タグ:ドールハット ( 10 ) タグの人気記事

上から降って来たー



f0330978_14310379.jpg
f0330978_14305818.jpg


人形部屋で夏休みの片付けと掃除をしていたら、いつ作ったのか忘れたものが上から「降って」来ました。どれかの帽子の飾りにアレンジした小花ブーケです。帽子の飾りつけも、気が向けば「足したり引いたり」をしていますから、一体元々どの帽子についていたのかさえ定かではありません。どうしようかなーと考えていた時、テーブルの上のミニョネットちゃんと目が合いました(笑)。「新しい帽子被ってみる?」「うん」そこで、ミニミニリメイク。もともとあったボンネットに、降って来た(笑)ブーケを付け加えたら、あーら、すてき。似合うじゃない。それに、テーブルの上にヴィンテージの帽子材料のベルベットの花が一つころがっていました。「もう一つ新しい帽子作ってあげようか?」「うん」もう一つ出来ました。どちらも、この子に良く似合います。1+1+1+1。。。=1になったようなものですから、物の個体数は減っている計算になります。やったー(笑)ついでにブーケ作りの材料の花もきちんと色分けして整理しましたが、整理する過程でまたブーケを作ったり、帽子を飾ったりするのでエンドレスに楽しめます(笑)

f0330978_14305134.jpg
麦わら帽を土台にしたこれにはレースの裏布をつけて↓
f0330978_10501804.jpg
f0330978_10502524.jpg


向きを変えれば一つの帽子で様々に楽しめます。一粒で4度くらい美味しい♪

f0330978_14312120.jpg

f0330978_18465393.jpg

f0330978_10500480.jpg


ブーケもいくつかできて、これは大きい子の帽子用に

f0330978_10495655.jpg

f0330978_11074276.jpg


おまけに花の素材の中に、どこから紛れ込んだのか小さな羽根を一本見つけたので、以前作った帽子をリメイクしてみました。エンドレス(笑)

f0330978_11073486.jpg



[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-08-11 10:58 | Doll Dress | Trackback

8/10 帽子は出来た♪




f0330978_11181075.jpg

夏休みまであと3週間。。。もある(笑)でも休みになったとたん、やる気が無くなる事間違い無し。そこで、ほかの物を探していて「あら、こんなところにこんなものが」。。。が出てきましたので、Circleちゃんの次の帽子を作ってみました。まず、周りから固めて本丸にどーっと攻め入る作戦です(笑)。でも成功するんでしょうか?
f0330978_11184695.jpg


見つけたのは赤の羽根で出来たヴィンテージのheadband hat、または curvette、 またはchapletと呼ばれるタイプの小ぶりな帽子。ややこしいですが、40~50年代に流行したもの。それに、フリーマーケットで手に入れたような気がする(笑)、赤い羽根製のコサージュ。まず帽子を成形しなおしてドールサイズに変え、布製のコップみたいに筒形に裏にあたる部分を作り、その上にコサージュを乗せて出来上がりました。作っている時、付いていたタグからこの帽子はMade in Englandだと分かりました。自分用ではもちろんなく、ドールハット用に手に入れましたが、それがいつだったか記憶がありません。軽く20年ぐらい経っていそうですが出番、来ましたー


f0330978_11190221.jpg


裏地も手持ちの古い素材で

f0330978_11191733.jpg

羽根はつやつや。綺麗です




[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-07-11 12:21 | Doll Dress | Trackback

7の帽子は出来た。。。




実はリボン・花は今のところただ乗せているだけ。これから似合う位置を決めて留めつけます

f0330978_10434383.jpg

f0330978_10441561.jpg

帽子の花だけは「特盛のっけ丼」状態が好きです(大笑)。ほとんどがヴィンテージのお花。Made in Japan が頑張ってます

f0330978_10445728.jpg


あらあら、また帽子が増えて。。。とお思いでしょうが(笑)、増えていません。以前作った帽子の縁を、迷うことなく豪快に(笑)ジョキジョキブレードごと切り取って、新たにアンティークのブレードの切れ端を2重に張り付けただけです。このブレードは、帽子用ですが微妙な長さの「切れ端」だった為、長らく使い道が無く、しまっておいてありました。見るたびに、「いつか帽子を作りたいなー」と思いながら早20年くらい(笑)。見たことの無い風変わりで魅力的なブレードがこの子にとても良く似合って、かなりの達成感(自分比・笑)。というわけで、祝「何も増えていない」。それどころか、個数からいけば、帽子にブレードがついちゃったので(笑)、1+1=1という事で減ってるしー。。。わ~い♪

f0330978_10441561.jpg
f0330978_10453728.jpg
f0330978_10461263.jpg
      
f0330978_10480357.jpg

f0330978_10464769.jpg
f0330978_16434682.jpg

これまでに出来た6着。すべて帽子とセットです。あらら、薄紫の帽子仲間にいれるの忘れたー。つまり、6セットプラス帽子1です。ドレス「7」もぼちぼちがんばります

f0330978_21302604.jpg
f0330978_21300236.jpg
f0330978_21293734.jpg

「帽子7」が出来てすっかり嬉しくなり、取り替えて遊んでいるうちにわすれられた薄紫の帽子


[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-06-02 11:14 | Doll Dress | Trackback

に、似合う。。。





f0330978_17030902.jpg

f0330978_17024756.jpg
f0330978_11400393.jpg

          今まではずっと「これが最強~♪」と思っていました


リボンがぼろぼろ過ぎて着せ替えが無理だったアンティークの子供用の帽子。それにヴィンテージのリボンを付け替えたものをテートちゃんに被せてみました。おーっと。似合うぞー。これまでは私が作ったストローハットをずっと被せていて、沢山ある帽子の中で「これが一番~♪」と思っていましたが、その自信もがらがら~。。。崩れました(笑)。これ一番似合うかも。この帽子に合わせて、ドレス作りたくなりました。ベースはブルーのベロアかな?それに白のアンティークネットレースをたっぷりと。。。想像するだけならいくらでも出来るし(笑)これから8月の夏休みまでひたすら仕事ですから、気持ちが「縫い物」には向きません。でも、材料揃えるぐらいなら出来そうです。少し明るい兆しが。。。(笑)

f0330978_17015574.jpg
f0330978_17013122.jpg
f0330978_17041494.jpg

f0330978_17154815.jpg
夕暮れ時のテートちゃん



昨日テートちゃんの画像を撮り、久しぶりに人形部屋のソファーに座り、Stabat Mater(絶対 Emma Kirkby版)を聞きながら夕暮れの部屋で人形達をながめました。やっぱり気持ちが落ち着くし、日常から離れたミニ異次元空間です。ここから元気をもらえます。


歌手とオーケストラが違うと「えええーーーっ」というほどイメージが違ってしまう曲。これはテンポも、美しく自然(ノンビブラート唱法)に調和する二人の声ももう文句無し。プレゼントとしてもらったものですが、気になる箇所が一つもない、私にとってのベスト盤。もう何十年も聞き飽きる事がありません。Emma Kirkby は音楽での功績が認められ2011年エリザベス女王からKnight(男爵)の女性バージョンのDameの称号を贈られています。納得。

Thank you so much for this beautiful music, John. I still love it and listen to it. You introduced me the very best version of 'Stabat Mater'; I know you have great taste in everything:)



一番最初のイメージはラ・トゥールのマグダラのマリア。ルーブルにあります。一番最後のイメージはミケランジェロのピエタ。ヴァチカンのサンピエトロ聖堂にあり、完璧に美しい作品


[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-05-23 10:40 | Doll Dress | Trackback

溶けかかっていても




死蔵中(笑)だったヴィンテージの紺のベルベットリボン。びっくりの働きぶりで見直しましたよ
f0330978_12471826.jpg

人形用の帽子を作ったり、ヴィンテージ・アンティークのベビー用を人形用として作りかえるのが楽しいのですが、古いものほど傷みがあります。特に繻子(サテン)のシルクリボン。飾り用はまだしも、顎のところは何度も結んだり、解いたりするのでボロボロと言ってもいい程傷んでいることが多い。この古い帽子は、もうハラハラとこぼれそうなほどシルクリボンが「溶けかかって」いました。それでも古いもののほうが魅力がありますから、リボンの形ではもう無く千切れまくり(大笑)なのに、我慢して10年以上も人形用に使っていました。

f0330978_12465342.jpg
f0330978_12460678.jpg

そして、ついにもう結べないほど限界が来ましたので懐かしい「glee」のDVDを見ながら補修しました(Cory Monteithの死後辛くて見れなかったものです。でも素晴らしくて元気出た!)。アンティークリボンはなかなかぴったりのものが見つかりませんし、見つかったとしても驚くほど高価なので、片付けた素材のなかからヴィンテージのベルベットリボンを探し出しました。ベルベットも、アンティークのものとヴィンテージのものでは柔らかさ、色合いが違いますから、合わないかな?と思いましたが、気抜けする程の結果でした。結ぶのにお手上げだった「千切れまくり」のほうは、さすがに捨てました。

f0330978_12454161.jpg

素材のモヘアはとても面白いのですが、飾りは全くなかったプレーンな帽子でしたので、ヴィンテージやアンティークの花・素材で飾りました。ここでも大好物のパンジーの花。ヴィンテージです。戦前~戦後にかけて流行したものだと思いますが、日本製やチェコ製が多い。どちらの国の物も作りがとにかく素晴らしく、魅力的です。トップの紫の溶けかかったアンティークのシルクリボンは「思い出(笑)」として残したものです(笑)。すでに限界を超えているので今後どんどん溶けていき、最後にはハラハラと散って行く運命です。かっちり織られたシルクは数百年でも持ちますが、サテンなどの柔らかいものは難しい。

f0330978_12451932.jpg
f0330978_12445438.jpg
大好きな紺と黄の組み合わせ。りぼんが丈夫になったので心置きなく結んだり解いたりできます









[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-02-17 13:21 | Doll Dress | Trackback

これで完成かな?




f0330978_23012705.jpg

やり過ぎに注意しながら、ドールハットに花を「足したり」「引いたり」、余りもののビーズでお人形のブレスレットを作ったり、冬の夜長を遊んでいます。昔祖母や母が針仕事をしていたのと似ています。持っていても使い道がなかったものに出番が来る事もあるので面白い。洋服は水色とベージュのニットですから、帽子も同じ色合いのほうが合いそうです。人形部屋の棚に飾っていてすっかりわすれていましたが、この子は靴も必要だったことが分かり、気力を振り絞らないといけません。

f0330978_23010248.jpg
f0330978_13581014.jpg

そこらへんに落ちていた(笑)ヴィンテージのモアレリボンを後ろに付けました。本当はホ二トンレースの透ける美しさを楽しむべきですがギャザーを寄せた部分がなぜか気に食わず(笑)、悩みつつもその上にリボンを重ねました。せっかく良いレースを使っても、隠れる場合もあり、激しくジレンマ。でも不思議なことに結果の良し悪しは、出来上がったものをセットで着せてみてお人形の顔を見るだけでわかるので、大丈夫(笑)お人形が「えー。。。びみょー」とか、「いいかもー」と教えてくれます。。。。って、単に私が妄想で自問自答してるだけなんですけどね(大笑)

f0330978_15200918.jpg
前のブリムの立ち具合は良い

f0330978_15194991.jpg
ブリムまわりのギャザーが好みではありませんが、切らずにこれ以上は何とも出来ません

f0330978_23015084.jpg
   「嫌なものは見ない」ほうが良いので(笑)幅広リボンで覆い、花も足しました


[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-02-03 05:46 | Doll Dress | Trackback

赤い帽子と赤い靴






                   身長約23cm
f0330978_13243481.jpg
f0330978_14371160.jpg

f0330978_14364911.jpg

赤い麦わらキャップと赤い革の靴を作りました。フルーツが乗っているのでまるでケーキです。

f0330978_13251595.jpg
赤い靴。あんよがカワイイ~♪

f0330978_14353999.jpg

これが一足目の白の革靴。あまり意味の無い「ヒール付き」です。飾りはアンティークのカットスチールのミニミニバックル。本来人間の大人用のもののはずですが8mmほどしかありません。一体何に使ったものでしょうか。ずーっと以前に、様々なタイプのものをまとめて手にいれましたが、今はお値段強気過ぎで買う気もおきません
f0330978_14344277.jpg

帽子4連発(笑)。あとはいくつかレースボンネット制作を妄想中。もうすぐ冬休みなので、まだパワーが残っていれば作ります。おーここにもアンティークのカットスチールを飾りとして使っていますねー。カットスチールずきです(笑)。確かに魅力あります。

f0330978_13241338.jpg
f0330978_13235142.jpg

              
フレンチミニョネット同様、小さなスパイラルアイ。その上ペーパーウェイトなので、とても生き生きした表情です。
                    




                    





[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-12-12 15:20 | Doll Dress | Trackback

帽子作りの材料は




f0330978_23532497.jpg

ヴィンテージの布花が大好き。以前とても素敵な布花を作る人がいて、何度か手に入れた事がありますが、綺麗過ぎました。やはりヴィンテージやアンティークのくたびれた感じのものが好みです。ボロボロだったり、色褪せていたほうがアンティークドールに向きます。
f0330978_23525998.jpg

裁縫部屋のテーブルには花が置いてあり、そこから見繕って帽子に飾ります。


f0330978_23542300.jpgf0330978_23544346.jpg






[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-11-25 12:14 | Doll Dress | Trackback

我慢の限界





f0330978_14191527.jpgf0330978_14184469.jpg




































アンティークドールの数も呆れるほどありますが、一つのお人形が数個持っている場合もある為、同じくらい呆れるほどあるのが自作の帽子。材料が何故か(笑)集まって来るので、どうしても作りたくなってしまいます。ヴィンテージの大人用の帽子や、古い布花などを使って作ります。好みは、いかにもアンティークドールというボンネットではなく、麦わら帽子。それに豪華に花やリボンを飾ります。作りに作って、一体いくつ作ったのか数えた事もありません。ディスプレイするにもスペースは限られています。これまではガラスケースの上にハットボックスのようなものを置いて、その上に盛り上げて(笑)ましたが、掃除をしようとすると、どどどーっと雪崩の様に崩れます(笑)。また並べるのが一苦労で、自分で原因を作っておきながらもう我慢の限界。そこで、人形部屋のソファに座り、じーーーーっと考えました。何かすっきり、崩れない飾り方は無いものか?。。。。ひらめきました。突っ張り棒を使ってそれぞれ下げるようにすればいいのだ。
f0330978_14181665.jpg
結果天井近くの柱と柱に棒を渡し、帽子を片っ端から掛けました。これでもまだ半分ほどの量。金具はなるべくアンティーク風のものをSeriaで選びました。とてもすっきりして、眺めて嬉しいディスプレイ。もっと早く気付くべきでした。二つのガラスケースの上も、全て掃除してドレスなどを並べ替えました。
f0330978_14200204.jpg
ドレスコーナー

f0330978_14193740.jpg
           アンティークフォトフレームコーナー






[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-01-21 09:50 | Doll Dress | Trackback

Hat Box




f0330978_22582294.jpg
f0330978_22585072.jpg
外国で古いハットボックスを見かけます。古い帽子がオリジナルのボックスに入っている場合や、箱だけが売られていたりします。私の持っている古いボックスは色といい素材といい、とても魅力的なのですが、数十年経っている古いものなので、少し修理しました。中には人形用の帽子がどーっさり入っています。
                
f0330978_22591969.jpg
f0330978_22595234.jpg
      光沢のある深い小豆色の箱で、りぼんは私からのプレゼント(笑)



 

[PR]
by jeweleyes1984 | 2015-06-11 09:44 | Antiques | Trackback


◆◇◆アンティーク素材の「救済」に日々奮闘中◆◇◆朽ちかけた布・レース・素材に新たな活躍の場と輝きを!


by jeweleyes1984

画像一覧

Link

カテゴリ

全体
Sewing・Knitting
Sewing Box
Antique Doll
Japanese Bisque Doll
Antique Jewelry
Christmas Tree
Antique Bear
Doll Dress
Antique Lace
Miniatures
Picture Frame
Flower
Jewelry Box
Room Renovation
Antiques
Glee
Miscellaneous

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月

最新の記事

嬉しいこと
at 2017-12-12 14:47
嬉しいこと
at 2017-12-12 14:46
こうなってます
at 2017-12-09 11:35
走っていませんけど(笑)
at 2017-12-06 12:50
今年最後の庭の花
at 2017-11-26 22:42
気に入らないものは
at 2017-11-23 14:57
昭和レトロガール
at 2017-11-20 14:14
何時まで咲く気?(笑)
at 2017-11-19 09:44
良く頑張りました
at 2017-11-18 10:11
冬が近づくと
at 2017-11-17 11:28
すてきな脇役
at 2017-11-14 13:45
今咲いているのは
at 2017-11-11 12:34
仏像ガールで埴輪ガール(笑)
at 2017-11-06 17:15
秋の休日
at 2017-11-03 13:09
作ってもらいました
at 2017-10-31 13:07
雪でも降りそうな
at 2017-10-30 11:17
片付けながら
at 2017-10-24 12:29
土曜の夜は
at 2017-10-22 18:46
From Head to Toe
at 2017-10-20 11:29
「溶岩」です
at 2017-10-17 23:11

検索

タグ

画像一覧

ブログジャンル

日々の出来事
ハンドメイド

ライフログ


私のお針箱―しあわせな針仕事のパートナー キルト作家27人のお針道具集


Immortal Wishes: Labor and Transcendence on a Japanese Sacred Mountain


Downton Abbey [DVD] [Import]


A Little Princess


The World of Downton Abbey


藤田嗣治手しごとの家 (集英社新書ヴィジュアル版)


HOBBIT: UNEXPECTED JOURNEY / BATTLE


The Paradise [DVD] [Import]


Mr. Selfridge


藤田嗣治画文集 「猫の本」


X-ファイル セブン DVD-BOX


X-ファイル:真実を求めて(ディレクターズ・カット) [DVD]


X-ファイル ザ・ムービー (劇場版) スペシャル・エディション [DVD]


切り裂きジャック 127年目の真実


VINTAGE HOME 2 ビンテージハウスで楽しむスタイルのある暮らし2


The Enchanted Places (Bello)


Mr. Holmes [DVD] [Region 2] (English audio) by Ian McKellen


邸宅美術館の誘惑


西洋絵画の巨匠 ファン・エイク


縄文美術館


ちりめんの押絵とつり雛とてまり (弓岡勝美の手芸図鑑)


むかしぎれ手芸


Glee: Complete Fourth Season [Blu-ray] [Import]


運慶 - 時空を超えるかたち (別冊太陽)


磯江毅 写実考──Gustavo ISOE's Works 1974-2007

ブログパーツ