タグ:リメイク ( 69 ) タグの人気記事

6/10





f0330978_14192690.jpg

f0330978_14151915.jpg

f0330978_10295427.jpg
このあと、前身ごろにも後ろと同じ前立てとベルベットボタンを付けました

f0330978_23050003.jpg

強力な助っ人ペチコート。これを少し出して着丈がちょうどになります。後ろはドールスタンドの関係で隠れてますけど

もう、サクサク出来上がります。6着目が続いて出来ました。これはもともと私の洋服に使った残りのウールレースです。アイルランドで買いました。なかなか手に入らないタイプのもので、色がまた渋く、切れ端まで大切に使っている気に入りのものです。もとはお人形のトップスのようなドレスを作り、少しの間はKestner に着せましたが、それから「お蔵入り」。。。いや、「箪笥入り」。今回は身頃は全てほどいて裁断しなおし、残っていた同じ切れ端を足して身幅を広げ、袖丈も調整しました。仕上がりに満足。だって、似合うから(笑)。元をしっているのは私だけなので、どんなに変化したか誰もしらない(笑)。私だけが嬉しい。

f0330978_14300987.jpg

    手持ちの「使っていない物総動員」ですから、組み合わせが楽しいですよ~♪

ついでに、帽子もごそごそ探していたら、使っていないウィッグを入れていた大箱に、黒の麦わら帽が入っていました。これまたびみょ~で作りかけだったものです。今回はがらりとスタイルを変えて、セーラーハット風のものにしました。飾りもそこらへんに一応(笑)しまっていたアンティークのぼろぼろのシルクリボンで作りました。捨てずに良かったなー。さすが、アンティークのものは味わいがあります。ついでに、ブロンドのウィッグも見つかったので、予備としてスタイリングしておきます。このように、リメイクすると、芋づる式に面白いものが出て来ます。は?うちみたいに、物があふれかえってるからでしょ。。。ですか?あたりです(笑)。宝探しみたいで、楽しいですよー。


f0330978_14200198.jpg


「のっけ丼」にならないよう、必死で誘惑に負けないようにしています(笑)。飾り立てるとこのレースの美しさが台無しになるので、シンプルを貫きたい


f0330978_14192690.jpg

頭の形の調節に、今粘土でペイトを付けて乾燥中。乾いたらこのウィッグを接着して、髪の毛を巻いてきちんとしたカールにする予定です
f0330978_14392660.jpg
ドレスそ「の6」の完成です。「その7」もリメイク準備できてます



[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-05-31 23:49 | Doll Dress | Trackback

5/10





f0330978_00021943.jpg
f0330978_08155839.jpg

人形用ドレスの箪笥の中から出て来た黒いレースのドレス。細めのドレスなので 長年白のドレスを着たままのClrcle Dotに着せてみました。丈は少し短いものの、雰囲気はぴったりなのでこの子のワードローブに加える事にしました。何年前に作ったのかなー。5~6年にはなるとおもいます。丈を長くするために、同じヴィンテージ素材の黒のレースを、これまたしまい込んである(笑)ケースの中から記憶をたどってに探し出し、スカートをもう一段足しました。ついでに、沢山ある帽子の中から(笑)このドレスに合うものが見つかりました。このドレスは、この帽子とのセットでいきます。

f0330978_18040447.jpg
f0330978_18032413.jpg
f0330978_18070352.jpg


もうすでに、6/10、つまり目標10着中6着目も完成間近です。一度作ったものをほどいて断ちなおすのは面倒か?というとそうでもありません。修理・修復が大好きな性格ですから、死蔵品を何とか活用したい一心で珍しく楽しんで仕事をしています。出番が無かった素材とドレスをまた活用出来るのが嬉しい。以前より良いものにする自信はあるんです。。。いや、ただ仕舞っておいている今より悪く成り様がないともいえます(笑)


f0330978_18143948.jpg


[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-05-30 09:48 | Doll Dress | Trackback

飾り過ぎると




f0330978_13504053.jpg

レースなどが手元にあると、シンプルで味気ない洋服に手を加えたくてうずうずしてしまい、危険です。色々工夫しても今度は「飾りすぎ」と感じて、結局着ないまま処分。。。となったりもします。2年前に超シンプルなシャツスタイルのウールジャケットで春の旅行に行きました。その後、好きなグレーのウールのレースを裾と襟につけました。着丈と袖丈(いつもです)がどうにも中途半端だったからです。意気込んで作ったまでは良かったのですが、家で仕事に着るにはちょっとおしゃれ過ぎ、こんどは丈も長すぎます。レースだけ外して処分しようか思案。でもある日、捨てる前に(笑)コート替わりにストールを使って着て見ました。これがびっくり、いいかも。

f0330978_13515013.jpgf0330978_13510345.jpg



















































手を加えたものの、一度も着ていなかったこれを着る気にさせたのが、この Made in India のレース使いのシルクウールのストール。褒められます。気分いいです(大笑)。このストールのように、型にはまらない、「自由」なデザインが大好きです。インド、なかなかです(笑)。このシャツコートとストールは「仲良しセット」で大活躍中。捨てないで良かったー。一点ではそうでもないものも、何かと組み合わせた時に何倍も魅力的になることがあります。ファッションは面白い。

f0330978_13521169.jpg

レースの貼り付け具合も染めの具合も勝手気ままなので、巻き方で表情が千差万別。面白い

f0330978_13532112.jpg
f0330978_13525601.jpg
               レースはデリケートでとても綺麗
f0330978_15570397.jpg
            大好きなブーツでかんせ~い♪。。。です


[PR]
by jeweleyes1984 | 2017-03-10 10:41 | Sewing・Knitting | Trackback

ついに完成した~(涙)




           6年目にして生まれ変わった私には珍しい青のコート
f0330978_21382500.jpg
f0330978_21420234.jpg
       袖長人間なので、丈を詰めて切った布をカフスにして長くしました

子供の頃は私の洋服のほとんどすべては母の手づくりでした。私本人は嬉しいというより、きちんとしすぎで「迷惑」だった記憶しかありませんが。お母さん、ごめんよー(笑)。今頃空の上で不機嫌になってるでしょうねー。母の洋裁の材料探しにもよく近くの町まで連れていってもらいましたから、現在の「布好き」の原点はその頃にあるんでしょうね。懐かしく思い出します。それとは別に、時々父の事務所に外商の人が持ってきた生地見本の中から洒落た生地を選んで注文し、母に縫ってもらっていました。自分が選んだものだけは、気に入っていた気がします。
f0330978_21394894.jpg


「生地大好き人間」の私が、今から6年前に、アメリカのショップでざっくり織ったヴィンテージのコートを見つけました。この生地の風合いが私が子供の頃選んだものに似ていたような気がしています。そのまま着れたら着るつもりでしたが、カッティングの問題か着心地悪し。生地は好きでも着られないわけですから、ほどいて作り直すしか方法無し。。。で、めんどうになり、ほったらかしで6年。今少しずつ物を処分中ですから、このコートの処分も頭をよぎりました。でもやっぱりこの生地は捨てがたい。今あまりこんな感じのツィードの生地を見掛けないような気がします。そこで、脳内で「面倒」と「作りなおせばきっと素敵になる」の思いがぐるぐる。まずほどいて洗濯するところから始めました。
f0330978_21422006.jpg

そして、完成~♪。「完成までには果てしない作業」と思われましたが、袖付けがうまくいった段階から嬉しくて仕方がない。袖付けは本当に大切。裏地も、質の良い厚手のものを付けました。着心地最高です。ボタンは色々悩んだ末表布ではなく「得意」の裏を使用したくるみボタンを作りました。裏が本当に魅力的で、もし裏側全部に芯地が接着されてなかったら、裏側でこのコートを作り直したかも知れません。
f0330978_21424708.jpg
  今愛用中の暖かい襟巻。この色と裏地がぴったり合っています。見えないけど(笑)

とにかく厚手の布なので、重ねて縫うともう大変。くじけそうになります。普通のミシンでは縫うのが厳しい布でした。さらに、洋裁をする人でしたらわかると思いますが、厚手布と裏地の相性がまたよくありません。ずれたり、しわが寄ったり、これまた大変。苦労して出来上がったのでとても嬉しく、今年一番の達成感ですが、もう二度とコートは作りませーん。それと、もともとは1960年代のアメリカの製品のようですが、カッティング、柄合わせがアバウト過ぎです(笑)。アバウトな私が偉そうに言えた立場ではありませんけど。その為余計な作業が増える結果になりました。でも、終わってよかったー
f0330978_21430792.jpg
裏地は「紺色」にするかで悩みましたが、この素敵なグレーグリーンにし、店名らしいタグは記念に残しておきました
f0330978_21385369.jpg
母にプレゼントしたヴィンテージのブローチはまた私のところに戻って来ました。気に入ってくれて、亡くなるまでコートの襟につけていたものです。これからは私のコートの襟に






[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-11-18 11:39 | Sewing・Knitting | Trackback

作り変えました




  アンティークのブレード・ヴィンテージメタルパーツと日本の帯の組み合わせ 和洋仲良く

f0330978_10560878.jpg

和布で以前メガネケースを作り愛用していましたが、洗ったところ色落ちしてしまいましたので、新たに作りなおしました。古い帯地で作った扇子ケースがとても具合が良く、使うたび嬉しいので、お揃いにしました。しっかり織られている帯地は、ケース類を作るのににとても良い事がわかりました。しかも形は蓋を開けるなどの手間のない、入れるだけのもの。これに限ります。
f0330978_10552877.jpg

この帯地は洗濯OKと思いますが、シルクの着物地は古い物ほど色落ちしますから、骨董の市松の着物などは洗ったら大変な事になる。。。と思ったほうがいいです。汚れがあったりすると、古い着物はなんでも洗濯したくなるんですけどね(笑)。特に赤や紫は色が落ち色移りしてしまいます。以前作ったメガネケースは紫系でしたので、これが駄目だったようです。むかしの着物はざぶざぶ洗濯するという前提では作られていませんから、晴れ着などどう管理していたんでしょうね。結構汚れがあっても、のんきに着ていたのかもしれません。今の様に、「一日着たらもう洗濯」など、考えられなかったでしょう。絹の洗濯法としては、昔ながらの「洗い張り」ですが、これは着物を一度ほどいて洗い、また仕立て直すという頭痛がしそうなやり方で、面倒くさがりの私には全然向いていません。「着物の洗濯」と言えば、芸術的な能装束などは役者の流れる汗で大変な事になっていそうなものですが、いったいどう管理しているのかずっと心配でした(笑)。。。と思い、調べてみましたら洗い張りもクリーニングにも出さないそうです(汗)。虫干しはするそうですが、長年の汗や脂が染み込んだままとのこと。そうでしょうとも(笑)

f0330978_10550712.jpg

ところで、先日生徒と英検の過去問を解いていて、「プラスチックによる海洋汚染を私たちは何となくペットボトルやごみ袋を捨てる事が主原因というイメージを持っているが、実は洗濯の排水に含まれる化学繊維の糸くずのほうがより深刻らしい」とありました。はぁ?世界中で洗濯してますからねー。私たちの洗濯のし過ぎも、清潔「命」も、困った事を引き起こしているみたい。その微粒のプラスチックはお魚が飲み込んで、まわりまわって私たちの口に入るのです。この地球にとっての一番の「困ったちゃん」は、私たち人間っていうことですね(笑)

[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-10-31 11:08 | Sewing・Knitting | Trackback

ビーズの花




   黒の葉っぱ3枚はヴィンテージの製品です。たぶん日本製

f0330978_12221213.jpgf0330978_12215388.jpg


































































アンティークチェコビーズの花を見ていて、自分でも作れそうだったので(怖いもの無し・笑)作ってみました。古いビーズネックレスを「解体」してケースに整理していたものを組み合わせたり、100yen shopで手に入れたものをじみ~な作業で組み立てました。ワイヤーも、造花用のものを使いましたので、手持ちのものだけで制作。ワイヤーは茶色の紙が巻いてあるものしか無く、本当は黒がよかったんですけど、いつものように「てきとー」です(笑)。あ、得意の黒に塗ればいいんですね。そのうちにやるかもしれません。でも、ミリ単のビーズを黙々と組み立てながら、私が作業療法を受ける患者ならこんなのがいいなーと思いました。折り紙とかするみたいですけど、好き嫌いが激しい私は、「あれは嫌これも嫌」。。。と、面倒な患者になりそうです(笑)。脳卒中なら、こんな細かい作業は無理かもなので、タラコ・筋子大好きの私は気を付けないといけませんねー。青森県民、危ないし(笑)

f0330978_12202339.jpg
f0330978_12212889.jpg
f0330978_12210485.jpg
  ビーズ、ちょっとだけ減ったよー。あ、作品として残っちゃったので差し引きゼロかー(笑)







[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-10-18 22:43 | Antique Jewelry | Trackback

リメイクする意味





プレーンなマネキンにアンティークレースのテーブルクロスを貼るという荒業リメイク(笑)

f0330978_16190179.jpg



ただ持っているだけではそれほどときめかない物を、リメイクするとどんな良い事があるのか、今回がとても分かり易いので記録しておこうかなーと(笑)。リメイクしたのは、いくつあっても大好きなドレスフォームです。お人形のドレス用、アクセサリーのディスプレイ用、自分用と、大小さまざま持っています。今回は、そこらへんに転がっていた(笑)胴体のみだったものをリメイクしました。

f0330978_16183605.jpg



まず、外国のサイトで首の部分についているパーツを見つけたのが「事の始まり」です。まったく、何がきっかけになるかわかりません。。。と言いたいのですが、気になるものは決まっていますから、当たり前で目に入ります。外国の家具に飾りとしてついているこれが好きなのです。finial と呼ばれるものですが、もうこれ見ただけで涎が出ているかもしれません(笑)。ドレスフォームでも、古いタイプにはこれがマストです。これとは全然関係ないものを眺めていたショップで、突然古びたこれを見つけました。その時、finialがとれていて、脚も無い胴体部分だけのドレスフォームがころがっていた事を思い出しました。アンティークほどではありませんが、ヴィンテージ程度はあり、何体かをどこかから手に入れたのに、その経緯がわからない(大笑)。母からもらったかもしれません。こんなかさばるものなのに、記憶が飛んでます。一つはペイントしなおして大活躍。もう一つは東京の娘にもらわれていき、そこでも活躍中。そして、残るのは胴体のみのもの。捨てるには惜しいこれを、何とかしないと。。

f0330978_10593244.jpg
                     大活躍中の「姉」
f0330978_12120433.jpg

                 今回生き返った「妹」


外国からアンティークのfinialが届く前に、脳内でどうやってこれを完成させるかを熱く妄想。今またアンティークブームで、脚の部分が3つになった木のものや、ワイヤーのものが流行っています。目指すはそこですが、脚だけを手に入れるのがいかに大変か、これまで様々に理想形を追求してきたわたくしですので、よーくわかっています。そこで、「アンティーク家具ショップ」のお兄さんに相談することにしました。古い家具部品も倉庫に沢山もっているらしいので(羨まし杉)。しかも、センス抜群だし、小うるさい要求も絶対解ってもらえます。

お兄さんが探したところ、倉庫に適当なものは無いので、お店にあったもう一つの同じコーヒーテーブルの脚だけを譲ってもいいという事に。わ~い♪これが一番理想形だったので願ったり叶ったり。あとは、どうやって胴体と脚部をパイプで繋ぐか。。。です。これが言うほど簡単ではありません。本体に穴をあけたり、金属を切ったり、ペイントしたり、どうしっかり固定させるか?。。。の果てしない心配事が。

脳の半分で木工作業の心配をしている間、別の半分で、味はあるがプレーンすぎる本体をどうするかを思案。トワレ布を貼る、花柄布を貼る等、様々な案が脳内に。レースもいいかも。そこで出ました、ずっと持っているだけだったすごいレースのテーブルクロス。何が凄いかというと、その複雑なレース使いと編み方でしょうか。「サンプラー」と呼べそうなほど多彩なレースの組み合わせで出来ています。

f0330978_12540442.jpg
f0330978_12542541.jpg
f0330978_12544414.jpg
                  横にして接着・乾燥中

f0330978_12550706.jpg


このフリンジ部分が編み糸だったもので、大部分はかぎ針編みとフィレレースに編んでから繋いで大きなテーブルクロスにしたようです。一部機械編み?のニードルポイントレースをパッチワークしています。大きさが1m四方の大きなもので、これだけの複雑な手仕事をするのに、相当な時間が掛かっているはずです。特に中央部分の円形のパーツは眩暈しそうなほど細かく(笑)、極細の糸をびっしりかぎ針編みしてます。わたしなら花びら一枚で撃沈です(笑)

f0330978_12135681.jpg

      お兄さんが激安で譲ってくれた木製の脚。これが手に入ったのは超幸運

もともとのテーブルクロスは、若干のほつれの他は、非常に状態の良いものでした。しかし、それを壁などに掛けて飾りたいか?というとそうでも無く、テーブルに掛けたいか?というとそうでもなく(笑)、本来の目的に使う気は全くありません。そこで、ハサミで切ってマネキンに貼り合わせたというわけです。スカート部分はフリンジが3段になっていますが、残ったもので取り外し可能なスカート状のものを2段作り、重ねています。もともとのフリンジは、こうしてほぼすべて利用出来ました。この点は、もとの作者に褒めて貰えるかも。

f0330978_12312196.jpg
     切りまくって(笑)余ったフリンジ部分も無駄にせずほぼすべて利用
f0330978_12125718.jpg

アンティークのものにハサミを入れるのは、大胆な私でさえ抵抗があります。でも今回のリメイクで、このまま「ただ持っているだけ」では得られなかった嬉しさが得られたと思っています。畳んでチェストに仕舞っておくより、毎日眺められるもののほうが見て楽しいですし、そのままの形よりずっと魅力的です。古いものと新しいもののコラボや、名も知らない昔の人達とのコラボは工夫することが試されるので、とてもチャレンジング(=脳の活性化~♪)。「古いものに新たな生命を吹き込み日々活用し愛でる」、それがリメイクする事の「意味」そして「楽しみ」だと思っています。

f0330978_11052925.jpg
                      完成~♪





[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-10-02 11:05 | Antique Lace | Trackback

副産物





指輪とも「仲良し」~♪
f0330978_12235509.jpg
f0330978_10562972.jpg

納得のものに出会ったので、長年愛用してもう壊れかけたビーズケースを片付けを兼ねて一新しました。我慢して使い続けた甲斐がありました。待ってみるものです。小引き出しの中も徹底整理。休みの日曜の夜をミリ単位のビーズの仕分けに費やし、頭がくらくらしました(笑)。1mmほどのビーズの色が混じると、大変な事になります。数はきっと数千個でしょう。数えたりしませんけど(笑)。数時間かけて目出度くまずまず整理出来たところで、分けたビーズを見ていて、制作意欲わいてきました。Lisaちゃんの為のブレスとネックレスを作ったので、私のものも。
f0330978_12243505.jpg

数年前に、アンティークのマイクロモザイクのブローチをアンティークパーツに付けてペンダントヘッドを作りました。ブローチとして使うには面白くないからです。アンティークジュエリーのリメイク。もともと白い小さなビーズで縁取りしていたのですが、片付けで出て来た小さなターコイズビーズを代わりに置いてみると、これがまた絶妙の色合い。ターコイズカラー同士ですから当然合うわけです。それに仕分けした少し大きめの同じターコイズビーズでネックレスを作って合わせました。ターコイズ好きにぴったりのものが片付けの「副産物」で出来上がりました。
f0330978_12241722.jpg

このターコイズビーズは新しいものではなく、しかも自然石なので形も色も不揃い。そこがまたわたくし好み。これは一体いつから私の手元にあるんだったかなー。再会出来て嬉しい。いかにもインド製。。。って風で、あと残りネックレス一つ分ほどなので大切に使おうと思います。ペンダントヘッド部分はロケットになっています。

f0330978_12253157.jpg


f0330978_12245418.jpg

ビーズの片付けをした事で手持ちが一目で分かるので、組み合わせのアイデアも浮かび、制作に繋がります。作るときもパーツをあちこちで探す必要が無くストレスフリー。でも、このケースでなければ今回の片付けをしていなかったでしょうねー(笑)恐るべし、「物」の力(ちから)!これならこのままプレゼントしても、ハンドメイド好きの人に喜んでもらえそうです。いかがでしょうか?(笑)見ているだけでも楽しいですよー。




[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-09-13 11:01 | Antique Jewelry | Trackback

この方の為に



f0330978_16064873.jpgf0330978_16063085.jpg





























































箱を作ってみました。いつものようにヴィンテージの古いアクセサリーボックスだったものに手持ちのブレードの残り物を「盛り上げ」(笑)ました。ペンダントヘッドに見える中央部分はピン・ペンダント両方に使えるアンティークのものです。このモチーフは一度どこかでお目にかかっているような気がしますが、たった一度だけです。誰ですかねー?端正な顔立ちです。

f0330978_13445287.jpg

f0330978_13435774.jpg



[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-07-21 16:08 | Jewelry Box | Trackback

いろいろ仕事しました





     まずはずーっと持っていただけのレースでカフェカーテンを作ってみました
f0330978_11514143.jpg
f0330978_11515932.jpg
f0330978_11523150.jpg

日曜日に朝から新米看護師とアメリカの驚愕の英文記事を読みました。前日の午前中も勉強したばかりでぐったりかというと正反対で、彼女も私も仕事疲れが吹き飛んだ内容。今は医療がすごいことになっているんですねー。アメリカの男性が、遺伝性の心臓病で心臓移植しか方法が無かったんですけど、待機者が多すぎて間に合わない為、時間稼ぎに悪くなった心臓は摘出。そして背中のパックパックで背負える「人工心臓」装着で、550日あまり生き延び、この度無事移植が成功した。。。というニュースです。はぁ~。。。何かSFかロボットみたい。このトピックを選んだのは、彼女が果敢に今年新人で外科を志望したからです。偉いぞ。いま毎日が戦闘状態(笑)。でも、「尊い仕事だよ」と、励ましております。看護師は患者からの人物評価がシビアですが(笑)、忙し過ぎや働かせ過ぎなこともイライラの原因です。でも元気な人はあまり病院へ行かないので(笑)、弱っている人にはなるべく「優しく」。。。でお願いします。人間忙しくても、心に余裕無いとね。

f0330978_11525033.jpg

           人生でほとんど作ったことの無いポーチ完成

f0330978_11532583.jpg
                   家紋も入ってます
f0330978_11531136.jpg
        母が使っていた文殊菩薩が見えるありがたーいヒョウタンの根付け

さてその後投票に行き、お寿司を食べ買い物をし、帰ってからカフェカーテンを縫い、母の留袖のあまりぎれのポーチを完成させ、またしても現在手持ちの「気に入らない指輪+アンティークパーツプロジェクト」を渾身の力と頭を使って完成まであと50%にまでもっていき、夜中に鉢花と庭に水を遣り、私の貴重なお休みは終わりました。がんばったなー。

f0330978_06532142.jpg




[PR]
by jeweleyes1984 | 2016-07-13 06:53 | Sewing・Knitting | Trackback


◆◇◆アンティーク素材の「救済」に日々奮闘中◆◇◆朽ちかけた布・レース・素材に新たな活躍の場と輝きを!


by jeweleyes1984

画像一覧

Link

カテゴリ

全体
Sewing・Knitting
Sewing Box
Antique Dolls
Japanese Bisque Doll
Antique Jewelry
Christmas Tree
Antique Bears
Doll Dress
Antique Lace
Miniatures
Picture Frames
Flowers
Jewelry Box
Room Renovation
Antiques
Glee
Miscellaneous

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月

最新の記事

らぶり~♪
at 2017-06-24 07:41
好きで嬉しい♪
at 2017-06-22 13:17
少しだけ
at 2017-06-22 08:39
とてもお似合いです
at 2017-06-20 12:21
オレンジ系アレンジ
at 2017-06-19 09:48
切り方を変えると
at 2017-06-17 12:29
昨日雨の日のお仕事
at 2017-06-16 11:43
ピンク系アレンジ
at 2017-06-14 20:31
順調に育っています
at 2017-06-13 12:28
クレマチスですけど
at 2017-06-12 12:04
何だかすごい
at 2017-06-11 16:43
ドール美容師
at 2017-06-09 09:17
やってきましたー
at 2017-06-08 08:13
7/10 は gros po..
at 2017-06-06 13:11
Debut
at 2017-06-05 11:38
ほら不安定
at 2017-06-04 17:35
7の帽子は出来た。。。
at 2017-06-02 11:14
似合い過ぎ
at 2017-06-01 22:39
6/10
at 2017-05-31 23:49
5/10
at 2017-05-30 09:48

検索

タグ

画像一覧

ブログジャンル

日々の出来事
ハンドメイド

ライフログ


私のお針箱―しあわせな針仕事のパートナー キルト作家27人のお針道具集


Immortal Wishes: Labor and Transcendence on a Japanese Sacred Mountain


Downton Abbey [DVD] [Import]


A Little Princess


The World of Downton Abbey


藤田嗣治手しごとの家 (集英社新書ヴィジュアル版)


HOBBIT: UNEXPECTED JOURNEY / BATTLE


The Paradise [DVD] [Import]


Mr. Selfridge


藤田嗣治画文集 「猫の本」


X-ファイル セブン DVD-BOX


X-ファイル:真実を求めて(ディレクターズ・カット) [DVD]


X-ファイル ザ・ムービー (劇場版) スペシャル・エディション [DVD]


切り裂きジャック 127年目の真実


VINTAGE HOME 2 ビンテージハウスで楽しむスタイルのある暮らし2


The Enchanted Places (Bello)


Mr. Holmes [DVD] [Region 2] (English audio) by Ian McKellen


邸宅美術館の誘惑


西洋絵画の巨匠 ファン・エイク


縄文美術館


ちりめんの押絵とつり雛とてまり (弓岡勝美の手芸図鑑)


むかしぎれ手芸


Glee: Complete Fourth Season [Blu-ray] [Import]

ブログパーツ