by jeweleyes1984

画像一覧

Link

カテゴリ

全体
Sewing・Knitting
Sewing Box
Antique Dolls
Japanese Bisque Doll
Antique Jewelry
Christmas Tree
Antique Bears
Doll Dress
Antique Lace
Miniatures
Picture Frames
Flowers
Jewelry Box
Room Renovation
Antiques
Glee
Miscellaneous

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月

最新の記事

レースよりも
at 2017-06-28 12:01
赤は嫌い
at 2017-06-27 05:49
ここはどこ?(笑)
at 2017-06-25 19:28
らぶり~♪
at 2017-06-24 07:41
好きで嬉しい♪
at 2017-06-22 13:17
少しだけ
at 2017-06-22 08:39
とてもお似合いです
at 2017-06-20 12:21
オレンジ系アレンジ
at 2017-06-19 09:48
切り方を変えると
at 2017-06-17 12:29
昨日雨の日のお仕事
at 2017-06-16 11:43
ピンク系アレンジ
at 2017-06-14 20:31
順調に育っています
at 2017-06-13 12:28
クレマチスですけど
at 2017-06-12 12:04
何だかすごい
at 2017-06-11 16:43
ドール美容師
at 2017-06-09 09:17
やってきましたー
at 2017-06-08 08:13
7/10 は gros po..
at 2017-06-06 13:11
Debut
at 2017-06-05 11:38
ほら不安定
at 2017-06-04 17:35
7の帽子は出来た。。。
at 2017-06-02 11:14

検索

タグ

画像一覧

ブログジャンル

日々の出来事
ハンドメイド

ライフログ


私のお針箱―しあわせな針仕事のパートナー キルト作家27人のお針道具集


Immortal Wishes: Labor and Transcendence on a Japanese Sacred Mountain


Downton Abbey [DVD] [Import]


A Little Princess


The World of Downton Abbey


藤田嗣治手しごとの家 (集英社新書ヴィジュアル版)


HOBBIT: UNEXPECTED JOURNEY / BATTLE


The Paradise [DVD] [Import]


Mr. Selfridge


藤田嗣治画文集 「猫の本」


X-ファイル セブン DVD-BOX


X-ファイル:真実を求めて(ディレクターズ・カット) [DVD]


X-ファイル ザ・ムービー (劇場版) スペシャル・エディション [DVD]


切り裂きジャック 127年目の真実


VINTAGE HOME 2 ビンテージハウスで楽しむスタイルのある暮らし2


The Enchanted Places (Bello)


Mr. Holmes [DVD] [Region 2] (English audio) by Ian McKellen


邸宅美術館の誘惑


西洋絵画の巨匠 ファン・エイク


縄文美術館


ちりめんの押絵とつり雛とてまり (弓岡勝美の手芸図鑑)


むかしぎれ手芸


Glee: Complete Fourth Season [Blu-ray] [Import]

ブログパーツ