人気ブログランキング |

カテゴリ:Antique Doll( 59 )

ちょっとびっくり





f0330978_13215446.jpg

f0330978_13224493.jpg


SFBJ238の妹です。うちにはもう少し大きいお姉ちゃんもいます。思うところがあって、ずっと着せていたドレスを箪笥の中から選んだものに着せ替えてみました。誰かのドレスだったものですね(笑)。すると、全く別人になってしまって軽くショック。人形にも似合う色があることはわかっていましたが、これほどまで変化を感じた事はなかったように思います。ただしまっておかず、たまには箪笥掘りをしてみないといけません(笑)。これまでこのドレスをこの子に着せてみることを思いつきませんでした。得した気分~♪同じフレンチでも、このSFBJ238のJewel Eyesはちょっと変わった造形なので、単に「可愛らしくてなんでも着こなす」べべタイプとは違う雰囲気を持っています。その為か、フレンチべべドール全盛期のレース一杯のドレスはどうもこの子には合いません。豪華・気高さ・近寄り難さとは程遠い「普通の子」です。これまで作ったドレは色もデザインも地味系でしたが、今回はぴったりの色が見つかりました。帽子はまだ花とリボンを乗っけただけの仮置き段階(笑)。

f0330978_13213350.jpg
f0330978_13210600.jpg
f0330978_13220127.jpg
より人間に近いキャラクタードールの部類に入ります。ただ可愛いだけでなく、たまにはこんな子もいい

f0330978_13211986.jpg










by jeweleyes1984 | 2019-06-26 14:05 | Antique Doll | Trackback

こちらも魅力的です





f0330978_11082594.gif
f0330978_11082061.gif
f0330978_11081367.gif



私が持っている大型の江戸雛2組のうち初めに手に入れたものは去年ディスプレイを変えて、背景を雛屏風ではなく古い扇にしました。この扇は「銀地に桜」の魅力的なもので、大好きな酒井抱一の「夏秋草図屏風」を連想させるその渋さがたまりません。普通「桜」なら金地が相応しそうなものなのに、何だか寂しい銀地。いいなー。使い込まれたこの扇はいったいどんな人がどんな時に使ったものでしょうか。さて、この女雛の髪は一応くっついていますが(笑)、200年も経った今では江戸時代のもののほとんどの髪が「崩壊寸前」の状態なので、新顔の江戸雛の女雛のように髪を修理する予定です。これまでは絶望的で手の施しようがないと思っていましたが、女雛の髪は工夫すれば修理が可能な事がわかり、すっかり自信が付きました。冬が長い当地にとっては3月が待ち遠しい。あと一か月半で何とかしますよ。この雛人形は2階の人形部屋に常設展示、もう一組は台所の飾り棚に常設展示しているので、毎日楽しめます。

f0330978_15171285.gif
f0330978_15165194.gif
f0330978_12282203.gif
桜が散り始めている図柄で 風情があります








by jeweleyes1984 | 2019-01-20 22:36 | Antique Doll | Trackback

江戸組紐






f0330978_09230728.gif

袖に隠れているのは湛慶作高山寺の犬のレプリカ。運慶展で息子からのプレゼント

f0330978_09351566.gif

冠用に注文していた江戸組紐が届いて、これで全て修理・補修が完了となりました。重い冠を頭に留めておくのは大変ですが(何度も落下した・笑)、これでひとまず安心です。絹の組紐はほれぼれするほどの品質と丁寧な仕事で、長い伝統に支えられた日本の技を誇らしく思います。最近某国(笑)の製品を手にして「あーこれだめだー」と思ったことがあったのでなおさらです。

f0330978_14542162.gif
             
        冠をかぶせる前に記念撮影。私が「植えた」髪ですよ


f0330978_09223804.gif


台所の飾り棚の中に納まって、料理中も食事中もネット中も眺められます。眺める私の頭の中は嬉しい時に流れる脳内物質であふれかえっているんじゃないでしょうか(笑)


f0330978_09220390.gif

f0330978_09214685.gif

台所に「雛人形」ですから笑えますが、当人至って幸せです














by jeweleyes1984 | 2018-10-14 11:16 | Antique Doll | Trackback

感無量。。。(涙)





After
f0330978_11095393.gif
f0330978_11100866.gif


秋休みの4日間ではとても終われないかもーと思っていましたが、3日で江戸古今雛の修理を全て終えました。今日は休み最後の一日なので徹底的な掃除の日に充てたいと思っていますが、しみじみと苦労を振り返るために(笑)コーヒー片手にこの二人の前に何度も座ると思います。それほど大変でした。


f0330978_11085553.gif

f0330978_11093412.gif


一番時間がかかり悩みまくり(笑)だったのは、この方です。薄い絹の着物が200年の間に「溶け」ちゃったので、それを着せ直すのが至難の業。布地選びは最初の方針からは変わり、結局元と同じ黒にしました。黒も候補が2つありましたが、体に掛けてみて菊の模様のものに決定。着せる時袖を通すのに腕をはずすと作業しやすいな~と思い、肩の部分の和紙をほどき始めましたが無理だとわかりました。結局腕を外さずに全て着つけないといけないという、パズルのような分解作業。寝ても覚めてもこの三日間思案しました。

f0330978_11100064.gif

f0330978_15552686.gif

男雛の襟も袖口も、元々の布の組み合わせはそれほど好きではなかったのでほぼ全て変えました

f0330978_11091745.gif

まだ紐がついていないので、冠が少し傾いています。浅草の組紐屋さんに冠用の紐を注文しました


男雛は「着物問題」でしたが、女雛には「髪問題」があり、これは着物と同じくらい気が重い作業。。。のはずでしたが意外にあっさり解決しました。ひとえにこれはスガ糸屋さんの商品のおかげです。弘前ではどの手芸店でも扱っていませんでしたのでネットで手に入れました。とても扱い易く、質感も満足です。もっと薄くすればよかったのかもしれませんがたっぷりになりましたねー(笑)。これはまたあとで減らすことも可能ですが、どんどん崩れてしまう髪の毛を見てしまった反動かもしれません。

f0330978_11100866.gif
f0330978_11100064.gif
座っている畳敷きの台も朽ち果て中(笑)なので 女雛の着物に合わせて古い帯地で敷物を作りました


着いた時の状態は古いなりの良さもありましたが、結局オリジナルのままでは「朽ち果てて」行くばかりなので、重い腰をあげて(文字通りです・笑)修理と修復をすることになりました。これであと100年ぐらいは大丈夫かも(笑)。雛人形というのは木目込みのようなもので、着物は「縫う」のではなく「貼る」作業メインだったことも今回最後まで私があきらめずに出来た理由です。貼るのは大好きですから。でも一番は何と言っても「愛」です、と言っておきましょう(笑)。これからこの二人は木箱にしまって。。。じゃなく、毎日眺めて暮らせるように台所のガラスケースに入っていただきます。



          *+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.



                  記念にBefore画像もね

f0330978_12004426.gif


長い年月を二人で乗り越えて来たわね。。。(涙)


f0330978_12080558.jpg


親指無くても笏を持ってますけど当然ずり落ちます

f0330978_12003880.gif
乱れまくりの冠(笑)
f0330978_12002243.gif
f0330978_18420072.jpg

和紙にへばりついているだけの着物の破片。。。

f0330978_12003073.gif
ぼさぼさの髪。。。(泣)


*+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.


f0330978_11090122.gif

わたしたち生まれ変わったわね~♪


















by jeweleyes1984 | 2018-10-10 12:49 | Antique Doll | Trackback

格闘中




Before

f0330978_18233732.jpg


やってきましたよー、江戸雛第2弾。これが届いた時の状態。一見「よさそうじゃな~い!」。。。と思うでしょ?甘い甘い、問題いっぱい有りです。分かっていて手にいれました。怒涛の修復作業が待っています

f0330978_18231496.jpg

             ちょっとーーーめちゃくちゃすぎるわよ!

f0330978_18242238.gif

はいはい、きちんと形を整えて、飾りが欠けているところを入れ替えて目立たなくし、きれいにクリーニングしました。これでいつでも被っていただけます。この冠、いいねー手が込んでいて博物館級。享保雛も被ってる。京都国立博物館のお雛様も同じ冠で「江戸時代 古今雛」となっています。緑青Vol31の表紙のものですが、着物も似ていますねー。男雛の平緒の刺繍も良く似ています。ま、立派な博物館が言ってるんですから、古今雛。。ということで(笑)


f0330978_18232646.jpg

男雛の笏を持つ右手の親指と左手の親指も欠損

f0330978_18244683.gif

はいはい。ワイヤーで骨組みを作り、これからパテ盛りします

f0330978_14331051.gif
ほらできたー♪

f0330978_18245599.gif

男雛の着物はもう破れまくっています。下地が売掛帳みたいな和紙のリサイクル素材。さすが江戸です。このあと、ぼろぼろの着物を全て取り除きました

f0330978_18250316.gif

お顔をきれいにして、髪を「塗り」ましたー(笑)。髪を植え直そうかとも思いましたが断念。この塗ったままでも十分ハンサムです

f0330978_18243572.gif


さすがに女雛は髪無しはちょと寂しい。結構残っていましたが、修理しようとするとバラバラ(パラパラに非ず)落ちてきて、もう崩壊状態。あきらめました。今スガ糸を注文中。届いたら秘策があるので髪を再生します。うまくいくかねー。いや、絶対成功させます。扇も修理して、きちんと開くようにしました。

f0330978_18242872.gif


女雛の着物はとても手が込んでいて、有難い事に状態もかなり良く修復の必要はほとんどありません。一番の問題である髪の植え直しはプロに頼もうかなーとも思いましたがそれには数万円かかるみたい。しかも自分の思い描いた結果になるとは限らないので(=今風にされても困る)、自分で全て何とかする事にしました。脳内では美しく仕上がった二人の姿があり、ディスプレイの場所も決まっていますけど、何しろあと一つの大問題が男雛の「着物」ですからねー。着物は一番嫌いです。でも「千里の道も一歩から」。修理好きだなー。修理をしている時は珍しくキレずに作業出来ています(笑)


f0330978_18241507.gif

これを頭に載せる時が「修理のゴール」ですけど。。。神頼みなので合掌しておきます(笑)







by jeweleyes1984 | 2018-10-05 14:35 | Antique Doll | Trackback

Ouch!




f0330978_17224219.gif

f0330978_17232032.gif

「痛い!」。。。です(笑)。英語では実際肉体的に痛い時も、「痛い」話(笑)などを聞いた時にも使います。このサクラビスクの何が痛いかというと、この子はアメリカから来た時粗末な着物を着ていて、しかもそれが釘で体にとめ付けられていました。「ひえ゛ーーっ!」いくら人形とはいえ、痛すぎでデリカシー無さすぎ(笑)。1920年代、外貨獲得に必死な日本はこうやって人形を安上がりに外国へ輸出していたんですね。藁人形みたいで、それを見ていると色々想像が膨らんで痛すぎるので、さっそく釘を全て引き抜き、簡単なドレスと黒のニットカーディガンを作り、靴はアンティークのちょうど良いのがあったのでカットスチールの飾りをつけました。持っているバッグは貝細工のアンティークの入れ物にチェーンをつけたもので、珍しい緑色です。ネックレスは猫の留め金を使って手作り。すっかり忘れていましたが、小さなパールでブレスレットも作ったみたい(笑)。ちょっと可哀そうだったこの子の為に頑張りました。寂しげな表情が印象的で、とても美形な子です。

f0330978_17230627.gif
f0330978_17233635.gif

カットスチールずきなのでドレスにもアンティークのカットスチールがついてますねー

f0330978_17225098.gif
f0330978_17232925.gif

黒いカーディガンに黒い靴下黒いボンネット。おしゃれでしょ?

f0330978_10421606.gif


当然裸足だったので(笑)靴はドイツアンティークのものを。2.5cmほどしかありません




by jeweleyes1984 | 2018-03-27 10:09 | Antique Doll | Trackback

昭和レトロガール




「棚ボタ素材」でボンネットが出来ました~♪

f0330978_12343060.jpg


雪の日の日曜日。こんな日は外へは出ずに「家の中で手仕事」が一番。運慶展で買ってもらった犬のレプリカに座布団を縫おうとしてごそごそ和布がありそうなところを探したら、オレンジ色の古いベビーボンネットが出てきました。dotted swiss cotton gauze と呼ばれる素材で、アンティーク、ヴィンテージのベビーアイテムで良くみかけます。普通白ですけど、濃い目のオレンジ色はとても珍しく、「あらー一体いつ手に入れたんだっけ??」と思いつつ、ふと人形のガラスケースに目をやれば、同じような色の着物を着た市松がいます。おお、これは使えるかも。。。と創作意欲が湧いてきました(笑)。お人形に被せたところ、サイズは合いますがそのままではどうにもおさまりが悪い形です。さっそく適当に縮めて(笑)、ブリム部分が立つような形に変えて目出度くこの子のものになりました。これまで髪に飾っていたリボン利用の花飾りをボンネットに付けてあげ、昭和レトロガールになりました。エプロンとか作ったらさらにいいのかもね。ドレスも絶対似合います。でも、素晴らしい刺繍の着物を着ているので隠れるのは嫌(笑)。

f0330978_12343716.jpg
f0330978_12342200.jpg

            人形液のおかげか80年経っても綺麗なまま


この子は「人形液」のシールが貼られていますから昭和8年頃ということになります。「人形液」大好き(笑)。これが塗られていると汚れにくいので、手入れが難しい市松人形でも長く良い状態を保つ事が出来るからです。今から3年ほど前に手に入れましたが、その時着物を脱がせて作者名を調べたはずです。結果「東光」だけどなぜか別の銘でも作っていて、それが入っていたように思います。着物は刺繍のあるとても上等なもので、オレンジ色が良く似合います。でも、今着物を脱がせて調べる気力はありませーん(笑)。

f0330978_12345875.jpg
f0330978_12350504.jpg

これが元々の予定だった座布団。4X4cmぐらい


f0330978_12345103.jpg
f0330978_12343716.jpg


犬とは「オレンジつながり」です





by jeweleyes1984 | 2017-11-20 14:14 | Antique Doll | Trackback

な~んだ




帽子ももらった~♪

f0330978_16390708.jpg


AM Googly 241のリプロですが、長年はだしのままでした。あまりにも小さいあんよなので、革靴を作るのが面倒だったこともあります。この夏休み中、人形部屋を少し改造して、ミニョネットとドレスを飾れるようなコーナーを作りました。そして、その子の山のような帽子と赤い靴を見た時、ひらめいた。ミニョネットが今履いていない赤い靴を、241の子に履かせてみればいいかもー。。。で、靴下も作り、靴も無理やり履かせてみました。あら、似合うじゃないの。もっと早くに気が付けばよかった。


f0330978_16385398.jpg

f0330978_16390075.jpg
f0330978_16384552.jpg

良く似合います。なんだか長年の気になっていた事があっさり解決して、すっきりしました~♪






by jeweleyes1984 | 2017-08-30 16:46 | Antique Doll | Trackback

悩み中






f0330978_14431850.jpg

Gaultierのウィッグですが、まだ手をかけています。前髪を上げたり下げたり切ってみたり、忙しい(笑)。でも、もう「処分」しかないかなー?と思っていたものが何とか使えそうなのでかなり嬉しく、一番似合う形にするまであれこれ試してみるわけです。大型の子のウィッグは簡単には見つからないので貴重です。

f0330978_11454718.jpg
f0330978_14434377.jpg
f0330978_14433598.jpg





by jeweleyes1984 | 2017-08-15 09:16 | Antique Doll | Trackback

ついでに髪も





f0330978_13262718.jpg

夏休みに入って、久しぶりにGaultierも着替えさせました。リメイクしたドレスと帽子ですが、もともとこの子の為に作ったものです。ついでにこれまでのウィッグも変えてみました。この子は明るいブロンドが似合わない事が決定していますので(笑)暗めのブロンド、あるいは明るめの茶色のふる~いモヘアウィッグを被せてみました。このウィッグはもうモヘアが絡まって塊になってしまっていましたけど、ドール美容師が何とか頑張って(笑)お下げ髪にしてスタイリングしてみました。洋服でも感じがかわりますけど、髪の毛の色・形はもっと雰囲気が変わります。気に入りました。

f0330978_13260717.jpg



f0330978_13264725.jpg

f0330978_15540411.jpg

中のアンティーク下着ドレスにもこれからレースをつけます。とにかくレースを減らす(笑)




by jeweleyes1984 | 2017-08-03 16:00 | Antique Doll | Trackback


◆◇◆アンティーク素材の「救済」に日々奮闘中◆◇◆朽ちかけた布・レース・素材に新たな活躍の場と輝きを!


by jeweleyes1984

画像一覧
更新通知を受け取る

Link

カテゴリ

全体
Sewing・Knitting
Sewing Box
Antique Doll
Japanese Bisque Doll
Antique Jewelry
Christmas Tree
Antique Bear
Doll Dress
Antique Lace
Miniatures
Picture Frame
Tsurushibina
French Fashion Doll
Flower
Jewelry Box
Room Renovation
Antiques
Glee
Miscellaneous

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...

最新の記事

ファッションドールドレス(1)
at 2019-07-16 17:21
ここまで来たら
at 2019-07-15 17:22
ちょっとびっくり
at 2019-06-26 14:05
雨の力
at 2019-06-19 10:59
A Must
at 2019-06-17 11:53
梅雨かもーなので
at 2019-06-16 15:19
もらったバラ
at 2019-06-15 07:20
かつらも作った
at 2019-06-10 21:49
ヘタレなりに
at 2019-06-03 10:46
やっぱりオレンジ系も(笑)
at 2019-05-30 13:20

検索

タグ

画像一覧

ブログジャンル

日々の出来事
ハンドメイド

ライフログ


私のお針箱―しあわせな針仕事のパートナー キルト作家27人のお針道具集


Immortal Wishes: Labor and Transcendence on a Japanese Sacred Mountain


Downton Abbey [DVD] [Import]


A Little Princess


The World of Downton Abbey


藤田嗣治手しごとの家 (集英社新書ヴィジュアル版)


HOBBIT: UNEXPECTED JOURNEY / BATTLE


The Paradise [DVD] [Import]


Mr. Selfridge


藤田嗣治画文集 「猫の本」


X-ファイル セブン DVD-BOX


X-ファイル:真実を求めて(ディレクターズ・カット) [DVD]


X-ファイル ザ・ムービー (劇場版) スペシャル・エディション [DVD]


切り裂きジャック 127年目の真実


VINTAGE HOME 2 ビンテージハウスで楽しむスタイルのある暮らし2


The Enchanted Places (Bello)


Mr. Holmes [DVD] [Region 2] (English audio) by Ian McKellen


邸宅美術館の誘惑


西洋絵画の巨匠 ファン・エイク


縄文美術館


ちりめんの押絵とつり雛とてまり (弓岡勝美の手芸図鑑)


むかしぎれ手芸


Glee: Complete Fourth Season [Blu-ray] [Import]


運慶 - 時空を超えるかたち (別冊太陽)


磯江毅 写実考──Gustavo ISOE's Works 1974-2007

ブログパーツ