タグ:インテリア ( 57 ) タグの人気記事

これが理想だ





f0330978_12082866.jpg
f0330978_12085525.jpg

めったに本を買いません。図書館が自分の「書斎」だと思っているので、行くだけでわくわくし、安上がりです。書籍ビジネスからしたら迷惑な「客」ということになります。でも気に入ったページが1-2ページしかないのに2000円近くも払いたくありません。しかも、本は収納に場所を取りますから、多くの人にとっての断捨離アイテム(笑)
f0330978_12072980.jpg

図書館って、何の為にあるのかなーって不思議に思う事があります。作家からすれば大迷惑。沢山の人が書店で買わずに「回し読み」するわけですから(笑)収入減ですよね。ですから怒っている作家もいるという話をききます。「貧富の差なく知識を得られる場」とも定義されますし、図書館でしか手に出来ない高価な本もあるわけですから、私のようになるべく「買わずに読みたい」人には確かに便利です。また、買おうと思えば買えない事もないけど、買うほどではない(笑)本というのも確かに沢山あります。書評で興味を持って買ってみても、最後まで読まずに「捨てた」ものもありますから(誰の本かは秘密・笑)、「ずっと持っていたい本」を選ぶのは野菜を選ぶより難しい。しかも、不味くても返金してもらえない。ですから図書館で借りて良かった本を実際買って大切に読むか、本屋さんでじっくり立ち読み(笑)して納得したら買う方法をとり、時間の無駄になりそうなものはぱすします。ぶ厚い小説も、途中だらだらしてきたらもうだめです。最後まで一気に、息をつかせずに読者を引っ張って行ってもらわないと。頼みますよ。本の好みは皆違いますが、出費を厭わないほど「夢中になれる本」がよみたーい。
f0330978_12080115.jpg

さて、日曜日に図書館で借りて来た本があります。まず図書館で手にした時点で椅子に腰かけて読み始め「没頭」。最後まで行きそうでしたがもったいないので途中で止めて、借りて帰宅しました。こうでないといけません。でも、本当に久しぶりの感覚。いつも借りるときは限度の「6冊を2週間」なのですが、読み切る事などまずありません。期限が来てあわてて駅の返却ボックスに夜遅く投入する羽目になります。毎回、完読が一冊あればよいほう。拾い読みがせいぜい。なんという読者だ(笑)。
f0330978_12070292.jpg

本は「邸宅美術館の誘惑」朽木ゆり子著。いわゆる有名な巨大美術館ではなく、個人宅を美術館として開放しているものを紹介しています。美しい写真が多いのも私ごのみ。何より、家をこんな風にしたいという私の野望のお手本のひとつを見ているような気になります。多分一般公開していなくても、自宅がミニ美術館化している富裕層は沢山いると思いますが、その人たちのお友達でも無い限り、私たちが目にするチャンスはありません。盗品をこっそり一人で楽しんでいる人も絶対いるでしょうし(笑)。この本に一つ注文をつけるとしたら、説明に出て来る絵が写真であまり紹介されていないということです。多分著作権の問題と、ページに載せきれないからでしょう。でも大丈夫。インターネットでそれがどんな絵なのかすぐ調べられます。本当に便利で、逆に本に画像で紹介されていない絵を調べる事が楽しみになりますよ。他力ではなく、自力で調べましょう。本の題名の「誘惑」ですが、これは「行ってみたいという誘惑」に駆られるという意味でしょうが、私にとっては「自分の家もこうしたい」という意味での「誘惑」です。名画でなくても、好きなものを壁を飾り、毎日が「私設美術館」生活を送りたい。人形とドレス・小物等もガラスケースにディスプレイする予定ですけど(笑)。わたしの妄想美術館。開館はいつかなー(笑)。久しぶりに手元に置きたい本に出会いました。
f0330978_12063700.jpg



[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-12-05 12:20 | Miscellaneous | Trackback

「灯り」は難しい




          このLEDはまぶし過ぎる為レースで調節しています
f0330978_13173082.jpg

部屋に最適な電球の種類や明るさを、皆迷う事なく選べているものでしょうか?電球の選び方が最近とても難しくなったと感じています。特に、省エネと耐久性を誇るLED電球が登場してから。お店でまぶしい展示がしてありますが(笑)、一体自分の部屋に点したらどんな風になるのかさっぱりわかりません。これまではワット数と電球なら電球の色、蛍光灯なら蛍光灯の色で選んでいたものが、色味も明るさの単位も表示が様々で基準が分かりません。「~ワット相当」でかろうじて判断がつく程度。ちなみに、電球だと1帖あたり40ワットが目安らしい。ただし、部屋の内装やペンダントライトの下げる位置によっても実際の明るさが違ってくる。。。ほら、「びみょう」ってことですね。難しいんです。

f0330978_13133053.jpg
f0330978_13170503.jpg


先日ニトリに行って、ペンダントライト売り場を見ていました。使っている電球を親切に表示してあるのですが、実際自分のダイニングや部屋で点けた時、しかも夜に点けた時の明るさや感じは全くわかりませ~ん。そして、以前から気になっていた「フィラメント電球」なるものを見つけました。「Edison電球」とあり、なかなか風情があります。でも、どうみても、灯りとして役立ちそうにない明るさです。ろうそく一本よりまだ暗い(笑)。実用向きかを聞けばよかったのですが、箱の説明にはとても雰囲気のある灯り。。。のような説明があったので、それを信じて(=騙されて・笑)一つ買ってみました。家に帰って点けてみたところ、やはりろうそく一本より暗い(笑)。これって、雰囲気は確かにありますけど、灯りとしては全く役に立たないと思うんですけど。一体、だれがどんな目的で使うんでしょうか。私の裁縫部屋には二つペンダントライトがあるので、これは飾り。。。ということで決定です。フィラメントが切れたらもう二度と買いません(笑)。いくら暗めが好きと言っても、これは暗すぎです。Edisonさん、ごめんね。

f0330978_13135583.jpg
         電球選びの失敗バージョン Edisonフィラメント電球

今回の結果にがっかりしてネットでお勉強しました。今はフィラメント式のLED電球もあるんですねー。あるメーカーの説明に「ダサいLEDは終わりにしよう」とありました。全くその通り。よく言った。ずっとそう思っていましたから(笑)。でも、まだ問題が。これも買って実際点けてみないと分からないし(買った人で文句言ってる人あり)、結果良かったとして、今度はまだまだつかえる「ダサく」「高価」なLED電球が何個か手元に残ってしまうわけです。こうなると40000時間の長寿命も迷惑。もうひとつお勉強したこと。長持ちのLEDですが、寿命に近づくとだんだん暗くなるそうです。星の最後は「超新星爆発」で最後に煌めくんですけど、LEDは静かに燃え尽きるんですね。。。って、これも分かりにくいですよ。従来の電球の様に、一気に「切れる」ほうが分かり易くていいけど(笑)。あーあ、私の「理想の灯り」は一体いつ手に入るんでしょう。








[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-10-06 12:51 | Room Renovation | Trackback

ここに落ち着きました





f0330978_14364658.jpg


日当たりの良すぎる窓際から、ミニシクラメンは寒い階段の踊り場に移りました。ここが合っているんでしょうね、しゃっきりしてきましたよ。シクラメンの育て方に書いてあった通り、暖か過ぎるのはお気に召さないようです。窓際に置いておいたときは葉が少しずつ黄色のなりかけていましたが、これは、「ねえちょっとー、暑過ぎなんですけどー(怒)」とシクラメンが言っているらしいです(笑)。ここに移ってからは、なーんにも文句をいいません。母のところから救出した去年も、階下の寒めのところにほったらかし(笑)でしたので、これが正解。「いじけた」子が、立派に成長しました。「過保護は」、子供同様、いけません(笑)

f0330978_14354442.jpg

f0330978_14360848.jpg

1階から階段を上がってくると、これが眼に入ります。積極的に「ああー、今日も綺麗に咲いているね~♪」とは全然思いませんが(笑)、潜在意識下では脳は喜んでいるかもしれません。それとは逆に、部屋の掃除・片付けなど、気になっているのに手を付けずにいると、どんどん気持ちが「圧迫」されている可能性大。病的に綺麗好きな人でなくても、良い影響があるはずありません。眼からの情報は、私達の理解を超えるほど脳に大きな影響を与えていて、「夢」の不思議がそれを証明しています。経験してもいないのに、なぜこんなものを見るかなー?といつも驚かせられますが、いえいえ、見ているんです。奥に仕舞ってあっただけ。おお、「魔窟」の押入れか?(笑)さて、今年ももうすぐ終わりますから、「眼を喜ばせる」掃除をしないといけませんね。







[PR]
by jeweleyes1984 | 2015-12-20 15:10 | Flowers | Trackback

これが最後






f0330978_16524417.jpg













f0330978_16533072.jpg























玄関の窓際に3つの花瓶に分けて花を飾っていましたが、花の終わったものを処分してひとつにまとめました。自分用に市販の切り花は買いませんので、これが本当に今年最後まで残った花です。あとは、ずーーーっと待ち続けた白にピンクの斑入りの椿が、今年蕾を2つつけていますので、もうすぐ花が見られるかもしれません。この蕾、なかなか硬くて待てど暮らせど、花が咲きません。ネットでは、蕾のまま落ちてしまう。。。と相談していた人もいましたけど。雪ふっちゃうよー。ま、椿は雪でだめになるような花・葉ではありませんので安心ですけど、蕾はどうなるかなー。野望としては、大株でなく、中株に育てて、家の中で鑑賞。。。です。その為、渋い和の鉢に植えてあります。脳内では、凛とした「盆栽の風情の椿」が出来上がってしまっています(笑)。最初1輪だけついた幼苗を買ってその花を見たきり。それから苦節2年、やっと蕾が付きました。花ぷりーず!(笑)


f0330978_16530516.jpg





















f0330978_16535635.jpg






[PR]
by jeweleyes1984 | 2015-12-16 17:07 | Flowers | Trackback

あと2週間




f0330978_16165747.jpg


今年ももうすぐ終わりますが、息切れ中です(大笑)。家で仕事をするメリットは、時間がかなり自由になるということでしょうか。会社勤めであれば、通勤に時間がそうとう取られます。東京で仕事をしていた頃は、社宅(夫の)が横浜、私の会社は大手町。家を出て会社にたどり着くまでに、悪名高い京浜東北線で1.5時間はかかりました。着いた時はすでに疲れていましたねー。往復で3時間、文句も言わずに通いましたとも(笑)。今は自宅が仕事場なので、すっかり寛いでどんどん夜更かしはするし、子供達も巣立っていますから、気ままなものです。。。と言いたいところですが、やはり仕事を持っていると束縛感たっぷりです。特に年末は行事で気が重く、その後4月までは話し合いや事務処理がたっぷり待ち受けていて、どよ~ん。。。です(笑)。唯一楽しみなのが、気の合う人達との忘年会、恒例の春休み中の「京都~東京大ドライブ旅行」でしょうか。仕事を続ける為には、気持ちを奮い立たせないといけない年齢になったような気がしています。このごろは、長い先の事は思い煩わないようにして、ほんの先に小さな楽しみを見つけるようになりました。ですから日々の暮らしで、少し変化を付けて自分の眼を楽しませる工夫をします。誰でもなく、自分で自分を楽しませてあげるわけです。

f0330978_16163487.jpg

ミニシクラメンには、この日当たりの良い窓際の位置&部屋の暖房がどうも合わないようで、暖房の無い廊下のディスプレイセットと場所を入れ替えました。入れ替えてみると、どちらもなかなか目に嬉しい。手作りの「泥縄マット」と花の入った籠で、新しい景色。そして階段を上ると、いまそこにはシクラメンの鉢。小さな模様替えです。

f0330978_16171875.jpg

まだ雪も無く、今日は穏やかな冬の日。年々春が待ち遠しくなって来ています(笑)






[PR]
by jeweleyes1984 | 2015-12-14 17:04 | Flowers | Trackback

ありがとう







f0330978_17042217.jpg

Hiromiちゃんから今年もクリスマスリースをもらいました(お手製のアップルパイも!)。去年、もらった時あまりも嬉しかったので、そのリースをカードにしてプレゼントしたところ、逆にそれが嬉しかったそうです。今年は作る時期が早すぎて、花材がまだ手に入らないので、自宅の庭にあるものだけで作ったよー。。。とのこと。母のアパートに行く前に彼女の家に寄って受け取り、慌しく「今度うちでご飯食べようねー」とわかれました。母のところから帰り、わくわくで包みを開け、やはり好みだなーと納得。生のリースはやはり素敵です。しかもシンプルで、色合いが超つぼ。

f0330978_17040110.jpg


Hiromiちゃんは今秋、お母さんを亡くしました。私達は同じ中学だったので、PTA活動で母親同士も知り合いです。年齢も、私の母とほぼ同じ。父親がすでに亡くなっている事も一緒。Hiromiちゃんとは、沢山会って話すわけではないのですが、同じ英語の仕事をしていますし、生け花のプロでもあるので、私がアンティークドールの展覧会をしたときには、いつも会場のお花を生けてくれた、頼もしい友人です。今日クリスマスリースと共に、仕事でFinlandに行ったとき、お母さんと自分用にお揃いで手に入れたシルバーのペンダントの一つをもらいました。買う時、悩んだのか、3回もお店に行ったそうです。私が貰っていいのか?とも思いましたが、「私に」ということでしたので、ありがたく頂きました。ラブラドライトのペンダントです。お母さんの形見だと思って、大事にします。ラブラドライトの持つ意味も、「ねたみ・嫉妬・憎しみ・失望などのマイナスな感情を吸収し、平常心を保たせ、自分を素直に表現できるようにしてくれる」そうなので、「煩悩の塊」の私にはぴったりで、明るく楽しい人だったお母さんからのメッセージだと考えるようにします。


f0330978_17033812.jpg

私の母も、まだほとんどをベッドで過ごしていますが、シャワーを浴びたり、食事は車椅子で食堂で食べられるようにもなり、少し元気になりました。春になったら、フリーマーケットやドライブに連れて行こうと思っています。怪我をした当初はすっかりしょんぼりして、気力も無かったのですが、笑顔も出てきました。





[PR]
by jeweleyes1984 | 2015-12-07 17:28 | Miscellaneous | Trackback

花瓶の水




f0330978_17410221.jpg

ネットは本当に問題も多いですが、「知識の宝庫」でもあります。さまざまな分野の専門家が親切に説明してくれますので、学校の先生に習うより豊富な知識を独学で得ることが出来ますね。しかも、世界中から。もちろん、学校の存在意義はまた別のところにもあるのですが、「直接」または「本」でしか知識が得られなかった昔とは、大違いです。

さて、真冬を除いて、自分で育てた花だけでアレンジを楽しんでいます。今、固い蕾の「最後のバラ」が開くのを毎日楽しみに眺めているのですが、寒いので、キッチンのテーブルの上で観察しています。水換えはどのくらいの頻度でするものなのだろう?と思い、ネットで調べてみました。新鮮な水が良いに決まっていますから、毎日でいいそうです。しかも、花瓶の水の雑菌の繁殖を抑える意味では、塩素殺菌してある水道水はむしろ理想的。そして、切り口をたまに水切りしてあげる。ふーん。。。なるほど。ひとつ賢くなった(笑)。

追記。。。そういえば、「花瓶の水に洗剤を入れると花が長持ちする」と以前見たことがあったような気がして調べてみたところ、やはり「延命剤」の役割を果たすそうで、同じく漂白剤(どちらも一滴ですよー)でもいいそうです。でも、延命剤もこの方法も私には抵抗があるので(笑)、「毎日水換え」でいきます。

f0330978_01445482.jpg

冬の暖かい部屋で、蕾が固かったジュリアも開き始めました。この時期花は小さくなってしまいますが、やっぱり好きだな~。




[PR]
by jeweleyes1984 | 2015-12-01 00:48 | Flowers | Trackback

Downton Abbey 完結




      オープニング画像。バラとクリスタルと銀器。これがまたうつくしい~♪
f0330978_16485335.png

長らく見続けて来たDownton Abbeyも、シーズン6で終わりました。シーズン6は全てのエピソードを見終わり、あとは恒例の「クリスマススペシャル」を残すのみとなりました。まだ決着のつかない問題もありますから、たぶんクリスマススペシャルでハッピーエンドとなるのでは。。。と思っています。質の高いドラマでしたね。俳優は当然ですが、衣装、インテリアが全て一級品で、手抜きなし。これを見ていた最中も、他のドラマをいくつか同時進行で見ていましたが、飽きずに見たのは、これと、「Xfiles」「シャーロック」ぐらいでしょうか。あ、「偽装の夫婦」も唯一見ている日本のドラマで、お気に入りです。泣きながらみたりします(笑)。切ないですよねー。最後はどうなるんでしょうか。。。ハッピーエンドになってもらいたいのですが、「解決策」無くないですか?どう決着をつけるのか、作者の腕の見せ所です。がんばれ~♪がっかりー。。。ではなく、唸らせて下さいよ。


             涎が出そうなDrawing Room(客間)
f0330978_16492026.jpg

Downton Abbeyはちょっと最後急いだ感あり。。。ですが、なかなか良かったのではないでしょうか。おかしなもので、ずっとMatthew -Maryのファンだったので、Maryの再婚相手候補に関しては、いまいちの人ばかりでびみょーな気分でしたけど、Henry 、おっけーよ(大笑)。Matthewに負けず劣らず良い人ですよねー。好感もてます。一人息子を失ったMatthewのお母さんがずっと心配でしたけど、立派に立ち直りましたし、これで一安心。フェアで優しく、しかも芯の通っている彼女のキャラクターが一番好きだったかもしれません。自分と一番かけ離れたキャラクターなので。逆に、一番近いのがMaryかなー(笑)。利己的で、容赦ありません。ちなみに、メールでこのドラマについてやりとりする娘は、Thomasが好み。シーズン6は一気に見たので、事件や疑問の度ごとに、娘に報告してましたー。


           ピンクと淡いグリーンの鉄壁のコンビネーション
f0330978_16503197.jpg


f0330978_12335250.jpg











アッパークラスの方々




















f0330978_12332616.jpg













ワーキングクラスの方々



















f0330978_12551598.jpg
               幸せな時ーその1ー
f0330978_13130591.jpg
              幸せな時ーその2ー

f0330978_12492313.jpg
           幸せな時ーその3ーでしたねー(泣)



 *:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*:.。.*

f0330978_13003094.jpg

     そして。Life must go on。。。きっと笑顔になれる日が来る




[PR]
by jeweleyes1984 | 2015-11-26 13:07 | Room Renovation | Trackback

避寒




f0330978_13364592.jpg


そろそろ、天気予報に雪だるまのマークが出るようになりました。ただし、北海道ですけど。でも、もうすぐですよ~。当県は、そのすぐ「下」ですので(笑)。鉢上げする準備は万端。まず大事なチョコレートコスモスから始めました。こざっぱりと鉢植えにして、我が家で一番日当たりの良い、南向きの「物置部屋」(大笑)に置きました。そうなんです。「一番日当たりが良い部屋」が、現在は物置。「一番日当たりの悪い北向き」が人形部屋。これを取り替えようととは全く思いません。くら~い部屋が好きです。チョコレートコスモスは、蕾もいくつかまだついていますので、ぽかぽかの南向きの部屋で咲いてくれるのでは。。。と期待しています。家の中でも楽しみが増えました。

追記。。。先日ラジオででしたか、南向きの部屋が全て良いわけでもなく、財を成すには「北東」がよいのだそうで、私の「人形部屋」がにわかに財宝を呼ぶ部屋となってしまいました(笑)う~ん。。。集めるのに散財してますけど、お人形で気持ちは豊かになってますから、良しとしましょう。

f0330978_13371874.jpg

シクラメン(ミニシクラメン)も、わさわさ咲いておりますが、これも、外に出しておいて朝起きたら雪だった。。。となってはこまりますから、家の中で避寒。本当は外がいいんでしょうけど、冬はあっという間に来て、雪はあっという間に積もります。油断できません。

f0330978_13381037.jpg

シクラメンの後ろの飾り額?のようなものは、1960-70年頃のものでしょうか?ひょっとすると戦前かもしれません。木枠に、レースを張ったもので、オランダ風のレースのものをたまに見かけますので、オランダで作られたものかもしれません。これを手に入れた時、あまりの巨大さに失敗だったかも。。。と思いました(笑)。購入する前にサイズはきちんと測ったはずでしたが、脳内で計算違いがあったかもしれません。し・か・し。これが、衝立風に使うととても具合が良く、今では大活躍の一品となりました。




[PR]
by jeweleyes1984 | 2015-11-20 01:32 | Flowers | Trackback

負けてどうする?




                  私達勝ちました~♪
f0330978_13433279.jpg

いつも行くショッピングビルの中に、いくつか気に入りのお店があります。全国的に有名な、おしゃれインテリアグッズ&フレグランスを扱っているお店が1Fに、100 yen shopでも割とおしゃれなほう(笑)のお店が地階にあります。長く使っていた台所用洗剤のディスペンサーを換えたいと思い、先日1Fの方のお店で一つ買いました。本当はクレンザー用と2つ欲しかったのですが、もし使い勝手が悪ければ返品等面倒なので、まずは一つ使ってみることに。結果、これが全然だめでした。液体洗剤も、液体ソープも、同じようなものですから、「用途が間違っている」ということではありません。クレンザーなら出にくいのもちょっとわかるかも(笑)ですが、押しても引いても、スムーズに出てきませーん。バネが強すぎるというか、そもそも作りがなっていません。見た目を気にする私が選んだのですから、デザインは結構洒落ていましたけど。以前デザイン第一、機能第二と言ったばかりですが、それでも使えなければ問題外。

f0330978_13425284.jpg

わたくし我慢強いですので、「使い始めだから硬いのかもしれない」と、ストレス一杯のそれをしばらく使っていて、地下の100 yen shopも、どれどれと見てみました。おお、なかなか良いものがあるじゃないの。ためしに一つだけ買って、使ってみました。800yen よりずーーーーっと使いやすい100yenの商品って、どうなの?ま、どちらもたいしたお値段では無いともいえますが、でも100yenに負けちゃだめでしょ。返品は好きではありませんが、「しっかりしてね」の気持ちも込めて、1Fのお店のものは返品させていただきました。お値段お手ごろでも、やはり質も大事。返金してもらったその足で、地階の100 yen shopへ早速行って、クレンザー用のものも買いました。色・デザイン共にとても素敵です。そして現在、サクサク洗剤出てますし(祝)。洗面所のソープ用に買ったディスペンサーとはお値段これまた違いますが、同じくらい好きかも。。。えらいぞ、100 yen(大笑)

f0330978_13431237.jpg



[PR]
by jeweleyes1984 | 2015-11-13 13:53 | Miscellaneous | Trackback


◆◇◆アンティーク素材の「救済」に日々奮闘中◆◇◆朽ちかけた布・レース・素材に新たな活躍の場と輝きを!


by jeweleyes1984

画像一覧

Link

カテゴリ

全体
Sewing・Knitting
Sewing Box
Antique Dolls
Japanese Bisque Doll
Antique Jewelry
Christmas Tree
Antique Bears
Doll Dress
Antique Lace
Miniatures
Picture Frames
Flowers
Jewelry Box
Room Renovation
Antiques
Glee
Miscellaneous

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月

最新の記事

らぶり~♪
at 2017-06-24 07:41
好きで嬉しい♪
at 2017-06-22 13:17
少しだけ
at 2017-06-22 08:39
とてもお似合いです
at 2017-06-20 12:21
オレンジ系アレンジ
at 2017-06-19 09:48
切り方を変えると
at 2017-06-17 12:29
昨日雨の日のお仕事
at 2017-06-16 11:43
ピンク系アレンジ
at 2017-06-14 20:31
順調に育っています
at 2017-06-13 12:28
クレマチスですけど
at 2017-06-12 12:04
何だかすごい
at 2017-06-11 16:43
ドール美容師
at 2017-06-09 09:17
やってきましたー
at 2017-06-08 08:13
7/10 は gros po..
at 2017-06-06 13:11
Debut
at 2017-06-05 11:38
ほら不安定
at 2017-06-04 17:35
7の帽子は出来た。。。
at 2017-06-02 11:14
似合い過ぎ
at 2017-06-01 22:39
6/10
at 2017-05-31 23:49
5/10
at 2017-05-30 09:48

検索

タグ

画像一覧

ブログジャンル

日々の出来事
ハンドメイド

ライフログ


私のお針箱―しあわせな針仕事のパートナー キルト作家27人のお針道具集


Immortal Wishes: Labor and Transcendence on a Japanese Sacred Mountain


Downton Abbey [DVD] [Import]


A Little Princess


The World of Downton Abbey


藤田嗣治手しごとの家 (集英社新書ヴィジュアル版)


HOBBIT: UNEXPECTED JOURNEY / BATTLE


The Paradise [DVD] [Import]


Mr. Selfridge


藤田嗣治画文集 「猫の本」


X-ファイル セブン DVD-BOX


X-ファイル:真実を求めて(ディレクターズ・カット) [DVD]


X-ファイル ザ・ムービー (劇場版) スペシャル・エディション [DVD]


切り裂きジャック 127年目の真実


VINTAGE HOME 2 ビンテージハウスで楽しむスタイルのある暮らし2


The Enchanted Places (Bello)


Mr. Holmes [DVD] [Region 2] (English audio) by Ian McKellen


邸宅美術館の誘惑


西洋絵画の巨匠 ファン・エイク


縄文美術館


ちりめんの押絵とつり雛とてまり (弓岡勝美の手芸図鑑)


むかしぎれ手芸


Glee: Complete Fourth Season [Blu-ray] [Import]

ブログパーツ